アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

我が家のニャンズは元気です。

最近はめっきり出番が減ってしまいましたが、我が家のニャンズは元気です。
我々人間も過ごし易い、暑くも寒くもない気持ちのいい季節ですので、猫達は出窓で仲良く微睡んでいます。

P4280351.jpg
避妊手術の後、すっかり太ってしまった凛は、7月で12歳

P4280347.jpg
相変わらずマイペースな蘭は、11月に10歳ななります。

ブログの出番が減ったのは、このブログが本来の建築ネタが増えたことに加え、猫達が子猫の時期を過ぎてからは、一日の大半を寝て過ごすようになり、写真を撮っても、何時も今日の様な寝姿ばかりになってしまった事が原因です。

P4280349.jpg
昔はあんなにスマートだったのに、今はこのお腹です。

P4280346.jpg
蘭は体型もそれ程昔と変わっていません。
目つきが悪いのも相変わらずです。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/28(金) 12:39:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

住まいのホームドクター として

最近は 住まいのホームドクター としての活動も行っています。
以前から、親戚や友人、御近所の方から住まいに関する相談を受けることがあり、実際にリ・フォーム設計を頼まれたこともありましたが、最近は殆ど設計作業を伴わない、小規模な相談を受ける機会が続いています。

部分リ・フォーム
img_3687-1.jpgimg_3752-1.jpg
TOTO - カウンタータイプ洗面化粧台 / システム・Jシリーズ
オリジナル - 埋込み棚

ご相談の内容は、洗面化粧台の取替えです。
確かに洗面ボールは色褪していて、人造大理石製のカウンターは黄ばんでいます。
洗面所プラン ブケグ用立面

家具図
鏡の下の化粧棚が無くなるので、埋込棚を一回り大きなものに取り替えました。
工事費用を抑える為には、現場での作業をなるべく少なくする必要があるのですが、既製品には丁度いい大きさのものは無いので、間柱を動かすことなく、柱と間柱の間にピッタリお納まる埋込棚を作成しました。

メンテナンス リ・フォーム
img_3688-1.jpgimg_3754-1.jpg
錆の出ていた玄関扉の塗替え
この他に壊れていた面格子の修理、照明器具の取替え、床下収納の修理等も行っています。


また別のお宅では、「押入の中かかび臭い」との相談もありました。
他に
・造り付け箪笥の最下部の引き出しに入れた服が湿っぽくなる
・幅広の引違の襖が重い
などの改善要望がありました。

部分リ・フォーム
img_3499-1.jpgimg_3511-1.jpg
上吊式の折戸に取り替えることで扉を開け閉めする時の重さは解消され、敷居と建具に隙間も出来るので、風通しも良くなると思われますが、念のため扉にガラリも取り付けました。
天袋も含めた天井までの折戸にすることも考えましたが、費用を低く抑える為に大工工事が発生しないように、天袋はそのままにすることにしました。
木製建具詳細図
先ずは既製品を探してみましたが、ガラリ付折戸は少なく、高価なうえに、枠もセットになってしまうので、近所の建具屋さんに上吊式ガラリ付折戸の制作とと取付けをお願いしました。
大工工事も塗装工事も必要ないように設計したので、工務店に依頼していないので工事費用は抑えることが出来、現場での作業も1時間程で終了しています。
押入の風通しが良くなれば、箪笥の湿気も改善する可能性もありましたが、念のため最下部の引出しはスノコ敷きとし、前面に通風用の丸穴を明けました。

活動範囲は地元に限られてしまいますが、今後も 住まいのホームドクター を目指した活動を続けていきたいと思っています。

  1. 2017/04/27(木) 18:00:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナミズキ

21年前の新築時に、我が家の小さな庭の隅に植えたハナミズキが、やっと2階の窓からでも見られる程の大きさまで成長してくれました。

p4250312-1.jpg
春になり、食べられる餌も増えたので、つい最近取り外してしまいましたが、2月の初めに小鳥の餌台を設置したのもこのハナミズキです。
関連記事はこちら ⇒ 《1》  《2》

p4250312-2.jpg

よそのハナミズキの花と比べると、花が小さく500円玉を一回り大きくした程度しかありません。
隣に植えたヒメシャラは10年ほど前に枯れてしまいました。
陽当りは問題ないので、肥料が足りないか、土が悪いのかもしれません。

p4250316-1.jpg
とは言え、2階のテラスからや、ダイニングからも見えるようになったので、食事をしながら花を眺めることが出来ます。

p4250317-1.jpg

小鳥のレストランは、冬になったらまた設置したいと思っています。
  1. 2017/04/26(水) 18:00:28|
  2. ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白の家 リ・フォーム

2007年春にに竣工した 「白の家 」 のリ・フォーム工事 を行いました。
竣工後、ちょうど10年になる住宅ですが、単なるメンテナンスの為のリ・フォームではなく、家族構成の変化に伴う間取りの変更が最初の相談内容でした。
家族構成の変化」と言うのは、お子様達の独立です。

1,家族構成 ( ライフスタイル ) の変化に伴う ( 部分 ) リ・フォーム

以下の写真は、竣工時の子供部屋の様子です。
IMGP3463-1.jpg IMGP3460-1.jpg
お子様達の独立は、当然予想されたことなので、間仕切りで仕切った小さな部屋を二室造るのではなく、ベットと一体化した本棚とクローゼットで二部屋に分け、
img_5508-1.jpg IMGP3466-1.jpg
子供部屋と廊下も建具ではなくスライドスクリーンで曖昧に仕切っていました。

子供部屋を二部屋に分けていた本棚と洋服ダンス、そして不要になったコーナー出窓前のベッドは取り外しますが、
img_3649-1.jpg IMGP3461-1.jpg
もう一つのベッドと机はそのまま残し、一度取り外した洋服ダンスは壁際に移動して再利用しています。

img_3686-1.jpg
何時取り外すことになっても、簡単な工事だけでで済むように考慮して、家具の下にもフローリングを張っておいたので、若干日焼けとビス穴の補修痕は残ったものの、施主からは「全然気にならない」と言ってもらえて一安心です。

IMG_5510.jpg img_3683-1.jpg
パナソニック - ペリティス / LA型Uオーダーデザイン ( 採光窓5つ )
間仕切りを兼ねていた家具とスライドスクリーンを取り外し、3階を一部屋とした為に、階段室との間に建具 ( 扉 ) も取り付けることになりました。


2,ワン・ランク UP ( 部分 ) リ・フォーム

    img_3642-1.jpg
リビングルームの一角に設置してある洗面ボールの取替えは、打ち合わせ当初は「金額的に余裕があれば」と言うようなものでしたが、最終的には施主 (奥様) が最も拘ったところとなりました。

下の写真は、竣工当時の洗面台
img_5553-1.jpg img_5560-1.jpg
TOTOのモデアシリーズ / パイプフレームタイプ
モデアシリーズはデザイン性が良く、しかもリーズナブルな商品なので、当時は良く採用した洗面台であり、施主にも気に入ってくれていましたが、「白い陶器部分の汚れが気になる」 ようになったので、ボールを 「硝子製に取り替えられないか?」 との事でした。
モデアシリーズには硝子カウンタータイプの商品があるので、メタルフレームはそのまま利用し、カウンターとボールのみの取替えが出来ないかと考えましたが、硝子カウンタータイプは生産中止になっていることが分かりました。
カタログやインターネットで各メーカーの洗面器を調べて候補を絞り、施主に同行して原宿のアドヴァンのショールームに行って来ました。
事前に目を付けていた洗面ボールとは違うものではありますが、ショールームでは施主が一目ぼれするほど気に入った硝子ボールが見付けることが出来たので、原宿まで足を運んでもらった甲斐がありました。

img_3647-1.jpg img_3648-1.jpg
ボールとカウンターが一体となったイタリア製のガラス洗面台。
洗面台周りのモザイクタイルは勿論、丸型の化粧鏡、タオル掛け、化粧棚は既存のままですが、初めからデザインされていたかのように全く違和感はありません。

img_3644-1.jpg
アドヴァン - ガラス製洗面ボール/Plitt ( W700 ) + 混合水栓/VERA
天井にダウンライトも取り付けたので、モザイクタイルが照らされて、洗面台と言うよりも、ニッチの様に見えます。

img_3680-1.jpg img_3681-1.jpg
永大 - アーバンモードα / スライドインドア-4Z
普段はほぼ開けっ放しの廊下にも、折戸風のスライドインドアを取り付けました。
折れ戸タイプのこのタイプのドアは、通常はトイレや洗面所などの、狭い空間に設置する為の商品であり、他メーカーにはトイレや洗面所用のものだけで、この商品の様な窓の在る居室用の商品は見付けられませんでした。
開けっ放しの事が多いので、洋服やズボンのポケットが引っ掛り難いように、ハンドルはブッシュタイプにしています。
指を挟まないようにする為の機能など、なかなかに優れ物の木製建具だと思います。
今までは木製建具はオリジナルデザインのものを使うことが多かったのですが、既製品の機能性の良さには脱帽せざるおう得ません。

3,メンテナンス リ・フォーム

初めに メンテナンスの為のリ・フォーム ではないと書きましたが、勿論必要なところのメンテナンスは行っています。
    img_3664-1.jpg
外壁が全て白い家なので、設計当時も外壁が汚れないように気を配ったお掛けで、若干の雨だれが確認されるだけで、2・3階のガルスパン ( アイジー工業 ) と1階のフラット塗装の部分共に、白い壁の部分には、殆ど汚れは見られませんでした。
駐車場の土間コン部と、レッドシダーのバルコニーの腰壁を高圧洗浄し、木部にはオスモを塗装を行いました。

img_3672-1.jpg
作業風景

img_3665-1.jpg
高圧洗浄すると、真っ黒に汚れた水が大量に流れたものの、レッドシダーは全くと言っていいほど傷んでいませんでしたが、竣工時の様な白木の様な色ではなく、飴色の落ち着いた色に仕上がりました。

img_3669-1.jpg
施主は気が付いていないようでしたが、外部で唯一、外付けブラインドシャッターの所にだけ雨筋の汚れが出来ていました。
また、ほぼ同じところに、6年前の震災の時に、細いクラックが入って気になっていたので、補修してもらいました。

    img_3671-1.jpg

この他は屋上のFRP防水のトップコートの塗り直しを行っています。
  1. 2017/04/25(火) 11:22:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“セルピコ” 感想

2年程前に高校時代の友人が、千歳船橋でBarを開店しているのを知りました。
それ以来、月一回程度のペースでその友人のやっているBarに通って、飲んだことのなかったシングルモルトのスコッチやアイラ・ウイスキーについて、うんちくと共に色々と教えてもらっています。
高校時代は、マスターとは同じクラスになったことは無かったものの、マスターは野球部、私は柔道部と、お互い運動部に所属し、共通の友人も何人も居たことから、一緒に短期のバイトをしたり、結婚式の二次会にも来てもらいました。
学生時代は知らなかったのですが、マスターは本好きで映画好きでもあり、洋画ばかり見ていた私とは違い、かなりの日本映画マニアだったらしく、中高生の頃にATG映画などを見る為に、新宿や池袋の映画館に通っていたそうです。
今月の初めに千歳船橋のBarに出掛けた時に、「タクシードライバー」の主演がロバート・デ・ニーノだったかアル・パチーノだったかと言う話しになりました。
結局は洋画ファンだった私の記憶通り、ロバート・デ・ニーノ主演が正解だったのですが、デビュー当時のアル・パシーノが出演した映画の話題になり、その時に思い出したのが「セルピコ」です。
中学生の頃は自称“映画小僧”だった私は、殆どの話題映画は観ていると思っていたのですが、「セルピコ」はまだ観ていなかったのです。

    セルピコ
   中学生の頃、コレクションしていた「セルピコ」のチラシ。

直ぐにTSUTAYAに出掛けて、マスターお薦めの「竜馬暗殺!」と「セルピコ」を借りてきました。
40年も昔に撮られた映画です。 名作とは言え、テンポや間の取り方が今の映画とは違うので、なんとなく観辛い映画が多い中、「セルピコ」は、実話を元に作られているので、昨今の映画の様に、やたらと人が死んだり、無駄なアクションシーンは全く無いものの、最後まで退屈することも観辛いことも無い、見応えのある映画でした。
流石は名優アル・パシーノ!! 流石は名匠シドニー・ルメット監督の作品です。
マスターお薦めの「竜馬暗殺」も大いに見応えありの映画でした。 
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」ファンの私には、若干違和感は残ったものの、「なるほど」と思わせる場面も多く、面白い映画でした。
但し、あくまでも「八月の濡れた砂」や「祭りの準備」などを世に送り出した、ATG制作の映画ですので、興味を持たれた方は、その辺を調べてからご覧ください。


  1. 2017/04/19(水) 12:03:32|
  2. 映画 ・ ドラマの感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 31 カンナレージョ、サンタ・クローチェ、サン・マルコ地区 散策

今回でヴェネツィア散策の最終回。
ローマ~フィレンツェ~ヴェネツィアと巡った、イタリア旅行の最終回でもあります。

ムラーノ島からの帰り道は、サン・マルコ広場には戻らずに、お土産のヴェネツィアングラスを置く為に、一度ホテルの在るサンタ・ルチア駅方面に向かう水上バスに乗船し、フェローヴィア停留所 の一つ手前の グリエ停留所 で下船しました。

グーリエ橋 の上  カンナレージョ地区
img_3194-1.jpg
カナル・グランデ方向を見る。
右に見える鐘楼 / サン・ジェレミア教会 ( 紹介済み )
鐘楼の下の白い建物 / ラービア館 ( 紹介済み )

IMG_3193.jpg
橋の上から180度見返り。

IMG_3195.jpg
初日の夜に食事をしのは、グーリエ橋の少し先のレストランでした。
夜とはかなり雰囲気が違います。

ホテルに戻った後、サン・マルコ広場の近くに在ったレース店を目指して直ぐに出発です。
ホテルからだと、カナル・グランデの対岸のサンタ・クローチェ地区は見ていなかったので、地図を頼りにこの地区を散策し、時間を見ながら何処かで水上バスを利用することにしました。

スカルツィ橋 の上  カンナレージョ地区~サンタ・クローチェ地区
P3202084.jpg

P3202085.jpg
スカルツィ橋から、カナル・グランデを見る。
左岸の鐘楼とドーム / サン・ジェレミア教会
左端には私達が宿泊したホテル・プリンチペも見えます。

P3202086.jpg
180度振り返って、サン・タルチア駅方向を見る。
緑のドーム / サン・シメオン・ピッコロ教会

スカルツィ橋 を渡って、まだ足を踏み入れていない サンタ・クローチェ地区 へ。

カッレ・ルンガ通り  サンタ・クローチェ地区
p3202088-1.jpg
スカルツィ橋から直線で繋がるカッレ・ルンガ通りから覗いた路地。

P3202089.jpg
カッレ・ルンガ通りの突き当り方向を見る。

P3202090.jpg
カッレ・ルンガ通りの店舗の看板

マリン川  サンタ・クローチェ地区
P1040220.jpg
突き当りの手前を左折し、橋の上から マリン川 を見る。

カッレ・ベルガミ・サン・クローチェ通り  サンタ・クローチェ地区
P3202092.jpg
サン・シメオーネ・アパートメント
サン・シメオーネ教会を通り過ぎ、狭いトンネルの様な路地の途中で、左手に見えた広場の様な空間です。
丁度、ホテル・プリンチペの対岸辺りの場所に当たる場所だったらしく、広場の向こうにプリンチペが見えています。

リスタ・バーリ通り  サンタ・クローチェ地区
P3202093.jpg

サン・ザン・デコラ川  サンタ・クローチェ地区
P3202094.jpg
サン・クローチェ通りを進むとサン・ザン・デコラ川に架かる橋に出ました。

橋を渡ると、目の前に広場と教会が見えて来ます。
P3202095.jpg
サン・ザン・デコラ教会 in サン・ザン・デコラ広場

時間は午後5時半を回った頃です。
この辺りはご覧の通り、周りに観光客は殆ど居なくなってしまいました。
サン・ザン・デコラ広場を通り過ぎた後は、急いでいたのと、似たような景色が続いたいたからだと思いますが、写真を撮ってないことが、今にして思うと残念です。

ペスカリア広場  サン・ポーロ地区
P1040222.jpg
リアルト・マーケット
魚市場ファッブリケ・ヌオーヴェ館 の間の広場で開かれている市場です。
時間が遅い為かこの時は人けは殆ど在りませんが、青果や野菜、乾物や生花も並ぶ活気ある市場です。

既に6時近くなっていたので、歩いてサン・マルコ広場に行くのは諦め、近くのリアルト・メルカート停留所から水上バスに乗ることにしました。

リアルト・メルカート停留所  対岸 / カンナレージョ地区
P3202097.jpg
左奥の建物 / ミアーニ・コレッティ・ジュスティ館
ミアーニ・コレッティ・ジュスティ館の右隣の建物 / カ・ドーロ (黄金の館 )
カ・ドーロの右側の薄茶色の建物 /
 ペーザロ館 - Hotel Pesaro Palace ( 4つ星ホテル )
ペーザロ館の右側の肌色の建物 /
 サグレード館 - Ca' Sagredo Hotel ( 5つ星ホテル )
サグレード館の右側赤茶屋根の小さな建物 /
 フォスカリ・ダル・プラ館 ( 4つ星ホテル )
中央から右側の建物群 / ヴァルメラーナ館 ( 美術館 )

この後は、水上バスからの写真は撮っていません。
サン・マルコ広場の周りに点在する、レース店で最後のお土産を買い、帰り道は水上バスは利用せずに、先ずはリアルト橋まで歩き、橋を渡ってからは先程歩いた道を通ってスカルツィ橋を目指しました。
P1040221.jpg
(注 : この写真は買い物をした店ではなく、スカルツィ橋の近くの店の写真です。)

リアルト橋の上と、袂のルガ・デイ・オレジ通りで大声で、相手を挑発するように向かい合い、応援歌らしき歌を歌う2つの集団が騒いでいます。
人通りは少なく、すっかり日は暮れていたのでちょっと怖かったですが、どうやら陽気なサッカーのサポーター達だったようです。
さっき通った時には、沢山の商品が並んでいたリアルト・マーケットも、商品はすっかり仕舞われ、電灯も消されています。
この後は、来た道を戻るとは言っても、道がはっきり分かっていた訳では無く、暗くて狭い迷路のような路地を、ほぼ当てずっぽうに歩きました。
塩野七生さん著の 「聖マルコ殺人事件」 に出てくる、「知らない道でも人の来る方向へ歩けばいい」と言う、ヴェネツィアの街の歩き方を思い出して、ドキドキしながらも楽しい散策になりました。
リアルト橋では少しだけ怖い思いをしましたが、イタリアの他の都市と比べると、ヴェネツィアの治安の良さは各別です。
但し、辺りは真っ暗だったので、街中の夜の写真は撮っていません。

当てずっぽうに歩いた割には、殆ど最短距離を通ったらしく、リアルト橋から40~50分程度の散策で、スカルツィ橋に到着しました。
P3202100.jpg
夜景の撮影には自信はありませんでしたが、あまりに綺麗だったので、シャッターを押さずにはいられませんでした。
P3202105.jpg

この夜が、イタリアでの最後の夜です。
夕食は初日に入って、とても感じの良かったレストランに行くことにしました。
P1040231.jpg
好物とは言え、流石にバスタにも飽きていたのでスズキ料理にしてみました。
美味しかったのは勿論のこと、柔らかくて食べやすく、箸がなくても綺麗に食べることが出来ました。

P1040230.jpg

P1040232.jpg
翌日は朝食後に空港に向かうだけだったので、ワインも大瓶を飲んで、イタリア最後の夜を楽しみました。

イタリア旅行に行ってから、丁度一年が過ぎました。
もっと早くに、旅の記録をまとめあげるつもりでしたが、写真を整理したりコメントを書く為の資料を調べるうちに、ついつい時間が掛かってしまいました。
ただ、その作業がまた楽しくて、一年間ずっと旅行を続けていたような気さえしています。
今回で 「イタリア旅行記」 は終了しますが、今後も記事の加筆・修正は続けていきたいと思います。

この旅行は、私達夫婦の 「結婚30年」 を記念した旅行でしたが、この旅行が実現したのは、旅行社の選定をはじめ、料金の安い時期や空いている季節を調べてくれた妻のおかげだと思っています。
永年の憧れだったイタリア、特に ローマ と ヴェネツィア 旅行を実現してくれた妻に、心から感謝しています。

※ この記事は「Google マップ」を参考にしています。
  1. 2017/03/29(水) 16:42:11|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 30 サン・マルコ広場 ⇒ ムラーノ島

カ・ドーロ を見学した後、水上バスで サン・マルコ・サン・ガッサリア停留所 まで移動し、サン・マルコ大聖堂コッレール博物館 を見学しました。
サン・マルコ大聖堂 の内部の写真は、外観の写真と一緒に前日に紹介済みです。
コッレール博物館 の内部の写真は撮影禁止だったので撮れませんでした。
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂 も見学したいと思っていましたが、友人達へのお土産をまだ買えていなかったので、ヴェネツィアングラスの島、ムラーノ島へ渡ることにしました。

ムラーノ島 へ向かう、水上バスからの風景です。
p3192065-1.jpg
ホテル・ダニエリ

P3192066.jpg
左端に ドゥカーレ宮殿サン・マルコ鐘楼 が見えます。 
写真中央は ホテル・ダニエリ

p3192067-1.jpg
左側のオレンジ色の建物 / Hotel Savoia & Jolanda ( 4つ星ホテル )
上の建物の右隣りの黄色い建物 / ホテル パガネッリ ( 3つ星ホテル )
中央右側の白い建物 / Hotel Londra Palace ( 4つ星ホテル )

p3192068-1.jpg
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂

ジャルディーニ ターミナル 辺り  カステッロ地区
p3192075-1.jpg
Biblioteca di Studi Adriatici BSA - ISMAR CNR ( 図書館 )

サン・ピエトロ島 を過ぎた辺り  カステッロ地区
img_3166-1.jpg
アルセナーレ - ヴェネツィア国立造船所 ( 一部現博物館 )
この辺りが、アドリア海の女王 と呼ばれる程のヴェネツィア共和国海軍を支えた、国営造船所 です。
1104年にヴェネツィア共和国により設置された国立造船所で、オスマントルコとの戦争状態に入る15世紀頃が最盛期で、2万人もの労働者が勤務していました。
現在は一部が海洋史博物館として公開されている以外は、未公開の遺構として保存されています。

IMG_3168.jpg

img_3167-1.jpg

水上バスは、半島の様に突き出した国営造船所をぐるりと左回りに岸沿いを進みます。
倉庫の様な建物も見えて来ました。

アルセナーレ北~チェレスティア停留所 の間  カステッロ地区
img_3171-1.jpg
Ristorante La Serenissima ( レストラン )
IMG_3173.jpg
CA Del Console ( ホテル ) + TRANSFORMATIA
img_3175-1.jpg
ローマでは頭だけが白い烏を見ましたが、ヴェネツィアでは頭だけが黒い水鳥を見付けました。

城壁の様に続く、長い煉瓦の壁が終わると、教会の鐘楼が見えてきました。

チェレスティア停留所 の手前辺り  カステッロ地区
img_3177-1.jpg
サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教会

ここまでは、アルセナーレ造船所跡 を左手に見ながら、海岸線近くを進んで来ましたが、フォンダメンテ・ノーヴェ停留所 の所で、水上バスは右に90度舵を切り、ここからは真直ぐにムラーノ島に向かって進んで行きます。

フォンダメンテ・ノーヴェ停留所 辺りを見る  カステッロ地区
1426368_1726857307537439_2421851530966733561_n.jpg
サンタ・マリア・アッスンタ・アイ・ジェズイーティ教会 の鐘楼が見えています。

左後ろを振り返り、本島北部海岸を見る
オルト停留所 辺りを見る  カンナレージョ地区
IMG_3184.jpg
マドンナ・テッロルト聖堂鐘楼

IMG_3185.jpg
本島とムラーノ島とは、最短距離では数キロ程度しかなく、中間辺りにサン・ミケーレ島があります。
海とは言え、ラグーナ ( 潟 ) 内は浅瀬が殆どなので、水上バスの航路は海中に打ち込まれた木杭によって示されています。
かつては、アドリア海の女王と呼ばれ、世界一と言ってもいい程の海軍力を持った時期もあったヴェネツィア共和国ですが、外敵に攻め込まれた時には、この木杭を全て引き抜き、敵の大型艦を座礁させて侵入を防いだのです。
IMG_3191.jpg

サン・ミケーレ島
IMG_3192.jpg
サン・ミケーレ・イニーゾラ聖堂 マウロ・コドゥッチ設計 1469年建設開始
サン・ミケーレ島は、ヴェネツィア墓地の島と言われています。


ムラーノ・コロンナ停留所 から ムラーノ島に上陸です。
P3192079.jpg
ムラーノ島は、大まかに言うと、幅の広い運河によって分割された大・中・小の3つの島から出来ており、更に小運河により7つの島に分かれています。
ムラーノ・コロンナ停留所は、大・中・小の中に当たる島に在り、島全体の南端の先端で、本島に最も近い位置に在ります。
中の島は、小運河で二分され、運河の両側にはヴェネツィアングラスの工房と店舗がずらりと並んでいます。

p3192078-1.jpg
店が多いからと言って、同じようなものばかりを置いている訳ではなく、各々の工房で作ったオリジナルグラスを置いているので、一軒一軒見てしまうと、楽しくてなかなか前に進みません。

P3192081.jpg
時計塔 + オブジェ  in サント・ステーファノ広場

更に少し進むと、大と中の島を分ける幅広の運河に出ます。
P1040211.jpg
運河に掛かるロンゴ橋から、前の写真のサント・ステーファノ広場の時計塔を見る。

P1040209.jpg
この写真もロンゴ橋の上から撮っています。
P1040210.jpg
ロンゴ橋を渡り、一番大きな島の運河沿いの道には、ガラス工房と飲食店も並んでいます。
P3192083.jpg

さほどお腹は空いていなかったのですが、時間は午後2時を回っていたので、橋向こうの散策は程々にして、サント・ステーファノ広場に在ったレストランに戻ることにしました。

P1040212.jpg 
ラビオリとビールを注文しました。ちょっと足りないと思いましたが、パンもついてきたので、十分でした。

P3192082.jpg
食後にオブジェの前で記念撮影し、既に目を付けていた何軒かの店で検討を重ね、ヴェネツィアングラスのお土産を決めることが出来ました。
535188_1726857340870769_5944473326579802203_n.jpg

後は、ここで購入したヴェネツィアングラスの大皿に敷くレースを求めてサン・マルコ広場へ戻ります。
レースガラス細工と同様に、ヴェネツィアの名産物すよ。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」 「21世紀シリーズ ヴェネツィア」 「海の都の物語」 「Google マップ」等を参考または参照にしています。
  1. 2017/03/29(水) 12:51:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 29  カナル・グランデ⑨ カ・ドーロ ⇒ サン・マルコ・サン・ガッサリア Ⅱ

前回に続き 「カ・ドーロ停留所 ⇒ サン・マルコ・サン・ガッサリア停留所」 までの、水上バスからの風景の後半で、カ・フォスカリ川 を過ぎた辺りからの風景です。
前日とそっくりなアングルの写真が何枚もありますが、天候や時間帯による写りの良し悪しがありますので、再度UPしています。

サン・トマ ~ サン・サムエレ停留所 の間  右岸 / ドルソドゥーロ地区
p3191992-1.jpg
左端の建物 / カ・レッツォーニコ ( 18世紀博物館 )
上の建物の右隣り建物 / ベルナルド・ナーニ館
上の建物の右隣の建物 / ジュスティニアーン・ベルナルド館
右端の建物 / ジュスティニアーン館

p3191993-1.jpg
左端の建物 / カ・レッツォーニコ ( 18世紀博物館 )
中央の建物 / ベルナルド・ナーニ館
右端の建物 / ジュスティニアーン・ベルナルド館

p3191992-2.jpg
ジュスティニアーン・ベルナルド館 17世紀
このような設計の建物かと思いましたが、3階の部分は未完のまま現在に至った建物だそうです。
上階には中央に2つの半円アーチの玄関があり、2階には4セットの2連の半円アーチ窓が等間隔に並び、3階の完成部分も同じデザインの窓が並んでいます。

p3191993-2.jpg
ベルナルド・ナーニ館 16世紀
一見シンメトリーな立面に見えますが、カナル・グランデに面する、1階に2ヶ所ある半円アーチの玄関うち、一つは中央にありますが、もう一つは右端に開けられています。
上階は中央に露台付の3連の半円アーチ窓を配し、両側に2個づつの半円アーチの単体窓のあるシンメトリーなデザインです。 

p3191994-1.jpg
カ・レッツォーニコ ( 18世紀博物館 ) 18世紀
p3191995-1.jpg

カ・レッツォーニコ停留所 の中辺り  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191997-1.jpg
中央右側の建物 / ロレダン・デッランバッシャトーレ館 1470年頃
中央左側の低い建物 / マイネッラ館
左端の建物 / コンタリーニ・デッリ・スクリーニ・エ・コルフ館 17世紀

p3191998-1.jpg
マイネッラ館 ロドヴィーコ・カドリーン設計 1858年
ピアーノ・ノービレ階レベルには、眺めのよさそうなテラスを、水面レベルの玄関の横には、細長い庭ある19世紀の邸宅。
半円アーチの窓枠飾り手摺の面格子は、大理石製ではなくテラコッタで造られているようです。


カ・レッツォーニコ~アカデミア停留所 の中間辺り  
右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191999-1.jpg
サン・トロヴァゾ川

p3192000-1.jpg
コンタリーニ・デッリ・スクリーニ・エ・コルフ館 17世紀

アカデミア~サンタ・マリア・デル・ジリオ停留所 の中間辺り 
右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3192002-1.jpg
サン・ヴィオ川
サン・ヴィオ川 右岸の建物 / ロレダン・チーニ館 16世紀

p3192003-1.jpg
バルバリーゴ館 16世紀

p3192004-1.jpg
右側の建物 / バルバリーゴ館 16世紀
左側の建物 / ミュラ・モロシーニ館 15世紀

サンタ・マリア・デル・ジリオ停留所 の対岸辺り 
右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3192007-1.jpg
左側の肌色の建物 / 18世紀の住宅
中央左側の茶色い建物 / バルバロ・ヴォルコフ館 15世紀半
中央右側の改修中の建物 / ダーリオ館
右端の薄いピンクの建物 / Casa Artom ( 学校 ) 19世紀

p3192005-1.jpg
左側の建値 / バルバロ・ヴォルコフ館
右側の建物 / ダーリオ館
p3192007-2.jpg

p3192005-2.jpg
ダーリオ館 ピエートロ・ロンバルド設計 1487年頃  
隣の建物と見比べると、右に大きく傾いていることが分かりますが、工事用の足場越しに見ても、そのファサードのデザインの多彩さは、一際目立つ建物です。
1階には、真ん中の開口が他のものより幅広な、3ヶ所の半円アーチの玄関があります。
2・3・4階はほぼ同じデザインで、右側に半円アーチの4連窓が、右端には1個の単体窓が配置され、間の壁には、黒電話のダイヤルの様な独特な装飾が、ファサード中の残りの壁部には、ドーナッツ状に穴の開いた大理石が施されています。
色彩豊かで装飾的なモティーフに富んだファサードのルネサンス期の特異な建造物です。
また、屋根上の巨大な煙突も目を引く要素です。


サンタ・マリア・デル・ジリオ~サルーテ停留所 の間 
左岸 / サン・マルコ地区
p3192009-1.jpg

p3192008-1.jpg


p3192009-2.jpg
ピザーニ・グリッティ館 ( グリッティ・パレス・ホテル ) 14世紀
ヘミングウェイが愛し、長期滞在したホテルで、その名を冠したスイートルームがあるそうです。
ゴシック様式のこの建物は、14世紀にはピザーニ家の所有ででしたが、1814年にグリッティ家が購入しました。 
その後売却による所有者の変更を経て、ホテルに改修されています。
2・3階の中央に5連のオジーアーチ窓を配し、両側には幅広の壁があり、2個づつの単独窓がます。
カナル・グランデに面する立面は、横長で間延びした感がありますが、建物の両側には通りと運河があり、見えていない公園に面した左側面には、多くの窓が開いています。

p3192009-3.jpg
フランジーニ・フィーニ館 ピエートロ・ベッティネッリ設計 17世紀
カナルグランデに面するセルリアーナ式の玄関は、右端と中央より左寄りの場所に2ヶ所あり、それぞれの玄関の真上の位置には、中央の窓幅がやや大きい半円アーチの5連窓3連窓があります。
また、キーストーン等のアーチ廻りの装飾や露台の美しい建物です。
この建物は19世紀にはホテルでしたが、現在は右隣のマノレッソ館と共に、ヴェネト州所有の州議会となっています。

p3192009-4.jpg
マノレッソ館 15世紀後半
中心が少しだけ右にズレていますが、シンメトリーと言っても差し支えない立面の建物です。
1階は中央にやや大き目なアーチの玄関があり、直ぐ左右にもアーチ開口が開いています。
直上階の3連窓は、ランド・コルネール・スピネッリ館でも見られた、大きなアーチの中に、2個の細長のアーチと円を組み合わせデザイン、中世トスカーナの伝統的な窓の意匠を取り入れたものです。
4階は尖頭アーチの中に人型を描いたように見える4連の三葉飾り窓
5階には、4連の半円アーチ窓があり、各階の連窓の両側には、2個づつの単体窓を開けています。
取って付けたように見える最上階は、最近の増築ではないでしょうか?

p3192008-2.jpg
コンタリーニ・ファザーン館 15世紀
2階には3連窓、3階には2個の単体窓があり、イスラム風にも見える、美しい装飾の施されたオジーアーチ窓と、露台の透かし彫りのデザインが特徴的な美しい建物。
間口は狭いにも関わらず、周りの建物と比べると各階の階高の高いも特徴でしょう。

p3192008-3.jpg
ヴェニエール・コンタリーニ館 15世紀後半
15世紀後半に建てられたゴシック様式の建築
カナル・グランデに面する1階の玄関は、幅の広いマグサをイオニア式の2本の円柱が支える古典様式
2・3階中央に4連のオジーアーチ窓があり、両側に2個づつのオジーアーチの単体窓を配した、シンメトリーな立面ですが、2階よりも3階の方が階高が高く、窓も大きい不思議な建物です。
3階の窓枠の装飾が豊かで、長方形の額縁も施されています。

p3192008-4.jpg
左側の建物 / ミキエール・アルヴィージ館 17世紀
右側の4階の建物 / ガッジャ館


さあ、そろそろ サン・マルコ広場 に到着です。
p3192012-1.jpg
美しい ヴェネツィア の運河に浮かぶ サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂税関、そして ゴンドラ と・・・。

IMG_3160.jpg
サン・ジョルジョ・マッジョーレ島を背景にした ゴンドラ

p3192021-1.jpg
サン・マルコ広場 とその周りの建物群。
サン・マルコ広場

P3192026.jpg
何度見ても、美しい風景です。

既に紹介してしまいましたが、実際にはこの後、サン・マルコ大聖堂 の内部を見学ました。
その後、コッレール博物館 を見学 しましたが、写真はありません。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照にしています。
  1. 2017/03/21(火) 08:00:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 28  カナル・グランデ⑧ カ・ドーロ ⇒ サン・マルコ・サン・ガッサリア Ⅰ

サン・マルコ大聖堂コッレール博物館 の内部を見学する為に、サン・マルコ広場 へ向かう水上バスに乗ります。
初日に何度もカナル・グランデを行き来しているので、既に見ていない風景は無い筈ですが、勿論全ての建物の写真を撮れている訳はないので、出来るだけまだ撮れていない建物の写真を撮るつもりでしたが、結局は同じ建物を撮ってしまったようです。

カ・ドーロ~リアルト・メルカート停留所 の中間辺り  左岸 / カンナレジョ地区
p3191964-1.jpg
左側の寄棟屋根の建物 / フォースカリ・デル・プラ館 15世紀後半
中央左側の建物 / 19世紀の住宅
中央右側の建物 / ミキエール・デッレ・コロンネ館
右側のオレンジ色の小さな建物 / ミキエール小館 17世紀

p3191964-2.jpg
フォースカリ・デル・プラ館 15世紀後半
1階のカナル・グランデに面する尖頭アーチの玄関は、中心よりやや右寄りに、2階の6連のオジーアーチ窓は左寄りに開かれていますが、3階はほぼ中心に2連のオジーアーチ窓を、左右に同デザインの1個づつの単一窓を配して、全体としてのバランスを保っています。 
1520年にはマントヴァ宮廷ヴェネツィア大使官邸だったそうです。

p3191965-1.jpg
左側のクリーム色の建物 / ミキエール・デッレ・コロンネ館
中央左側のオレンジ色の小さな建物 / ミキエール小館 17世紀
中央右側の建物 / ミキエール・デル・ブルザ館
右端の白い建物 / スミス・マンジッリ-ヴァルマラーナ館
 
p3191965-3.jpg
ミキエール・デッレ・コロンネ館
アントーニオ・ガースパリ改修設計 17世紀末改修
一見して1階の階高の高さが目に付く建物です。
1階は細い柱が狭めの半円アーチを支える開廊で、典型的なビザンテイン商館
1階から3階まで、建物の中心にセルリアーナ式の開口を設け、2・3階の左右の矩形の単体窓には張り出した大理石の露台と窓上にはペディメント風の飾りが施されています。
17世紀末期に、アントーニオ・ガースパリの設計でファサードは全面的に改築され、露台窓上部の彫像等のバロック期の典型的な要素は、この時の改修によるものです。

p3191965-4.jpg
ミキエール・デル・ブルザ館 1777年
1774年に火事になり、3年後に再建されたゴシック様式の建物
( 館名の「ブルザ」 = brusa は 「焼けた」 等の意味があるようです。)
カナル・グランデに面する1階は、規則正しく3個の半円アーチの玄関があり、2・3階には中央に露台付の4連のオジーアーチ窓を、両側には2個づつの同じデザインの窓を配した、シンメトリーな立面の建物です。

p3191965-5.jpg
スミス・マンジッリ-ヴァルマラーナ館
アントーニオ・ビゼンティーニ改修 1743~51年改修
2・3階の新古典様式のファサードは、改修時のものです。
1階中央の半円アーチの玄関にはペディメントを、その上のピアーノ・ノービレ階の半円アーチ窓にはティンパヌムを配したシンメトリーな立面を持つ建物。
ノービレ階の両側の単独窓にはペディメントが施され、窓の両側には、コンポジット式の化粧柱は、4階のスラブレベルに施されたエンタブラチュアを支えるように並んでいます。
最上階とその下の階は、18世紀末の増築で、建築家ジャンアントーニオ・セルヴァによって内装も一新されています。


リアルト・メルカート停留所 を過ぎた辺り  右岸 / サン・ポーロ地区
p3191966-1.jpg
ファッブリケ・ヌオーヴェ館

リアルト橋 の少し手前    
p3191968-1.jpg
リアルト橋 1591年

リアルト停留所 の辺り  右岸 / サン・ポーロ地区
P3191969.jpg

p3191970-1.jpg

P3191973.jpg

P3191972.jpg
中央右側の茶色の建物 / ラヴァ館 ジョヴァンニ・サルディ設計 1906年

サン・シルヴェストロ停留所 辺り  右岸 / サン・ポーロ地区
p3191977-1.jpg
バルズィッザ館 12-13世紀

p3191978-1.jpg
左側の建物 / ブジネッロ館 13世紀中頃
右側の建物 / Lanfranshi 館 18世紀
 ピアーノ・ノービレ階とその上階に、左に寄せてセルリアーナ式窓
 配した、アン・シンメトリーな立面の建物。

サン・シルヴェストロ~サンタンジェロ停留所 の中間辺り  
右岸 / サン・ポーロ地区
p3191979-1.jpg
右端の建物 / ベルナルド館
中央右側の建物 / ジュスティニアーン・クェリーニ・デュ・ボワ館
中央の白い建物 / グリマーニ・マルッチェロ館
中央左側のオレンジ色の建物 / カッペッロ・レイヤード・カルネッティ館
上の建物の左側の運河に突き出した2階建ての建物 /
バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館
上の建物の左側建物 / ピザーニ・モレッタ館

p3191980-1.jpg
左端の建物 / ピザーニ・モレッタ館
2階建ての建物 / バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館
サン・ポーロ川
中央右側の建物 / カッペッロ・レイヤード・カルネッティ館
右端の建物 / グリマーニ・マルッチェロ館

p3191980-2.jpg
グリマーニ・マルッチェロ館 16世紀初頭
白大理石で造られ、完璧なシンメトリーの立面を持つ美しい邸宅。
1階中央の半円アーチの玄関の直ぐ左右には楕円形の窓があり、更に外側にはペディメントが施され2個づつの矩形の窓があります。
2・3階の中央には、3連の半円アーチの開口が有り、両側2個づつの窓も半円アーチ窓が配され、2階のロッジアには張り出した露台が施されています。
また、ファサードの彼方此方に円形の化粧板が散りばめられ、コンポジット式オーダーの施された化粧柱で飾られています。

サンダンジェロ停留所 の向い対岸  右岸 / サン・ポーロ地区
p3191983-1.jpg
サン・ポーロ川左岸の建物 / バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館
サン・ポーロ川
サン・ポーロ川右岸の建物 / カッペッロ・レイヤード・カルネッティ館
p3191982-1.jpg

p3191986-1.jpg
左側の建物 / ピザーニ・モレッタ館
右側の2階建ての建物 / バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館

p3191986-2.jpg
ピザーニ・モレッタ館 15世紀中半-16世紀初頭改修
完全なシンメトリーな立面を持つ、美しいヴェネツィアン・ゴシック様式の宮殿
カナル・グランデに面する階には、中央に2個の大きなオジーアーチ式の玄関が並び、ピアーノ・ノービレ階とその上階の中央には、美しい四つ葉状柱頭の装飾の施された6連のオジーアーチ式窓があり、上下階で四つ葉状柱頭の形状がやや異なっています。
左右の壁には、2個づつのオジーアーチ式窓が配され、長方形の枠取りと突き出した露台が施されています。
この写真だと分かり難いですが、セットバックした最上階があり、前面にはレースの様な透かし彫りの施された手摺壁が見えています。

P3191987.jpg
左側の建物 / ティエポロ小館
右側建物 / ティエポロ館

サン・トマ停留所 の少し手前  右岸 / サン・ポーロ地区
p3191989-1.jpg
サン・トマ川

サン・トマ川 と サン・トマ停留所 の間  右岸 / サン・ポーロ地区
p3191990-1.jpg
ゴンドラの船着き場
出向するのは午後からなのか、まだ殆どのゴンドラが停泊しています。

サン・トマ ~ サン・サムエレ停留所 の間  右岸 / ドルソドゥーロ地区
p3191991-1.jpg
カ・フォスカリ川

後半に続く

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照にしています。
  1. 2017/03/20(月) 11:00:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 27  カ・ドーロ ( パラッツォ・サンタ・ソフィア )

この日最初の目的地、カ・ドーロ に到着しました。
美しい邸宅が建ち並ぶカナル・グランデで沿岸の建物の中でも、最も美しい と言われる カ・ドーロ ( 黄金の館 ) の正式名称は パラッツォ・サンタ・ソフィア ( 聖ソフィア宮殿 ) 、かつては外壁に金箔が施されていたことから、カ・ドーロ ( 黄金の館 ) と呼ばれています。

p3191914-2.jpg
設計はジョヴァンニ・ボン、バルトロメオ・ボン親子 1428-1430年建設
ドージェ ( 元首 ) を8人も輩出した名門、コンスターニ家の邸宅として建てられました。

p3181454-1.jpg
この写真は、晴れていた前日に撮った写真です。

建物正面のデザインは、左側の3/5程の範囲と右側の2/5程の範囲に分かれています。
p3181454-2.jpg
先ずは、左側3/5の範囲のデザインを見てみましょう。
カナル・グランデに直接面する1階の床レベルは水面ギリギリ、中央の半円アーチは、両側の二つづつの尖頭アーチよりもやや幅広です。
2階と3階共に、奥行の深いロッジアがあり、壁線には、ややデザインの異なる美しい四つ葉状柱頭の装飾が施され、ロッジアの直ぐ両側には、2階は四つ葉模様トレーサリー窓が、3階にはオジーアーチ窓が開けられています。

壁の多い右側2/5は、1階から3階まで通して、左右にオジーアーチ窓を配し、壁の中心には縁取りのある正方形の窓を開けています。
各階のオジーアーチ窓の開口面積は同じ位に見えますが、デザインは各々異なります。

また、最上部のパラペットに施された、王冠の飾りの様とも、レースの様な装飾とも言われる装飾が、この建物の繊細で優美な美しさを際立たせています。

p3181454-3.jpg
3階のオジーアーチ窓。 
良く見ると、窓周りの装飾や大理石で造られた式台の何とも美しいこと。

p3181767-2.jpg
2階は何故か左右でトレーサリーのデザインが異なっています。
上下階ののものより、2階の正方形窓だけは大き目です。
壁の大理石の石肌も美しい。

p3181767-1.jpg
1階は上部にオジーアーチ窓、下部に正方形窓を施した複合窓

img_3155-1.jpg
さあ、下船して早速 カ・ドーロ を見学します。

P3191917.jpg
入り口前に置かれたプランターも柱頭の様です。

P3191919.jpg
入口を一歩入ると、美しいモザイクタイル張りの床が広がっています。
入口付近から、カナル・グランデ方向を見る。
IMG_3156.jpg
左側に中庭が見えています。

P3191934.jpg
カナル・グランデに面する玄関辺りから、入って来た入口方向を見る。
P3191933.jpg

P3191929.jpg
今回のイタリア旅行では、多くの美しい教会や宮殿の床を見て来ましたが、ここまで美しい床は、パンティオンテンピエットの大理石の床位だと思います。
モザイクタイル貼りと書きましたが、色大理石とタイルを使っているようです。

p3191928-1.jpg
美しいのは床だけではありません。
壁は2種類の大理石を市松風に貼ったものの様です。
p3191927-1.jpg

P3191935.jpg


P3191942.jpg
中庭を見る
P3191939.jpg
この木製の扉から、カ・ドーロ停留所に繋がる路地に出ることが出来ます。
P3191938.jpg
中庭の中央にも柱頭の様なプランターが置かれています。
p3191963-1.jpg
中庭からカ・ドーロ停留所に続く路地に出られる木戸を路地側から見る。
正方形の穴から、中庭を覗くことが出来ます。

P3191920.jpg
19世紀に階段と中庭を見下ろすバルコニーは取り壊されてしまいましたが、1922年に当時の所有者であったジョルジョ・フランケッティ男爵から国に譲渡され、大々的な修復が行われ、階段の再建も行われました。
( 改修工事はジョルジョ・フランケッティ男爵が所有していた時に行われたとする資料もあります。)

p3191925-1.jpg

P3191926.jpg


p3191931-1.jpg
1階の床は水面ギリギリと書きましたが、この時は床は水に浸かっていました。

p3191956-1.jpg
3階のロッジア

p3191951-1.jpg
3階のロッジアから、カナル・グランデを見る。
かなり霧が晴れてきたようで、青空も見えて来ました。 
P3191952.jpg


p3191949-1.jpg
建物内部の木製階段
P3191961.jpg
この見事な階段は、元はアニェッロ家にあったものです。
p3191960-1.jpg
親柱の彫刻はかなり傷んでいますが、ライオンでしょうか?

p3191950-1.jpg
フランケッティ男爵の美術コレクション寄贈され、現在はフラッケン美術館となっていて、カルパッチョティッツィアーノ等の絵画が展示されています。

p3191943-1.jpg

p3191944-1.jpg

p3191945-1.jpg

p3191946-1.jpg

p3191948-1.jpg

p3191958-1.jpg
残念ながら、絵画個々の詳細は調べられていません。

カ・ドーロ停留所に戻り、水上バスでサン・マルコ広場へ向かいます。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」 等を参考または参照にしています。
  1. 2017/03/10(金) 16:22:26|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 26  カナル・グランデ⑦ フェローヴィア ⇒ カ・ドーロ

ヴェネツィアの二日目の朝は、濃い霧がかかっています。
この日はヴェネツィアでの最終日と言うだけではなく、楽しかったイタリア旅行の、実質的な最終日で、次の日は朝食後直ぐに空港へ向かわねばなりません。
10日に及ぶイタリア旅行の間、幸いにも天候に恵まれ、雨に降られたのはコロッセオの待ち時間の30分程だけだったのに、最後の最後にこの霧です。

P3191905-1.jpg
前日の朝の晴天とは打って変わった濃霧です。

P3191903-1.jpg
昨日は朝はカナル・グランデを行き交う船がはっきり見えていましたが、広場と運河の境も良くわかりません。

p3191904-1.jpg
朝早いせいか、広場だけでなく、日中や賑うホテルの前の通りにも、人影はまばらです。

IMG_3149-1.jpg
ホテルの桟橋から
対岸の建物は、薄っすらとしか見えません。 前日に沢山写真は撮ったとは言え、この日は水上バスからの撮影は諦めるしかなさそうです。

霧が消えるのことを期待しつつ、朝食は何時もよりはゆっくりと食べて、いざ出発です。

朝食の前よりは、霧が薄くなって来たようです。
フェローヴィア停留所  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3191906-1.jpg
左奥の薄緑色ドームの建物 / サン・シメオン・ピッコロ教会
上のドームの下の白い建物 / Hotel Antiche Figure ( 3つ星ホテル )
上の建物の右隣のクリーム色の建物 / Hotel Carlton On The Grand Canal
中央左手の茶色と黄土色の建物の前 / Ristorante Da Nino
中央右手の肌色の建物 / 建物の詳細は不明
右端の白い建物 / Hotel Airone ( 2つ星ホテル )


サン・スタエ停留所 の向い  左岸 / カンナレジョ地区
p3191909-1.jpg
左奥の肌色の建物 / マルチェッロ館 18世紀
中央左の茶色の建物 /
中央の白い建物 /ソランツォ・ピオヴェーネ館 16世紀
右端の建物 / エーモ館 17世紀

p3191909-2.jpg
エーモ館 17世紀
カナル・グランデに突き出した場所に、右隣りのモリーン・クェリーニ館
と共に、マッダレーナ川との鈍角な角地を利用した建物。
等間隔に窓を配した規則正しい左面ファサードに対し、右面は左端に
セルリアーナ式と呼ばれるアーチと柱を組み合わせたヴェネツィア風
開口部を造り、右側には左面ファサードと同じデザインの単独窓を2列配しています。


p3191907-1.jpg
マッダレーナ川左岸の建物 / モリーン・クェリーニ館 17世紀 
中央やや左手に見える運河 / マッダレーナ川
マッダレーナ川右岸の建物 / バルバリーゴ館 16世紀
上の建物の右隣りの薄黄色の建物 / ズリアーン・プリウーリ館 17世紀
上の建物の右隣りのオレンジ色の建物 / ルオーダ館 17世紀
上の建物の右隣りの一部平屋の建物 / カーザ・ヴェッルーティ 
 16世紀建築 - 19世紀改修 
右奥の2階建ての建物の左隣の建物 /
 グッソーニ・グリマーニ・デッラ・ヴィーダ館 ( 裁判所 )
 ミケーレ・サンミケーリ設計?  1548-1556年
ノアーレ川
右奥の2階建ての建物 / ダ・レッゼ館 15世紀
右端の建物 / ボルドゥ・ギーズィ・コンタリーニ館 17世紀

p3191908-1.jpg
マッダレーナ川左岸の建物 / モリーン・クェリーニ館 17世紀
マッダレーナ川
マッダレーナ川右岸の建物 / バルバリーゴ館 16世紀
 左側の半円アーチの2連窓の建物と右側の3連窓建物を結合した建物。
 中心辺りの結合部で各階にズレが見られます。


左岸に以前に紹介したサン・スタエ教会が見えて来ました。
サン・スタエ停留所 の横  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3191910-1.jpg
サン・スタエ教会  ドメニコ・ロッシ設計 1709年


サン・スタエ停留所 を過ぎた辺り  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3191911-1.jpg
ジョヴァネーリエ 館 - ホテル・パラッツォ・ジョヴァネーリエ・グラン・カナル
( 4つ星ホテル )


サン・トマ~カ・ドーロ停留所 の中間辺り  左岸 / カンナレジョ地区
p3191912-1.jpg
左側の建物 / ボルドゥ・ギーズィ・コンタリーニ館 17世紀
 1階は粗石積み
 カナル・グランデに面する1階玄関、2階の露台付のセルリアーナ式の
 開口部
、3階の半円アーチの3連窓は、立面の右端に設けられ、2・3階の
窓は露台付きで、立面全体に水平ボーダーが施されています。
中央左の建物 / コンタリーニ・ピザーニ館 17世紀改築
 最近の改修によるものなのか、立面はいたって単純ですが、中央の
 半円アーチの3連窓とシンメトリーな全体構成は、ヴェネツィアでは
 見慣れたスタイルです。
 また、ポルティコの右端に残る、柱頭が大きなゴシック様式の柱は、
 建築当初の名残りと考えられています。
中央の建物 / レーヴィ・モレーノス館 16世紀
 カナル・グランデに面する庭と大きなテラス、そして1階に大きな
 2連のアーチを持つ建物。
赤っぽい色の建物 / フォンターナ・レッツォーニコ館 16世紀-17世紀
右端の建物 / ミアーニ・コレッティ・ジュスティ館

p3191912-2.jpg
フォンターナ・レッツォーニコ館 16世紀-17世紀
カナル・グランデに面する、大きな半円アーチの玄関と、2・3階の半円アーチの4連窓は、中心より左寄りにあり、狭い左側には2個、広い右側には4個の化粧が施された単体窓が開けられています。
赤っぽい外壁には、白大理石の水平ボーダーが施され、2・3階の全ての窓に施された露台窓飾りを結んでいます。


カ・ドーロ停留所 の直前  左岸 / カンナレジョ地区
p3191914-1.jpg
左側の建物 / ミアーニ・コレッティ・ジュスティ館
 アントーニオ・ヴィゼンティーニ設計 1776年
右側の建物 / カ・ドーロ ( 現:フランケッティ美術館 )  
 カ・ドーロ の詳細は次回にまわします。

p3191914-4.jpg p3191914-3.jpg

p3191914-2-3.jpg
ミアーニ・コレッティ・ジュスティ館
カナル・グランデに面する1階に交互に設けられた、半円アーチの大門と、彫像の飾られた壁龕がこの建物の特徴でしょう。
上階には立面の端から端まで露台が施されて、最上階には左右のペディメントのある円形のニッチには胸像が飾られています。
切り妻屋根の屋根裏部屋もこの建物の特徴と言えるでしょう。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「21世紀シリーズ ヴェネツィア」 「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照にしています。
  1. 2017/03/02(木) 21:25:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 25 サン・マルコ広場の北側、東側

水上バスを降りてから、サン・マルコ広場を斜めに横切って、旧行政館の西端の細い通路を抜けると、オルセオロ・オ・デル・コヴァル川のゴンドラ乗り場が在ります。

p3191885-1.jpg
オルセロ・ゴンドラ乗り場からオルセオロ・オ・デル・コヴァル川を見た風景。

P3191888-1.jpg
この場所は、なかなかの写真スポットだったらしく、なん組かの観光客が後ろで待っていたので、一旦場所をゆずり、しばらく順番待ちをしてから、記念写真をもう一枚!!

来た通路を戻って、旧行政館の1階のショップを覗きながら東へ歩き、サン・マルコ大聖堂の北・東側へ行ってみると、そこも飲食店や商店で賑わった街区でした。
ヴェネツィア名産のレースやヴェネツィアン・グラスの土産店を物色しながら、あてもなく東へ東へと歩いて行くと、両側に店舗の並ぶ細い通りから抜けて、少し幅の広いサン・プロヴォイオ川沿いの細長いサン ・プロヴォイオ広場に出て来たました。

サン・プロヴォイオ川サン・セヴェーロ川が交わるT字部分  カステッロ地区
p3191891-1.jpg
サン・プロヴォイオ川越にホテル・パラッツォ・プリウリを見る。

p3191889-1.jpg
ホテル・パラッツォ・プリウリは、サン・プロヴォイオ川サン・セヴェーロ川が交わるT字部分に在ります。
サン・セヴェーロ川から2艘のゴンドラが遣って来ました。

p3191893-1.jpg
実にヴェネツィアらしい風景です。

p3191892-1.jpg
ゴンドラに乗ると彼方此方で写真を撮られるのでしょう!
撮られる方も慣れたものです。

サン・セヴェーロ川を挟んでホテル・パラッツォ・プリウリの対岸には、運河を見下ろすテラスのある建物が在りました。
p3191899-1.jpg
レジデンツァ デ ロズマリン
建物の詳細は不明ですが、現在は古い邸宅をホテルとして利用されています。

サン・プロヴォイオ川沿いの細長いサン ・プロヴォイオ広場をそのまま東へ進むと、サン・ロレンツォ川グレーチ川に名前の代わるT字部分に出ます。  
T字部分には大小2つの橋が架かっていますが、大きい方の橋からの眺めも、なかなかのものでした。

サン・プロヴォイオ川サン・ロレンツォ川グレーチ川が交わるT字部分
カステッロ地区
p3191898-1.jpg
サン・ジョルジオ・デイ・グレーチ大聖堂 1539年着工-1573年竣工
コンスタンディヌーポリ総主教庁に所属する、ギリシャ正教会の大聖堂で、ヴェネツィア軍に仕えていたギリシャ人兵士達と、ヴェネツィアに住んでいたギリシャ人の知識人層が中心となって建設されました。

p3191897-1.jpg
同じ橋の上からサン・ロレンツォ川を見る。

p3191896-1.jpg
同じ橋の上からサン・プロヴォイオ川を見る。

辺りはだいぶん陽が落ちて、薄暗くなり露店には灯りが灯り始めたので、ここらで引き返すことにします。
帰る途中でも、立派なファサードの教会を見掛けました。

ヴィン川グレーチ川の中辺り  カステッロ地区
p3191900-1.jpg
サン・ザッカリーア教会 
アントニオ・ガンベッロ、マウロ・コドゥッシ設計 1458年-1515年
洗礼者ヨハネの父と言われるザカリアに捧げれ建設されたベネディクト派の教会。
当初はゴシック様式の教会として建設は進められますが、後にファサードや内部の天井等にルネサンス様式を取り入れた為、ファサードは後期ゴシック様式ルネサンス様式が融合された、堂々とした立面になっています。

p3191900-2.jpg
正面頭部の半円部は貝模様や化粧板で飾られています。

    正面出入り口の上の彫像
    p3191900-3.jpg
    聖ザッカリア像 A・ヴットーリア作

内部には絵画が多数飾られており、特にベルニーニの祭壇画が有名です。
今回は内部を見学していないので、手持ちの資料から
絵画
祭壇画 / バラ  ジョヴァンニ・ベルニーニ作 《 出典:21世紀シリーズ ヴェネツィア 》

夕食には時間が少し早かったので、サン・マルコ広場から水上バスでカナル・グランデをホテルの在るフェローヴィアまで移動するつもりでしたが、カナル・グランデではなく、ジュデッカ運河を通る便に乗ってしまいました。
ただ、既に日が暮れてしまったので、写真を撮れる訳でもなく、それ程時間も変らなかったので、かえってヴェネツィアの別の風景を見れたと思っています。

この日の夕食は、サンタ・ルチア駅前でホテル・プリンチぺにも近いレストランに入って、ワインと
p1040127-1.jpg
御飯が恋しくなっていた妻は 魚介のリゾット を

p1040128-1.jpg
私は イカ墨のパスタ を食べて、ヴェネツィアを満喫した一日は終わりました。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照にしています。
  1. 2017/02/27(月) 18:52:12|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 24 カナル・グランデ⑥ サン・トマ  ⇒ サン・マルコ・ヴァッラレッソ Ⅱ

サン・トマ停留所 から サン・マルコ広場 に向かう途中の、カナル・グランデ の風景の後半です。

アカデミア停留所 を過ぎた辺り  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191857-1.jpg
右側の濃いオレンジ色の建物 /
GALLERIA D'ARTE IL CANALE ・ Bar Foscarini
中央左側の建物 / コンタリーニ・ポリニャック宮殿 ( 博物館 )
左奥の白い建物 /
モリーン・バルビ・ヴァリエール・デッラ・トレッツァ館

p3191856-1.jpg
ブランドリーン・ロータ館
- GALLERIA D'ARTE IL CANALE ・ Bar Foscarini
 17世紀
カナル・グランデ側の立面の規模、そして2・3階の開口部の構成が、左隣のコンタリーニ・ポリニャック宮殿と似ています。
外壁が濃いオレンジ色の塗り壁である点、目立った装飾は無く水平にボーダーが施され、屋根の上には切妻の小屋裏部屋あり、2本の大きな塔状の煙突が有る点が明確な相違点です。

p3191857-2.jpg
コンタリーニ・ポリニャック宮殿 ( 博物館 ) 
ジョヴァンニ設計 15世紀中頃
2・3階中央の5連の半円アーチを、イオニア式のオーダー柱が支え、両側の壁には2つの半円アーチ窓を開けた、シンメトリーで端整な立面を持つルネサンス建築の典型ともいえる美しい建築。
1・2階は白い大理石張りなのに対し、3階の柄の有る淡いオレンジ色の外壁とした配色や、2・3階に散りばめられた〇をモチーフとした装飾、そして1階のフリーズ部分に施された彫の浅い装飾も、この建物全体から感じられる淡く美しいイメージを強調しているように感じられます。

アカデミア~ジリオ停留所 の間  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191858-1.jpg
中央の白い建物 /
モリーン・バルビ・ヴァリエール・デッラ・トレッツァ館 17世紀
 2・3階の中央部には半円アーチの4連窓があり、両脇には2つづつの
 半円アーチ窓が開けられています。
 1階正面玄関は3つのアーチで構成された17世紀の建物で、両側の
 粗い石積みのテラスは、1750年以後にが追加されたものです。
 外壁は白い塗り壁で、水平にボーダーが施されています。
左側のクリーム色の建物 / ロレダン・チーニ館


アカデミア~ジリオ停留所 の間  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
カナル・グランデ から、右岸のS・ヴィオ川を見る
p3191859-1.jpg
運河右岸の建物 / ロレダン・チーニ館 16世紀
運河左岸の建物 / バルバリーゴ宮殿
p3191860-1.jpg

p3191863-1.jpg
バルバリーゴ宮殿 16世紀
カナル・グランデサン・リオ広場の角に建つ鮮やかなモザイク画の建物
16世紀の建築ですが、壁面を飾るモザイク画ジュリォ・カルリーニの下絵に基づいて18世紀に制作されたものです。
両脇の四角の区画に、皇帝カール五世がティツィアーノの工房を訪れた時の2人(左)と、フランス王アンリ三世がムラーノ島のあるガラス工場を訪問した時の模様(右)が描かれている。
モザイク画以外は、16世紀の典型的な古典様式の建物で、中央部の4連の半円アーチと両脇の2つづつの半円アーチ窓のうち、内側の窓は4連窓と接近して開けられているので、6連窓の様に見えます。
大理石の水平のボーダーアーチ窓枠のボーダーと結び付くデザインとなっています。

p3191862-1.jpg
右側の建物 / バルバリーゴ館 16世紀
左側の建物 / ミュラ・モロシーニ館 15世紀
p3191864-1.jpg
右側の建物 / バルバリーゴ館 16世紀
左側の建物 / ミュラ・モロシーニ館 15世紀
 運河に面する玄関は2門あり、2・3階の中央部の4連窓はオジー
 アーチ窓
があり、4階の窓は2・3階よりやや小さめです。


ジリオ停留所 の向い辺り  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191865-1.jpg
右端に少しだけ見える建物 / ダーリオ館
上の建物の左隣の茶色い建物 / バルバロ・ヴォルコフ館
上の建物の左隣の肌色の建物 / 18世紀の住宅
写真中央のクリーム色寄棟屋根の建物 / サルヴィアティ館
上の建物の左隣の肌色6連窓の建物 / 詳細不明
上の建物の左隣の建物 / Casa Santomaso 14世紀
ドームの右下のオレンジ色の建物 / Nani Mocenigo 館 16世紀
ドームの下の肌色の建物 / ジェノベーゼ館 - 現Centurion Palace ( 5つ星ホテル )
左端に見えているドーム / サンタ・マリア・デッサ・サルーテ聖堂
左端の2階建ての建物 / サン・グレゴーリオ修道院

p3191865-3.jpg
バルバロ・ヴォルコフ館 15世紀半
大運河に面する尖頭アーチの1階玄関の高さが、通常の半分程しかありません。
2階は壁が殆どなく、大きめの6連の尖頭アーチ窓が開けられています。
この建築の何と言っても特徴的な点は、3・4階の開口部がアン・シンメトリーなデザインだと言うことでしょう。

p3191865-2.jpg
サルヴィアティ館 19世紀

サン・トマ停留所 の少し手前  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191866-1.jpg
右端に少しだけ見える建物 / Casa Santomaso 14世紀
上の建物の左隣りのオレンジ色の建物 / Nani Mocenigo 館 16世紀
中央の左の肌色の建物 / ジェノベーゼ館 - 現Centurion Palace ( 5つ星ホテル )
左端に見えているドーム / サンタ・マリア・デッサ・サルーテ聖堂
左端の2階建ての建物 / サン・グレゴーリオ修道院

p3191867-1.jpg
ジェノベーゼ館 トゥリコーミ・マッテーイ設計 1892年
左隣のサン・グレゴーリオ修道院の一部を壊取り壊し、1892年に古い建物風に建てられたゴシック・スタイルの新しい建物です。

P3191870.jpg
サン・グレゴーリオ修道院
創建は1160年、14世紀に再建され、1775年には廃止されされてしまいます。
19世紀には、右隣のジェノヴェーゼ館に場所を提供する為、一部が取り壊されますが、14世紀のゴシック様式の回廊と、表玄関は残されました。
1461年頃の教会の後陣は、大運河からも見ることが出来ます。
1805年に修道院は廃止されています。

サン・トマ停留所 の辺り  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191869-1.jpg
サンタ・マリア・デッサ・サルーテ聖堂 
バルダッサレ・ロンゲーナ設計  1687年
1630年に2度目の猛威を振るったペストが終焉したことに感謝し、1687年に完成したこの聖堂は、ヴェネツィア共和国元老院は聖堂建設を決定し、健康 ( サルーテ ) の名を冠して聖母マリアに捧げられたもので、バロック建築の最高傑作と言われています。

朝に通った時に、既に紹介済みですが、朝は水上バスの左岸側に乗っていたので、サン・マルコ・サン・ガッサリア停留所に停泊する為に、180度転回した時に撮った写真は聖堂の遠景だけでしたが、今回は間近から撮ることが出来ました。

p3191871-1.jpg
流石にバロック建築の最高傑作と言われるだけのことはあります。

p3191872-1.jpg
是非内部も見学したかったのですが、スケジュールの関係で諦めるしかありませんでした。

Salute02.jpg
聖堂内部  出典 : Wikipedia - 「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」

800px-Le_Court_Altare_S__Maria_della_Salute.jpg
主祭壇  出典 : Wikipedia - 「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」

サルーテ~サン・マルコ・ヴァッラレッソ停留所 の間  
p3191875-1.jpg
ドルソドゥーロ地区 の先端に建つ 税関 越しに、サンタ・マリア・マジョーレ教会を見る。

サン・マルコ広場の少し手前のサン・マルコ・ヴァッラレッソ停留所で水上バスを下船して、日が暮れるまでお土産を探しのウインドーショッピングです。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」 「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照しています。
  1. 2017/02/25(土) 18:50:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 23 カナル・グランデ⑤ サン・トマ  ⇒ サン・マルコ・ヴァッラレッソ Ⅰ

ヴェネツィア1日目の見学予定は終わったので、サン・マルコ広場に戻って、辺りをぶらぶらと散策しながらお土産を物色する為に、水上バスに乗り込みました。

水上バスを待っている間、サン・トマ停留所から対岸を見る

サン・トマ停留所  左岸 / サン・マルコ地区
p3191839-1.jpg
水上バスの正面辺りの薄ピンク色の建物 / コルネール・ゲルトフ館 
 16世紀
上の建物の右側の建物 / モチェニーゴ宮殿 群
 モチェニーゴ一族新モチェニーゴ館、モチェニーゴ館、
 古モチェニーゴ館
が並んでいます。
 モチェニーゴ家はミラーノ出身で、7人のドージェを輩出した名門です。

p3191839-2.jpg
新モチェニーゴ館 ( カーザ・ヌオーヴァ ) 
アレッサンドロ・ヴィットーリア設計 1579年頃
元はゴシック様式の建物だったと思われますが、16世紀に建て直されました。建物中央部には、セルリアーナ式と呼ばれるアーチと柱を組み合わせた ヴェネツィア風の窓式で造られ、両側の開口部の2階にはアーチ、3階にはペディメントが、2階の壁面の両脇に大理石の紋章が施されています。

p3191839-3.jpg
モチェニーゴ館 1500年代末  
2番目3番目の建物は双子のように同形の建物が並んでいます。
中央部はセルリアーナ式で窓の上部にはそれぞれ彫刻が施されています。

右岸の彼方には、既に紹介済みの ジュスティニアン宮殿カ・フォスカリ宮殿 も見えて来ました。
p3191838-1.jpg
左岸左端の建物 / モチェニーゴ宮殿
左岸中央の建物 / 古モチェニーゴ館
左岸中央右の建物 / コンタリーニ・ダッレ・フィグーレ館
右岸奥に見える建物 / ジュスティニアン宮殿

p3191838-2.jpg
古モチェニーゴ館
フランチェスコ・コンティーン設計 1625年改修
15世紀にゴシック様式で建てられた建物を改修したもの。

p3191838-3.jpg
コンタリーニ・ダッレ・フィグーレ館
アントーニオ・アッボンディ設計 ( 通称スカルパニーノ ) 16世紀改修   
ゴシック様式の建物の上に、1504~46年に掛けて再構築されたもので、正面の開口部は半円アーチで造られていて、2階にはペディメントが施された端整なファサードが特徴で、特に中央部の4連窓に施された、大きなペディメントと、両側の壁に施されたレリーフが目を引きます。

今回は水上バスの右岸側に乗ったので、朝とは反対側の建物を見れました。

カナル・グランデ から、右岸の カ・フォスカリ川 を見る
p3191840-1.jpg
カ・フォスカリ川の左岸 / カ・フォスカリ館 ( 現ヴェネツィア大学・経済・商学部 )
カ・フォスカリ川の右岸 / バルビ館

サン・トマ~サン・サムエレ停留所の中辺り   
右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191842-1.jpg
左 / ジュスティニアン館  
右 / カ・フォスカリ館 ( 現ヴェネツィア大学・経済・商学部 )

p3191844-1.jpg
ジュスティニアン館

p3191846-1.jpg
中央の建物 / ジュスティニアン館  
右端の建物 / カ・フォスカリ館 ( 現ヴェネツィア大学・経済・商学部 )

p3191845-1.jpg
左端の建物 / カ・レッツォーニコ ( 18世紀博物館 )
上の建物の右隣の建物 / Ca' Bemarda
右端の建物 / ジュスティニアン館

この建物も紹介済みです。
p3191847-1.jpg
カ・レッツォーニコ ( 18世紀博物館 )
p3191848-1.jpg

p3191849-1.jpg
カナル・グランデからS・バルナーバ川を見る


カ・レッツォーニコ停留所 辺り  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191850-1.jpg
ホテル パラッツォ スルテン ( 4 つ星ホテル )
伝統的なヴェネツィア様式の建物を利用したホテル。

カナル・グランデ から、右岸のマルパガ川 を見る
p3191851-1.jpg


カ・レッツオニコ~アカデミア停留所 の中辺り  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191852-1.jpg
左奥の建物 / コンタリーニ・デッリ・スクリーニ・エ・コルフ館
中央の小さな建物 / マイネッラ館
中央右側の建物 / ロレダン・デッランバッシャトーレ館

p3191853-1.jpg
ロレダン・デッランバッシャトーレ館 1470年頃
小振りな建物ながら、均整の良い繊細で美しい建物。
p3191853-2.jpg p3191853-3.jpg
2階部の四つ葉状柱頭の装飾を施した4連窓と、その両側のニッチに置かれた 
彫像が目を引きます。


カ・レッツオニコ~アカデミア乗り場の中辺り  右岸 / ドルソ・ドゥーロ地区
p3191854-1.jpg
コンタリーニ・デッリ・スクリーニ・エ・コルフ館
異なる時代の二つの建物が隣接しています。
右側の建物  フランチェスコ・ズメラルディ内装改修 17世紀
 後期ゴシックの建物で17世紀に改修。 正面の中央に4連窓がありjます。
 ネットで見付けた図面には2階に四つ葉状柱頭がありますが、現在は埋め
 られています。
左側の建物  ヴィンチェンツォ・スカモッツィ設計 1609年
 1階は石積みの壁面で、2階には2本セットの付け柱が施され、その間に
 半円アーチの窓が開かれ、屋根の上には屋根裏部屋の小塔があります。


P3191855.jpg
アカデミア橋 ウジェニオ・ミオッツィ設計 1854年
最初は1854年に鉄製の橋が開通しますが、老朽化により、石造の橋に架け替える為のコンペが行われます。
しかし、プロジェクトは実現されず、現在架かる木造の橋は1933年に開通しました。
アカデミア橋は、リアルト橋、スカルツィ橋 ( ミオッツィ設計 ) コスティトゥツィオーネ橋と共に、カナル・グランデに架かる四つの橋の一つです。

※ この記事内の説明文は 「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照にしています。
  1. 2017/02/23(木) 22:14:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥の餌台を作ってみました。

隣のお宅の柿の木には、秋にはヒヨドリだけでなく、可愛いらしいメジロシジュウカラ柿の実を食べにやって来ます。
この季節になっても、小鳥達は柿の木にやって来ますが、とうに柿の実は食べつくされているので、羽を休めるだけで飛んで行ってしまいます。

16708621_1869874373235731_4198248461607573478_n.jpg
出窓からガラス越しにバードウォチングをするのが好きな我が家の猫達も寂しそうなので

IMG_3825.jpg
嫁がネットで調べてペットボトルを利用したバードフィーダーを作ったので、僕も外壁のサンプル(杉の羽目板)と、使っていない古くなった植木鉢の受け皿を使って餌台を作ってみました。

IMG_3826.jpg
餌台を設置したのは、我が家の小さな庭で、唯一の中木であるハナミズキです。

IMG_3827.jpg
ペットボトルのしたバードフィーダーは、直径4~5mm程度の穴が幾つも空いていて、クチバシで中に入っているヒマワリの種を食べられるようになっています。

IMG_3824.jpg
設置して2日になりますが、猫達の視線が気になるのか? まだ餌台に気が付いていないのか? 未だに鳥は来ていません。

16711754_1869874386569063_511237575559408994_n.jpg

16730642_1869874399902395_4005331558973994280_n.jpg
これじゃちょっと無理かな?

  1. 2017/02/15(水) 14:50:00|
  2. ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 22 サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂Ⅱ

今日は サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 の内部を紹介します。

13世紀前半に、ヴェネツィアにやって来たフランチェスコ会の修道士達は、この地にサンタ・マリア・フラーリ教会を建築します。
しかし、直ぐにサンタ・マリア・フラーリ教会だけでは、フランチェスコ会の教えに共感する民衆を収容しきれなくなり、1340年頃から新教会の建築が始まり、約100年の歳月を費やして、1433年に サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 を完成させたのです。

p3181815-1.jpg
聖堂の平面はラテン十字型三廊式で、側廊には、7つの礼拝堂が配されています。
12本の円柱が支える交差ヴォールト身廊の先には、壁に囲まれた聖歌隊席が在り、中央に見えるアーチのその奥には、ティッツィアーノの絵画が見えます。
聖堂の壁は煉瓦積みで、床はピンク肌色と白大理石のチェック柄
様式はロネスク様式ゴシック様式が合体したヴェネツィア・ゴシック様式と言えるでしょう。

P3181822.jpg

P3181827.jpg
柱の頭部を繋ぐ木梁は、補強の為に設置されたもなのでしょうか?
今回のイタリア旅行で訪れた教会では、他では見なかったものですが、かえってこの教会の特徴になっている気がします。


p3181832-1.jpg
聖歌隊席を囲む大理石の彫刻 1475年
ブロンズの十字架像 アンドレア・ヴェロッキオ作
聖歌隊席を囲む壁は、大理石のレリーフや聖人たちの彫像で飾られ、正面入り口のアーチ上には、ブロンズの十字架像が載っています。
P3181823.jpg
聖歌隊席内壁の木彫り彫刻 マルコ・コッツィ作 1468年
大理石壁の内側は、一転して木彫りの彫刻です。
聖歌隊席の上段には、木彫りのパネル50枚が嵌め込まれています。
P3181820.jpg


再び、主祭壇に目を戻しましょう。
p3181818-1.jpg
聖歌隊席から主祭壇を見る。
半円形に突き出した後陣は、ゴシック様式の縦長のステンドグラスから光が降り注ぐ神秘的な空間です。
p3181821-1.jpg
光の中心には ティッツィアーノ作聖母被昇天 が鎮座します。
この教会全体が、ティッツィアーノの最高傑作を展示する為に造ったのかと思える程の舞台設定です。
p3181821-2.jpg
聖母被昇天 ティッチアーノ作 1518年
完成に2年かかった大作で、躍動的な三階層の構図と色彩構成が、ティツィアーノローマ以北でもっとも傑出した画家の一人という評価を定着させたティツィアーノ代表作。 
P3181826.jpg
左袖廊から中央交差部越しに右袖廊方向を見る


P3181825.jpg
聖マルコ礼拝堂
p3181825-1.jpg
祭壇画 バルトロメオ・ヴィヴァリーニ作 1474年


P3181828.jpg
側廊 ペーザロ家祭壇 ( 奥の祭壇 ) 
p3181817-3.jpg
聖会話とペーザロ家の寄進者たち ティッツィアーノ作 1519 - 1526年


p3181816-1.jpg
側廊中程
p3181816-2.jpg
ドージェ ( 1658年~1659年在職 ) ジョヴァンニ・ペーザロの記念碑 1699年
バルダッサーレ・ロンゲーナデザイン 
メルキオーレ・バルテル、ベルナルド・ファルコーネ作

ヴェネツィア・バロック様式の代表作の一つ。


p3181831-1.jpg
側廊中程
p3181831-2.jpg


P3181833.jpg
側廊中程
p3181833-1.jpg
ティツィアーノの記念碑 ( 廟墓 ) アントニオ・カノーヴァ作 新古典様式
カノーヴァティツィアーノ の弟子。


P3181824.jpg
聖具室
p3181824-1.jpg
聖遺物の祭壇 17世紀 バロック様式
中には、キリストの体から採取したと言われているキリストの血が納められています。
左のレリーフは キリストの十字架磔刑、右は十字架降下、下はキリストの埋葬 の場面を描いています。
黄金の天使の彫像も目を引きます。


P3181830.jpg
身廊中程から、入口方向をみる。

この後は、水上バスでサン・マルコ広場へ戻り、辺りを散策がてらお土産を探しです。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」 「21世紀シリーズ ヴェネツィア」 「北イタリア美術めぐり」等を参考または参照にしています。
  1. 2017/02/05(日) 16:30:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 21 サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂Ⅰ

水上バスを下船し、サン・トマ地区を少し散策しながら、サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 へ向かいます。
ヴェネツィアの道は、何処も迷路の様です。
道幅が非常に狭く、建物が建て込んでいるので見通しも効かないので、直ぐに自分の今居る場所が分からなくなるのですが、少しウロウロしていると、じきに運河か広場に出くわし、広場には大てい教会が在るので、現在地を確認することが出来るのです。

p1040100-1.jpg
道に迷っている間でも、土産店のショーウィンドーを見ているだけでも、飽きることはありません。

p3181808-1.jpg
ほんの10日程前まで、ヴェニツィア・カーニバルが開催されていたので、ヴェニツィア中がこれらの衣装をまとった人で溢れていた筈です。

P3181807-2.jpg
仮面の種類も実に豊富です。

p1040101-1.jpg

p1040102-1.jpg

p3181835-1.jpg
フラリ川
路地に面した建物や運河に浮かぶゴンドラを見れば、何処でもヴェネツィアに居ることを実感することが出来ます。


p3181811-1.jpg
広場と教会らしき建物に出くわしましたが、サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 ではないようです。

P3181813.jpg
サン・ロッコ大信徒会堂 - サン・ロッコ学校
バルトロメオ・ボン - サンテ・ロンバルド - スカルパニーノ
- ジャンジャコモ・ディ・グリージ設計
 1515年 - 1560年
聖ロッコはペストの守護聖人、何度もペストに苦しめられたヴェネツィアは、15世紀に聖ロッコを信仰する同信会を創立させます。
この建物はその同信会の集会場として建てられました。
ヴェネツィアを代表する画家ティントレットの数十点にも及ぶ絵画、 受胎告知、聖母被昇天、聖ロッコの祝福、羊飼いの礼拝、キリストの磔刑 が有名です。

p3181810-1.jpg
サン・ロッコ教会 
スカルファロットルネサンス様式の旧教会を改修 18世紀
この教会にも、ペスト患者を癒す聖ロッコ、砂漠の聖ロッコ 等のティントレットの絵が飾られています。
教会内には聖ロッコの遺骨も納められています。


p3181814-1.jpg
サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂
広場に背を向けているこの建物が、サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂 です。

p3181837-1.jpg
サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂
1340年 - 1433年に掛けて、フランチェスコ会修道士達によって建設。
質素を重んじるフランチェスコ派の教会だけあって、外観は煉瓦造りの簡素なデザインでさす。
ヴェネツィアでは、サン・マルコ寺院の次ぐ高さ80mの鐘楼は、1396年に完成しています。
ヴェネツアン・ゴシック建築の代表作であり、ヴェネツィアの中でも重要な教会の一つと言えます。
ゴシック様式と比べ、ヴェネツィアン・ゴシック様式は、空間・構造共に簡素なのが特徴です。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」 「21世紀シリーズ ヴェネツィア」 等を参考または参照にしています。
  1. 2017/02/04(土) 16:40:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長期優良住宅化リフォームにも補助金

長期優良住宅化リフォームに補助金

前回は 省エネを考慮したリフォーム工事 に、国から補助金が交付される制度 の受付が始まったことについてお知らせしましたが、今回は長期優良住宅化リフォーム に対して 国から交付される補助金 についてのお知らせです。

【補助金交付の対象となる工事】
 ① 特定性能向上工事 ( 性能向上のための工事 )
 a. 劣化対策 
 b. 耐震性
 c. 維持管理・更新の容易性
 d. 省エネルギー対策
 e. 可変性 ( 共同住宅のみ )
 f. バリアフリー性 ( 共同住宅のみ )

 ② その他性能向上工事 ( ①以外の性能向上工事 )
 ・ インスペクションで指摘を受けた箇所の改修工事
 ・ 外壁、屋根の改修工事
 ・ バリアフリー工事
 ・ 環境負荷の低い設備への改修
 ・ 一定水準に達しないc~fの性能向上に係る工事等

※ 但し、① の a~f までの工事に要する費用が過半であること。
  上記の工事で、
 ・ インスペクション ( リフォ ーム前の住宅の劣化状況の調査 )
   を実施する
こと
 ・ 工事後に一定以上の水準を満たす こと
 ・ リフォーム履歴 及び 維持保全計画を作成する こと
  等が必要となります。

【補助率】
  工事費用の 1 / 3 以下。

【補助限度額】
  100万円 / 戸 迄 。

【事業の流れ】
 リフォ ーム前の住宅の劣化状況の調査    
       ①基礎
       ②外壁・軒裏(構造・雨水)
       ③屋根(雨水)
       ④バルコニー(構造・雨水)
       ⑤天井・小屋組・梁(構造・雨水)
   ⇓    ⑥内壁・柱(構造・雨水)
       ⑦床(構造)
       ⑧土台・床組(構造)
       ⑨基礎・内部(構造)
       ⑩設備配管(給水・給湯管・排水管・換気ダクト)
       ■オプション検査

 長期優良住宅化リフォーム工事
       ①特定性能向上工事
   ⇓    ②その他性能向上工事

 リフォーム履歴の作成 + 維持管理計画の作成
       ①リフォーム履歴
        住宅の平面図とリフォーム箇所・工事内容等が
        把握できるもの
       ②維持保全計画
        構造、外壁、設備等について、インスペクション結果
        点検項目、更新・取替時期等を記載

【特定性能向上工事の水準】 
  a.劣化対策、 b.耐震性、 
  c.省エネルギー対策、 d.維持管理・更新の容易性、
  e.可変性 ( 共同住宅のみ )、 f.バリアフリー性 ( 共同住宅のみ )
  a~f の工事について、以下の二つの基準のいずれかを達成する為の
  リフォーム工事。

  ※ 但し、a. b. については、A基準達成を必須とする。
 ・ S 基準 : 新築の長期優良住宅と概ね同程度の水準
       ( 一部代替基準あり )
 ・ A 基準 : S基準には満たないが一定の性能向上が見込まれる水準

前回お知らせした 「住宅ストック循環支援事業」 に基づく補助金 と比較すると、工事前の調査や性能向上工事の水準、申請手続き等のハードルが高い分、保持金額は高額ななので、本格的なリフォームを検討中の方は、長期優良住宅化リフォームに補助金 についても、詳しく調べてみることをお薦めします。
詳しくは 《 こちら 》 をご覧ください。

  1. 2017/02/01(水) 18:07:43|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 20 カナル・グランデ④ フェローヴィア ⇒ サン・トマ Ⅱ

「 ヴェネツィア散策 - 20 カナル・グランデ④ フェローヴィア ⇒ サン・トマ 」 の後半です。

写真は水上バスの後部甲板から、後ろ向きに撮影したものと、進行方向に向かって撮影したものがあります。
表記の 右岸 ・ 左岸進行方向に向かって右 or 左 です。

サン・トマ停留所~カ・ドーロ停留所 の間  右岸 / サン・ポーロ地区、サンタ・クローチェ地区 
p3181760-1.jpg
左端 / 魚市場の一部が見えます。
魚市場の数棟右側に頂部に切り妻小屋のある肌色の建物
 / Hotel L'Orologio Venezia
上記の右隣の六連窓の建物 / モロズィーニ・ブランドリーン館
中央の赤茶色い建物 /ホテル・サン・カッシアーノ・カ・ファブレット
 ( 4つ星ホテル ) - ブラガディーン・ファヴレット館
右端の白い建物 / Palazzo Corner della Regina
上記以外の建物は詳細不明。

p3181761-1.jpg
左端 / 魚市場の一部が見えます。
魚市場の数棟右側に頂部に切り妻小屋のある肌色の建物 / Hotel L'Orologio Venezia
上記の右隣の六連窓の建物 / モロズィーニ・ブランドリーン館
 モロズィーニ家の分家によって建てられた建物。
 中央の素晴らしい六連窓が残り、3階には入り組んだアーチである。
 両脇のオジーブ式の1面窓は長方形の枠の中に納められています。 
写真中辺りの建物の詳細は不明。
右端の赤茶色い建物 /ホテル・サン・カッシアーノ・カ・ファブレット

p3181762-2.jpg
左端の建物の詳細は不明。
中央の赤茶色い建物 /ホテル・サン・カッシアーノ・カ・ファブレット
中央の白い建物 / Palazzo Corner della Regina
右端の白い建物 / カ・ペーザロ - チヴィチ博物館

p3181762-3.jpg
左側の赤茶色い建物 /ホテル・サン・カッシアーノ・カ・ファブレット
右側の白い建物 / Palazzo Corner della Regina

p3181760-2.jpg
ホテル・サン・カッシアーノ・カ・ファブレット ( 4つ星ホテル )
- ブラガディーン・ファヴレット館
数多いブラガディーン家の館の一つである。
ピアーノ・ノービレである2・3階には、美しい四連窓のある14世紀のゴシックの建物で、ヴエネト・ビザンティン様式から、より古い建物が存在したことが、ファサード両脇の片面窓の枠取りから覗えます。 現在はホテル・サン・カッスィアーノとなっていますが、かつては画家のジャーコモ・ファヴレットが住み、ファサードにその碑があるそうです。

この写真は後ろ向きに撮影しているので、
左側が右岸 ( サン・ポーロ地区 )  
右側が左岸 ( カンナレージョ地区 ) となります。
p3181763-1.jpg


カ・ドーロ停留所の向い辺り  右岸 / サン・ポーロ地区
p3181764-1.jpg
左端の建物 / ファッブリケ・ヌオーヴェ館
中央の2階建ての建物 / 魚市場

p3181764-2.jpg
魚市場 ドメーニコ・ルーポロ、チェーザレ・ラウレンティ設計 1907年
1階部分は全てオジーブ式アーチの開廊となっている、ネオ・ゴシック様式の建物
新鮮な地中海の魚介だけでなく、野菜や果物なども豊富に並ぶ、ヴェネツィアの台所と言われる現役の魚市場です。
p3181770-1.jpg


カ・ドーロ停留所~リアルト停留所の中間辺り 右岸 / サン・ポーロ地区
p3181775-1.jpg
ファッブリケ・ヌオーヴェ館 サンソヴィーノ設計 1552 - 1555年
カナル・グランデに面して25ものアーチを連ねた開廊は壮観です。

この写真は後ろ向きに撮影しているので、
左側が右岸 ( サン・ポーロ地区 )  右側が左岸 ( カンナレージョ地区 ) となります。
p3181776-1.jpg
右岸 / ファッブリケ・ヌオーヴェ館
左岸奥 / カ・ドーロ (黄金の館 )
カ・ドーロの右側の薄茶色の建物 /
 ペーザロ館 - Hotel Pesaro Palace ( 4つ星ホテル )
ペーザロ館の右側の肌色の建物 /
 サグレード館 - Ca' Sagredo Hotel ( 5つ星ホテル )
サグレード館の右側赤茶屋根の小さな建物 /
 フォスカリ・ダル・プラ館 ( 4つ星ホテル )
右岸中央辺りの建物群 / ヴァルメラーナ館 - Palazzo Michiel ( 美術館 )
右から3棟目オレンジ色の建物 / Locanda Leon Bianco ( 2つ星ホテル )
右端の建物 / カ・ダ・モスト館 - Ca' da Mosto

p3181779-1.jpg
左側の建物 / Calle de Banco Giro
 似たデザインの建物ですが、別の建物の様です。
右側の建物 / ファッブリケ・ヌオーヴェ館

この写真は後ろ向きに撮影しているので、
左側が右岸 ( サン・ポーロ地区 )  右側が左岸 ( カンナレージョ地区 ) となります。

リアルト橋の少し手前  左岸 / カンナレージョ地区
p3181780-1.jpg
右岸 / ファッブリケ・ヌオーヴェ館
左岸奥 / カ・ドーロ (黄金の館 )
カ・ドーロの右側の薄茶色の建物 /
 ペーザロ館 - Hotel Pesaro Palace ( 4つ星ホテル )
ペーザロ館の右側の肌色の建物 /
 サグレード館 - Ca' Sagredo Hotel ( 5つ星ホテル )
サグレード館の右側赤茶屋根の小さな建物 /
 フォスカリ・ダル・プラ館 ( 4つ星ホテル )
中央やや左の建物群 / ヴァルメラーナ館 - Palazzo Michiel ( 美術館 )
中央の小さなオレンジ色の建物 / Locanda Leon Bianco ( 2つ星ホテル )
中央やや右の白い建物 / カ・ダ・モスト館 - Ca' da Mosto
右側数棟の建物は詳細不明です。


リアルト橋の下  右岸 / サン・マルコ地区 
p3181781-1.jpg
写真中央の建物 / ホテル・アル・ポンテ・アンティコ ( 4つ星ホテル )
 Palazzo Civran ( 18世紀 ) + Casa Perducci ( 15世紀 )
  + Palazzo Ruzzini ( 19世紀 ) 
右側の白い建物 / ドイツ商館 ( 現中央郵便局 )
 ジロラモ・テデスコ設計 16世紀建設-18世紀改修
 

リアルト橋を少し過ぎた辺り
p3181783-1.jpg
リアルト橋 アントニオ・ダ・ポンテ設計 1591年再建
初期の木造橋は12世紀に建造され、現在の橋は1557年に開催された設計コンペにより選ばれた単一アーチを提案したダ・ポンテの案による大きな太鼓橋です。
水面からの高さは7.5mあり、これは大型ガレー船が通れる高さでした。
橋の上にはアーチが並ぶ開廊が造られ、後に左右に商店が並ぶようになります。

リアルト停留所~サン・シルヴェストロ停留所の間  右岸 / サン・ポーロ地区
p3181782-1.jpg
左奥の建物 / Consolato Monaco ( Principato ) ( 外国領事館 )
上記の右隣の建物 / ホテル オヴィディウス - HoteL OVDIUS
中央の白・ベージュ・赤の建物の詳細は不明。
右端の建物 / マジック・リアルト

p3181784-1.jpg
左端オレンジ・黄色の建物の詳細は不明。
中央左側の建物 / Consolato Monaco ( Principato ) ( 外国領事館 )
中央右側の建物 / ホテル オヴィディウス - HoteL OVDIUS
右端の白い建物 / Bisognini 1844年


サン・シルヴェストロ停留所の辺り  左岸 / サン・マルコ地区
p3181788-1.jpg
左側の薄ピンクの建物 / コルネール・ロレダン館 ( 現市役所 )
12-13世紀
 1階部分は全面が階高のある柱廊で、2階の連続バルコニーの細い柱と
 幅の狭いアーチが特徴です。
右側の薄茶色の建物 / ダンドロ=ファルセッティ館  12-13世紀
 左隣のコルネール・ロレダン館とは、建設時期・規模・デザイン共に、
 とても似た建物です。 
 建設当時、1階部分は全面が階高のある柱廊で、2階も連続バルコニーと
 2本で一対の柱と狭いアーチが特徴の典型的な商店建築。
 3・4階は増築されたものです。
 1343年ドージェに選出されたアンドレーア・ダンドロの住まいで、
 1670年にファルセッティ家が購入しています。


リアルト停留所~サン・シルヴェストロ停留所の間  左岸 / サン・マルコ地区
p3181786-1.jpg
左端のオレンジ色の建物 / ホテル・リアルト ( 4つ星ホテル )
鐘楼 / サン・ディッシモ・サルヴァトーレ教会
鐘楼の下に見える肌色の建物 / カ・ルチア - Cà Lucia
中央左側の白い建物 / マニン宮殿
中央のオレンジ色の建物 / パラッツォ ベンボー - Palazzo Bembo
( ホテル )
右端のピンク・赤茶色の建物の詳細は不明。


リアルト停留所~サン・シルヴェストロ停留所 の間辺りから、リアルト橋方向を見る
P3181790.jpg
ゴンドラがまた通り掛ったので・・・
p3181791-1.jpg
左端のオレンジ色の建物 / ホテル・リアルト ( 4つ星ホテル )
鐘楼 / サン・ディッシモ・サルヴァトーレ教会
鐘楼の下に見える肌色の建物 / カ・ルチア - Cà Lucia
中央左側の白い建物 / マニン宮殿
上記マニン宮殿右隣りのオレンジ色の建物 / パラッツォ ベンボー - Palazzo Bembo ( ホテル )
上記パラッツォ ベンボーの右側の建物の詳細は不明。


サン・シルヴェストロ停留所を少し過ぎた辺り  右岸 / サン・ポーロ地区
p3181792-1.jpg
バルズィッザ館 12-13世紀
右前部に張り出した4連アーチで支えられたテラスと屋根裏部屋が特徴の建物。
左右の異なる建物が、一体化しているように見えます。
張り出したテラスで隠れていますが、1階には桟橋へ続く大門があり、真上の2・3階に少しズラシて4連の半円アーチ窓があります。
また、ファサードの右端にも、露台のある4連の半円アーチ窓か開けられています。

サン・シルヴェストロ停留所~サンタンジェロ停留所の間  右岸 / サン・ポーロ地区
p3181793-1.jpg
ブジネッロ館 
13世紀中頃に建てられたヴェネト・ビザンティン様式の商館
14世紀以後、何度も改修された後、1600年代に4階を増築し大改修されました。
1階の中央に大きな半円アーチの玄関を配し、2・3階には張り出した露台のある、6連の半円アーチ窓がありは、なかなかに壮観です。
両側には1~4階まで通して、2個づつの半円アーチの単体窓を配した、シンメトリーな立面を持つ建物です。


p3181794-1.jpg
パパドーポリ館 - アマンヴェニス ( 5つ星ホテル ) 
ジャン・ジャコモ・ディ・グリージ設計 1560年頃
屋根上に角のように聳える、2本の金色のオべリスクが印象的な、宝石商の館として建てられたルネサンス様式の建物です。
リンメトリーな立面の建物で、1~3階を通して中央にセルリアーナ式の玄関と窓を配し、両側の2個づつの単体窓には、2階はペディメントを、3階にはティンパヌムを施し、フリーズ部の横長の楕円形の窓や、壁に飾られた紋章も目を引く建物です。

p3181796-1.jpg
中央の白い建物 / パパドーポリ館 - アマンヴェニス ( 5つ星ホテル )
中央右側の薄茶色の建物 / ブジネッロ館
上記ブジネッロ館の右隣りの建物 / Rialto Azzurra


サン・シルヴェストロ停留所~サンタンジェロ停留所の間  
右岸 / サン・ポーロ地区
p3181797-1.jpg
左端のクリーム色の建物
 / ジュスティニアーン・クェリーニ・デュ・ボワ館
中央左側の肌色の建物 / ベルナルド館
中央右側のオレンジ色の建物 / Casa Sicher - 現カ・アンジェリ 19世紀
右端の建物 / ドナ館 - Ca' Dona` della Madoneta
 3階の立面を左右に貫く、8連アーチが特徴の建物。

p3181799-1.jpg
左側の肌色の建物 / ジュスティニアーン・クェリーニ・デュ・ボワ館
右側の肌色の建物 / ベルナルド館
 
p3181798-1.jpg
左側の3階建ての白い建物 / グリマーニ・マルッチェロ館 16世紀初頭 
 白大理石で造られ、完璧なシンメトリーの立面を持つ美しい邸宅。
 2・3階の中央には、3連アーチの開口が有り、両側の窓もアーチ窓で、
 1階のニッチ風の窓にはペディメントが施されています。
中央左側の肌色の建物
 / ジュスティニアーン・クェリーニ・デュ・ボワ館 16世紀
 中央は4連の半円アーチ窓で、両側の単一窓も半円アーチ窓です。
 最上階は近年の増築でしょうか?
右側の肌色の建物 / ベルナルド館 15世紀中半
 2階と3階の中央の6連窓がズレているのが不思議です。
 3階の連窓には四つ葉状柱頭の装飾が施されていて、
 両側のオジーブ式の窓には、大理石の枠取りで飾られています。
 全体としても美しいデザインですが、特に3階の装飾が美しい建物です。

サンタンジェロ停留所の向い辺り  右岸 / サン・ポーロ地区
p3181800-1.jpg
左端の肌色の建物 / ティエーポロ館
左側のオレンジの建物 /  ピザーニ・モレッタ宮殿
サン・ホーロ川左岸の2階建ての建物
 / バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館
中央の運河 / サン・ポーロ川
右側のオレンジ色の建物
 / カッペッロ・レイヤード・カルネッティ館
  - Università Ca' Foscari
( 大学・大学院 ) 15世紀

p3181802-1.jpg
左側の肌色の建物 / ティエポロ館
中央左側のオレンジ色の建物 / ビザーニ・モレッタ宮殿
 大運河に面する2階と3階のファサードに、ドゥカーレ宮殿を思わせる
 四つ葉状柱頭の装飾を施した、連窓を持つ15世紀半ばの
 ヴェネツィアン・ゴシック様式の宮殿です。
 16世紀初頭にファサードと内部の改修が行われ、1742年には内部の
 重要な装飾が完成しています。
中央右側の2階建ての建物 / バルバリーゴ・デッラ・テッラッツァ館
 ベルナルディーノ・コンティーン設計 1568-69年頃
p3181805-1.jpg
外壁の色と規模はパラッツオ・ダンドロとも似ていますね。


サンタンジェロ停留所~サン・トマ停留所の間  右岸 / サン・ポーロ地区
p3181806-1.jpg
中央左側のオレンジ色の建物 / ティエポロ小館 15世紀後半 - 16世紀改修
 2階の5連窓はオジーブ式で、大理石の枠取りで飾られていますが、
 3階は半円アーチ窓で枠取りは施されていません。
中央右側の肌色の建物 / ティエポロ館 16世紀
 大運河に接する1階には2ヶ所のアーチの出入口があり、2・3階の
 中央部には、4連窓が施されています。

サン・トマ停留所に到着です。
この付近を散策しながら、サンタ・マリア・グロリオーザ・ディ・フラーリ聖堂 へ向かいます。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」 「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」 「21世紀シリーズ ヴェネツィア」 「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/31(火) 16:39:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 19 カナル・グランデ③ フェローヴィア ⇒ サン・トマ Ⅰ

リアルト停留所 から水上バスで、対岸の サン・トマ停留所 迄行くつもりが、方向を間違え、しかも各駅停車ではなく急行便に乗ってしまった為に、フェローヴィア停留所 まで戻ってしまいました。
水上バスを乗り換えて、サン・トマ停留所 を目指します。

P3181711.jpg
水上バスに乗るのにも慣れて来たので、今回は後方甲板の真ん中座席に陣取ることが出来たので、右岸、左岸の両方の建物を見ることが出来ました。

サンタ・ルチア駅 対岸  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181713-1.jpg
カッツィオラ・エ・デ・カ・リッツィ川 
運河の奥に見えるのは トレンティーニ教会
p3181713-2.jpg
サン・ニコロ・デイ・トレンティーニ教会 
ヴィンチェンツォ・スカモッツィ設計 
1590年-1595年 ( 1718年建 と記載のサイトもあり )


サンタ・ルチア駅 対岸  右岸 / サンタ・クローチェ地区
P3181715.jpg
左端の白い建物 / Hotel Carlton On The Grand Canal
中央のオーニングの所 / Ristorante Da Nino


サンタ・ルチア駅 対岸  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181717-1.jpg
サン・シメオン・ピッコロ教会  
ジョバンニ・スカルファロット設計 1738年
鉄道でヴェネツィアを訪れた時、サンタ・ルチア駅を降り立って最初に目にする印象的な建物が、グラン・カナル沿いに建つ緑色のドームが目印のこの教会です。
ヴェネツィアで最初に建てられた新古典主義様式の建物と言われています。

    p3181719-2.jpg

p3181718-1.jpg
ナポレオンがこの教会を見た時、「キューポラを持たない教会は色々見たが、本堂のないキューポラは見たことがない。」と言ったとか?

p3181719-1.jpg
教会本堂のサイズに対して、載ってるドームが巨大過ぎるので、見た目の不安定感は否めません。
前面のペディメントの柱廊とドームがあるので、不格好なパンティオンと言ったところですが、インパクトは強い建物なのは確かです。


サンタ・ルチア駅 対岸  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181721-1.jpg
Palazzo Foscari Contarini


スカルツィ橋 を過ぎた辺り  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181723-1.jpg
左側の白い建物 / Hotel CANAL GRANDE


スカルツィ橋を過ぎた辺り  左岸 / カンナレジョ地区
p3181726-1.jpg
プリンチペ - Hotel Principe ( 4つ星ホテル )

p3181727-2.jpg
格安旅行故に、残念ながら大運河沿いの部屋ではありませんが、私達が宿泊したホテルです。


リーヴァ・ディ・ビアジオ停留所 辺り  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181728-1.jpg
ヴェネト地区教育省庁舎 ( 地区庁舎 )


前回紹介した建物が、今度は左岸になって見えて来ました。
リーヴァ・ディ・ビアシォ停留所 の向い  左岸 / カンナレジョ地区
p3181732-1.jpg
右端の建物 /フランジーニ館
その他の建物は詳細不明。

p3181731-1.jpg
右端の建物 /フランジーニ館

p3181730-1.jpg
左端の建物 /フランジーニ館
2階建てと右側の建物 / サン・ジェレミア教会

p3181733-1.jpg

p3181734-1.jpg
左側のドーム + 鐘楼のある建物 / サン・ジェレミア教会
右側の建物 / ラービア館

p3181739-1.jpg
丁度いい具合にゴンドラが通り掛ったので、いい写真が撮れました。


サン・マルクォーラ停留所 の向い  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181743-1.jpg
トルコ商館 - Fondaco dei Turchi ( 自然史博物館 ) 13世紀前半
最初の建物は13世紀前半と言われ、ジャコモ・パルミエーリヴェネツィアに亡命し建てた館とされています。
ヴェネツィアで良く見られる商人の住居兼倉庫で、ヴェネト・ビザンチン様式
運河に面する立面を飾る鋸壁風のパラペットが外観上の大きな特徴です。
カナル・グランデ沿いの建物の殆どが、荷物の積み下ろしに便利な様に、運河に面して出入口を設けていますが、この建物程アーチの柱廊を長くとっている建物は少ないと思います。
1381年にヴェネツィア共和国がこの館を購入すると、オスマン・トルコの動向を監視する目的でヴェネチア政府は、1621年~1838年の間、この館を商館 ( fontego )としてオスマン・トルコに貸し出しました。
その時、大規模な工事が行われ、24の店舗と付属する52の寝室と使用人部屋が数室も設けられます。
こうして、この館はFontego dei Turchi ( トルコ商館 ) と呼ばれる様になったそうです。


サン・マルクォーラ停留所~サン・スタエ停留所 の間  
右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181748-1.jpg
建物の詳細は不明です。

p3181749-1.jpg
カ・トロン川


サン・マルクォーラ停留所~サン・スタエ停留所 の間  
右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181751-1.jpg
左側茶色の建物 / Palazzo Duodo

p3181750-1.jpg



サン・スタエ停留所 の少し手前  左岸 / カンナレジョ地区
p3181753-1.jpg
中央の建物 / ヴェンドラミン・カレルジ館  1481年~1509年
右側のクリーム色の建物 / マルチェッロ館 18世紀

サン・スタエ停留所 の少し手前  左岸 / カンナレジョ地区
p3181752-1.jpg
左側のクリーム色の建物 / マルチェッロ館 18世紀
中央の茶色の建物 /
エーリッツォ・アッラ・マッダレーナ・ジャ・モリーン館 15世紀
右側の白い建物 / ソランツォ・ピオヴェーネ館 16世紀
右端の建物 / エーモ館 17世紀


サン・スタエ停留所の横 右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181755-1.jpg
サン・スタエ教会  ドメニコ・ロッシ設計 1709年
ギリシア神殿の様な立面を持つ、白い立面が美しいバロック建築


サン・スタエ停留所~カ・ドーロ停留所 の間  右岸 / サンタ・クローチェ地区
p3181757-1.jpg
カ・ペーザロ - チヴィチ博物館  
バルダッサーレ・ロンゲーナ設計 1659年 - 1710年
ペーザロ家の意向によって建てられたバロック建築の宮殿
カ・ペーザロは1902年から、現代美術、東洋美術の美術館 - チヴィチ博物館 ( 国際現代美術館 ) と呼ばれています。

p3181757-2.jpg
コリント式のオーダー柱と深く装飾刻まれたアーチの合間に、沢山の天使が見えます。
キーストーンの施された装飾 ( 動物の彫刻か? ) も稀に見る彫の深さがあります。
実にバロック建築らしい濃艶な装飾です。

p3181758-1.jpg
バルダッサーレ・ロンゲーナは17世紀を代表する建築家の一人。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/27(金) 15:43:15|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リフォームを検討中の方に、耳よりの情報です。

エコ・リフォーム に補助金

省エネを考慮したリフォーム工事に、国から補助金が交付される制度で、今月18日から受付が始まりました。
「住宅ストック循環支援事業」 に基づく補助金で、補助限度額は30万円/戸ですが、耐震改修を行う場合は、最大45万円/戸まで交付されます。

補助金交付の対象となる工事
① 開口部の断熱改修 ( ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換 )
② 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修 (一定量の断熱材を使用 )
③ 設備エコ改修 ( エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事 )
※エコ住宅設備とは / 太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓

また、上記の工事の他に併せて、手摺の設置等のバリアフリー改修、耐震改修等の改修工事等も対象となります。

補助金を受けるには、エコリフォーム後の住宅が耐震性を有することが必要となります。
申請期間は、1月18日~遅くとも平成29年6月30日
遅くとも平成29年12月31日までに、完了報告を行うことが必要となります。

期間が限定されていますので、リフォームを検討中の方は、この制度を知らないと損をするかもしれません。
詳しくは 《 こちら 》 をご覧ください。
   
  1. 2017/01/26(木) 18:26:31|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 18 カナル・グランデ② リアルト ⇒ フェローヴィア

リアルト橋 の近くのファーストフードでピザ食べ、サンタ・マリア・グロリオーザ・ディ・フラーリ教会 を見学しようと、リアルト停留所から水上バスで、対岸の サン・トマ停留所迄行くつもりでしたが、方向を間違えて水上バスに乗ってしまい、しかも運の悪いことに、各駅停車ではなく急行便に乗ってしまったらしく、サンタ・ルチア駅前のフェローヴィア停留所まで戻るはめになってしました。
しかしよく考えてみると、この日の朝には水上バスの奥まで押し込まれて撮れなかった フェローヴィア停留所~リアルト停留所 までの大運河沿いの建物の写真を撮るチャンスです。

気を取り直して朝とは反対方向の、リアルト停留所 ⇒ フェローヴィア停留所 方向の水上バスからの風景をお届けします。
今回は水上バスの右甲板に乗ったので、リアルト停留所 から フェローヴィア停留所 までの、右岸 ( カンナレジョ地区側 ) の建物の写真です。

リアルト橋 少し北側  右岸 / カンナレジョ地区
p3181690-1.jpg
左端の建物 / ヴァルメラーナ館 - Palazzo Michiel ( 美術館 )
中央よりやや左のオレンジ色の建物 / Locanda Leon Bianco
 ( 2つ星ホテル )
中央から右側の建物群 / カ・ダ・モスト館 - Ca' da Mosto
 13世紀に建設されたビザンティン様式の邸宅
 建設当時は平屋の住居兼工房でしたが、16世紀に2階部分が増設され、
 19世紀には3階部分が建設されたそうです。
 16~18世紀にはヴェネツィアで最高のホテル 「 レオン・ビアンコ
 ( 白獅子館 ) 」
として知られていました。


p3181692-1.jpg
左側の建物 / ヴァルメラーナ館 - Palazzo Michiel ( 美術館 )
中央の運河 / S・S・アポストリ川
S・S・アポストリ川の奥に見える塔 / サンティ・アポストリ教会の鐘楼
中央右側のオレンジ色の建物 / Locanda Leon Bianco ( 2つ星ホテル )
右端の建物 / カ・ダ・モスト - Ca' da Mosto

p3181692-2.jpg
サンティ・アポストリ教会 1575年再建-18世紀改修
ジュゼッペ・ペドーロ改修
7世紀頃には存在したとされている教会で、1575年に再建。
その後も再建が繰り返され、18世紀にジュゼッペ・ペドーロが改修しています。
ファサードは煉瓦造りで、内部は単廊式の教会です。


p3181693-1.jpg
ヴァルメラーナ館 - Palazzo Michiel ( 美術館 )

カ・ドーロ の少し手前  右岸 / カンナレジョ地区
p3181694-1.jpg
フォスカリ・ダル・プラ館 ( 4つ星ホテル ) 15世紀後半
 伝統的なヴェネツィア建築の邸宅
 1521年にマントヴァ公使館 ( ゴンザガ公爵の公邸 ) となりました。
  
カ・ドーロ停留所  右岸 / カンナレジョ地区
p3181695-1.jpg
左側の建物 /ペーザロ館 - Hotel Pesaro Palace ( 4つ星ホテル ) 15世紀
 ヴェネツィアン・ゴシック建築
右側の建物 / サグレード館 - Ca' Sagredo Hotel ( 5つ星ホテル ) 14世紀末 
 ヴェネツィアン・ゴシック様式 の特徴と言える 四つ葉状柱頭
 見られます。 

カ・ドーロ停留所  右岸 / カンナレジョ地区
p3181696-1.jpg
カ・ドーロ (黄金の館 )
 カナル・グランデに面する邸宅で、最も美しいと言われている建物。
 次日に訪問するので、詳しくはその時に紹介します。

カ・ドーロ~サン・スタエの間  右岸 / カンナレジョ地区
P3181697.jpg
右端の建物 / レーヴィ・モレーノス館 16世紀
 カナル・グランデに面する庭と大きなテラス、そして1階に大きな
 2連のアーチを持つ建物。
中央の建物 / コンタリーニ・ピザーニ館  17世紀改築
中央左側の建物 / ボルドゥ・ギーズィ・コンタリーニ館 17世紀
上の建物の左隣りの3階建ての建物 / ダ・レッゼ館 15世紀
左端の建物 / グッソーニ・グリマーニ・デッラ・ヴィーダ館 ( 裁判所 )

p3181698-1.jpg
右側の建物 / コンタリーニ・ピザーニ館 17世紀改築
 最近の改修によるものなのか、立面はいたって単純ですが、中央の
 半円アーチの3連窓とシンメトリーな全体構成は、ヴェネツィアでは
 見慣れたスタイルです。
         p3181697-3.jpg
 ポルティコの右端に残る、柱頭が大きなゴシック様式の柱は、建築
 当初の名残りと考えられています。
中央の建物 / ボルドゥ・ギーズィ・コンタリーニ館 17世紀
 1階は粗石積み
 カナル・グランデに面する1階玄関、2階の露台付のセルリアーナ式
 開口部、3階の半円アーチの3連窓は、立面の右端に設けられ、2・3階の
 窓は露台付きで、立面全体に水平ボーダーが施されています。 
左側の建物 / ダ・レッゼ館 15世紀
 前面に庭を持ち、中央よりやや右寄りに尖頭アーチの3連窓がある、
 3階建てのゴシック様式の建物

p3181697-2.jpg
左側の建物 / グッソーニ・グリマーニ・デッラ・ヴィーダ館 ( 裁判所 )
 ミケーレ・サンミケーリ設計?  1548-1556年
 2・3階の中心部にドリス式の柱で支えられた露台付の半円アーチの
 4連窓
があり、両側には2個づつの矩形の単体窓を持つ、シンメトリーな
 立面の建物。
 かつてはファサードに、ティントレットの花のモチーフと肖像画が
 描かれていたとか。
右側の建物 / ダ・レッゼ館

カ・ドーロ~サン・スタエの間  右岸 / カンナレジョ地区
p3181699-1.jpg
運河の左側の建物 / グッソーニ・グリマーニ・デッラ・ヴィーダ館
 ( 裁判所 )
写真中央の運河 / ノアーレ川
運河の右側の建物 / ダ・レッゼ館

サン・スタエ停留所の対岸辺り  右岸 / カンナレジョ地区
p3181700-1.jpg

p3181701-1.jpg
左端の建物 / バルバリーゴ館 16世紀
 左側のの2連窓の建物と右側の3連窓建物の二つを結合した建物。
 中心辺りの結合部で各階にズレが見られます。
中央の薄黄色の建物 / ズリアーン・プリウーリ館 17世紀
 半円アーチの窓数は2個づつで左右同数ですが、中止から左にズレた
 位置に、露台付のセルリアーナ式の開口部があります。
右側のオレンジ色の建物 / ルオーダ館 17世紀
 2・3階の立面の中央にセルリアーナ式の開口部、両側に2個づつの
 矩形の単独窓を持つ、シンメトリーな立面の建物。
右端の白い建物 / カーザ・ヴェッルーティ 16世紀建築 - 19世紀改修 
 カナル・グランデ沿い殆どの建物が、総3階か総4階である中、各階が
 少しづつセットバックさせたテラスがあり、切り妻屋根の建物。

サン・スタエ停留所の向い  右岸 / カンナレジョ地区
p3181702-1.jpg
マッダレーナ川左岸の建物 / モリーン・クェリーニ館 17世紀
 カナル・グランデマッダレーナ川との鈍角な角地を利用した
 ファサードを持つ建物。
中央の運河 / マッダレーナ川
マッダレーナ川右岸の建物 / バルバリーゴ館
右端の薄黄色の建物 / ズリアーン・プリウーリ館

p3181702-2.jpg
モリーン・クェリーニ館 17世紀
カナル・グランデマッダレーナ川との鈍角な角地を活かしたファサードの建物。
左面の右側には、カナル・グランデに面する半円アーチの玄関が設けられ、2階には簡略化されたセルリアーナ式窓があり、左面の右側には3列、右面には2列の単独窓が配されています。

p3181703-1.jpg
左端の建物 / エーモ館 17世紀
マッダレーナ川左岸の建物 / モリーン・クェリーニ館
中央の運河 / マッダレーナ川
マッダレーナ川右岸の建物 / バルバリーゴ館
右端の薄黄色の建物 / ズリアーン・プリウーリ館

サン・スタエ停留所の対岸辺り  右岸 / カンナレジョ地区
p3181704-1.jpg
左側の茶色の建物 /
 エーリッツォ・アッラ・マッダレーナ・ジャ・モリーン館 15世紀
 ファサードの左側、2・3階に5連窓を持つゴシック建築。 
 2階の5連窓には四つ葉状柱頭が施され、右壁の単独窓も含めて、
 窓には四角い縁取りがされています。 
右側の白い建物 / ソランツォ・ピオヴェーネ館 16世紀
 カナル・グランデに面する半円アーチの玄関と共に、2・3階の3連
 アーチj窓
を中心に、左側壁面には1つ、右側には2つの半円
 アーチ
単独窓が開けられ、壁の中央にレリーフが施された、アン・
 シンメトリーな立面の建物。。

サン・スタエ~サン・マルクォーラの間  右岸 / カンナレジョ地区
p3181705-1.jpg
ヴェンドラミン・カレルジ館  マウロ・コドウィッチ設計
1481年~1509年
アンドレア・ロレダンの注文により建てられ、ロレダン家の財政が傾いた為、1581年に売りに出され、1638年にはカジノが運営され、かの「カサノバも足を運んだ」とか。
現在も2階にカジノフロアがあります。
中世ゴシックからルネサンスへ過渡期を代表する堂々たる白い邸宅で、作曲家のワグナーヴェネツィア滞在中の1883年に、この館で亡くなったことから、一部がワーグナー博物館になっています。

p3181705-2.jpg
ランド・コルネール・スピネッリ館でも見られた、中世トスカーナの伝統的な窓の意匠を取り入れた、大きな半円アーチの中に2つの半円と小さな円を組み合わせた窓は、イオニア式の列柱と共に、この館の大きな特徴となっています。
コーニスには歯飾りなど三重の装飾が施され、フリーズには鷲や馬などの彫像も見えています。


リーヴァ・ディ・ビアシォ停留所の向い  右岸 / カンナレジョ地区
p3181706-1.jpg
左側のドーム + 鐘楼のある建物 / サン・ジェレミア教会
 13世紀に建てられたものを18世紀に改修。
 煉瓦造りのロマネスク様式の鐘楼は13世紀に建設されたもので、
 ヴェネツィアで最も古いものの一つです。
 サンタ・ルチーア駅建設に当たり、解体された教会に安置されて
 いた聖遺体 ( サンタ・ルチーアの遺体 ) を移した教会。
 主祭壇の硝子の棺にサンタ・ルチーアの遺体が安置されています。
右側の建物 / ラービア館

p3181706-3.jpg 
ラービア館 
アンドレーア・コミネッリ設計?  18世紀前半
17世紀中頃に建設が始まり、18世紀前半に完成した豪華な邸宅。
カナル・グランデカンナレージョ運河に面した2面のファサードは、華麗な彫刻で飾られています。
1階の外壁は質素な切り石積ですが、2階はイオニア式、3階はコリント式の角柱が、等間隔に並んだ大きな半円アーチ窓の両側に施されています。
水平方向に関しても、2・3階共に連続した露台が施され、コルニスフリーズの豪華な装飾も目を引きます。
p3181707-2.jpg
フリーズ部に開けられた楕円形の窓の間には、ラービア家の紋章である鷲の彫刻が施され、2・3階の半円アーチ窓には顔型のキーストーンが飾られています。



p3181708-1.jpg
左側の鐘楼のある建物 / サン・ジェレミア教会
運河左岸の白い建物 / ラービア館
中央の運河 /
右端のオレンジ色の建物 / エーモ館 ( 現宿泊施設 ) 18世紀

p3181709-1.jpg
左端の建物 / フランジーニ館
2階建てと右側の建物 / サン・ジェレミア教会

p3181709-2.jpg
左側の白い建物 / フランジーニ館 ジュゼッペ・サルディ設計? 17世紀後半
 イオニア式の列柱アーチが規則正しく並んだ、バロック様式の建物。 
 低層部の粗い石積も特徴でしょう。
右側の2階建ての建物 / サン・ジェレミア教会 の一角

p3181729-2.jpg
フランジーニ館 のファサード詳細。
実に彫の深い重厚な装飾です。 キーストーンには人面の彫像が飾られています。

p3181731-2.jpg

この後、フェローヴィア停留所 で下船し、船を乗り換えて サン・トマ停留所 に向かいます。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「イタリア、とりわけヴェネツィア」「Google マップ」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/24(火) 17:33:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 17 ホテル・ダニエリ 他

サン・マルコ広場 を離れ、ドゥカーレ宮殿サン・マルコ運河 の間の通路を通り、右手に水上を行き交うゴンドラや水上バスを見ながら東へ進みます。

p1040012-1.jpg
通路と言うより、広場と言っていい程の広さがあります。

p3192027-2.jpg
溜息の橋 の撮影スポットでもある パリア橋 を渡ってスキアヴォーニ河岸へ。
パリア橋の上に見える大勢の人達は、溜息の橋 をカメラに収めようとしている人達です。

p3181677-1.jpg
パラッツォ・ダンドロ
14世紀の後半に、歴代のドージェ ( 総督 ) の中でも名高い エンリコ・ダンドロ一族の邸宅として建てられたもので、1822年にホテルに改築されて以来、ホテル・ダニエリ としてヴェネツィア最高級のホテルとして営業を続けています。
濃い肌色の外壁と、ドゥカーレ宮殿 でも見られる ヴェネツィアン・ゴシック様式 の特徴と言える 四つ葉状柱頭 が目を引く外観です。

p3192065-1.jpg
この写真は後日、ムラーノ島に向かう水上バスから撮ったものです。
私は内部を見学するつもりはありませんでしたが、妻が「ちょっと待ってて」と言い残して、ホテルの制服を着た年配のドアマンらしき人に何か話しています。 ほんの数秒で話はついたようで、年配のドアマンらしき人は、こちらをちらっと見て微笑みながら頷いています。
何と妻が片言のイタリア語で、ロビーを見学していいか聞いてくれていたのです。

無題-スキャンされたイメージ-01
出典「ユネスコ 週刊世界遺産2 ヴェネツィアとその潟」

ロビー内には沢山の宿泊客が居たので、写真を撮るのははばかられたので手持ちの資料から
建築当時、豪華さを競い合うように建てられた貴族達の邸宅の中でも、その豪華さは他を圧倒したそうです。
ドージェの邸宅だった当時は、迎賓館としての役割もあり、各国の王侯貴族も滞在しただろうこの建物は、ホテルに改修されて以降は、各国の芸術家や作家などの定宿になっています。

一度 サン・マルコ広場 に戻り ムーア人の時計塔 の下を潜って リアルト橋 方向へ
P3181682.jpg
運河を何度も渡り、細い路地を歩いていると絵になる撮影スポットに出会います。

P3181680.jpg


リアルト橋の直ぐ東側に、ちょっとした広場が見えて来ました。
P3181684.jpg
カンポ・サン・ボルトロミオ ( 聖ボルトロミオ広場 )
P3181685.jpg
南北に長細い広場の隅に銅像があります。
p3181686-1.jpg
いったい何方の銅像なのか? 聖ボルトロミオの像ではなさそうです。


聖ボルトロミオ広場 から リアルト橋 は渡らず、北方向へ向かいます。
P3181689.jpg
次日に見学する予定の カ・ドーロ の裏当たりの通り。

p3181687-1.jpg
道路や広場に面する建物も、運河沿いに建つ建物と同様に、開放的なデザインの建物が並んでいます。
4階部分だけが、階下の窓のデザインと異なるのは、4階部分が増築だからなのかもしれません。

この辺りで手頃なレストランを探しましたが見つかりません。
p1040067-1.jpg
聖ボルトロミオ広場 に戻り、仕方がないので昼食はピザで済ませました。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」「Google マップ」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/23(月) 13:42:02|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 16 広場を囲む建物⑬ サン・マルコ大聖堂 

今日は サン・マルコ広場ランドマークであるばかりでなく、ヴェネツィア共和国の象徴でもある サン・マルコ大聖堂 を紹介します。

img_3144-1.jpg
サン・マルコ大聖堂  828年創建 11~15世紀にかけて改修

6世紀、ヴェネト地方に暮らしていた人々は、アッティラ率いる凶暴なフン族に続き、ロンゴバルト族の度重なる侵入に悩まされ、これらの北方から侵入してくる蛮族達が容易に追って来れない、徐々に湿地帯の奥深く、水草の生い茂るラグーナの島々に逃げ込んだのです。
地盤と言うよりも沼地に近い地面に、無数の木杭を打ち込んで造ったヴェネツィアの地は浮島と呼ばれています。

P3181648.jpg
その浮島の上に街を築き、ドージェ ( 元首 ) を中心に共和国を設立したヴェネツィアですが、長らくビサンチン帝国の支配に甘んじる歴史が続きます。
その後、一端の都市国家と認められる事を目指したヴェネツィアは、国民の精神的支柱国家の象徴とする為に、アレクサンドリアから聖マルコの遺骸を買収し、その聖マルコの遺骸の安置する為に サン・マルコ聖堂の建設を計画します。
その後、聖マルコの遺骸を無事国内に運び込んだヴェネツィアは、ナポレオンに占領されるまでの1000年間、 アドリア海の女王 と呼ばれる程の繁栄を続ける共和国を、松杭で土台を固めた浮島の上に築いたのです。

p3181632-1.jpg
初めに大聖堂と記ししたが、本来の サン・マルコ聖堂ドージェ ( 元首 ) の為の礼拝堂であり、大司教の置かれる大聖堂なったのは19世紀になってからのことです。
政教分離の政策を徹底したヴェネツィア共和国は、国政に教皇の権威が及ばないよう努めた国だったのです。

p3181637-1.jpg
幾重にも重なる正面のアーチと、帽子のように見える5つのドームが外観の特徴。
現在見られるビサンチン様式には、11~15世紀に掛けて改修されています。

IMG_3141.jpg
ドゥカーレ宮殿 内の ドージェの中庭 から撮影

img_3142-1.jpg

P3181649.jpg
アーチの上やドームの合間に見え隠れしている尖塔の頂部には、沢山の聖人の彫像が乗せられています。

p3181657-1.jpg
聖マルコ像  15世紀初頭
中央入口のアーチの頂部に置かれた聖マルコ像がは、広場に訪れる人々を見守っているかのようです。
周りには6人の天使と、すぐ下には有翼の獅子像もあります。

p3192029-1.jpg
中央の正門上のモザイク画以外は、聖マルコ遺骸が到着するまでの様子を描いています。

この後、向かって左から順に、壁龕状に窪んだアーチのに描かれた絵を見て行きます。
p3181619-2.jpg
向かって右 ( ドゥカーレ宮殿 側 ) 端のアーチと出入口
p3181620-1.jpg
このモザイク画は17世紀作


P3181621.jpg
向かって右から2番目のアーチと出入口
p3181622-1.jpg


p3181623-1.jpg
中央入口 ( 聖堂正門 )
p3181624-1.jpg
栄光のキリスト と 最後の審判 を描いたモザイク画
P3192032.jpg


p3181625-2.jpg
向かって左から2番目のアーチと出入口
p3181626-1.jpg


p3181627-2.jpg
向かって左 ( ムーア人の時計塔 側 ) 端のアーチと出入口
p3181628-1.jpg
サン・アリピオ門 上に描かれたモザイク画は、この「聖堂に運ばれる聖マルコの遺体」を描いています。 5つのモザイク画の中で最も古い13世紀に描かれたもので、当時の聖堂の様子が窺えます。


p3192030-1.jpg
アーチを支えるかのように設置された、様々な色の大理石の列柱には、コリント式にもイスラム様式にも見えるオーダーが施されています。
P3192033.jpg


p3181615-1.jpg
西 ( サン・マルコ広場 ) 向きだけでなく、南 ( ドゥカーレ宮殿 ) 側にも出入口が在ります。

P3181618.jpg
西南角の見上げ

次の日に内部の見学をしましたが、内部は撮影禁止だったので、手持ちの資料から
サンマルコ大聖堂
出典「ユネスコ 週刊世界遺産2 ヴェネツィアとその潟」

聖堂の内部は眩いばかりの黄金の空間でした。
平面は左右の翼廊方向とと、入口から後陣までの縦方向の距離が同じギリシア十字。 
聖堂中心の十字の交差部分と、十字の各辺の上部に5つのドームを冠し、中央の一番大きな キリスト昇天のドームモザイク画は、聖母マリアと十二市使徒、天使に囲まれたキリストが描かれた13世紀の作品です。
約4000㎡にも及ぶ壁や天井は、数百年を掛けて旧約聖書の物語を描いた黄金のモザイク画で埋め尽くされています。

p3192038-1.jpg
サン・マルコ広場 に面した2階のテラスから、中央入口アーチ上の ブロンズの馬 を見る。 この像はレプリカで、金箔を施した本物の 四頭の馬 は聖堂内の博物館に展示してあります。

ここからは撮影禁止のギリシア十字の聖堂から出た、北側の付属部分
P3192058.jpg

p3192059-1.jpg

P3192060.jpg

P3192061.jpg
廊下の様な用途の部屋で、小さなドームが連続しています。 
天井には黄金のタイルでモザイク画が描かれ、聖堂内部の雰囲気と似ています。

p3191882-1.jpg
夕陽を浴びる サン・マルコ大聖堂 をご覧頂いて、サン・マルコ広場 をあとにします。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「海の都の物語」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/22(日) 10:52:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近都内で見つけたレトロな建物

昨日、京王線の代田橋駅と明大前駅辺りで、偶然、銅板葺の建物を見掛けました。
最近はイタリア旅行の記事ばかりだったので、ここ1年程の間に、都内で見掛けたレトロな建物を紹介します。

2222.jpg
( 有 ) 松原洗染商会 世田谷区松原
道路に面する外壁が銅板葺のように見えます。
看板状の立上りは無く、波板張りの切り妻の立面で、雨戸の戸袋飾りは菱葺です。


杉並区役所から自転車で西荻に向かう途中、環八との交差点近くの青梅街道沿いで見付けました。
img_3406-1.jpg
飲み喰い処 ゆうき  杉並区桃井1丁目

2棟隣にも
img_3404-1.jpg
美容室おらんじゅ 池田住宅  杉並区桃井1丁目

青梅街道沿いには、以前にも何棟かの銅板葺の看板建築を見付けています。
この辺りを中心に、一度じっくり青梅街道を歩いてみたいと思っています。

img_3405-1.jpg
この建物の雨戸の戸袋飾りには、縁取りがされている上に、平葺きの中央に施された麻の葉紋様が華やかさを演出しています。


この建物は去年の11月に東横線の都立大学駅に、友人が演奏するコンサートを聞きに行った時に偶然見付けた銅板葺の看板建築です。
img_3627-1.jpg
BALLEGGS 都立大学支店  目黒区平町1丁目

IMG_3628-1.jpg
間口三間の左右に菱葺の戸袋飾りの施された銅板葺の看板建築です。
不動産店になったのは最近のことのようですが、都立大駅の直ぐ近くに、よくもこんなに古い建物が、残っていてくれたものです。


最後はJR市ヶ谷駅の北側の商店街で見つけた建物。
img_3689-1.jpg
旧中華料理 萬成軒  新宿区中町

img_3690-1.jpg
石積み風のモルタル造形の建物
目立った装飾はありませんが、1階・2階共に施された和瓦葺の付け庇が特徴です。

  1. 2017/01/20(金) 15:03:49|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 15 広場を囲む建物⑫ ドゥカーレ宮殿Ⅸ 溜め息の橋、鉛の牢獄

華麗かつ豪華な ドゥカーレ宮殿 を見学した後は、恐ろしい牢獄へ移動します。

IMG_3148.jpg
溜め息の橋 アントニオ・コンティーノ設計  1600年

  p3181674-1.jpg

p1040048-1.jpg
大理石で造られた格子の隙間から、小運河を通して美しいグラン・カナル方向の景色を見る事が出来ます。
小運河の対岸に在る牢獄から、囚人達 ( あの有名なプレーボーイでペテン師カサノヴァも ) は、拷問 or 尋問を受ける為にこの橋を渡る程に 「これでヴェネツィアの美しい景色を見られるのもこれが最後か」 と溜め息と共に渡ったことから名付けられたとか?

img_3147-1.jpg
白大理石で造られた美しいこの橋は、その残酷な歴史とは裏腹に、ヴェネツィアでも有数の観光名所になっています。

p3181612-1.jpg
溜め息の橋の内部
橋は通路の中央が、上り下り斜線の様に、壁で区切られていて、拷問前と後の囚人が、顔を合わせられないような造りになっているかもしれません。

p3181600-1.jpg


p3181604-1.jpg
牢獄の廊下も狭いです。

P3181602.jpg
個室? に嵌められた頑丈そうな鉄格子。

p3181605-1.jpg
鉛の牢獄 ともよばれた牢屋。
中はかなり広さがあり、独房ではなく雑居房だったと思われます。
夏は灼熱地獄、冬は身を刺す寒さで、1755年に捉えられたプレーボーイでペテン師のカサノバは「これじゃ病気になっちまう。さっさと逃げて。恋愛三昧の生活に戻らねば」と逃亡計画を練り、投獄から3か月で見事に脱獄を果たしたとか?

p3181610-1.jpg
ベットの展示してある房もあります。 この部屋は壁と床が板張りで、窓まであるので、上の房よりはかなり住み心地はましに見えますね。

p3181606-1.jpg

P3181611.jpg
木製の扉も頑丈そうです。

P3181607.jpg
牢獄にも中庭が在りました。
中央に井戸が在る以外は、ドゥカーレ宮殿 の華麗な中庭とは似ても似つかない中庭です。
但し、ヴェネツィアの井戸は地下水を汲み上げる為のものではなく、中庭に降った雨水を地下に貯め、汲み上げるものです。

P3181673.jpg
最後にもう一度 溜息の橋 をご覧下さい。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」「海の都の物語」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/16(月) 14:00:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 14 広場を囲む建物⑪ ドゥカーレ宮殿Ⅷ 投票の間

ドゥカーレ宮殿 の八回目です。
大評議会の間 ( サラ・デル・マッジョール・コンシーリオ ) の後も、まだ豪華な部屋が続きます。

投票の間 ( Sala dello Scrutinio )
p3181593-1.jpg
大評議会の間 の西棟側の出口から、短い廊下を通って直ぐの投票の間も、幅は大評議会の間 の2/3程ですが、南北の長さはほぼ同程度の、大変広い部屋です。

p3181594-1.jpg
黄金に輝く豪華な天井装飾や、天井と壁を飾る絵画も、見劣りするものではありません。

p3181598-1.jpg
部屋の北 ( サン・マルコ大聖堂 ) 側にあるバロック様式の出入口を出ると、カルタの門 ( 布告の門 ) の上に位置する階段室です。

P3181595.jpg
( 大評議会の間 ) 側の壁

p1040041-1.jpg
上の画像の拡大
絵の詳細は調べられていません。

p3181596-2.jpg
東 ( 中庭 ) 側壁、中央向かって左の壁画

p3181597-1.jpg
部屋の中心に描かれている、楕円形の天井画

華麗かつ豪華な部屋は、この投票の間 ( Sala dello Scrutinio )で終わり、この後は有名な 溜め息の橋 を渡って恐ろしい牢獄を見学します。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「Google マップ」「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!」「酒の一滴は大河の一滴」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/16(月) 12:44:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 13 広場を囲む建物⑩ ドゥカーレ宮殿Ⅶ 大評議会の間

ドゥカーレ宮殿 の七回目の今回は、ドゥカーレ宮殿 最大の 大評議会の間 ( サラ・デル・マッジョール・コンシーリオ ) を紹介します。

大評議会の間 ( サラ・デル・マッジョール・コンシーリオ )
p3181579-1.jpg
大評議会の間
東側と南 ( 大運河 ) 側の壁画と天井画を見る。
大評議会の間は、広さは25m×54mで面積は1350㎡もある、宮殿で最大の部屋。
この無柱の大空間を実現する為に、世界一の造船大国でもあったヴェネツィアの造船技術も一役買ったと聞いています。

P3181576.jpg
天井高15.4mのこの部屋には、最盛期には2000人以上の評議員が一堂に会し、大評議会を行うことが出来ました。
壁と天井は、ティントレットヴェロネーゼらの、全部で53枚もの絵画で飾られています。

p3181587-1.jpg
東側壁の壁画 / 天国 ティントレット作 ( 1588~1592年 )
縦7.45m×横24.65mの大きさで、世界でも最大級の油絵です。

p3181582-1.jpg
南 ( 大運河側 ) ・ 西 ( 広場側 ) コーナーを見る。
他の3面装飾帯には、ティントレット歴代ドーチェの肖像を描いています。

P3181583.jpg
西 ( 広場 ) 側壁を見る。

p3181592-2.jpg
上の写真中央の壁画のアップ

p3181584-1.jpg
西 ・ 北 コーナーを見る。

p1040035-1.jpg
西 ( 広場 ) 側と北 ( 投票の間 ・ 中庭 ) 側の壁画と天井画を見る。

P3181585.jpg
北 ( 中庭 ) 側壁面を見る。

P3181586.jpg
北 ・ 東コーナーを見る。

p3181577-1.jpg
この部屋の天井も、前回紹介した元老院の間の様な曲線を多用したバロック的なデザインで、金色の豪華な装飾の施された格天井には、ヴェロネーゼなどの絵画が飾られています。

P3181589.jpg

p3181591-1.jpg
西側楕円天井画 / ヴェネツィアの大勝利 パオロ・ヴェロネーゼ遺作 ( 1579~1582年 )

p3181581-1.jpg
部屋中央矩形天井画 

p3181580-1.jpg
東側楕円天井画

次回は 投票の間 ( Sala dello Scrutinio ) を見学します。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「週刊ユネスコ 世界遺産 ヴェネツィアとその潟」「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「Google マップ」「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!」「酒の一滴は大河の一滴」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/06(金) 18:00:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 12 広場を囲む建物⑨ ドゥカーレ宮殿Ⅵ 羅針盤の間、武器庫他

ヴェネツィア ドゥカーレ宮殿 の六回目です。
十人委員会の間 ( コンシーリオ・デイ・ディエチ ) から、 羅針盤の間 ( サラ・デラ・ブッソラ ) へと移動します。

羅針盤の間 ( サラ・デラ・ブッソラ )
P3181561.jpg
司法行政専用の最初の部屋であり、警吏長官の居た部屋です。
部屋の角に置かれている木製の羅針盤は、十人委員会の3人の長官と調査官の部屋である サラ・デイ・トレ・カピ・デル・コンシーリオ・デイ・ディエイチ への扉を隠しています。
また、前記したライオン口 ( 密告の口 ) の内側に当たる部屋でもあります。

p3181562-1.jpg
この部屋の壁と天井を飾るのも パオロ・ヴェロネーゼ作 の絵画です。

p3181563-1.jpg


武器庫 ( アルメリア )
p3181564-1.jpg
アドリア海の女王 と呼ばれたヴェネツィア優美で女性的なイメージを、お持ちの方も居るかと思いますが、この部屋に展示された多くの武器を見れば、ヴェネツィア共和国軍事大国でもあったことが分かります。
武器庫 ( アルメリア ) は3室から成り、宮殿の南東の角に在ります。

p3181565-1.jpg

P3181566.jpg

p3181569-1.jpg
1370年代以降は銃器も生産され始めます。

p3181568-1.jpg

p3181567-1.jpg
展示の仕方で、兵器も美術品に見えますね。

p3181570-1.jpg
欲を言えばですが、ヴェネツィア世界一の海軍力を誇った共和国だったので、当時のガレー船の模型なども見たかったです。


この部屋は室名が分かりません。
P3181574.jpg

p3181573-2jpg のコピー
壁画のアップ

次回はドゥカーレ宮殿 最大の 大評議会の間 ( サラ・デル・マッジョール・コンシーリオ ) を紹介します。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「Google マップ」「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!」「酒の一滴は大河の一滴」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/06(金) 15:34:42|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェネツィア散策 - 11 広場を囲む建物⑧ ドゥカーレ宮殿Ⅴ 元老院の間、十人委員会の間

謁見の間 ( コレッジョ ) は、元老院の間 ( サラ・デル・セナート )とも繋がっています。

元老院の間 ( サラ・デル・セナート )
p3181554-1.jpg
この部屋を飾る絵画は、ティントレット、ヤコポ・パルマなどの作品で、ドゥカーレ宮殿サン・マルコ聖堂ゴンドラ 等、ヴェネツィアの観光名所が描かれています。
この部屋の天井も、金色の豪華な装飾の施された格天井ですが、曲線を多用したデザインで、バロック的な印象を受けます。

P3181557.jpg

p1040028-1.jpg

P3181558.jpg

p3181558-2.jpg
上の写真のアップ

p1040029-1.jpg

P3181553.jpg
天井画 / ヴェネツィア称揚 ティントレット作 ( 1584年 )
元老院の間 は、 4つの扉の間 ( クアットロ・ポルテ ) の扉の一つと繋がっていて、一度 4つの扉の間 ( クアットロ・ポルテ ) に戻りってから 十人委員会の間 ( コンシーリオ・デイ・ディエチ )


十人委員会の間 ( コンシーリオ・デイ・ディエチ )
p3181560-1.jpg
十人委員会とは、ヴェネツィア共和国における最高意思決定機関、我国での首相官邸と言ったところでしょうか?
この部屋も多くのヴェロネーゼの絵画で飾られています。
この部屋の格天井も、金色の豪華な装飾ですが、楕円と矩形を組み合わせた、幾何学的なデザインです。

p3181559-1.jpg
天井画 / パオロ・ヴェロネーゼ作
この天井画は、ナポレオンが戦利品として持ち去ってしまった為に、ヴェロネーゼがコピーしたものです。

次回は 羅針盤の間 ( サラ・デラ・ブッソラ ) へと続きます。

※ この記事内の説明文は「Wikipedia」「21世紀シリーズ ヴェネツィア」「Google マップ」「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!」「酒の一滴は大河の一滴」等を参考または参照しています。
  1. 2017/01/05(木) 20:00:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad