FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

バリ旅行記 - 43 ( 四日目 ) シャイヨー宮 ( 建築・文化財博物館 ② )

今日は近代建築を展示しているエリアを紹介します。

先ずは

p2241930-1.jpg第一日目に訪問し、既に紹介済みの フランクリン街のアパート

p2241987-1.jpg二日目に訪問した ル・ランシーのノートルダム教会

p2241988-1.jpgガラスブロックの実物大モデルも展示されています。


p2241996-1.jpg

p2241995-1.jpgこの建物はパリの北部、モンマルトルの更に北、マミロー通りエルマンヌ=ラシャペル通りに囲まれた、内部にプールの有るアパートメント。

p2241994-1.jpg

p2241993-1.jpg

ストリート・ビューで現在の姿も確認で来ました。

-1_20201124172204493.jpg

-2.jpgこの建物ついて詳しく調べようと思い、手持ちの資料 ( 近代建築史図集 ) でこの建物の写真を見付けましたが、ヴァヴァン街のアパート ( 設計者 / アンリ・ソヴァージュ ) と記されていました。ヴァヴァン通りリュクサンブ-ル公園モンパルナス駅の間に在る通りです。ヴァヴァン通りをストリート・ビューで調べてみると、雰囲気の似た建物を見付けました。

ヴァヴァン街のアパート③

手持ちの資料 ( 近代建築史図集 ) の写真が間違ているのでしょうか?


p2241980-1.jpg

クラシックな雰囲気建物。アパートメントでしょうか?

p2241979-1.jpg

この建物も地図からストリート・ビューで現在の姿を確認しました。

サン・ミッシェル通りのアパート

すっかり周りの建物に溶け込んでいます。


p2241982-1.jpg

この建物も詳細が分かりませんが、一つ上の建物とは全く雰囲気の違うモダンデザインの建物で。

p2241981-1.jpgストリート・ビューでリュクサンブール公園の西側に現在の姿を確認しました。

-3.jpg


p2241986-1.jpg

ル・コルビジュエのドミノ

ル・コルビジュエ 提唱した 近代建築の5原則 

1.ピロティ、2.屋上庭園、3.自由な平面、4.連続窓、5.自由なファサード  を端的に表現しています。


窓からの風景

p2241985-1_20201124182104b6f.jpg

右から エッフェル塔、モンパルナス・タワー、アンバリット の黄金のドームも見えます

p2241984-1_20201124182129fa4.jpg


p2241991-1.jpg

左から サン・シュルピス教会、パンティオン、アンヴァリット

次回は ル・コルビジュエ の ニテ・ダビタシオン を紹介します。

スポンサーサイト



  1. 2020/11/25(水) 08:00:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 42 ( 四日目 ) シャイヨー宮 ( 建築博物館 - 1 )

コルビジュエギマール設計した近代建築の名作の見学をし、ジャスマン駅からメトロ-9号線で次の目的地の シャイヨー宮 の在るトロカテロ駅へ向かいます。

シャイヨー宮 は古い建物に見えますが、1937年に開催された パリ万博の際に建築されたもので、翼を広げた鳥の様な平面が特徴的な建物です。内部は現在は博物館等になっていて、海洋博物館、人類博物館、建築・文化財博物館、シャイヨー宮劇場などが在ります。今回の目的は勿論 建築・文化財博物館 を見学する為にやって来ました。

p2211053-1.jpg

上の外観は1日目に紹介した エッフェル塔 側の イエナ橋 から撮影したものです。

シャイヨー宮

トロカデロ広場に側から見た シャイヨー宮

カフェるJPG

建築・文化財博物館 のオープンまでにしばらく時間が有ったので、トロカデロ広場に面するカフェで一休みしてから入館しました。

p2241923-1.jpg

まだ調べはついていませんが、ゴシック教会の鐘塔の頂部?

館内には実物大の部分模型や縮小された名建築の模型が並んでいて、時間が在れば一日中でも、何回でもこの場に居たいと思ってしまいます。

p2241920-1.jpg

尖頭アーチ

p2241929-1.jpg

何処かの 凱旋門 でしょうか?

p2241928-1.jpg

ギリシャ・ローマ建築の物ばかりではないのでしょう。見慣れない柱頭の模型や装飾も展示されています。

p2241924-1.jpg

p2241927-1.jpg

ガーゴイルにも色々な種類のものがあるようです。

p2241926-1.jpg

p2241927-2.jpg

p2241914-1.jpg

この模型は セント・シャペル だと思います。

p2241918-1.jpg p2241915-1.jpg

実物は廻りを建物に囲まれて建っているので、全体像が分かり難かったので嬉しいです。

p2241917-1.jpg

これは去年の火災で改修工事中の パリのノートルダム大聖堂

p2241916-1.jpg

p2241919-1.jpg

この教会は何処なのか、色々なゴシック教会を検索してみても調べは付きませんでしたが、学生の頃に購入した手持の資料 ( 建築学体系-5 西洋建築史 ) から ラン大聖堂 だと分かりました。ランの町はパリの北東約120kmに在る小さな町の様ですが、この模型を見る限り、かなり立派な教会堂です。

p2241922-1.jpg

エトワール凱旋門

p2241921-1.jpg

この凱旋門の模型は何処の物か分かりません。ルーブル美術館の前に在る カルーゼル凱旋門とは違います。ローマコロッセオ の隣に在る コンスタンチヌスの凱旋門 とも違います。フォロロマーノ内の ティトゥスの凱旋とも セプティミウス・セウェルスの凱旋門 とはもコリント式の付柱が有るデザインは共通していますが、アーチの通路の開け方が明らかに異なります

アーチの通路の開け方と全体のプロポーションから想像できる規模から想像するに、エトワール凱旋門 の別案なのかも知れません。

次回は近代建築のエリアを紹介します。

  1. 2020/11/24(火) 12:16:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 41 ( 四日目 ) ギマール館

ラ・ロッシュ邸の外観の見学を終え、路地を出てドクター・ブランシュ通りを左折。ラフェ通りとのT字路も左折して1分足らず歩いたでジャスマン通りとのT字路です。

p2241893-1.jpg

恐らくアパートメントだとだと思われる小さな石造の建ですが、石積を表した外壁が目に留まったのでシャッターを押しました。

そのままジャスマン通りとを進み、ミシオン・マルシャン通り~ピェール・グラン通りを抜け、6差路を左折してモーザール通りへ出ると、左手の街路樹の陰に曲線で構成された小さな建物が見えて来ます。

p2241895-1.jpg

ギマール館

奥行き20m程の短い路地の入り口部分の角地に建っていて、道路から見ると気が付きませんが、ほぼ直角三角形の平面の建物です。

     航空写真

p2241896-1.jpg

設計者 / エクトール・ギマール

建築年 / 1909年

所在地 / パリ市16区モーザール通り

この建物はギマールが歌手アデリーン(アドリーヌ)・オッペンハイムとの新婚時代を過ごした自邸です。

p2241898-1.jpg

同一系統の色でまとめているで、一見華やかさに欠けた印象ですが、路地に面する部分の窓はアール・ヌーボーのそのものです。

p2241909-1.jpg

増築と言う事は無いでしょうが、最上階の窓と庇だけは、直線的なデザインです。

p2241908-1.jpg

p2241912-1.jpg

p2241911-1.jpg 

p2241897-1.jpg

コーナー部分の開口部も、大人しめの曲線でデザインされています。

p2241900-1.jpg

 

p2241894-1_202011171812380eb.jpg

モーザール通りへ側の立面は更に大人し目なデザインで、エントランス以外には、殆どアール・ヌーボーらしさは感じられません。

p2241902-1.jpg

この写真だと、平面が直角三角形であることが分かります。

p2241905-1.jpg

p2241904-1.jpg

p2241903-1.jpg

最後は恐らく半地下部の明り取り小窓です。

p2241907-1.jpg

p2241906-1.jpg

おまけ  

p2241910-1.jpg

路地の奥のアパート・メント

今回は見学を諦めましたが、ここから歩いて10分以内の範囲に、ギマール設計の建物が在ります。

モーザール通りを北に向かってジャスマン駅に戻り、メトロ-9号線でシャイヨー宮の在るトロカテロ駅へ向かいます。

p2241913-1.jpg

モーザール通りを沿いのアール・ヌーボー風の庇のある建物。

以下は近くに在るギマール設計の建物を、ストリートビューから

メザレ館-2

メザラ館

設計者 / エクトール・ギマール

建築年 / 1910年

所在地 / パリ市16区 ラ・フォンテーヌ通り


カステル・ベランジェ①

カステル・ベランジェ

設計者 / エクトール・ギマール

建築年 / 1898年

所在地 / パリ市16区 ラ・フォンテーヌ通り


次回はシャイヨ-宮内の建築博物館を紹介します。

  1. 2020/11/17(火) 19:01:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 40 ( 四日目 ) ラ・ロッシュ - ジャンヌレ 邸

今回からパリ旅行の四日目です。次の日は帰国日で朝から シャルル・ド・ゴール空港 へ向かうので、事実上パリ観光の最終日になります。

この日は朝食後に宿泊しているホテルの隣のショッピングセンターでお土産用の缶詰ハーブティーを物色してから出掛けました。

何時もの様にガリエーニ駅からメトロ-3号線に乗り、メトロ-9号線に乗り換えてジャスマン駅で下車。イヴェット通りからジャスマン通りに入り、1~2分歩きます。

p2241877-1.jpg

ジャスマン通りアンリ・エーヌ通りの交差点の建物

パリの建物の妻壁は、こんな感じの石積みの外壁が多いです。

交差点を右折しアンリ・エーヌ通りを北に2分程進みます。

p2241878-1.jpg

アンリ・エーヌ通り沿いに建つ何棟かのアパートメントの玄関には、アール・ヌーボー風にデザインされた鉄と硝子の庇が施されています。

p2241879-1.jpg

ドクター・ブランシュ通りとのT字路迄進み左折すると

ラ・ロッシュ邸路地

直ぐに ラ・ロッシュ - ジャンヌレ 邸の在る路地が在ります。

路地を入ると、数十メートル先の路地の奥に ラ・ロッシュ - ジャンヌレ 邸が見えて来ます。

p2241890-1.jpg

ラ・ロッシュ - ジャンヌレ 邸

コルビジュエの友人であり銀行家であった ラウル・ラ・ロッシュ氏コルビジュエの兄、音楽家の アルベール・ジャンヌレ氏 の2棟の邸宅からなる建物です。p2241880-1.jpg

L字型の奥の部分が ラ・ロッシュ邸 。1階の2つ並ぶ灰色のガレージ扉の真ん中より手前が ジャンヌレ邸 で、現在は建物を管理している コルビジュエ財団の事務所と資料室となっています。

p2241889-1.jpg

平面図

設計者 : ル・コルビジュエ

建築年 : 1923年

所在地 : パリ市 16区

p2241881-1.jpg

ラ・ロッシュ邸

有料で内部の見学は可能なのですが、この日はあいにく非公開日だったので見学することは出来ませんでした。

p2241887-1.jpg

大きな窓が在る入り隅部は、2層吹き抜けの玄関ホール。

向かって左側の局面壁の部分には絵画ギャラリーになっています。

p2241884-1.jpg

玄関を見る。

内部の画像はは手持ちの資料から

ラ・ロッシュ邸①-2


p2241883-1.jpg

絵画ギャラリー

ラ・ロッシュ邸②

局面壁に沿って設けられた斜路が、この空間を特徴づけています。

ラ・ロッシュ邸③

p2241886-1.jpg

1階部には、近代建築の五原則の一つである ピロティー も見られます。

p2241885-1.jpg

ジャンヌレ邸

この後はアール・ヌーボーマール館 へ向かいます。

  1. 2020/11/16(月) 16:35:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 39 ( 三日目 ) サン・ジェルマン・デ・プレ教会

サン・シュルピス教会 見所満載だった為に、内部の見学を終えるとすっかり陽が落ちていました。中食抜きで朝から歩き通しだったので サン・ジェルマン・デ・プレ教会 の見学は諦めて早めの夕食をとることに。日本では陽が落ちたばかりの早めの時間夕食は、旅行中では珍しくありませんtが、フランスではこの時間から2~3時間後が本格的なディナータイムです。でも歩き過ぎと空腹で散策を続ける気力は残っていませんでした。

最後の力を振り絞ってサン・シュルピス広場 からBonaparte通り を北に向かい、サンジェルマン大通り とぶつかる五差路に出ると、美しくライトアップされた鐘楼が見えて来ました。

p2241870-1.jpg

サン・ジェルマン・デ・プレ教会

パリジャンの中でも、左岸を愛する左岸派と言われる人達にとって、心の灯台とも言われている教会です。

教会の起源は6世紀。メロヴィング朝のクローヴィスの子であるシルドベール王が、スペイン遠征の際に殉教したサン・ヴァンサンの遺物を持ち帰り、パリ司教サン・ジェルマンが王の墓と聖遺物を収める為に、542年に建てたのがこの教会の前身です。

p2241869-1.jpg

8世紀以降はベネディクト会の修道院として栄え「黄金のサン・ジェルマン」と呼ばれる時期がありましたが、9世紀にノルマン人 ( ヴァイキング ) の侵入により荒廃します。

再建は990~1021年にフランス王ロベール二世によって行われ、現在の教会のシンボルである鐘楼も、この時の再建工事の際に建てられた物です。但しこの時は3つの鐘楼が在り、現在は入り口の1つが残っています。

p2241868-1.jpg

12世紀に入ると、修道僧の収容能力を上げる為の拡張が行われ、1163年に完成します。

17世紀には修道院は更に大拡張され、城壁・物見塔・防塁・濠までを備えた武装能力を高める工事が行われ、この時期最盛期を迎えます。

しかし、革命で多くの部分を焼失し、1821年に行われた修復以降、ほぼ現在の姿に至っています。

p2241873-1.jpg

幾度となく行われた改修工事の為、内部は様々な様式が混在しているようです。

p2241875-1.jpg

奥行き65m、幅21m、高さ19mの教会の内部には、分厚い壁に窓や装飾が少ないロマネスク様式の特徴や、回廊リブ・ヴォールトにはゴシック様式の特徴も見られるそうです。

p2241876-1.jpg

サン・ジェルマン大通りから見る

小雨も降って来たので、この後何処を通ったかはよく覚えていませんが、近くのガラス張りのアーケード街 ( パッサージュ ) の何処かの店に入れたので、やっと落ち着いて座ることが出来てホッとしたところです。

img_1185-1.jpg

このビールがなんとお美味しかったことか!!

img_1187-1.jpg

ただ、あまりにお腹が空き過ぎていたのか、意外に量は食べられませんでした。img_1186-1.jpg

img_1188-1.jpg


  1. 2020/11/06(金) 11:42:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 38 ( 三日目 ) サン・シュルピス教会

忙しにかまけて パリ旅行記 の更新が前回から2ヶ月以上も空いてしまいました。

先ずは前回の最後に引き続き 教会前の広場から観た サン・シュルピス教会 の外観から。

p2241815-1_20201023162632b3a.jpg

左右の鐘塔のうち、向かって左側の塔が僅かに高く見えます。

塔の高さは34ⅿ。

左右に鍾塔が聳えるシルエットから、ノートルダム大聖堂の様なゴシック教会かと思ってしまうかもしれませんが、よく見てみると一層目はドリス、二層目はイオニア式の古典的なオーダー柱を施したローマ式コロネードを用いた重々しいデザインの新古典主義様式の教会であることが分かります

p2241814-1.jpg

高さが違って見える鍾塔は、デザインも左右で異なります。

向かって左側の鍾塔は、4方に三角のペディメントを設けた正方形の小神殿風の下部層に、イオニア式の半円形の付柱を施した下部層よりも一回り小さな円形の上層が載っています。

p2241813-1.jpg

向かって右側の鍾塔は、下部層は4角の面をとった8角形の平面で、ペディメントは半円形になり、上層の付柱が、やけにあっさりとした物足りない仕上がりなのは、未だに未完成だからだという事です。

建設は1646年にのルイ13世の王妃アンヌ・ドートリッシュの命により、ルイ・ル・ヴォーを中心に設計が始められます。正面はロココ様式を得意とする建築家メソニエによって1726年によってデザインされますが、後に古典主義様式ジャン・ニコラ・セルヴァンド-ニの案が採用されます。工事は何度も中断されながらも、1745年に完成しますが、1762年には火災、1770年には落雷により正面が破損され、最終的にはシャルグランによって修復されたそうです。何故右側の鍾塔の最上部が、未だに未完成なのかに言及する資料は見付けられませんでした。

p2241859-1.jpg

A. 出入口の両側の壁龕には、二人の聖人と思われる凛々しい彫像が置かれています。写真は向かって右側の彫像です。

p2241857-1.jpg

B. 中央出入口辺りから身廊を通して中央祭壇方向を見る。

聖堂の奥行きは最長部で113ⅿ、幅は58mあり、パリではノートルダム大聖堂に次ぐ大きさです。

p2241856-1.jpg

2. 聖堂内部の平面構成は身廊の両側に側廊を配した3廊式。 短い翼廊的な部分があるので、十字型プランと言えそうです。 

   サン・シュルピス平面図-3

側廊の外側に大中小づらりと祭室 ( チャペル ) が並んでいます。どの写真がどの祭室か分かる範囲で、写真に上の図面の番号を記入してゆきます。

先ずは入り口から側廊を時計回りに進んで行きます。

p2241854-2.jpg

24.

p2241858-1.jpg

J.

p2241818-1.jpg

22.

p2241819-1.jpg

20.

p2241820-1.jpg

20. キャンドルの光に浮かび上がった彫像が美しいのでアップでもう一枚。

p2241822-1.jpg

C. 左側周歩廊を見る

p2241827-1.jpg

D. 中央祭壇 の上部見上げ

p2241823-1.jpg

D. 中央祭壇

p2241823-2.jpg

キリスト像

p2241824-1.jpg

19. ぺテロ像 ?

左側翼廊部に置かれているのは ぺテロ像 でしょうか?

p2241824-2.jpg

19. ローマのサン・ピエトロ大聖堂内のペテロ像に、顔が似ている気がしますが真偽は分かりません、ただ、右足の足先だけが光っているのは、サン・ピエトロ大聖堂と同じで、皆が御利益御利益を願って触っているからでしょう。

ペテロ像らしき彫像の隣には、この教会が再注目されたきっかけになったものがあります。

p2241825-1.jpg

19. グノモンの日時計

サン・シュルピス教会 がにわかに再注目されたのは、2003年に出版され、トム・ハンクス主演で映画化もされた ダン・ブラウン作ダ・ヴィンチ・コード の中で、この白い大理石で造られたオベリスクとその足元から一直線に伸びる真鍮製の子午線ローズ・ライン と呼ばれて、劇中で重要な要素として登場してからです。

p2241826-1.jpg

ダン・ブラウンは大好きな作家の一人なので、ローズラインにはちょっと興奮しました。

p2241828-1.jpg

17. 中央祭壇の後方の周保廊を時計回りに進みます。

p2241829-1.jpg

16.

p2241830-1.jpg

15.

p2241832-1.jpg


p2241833-1.jpg

13. 教会内で最奥部にある礼拝堂

p2241834-1.jpg

13. 光に照らされた美しい 聖母子像 が目を引きます。

ジャン・バティスト・ピガール作

美しい模様が現れるコリント式の大理石柱はローマ時代の遺跡だそうです。

p2241835-3.jpg

13. 天井画は 聖母被昇天 フランソワ・ルモワール作 

p2241835-2.jpg

13.

p2241836-1.jpg

12. 12・11・10・9 は自信がありませんが前後からたぶん・・・。

p2241837-1.jpg

11.

p2241838-1.jpg

10.

p2241839-1.jpg

9.

p2241840-1.jpg

8.

p2241841-1.jpg

E.

p2241842-1.jpg

F. 右側翼廊辺りから中央祭壇を見る。

p2241843-1.jpg

6.

説教壇

H. 説教壇

p2241845-1_20201026104813d80.jpg

G. 説教壇

p2241844-1.jpg

G. 中央祭壇方向を見る

p2241846-1.jpg

G. 同じ場所から振り返って出入口方向を見る パイプオルガン

1862年にアリスティド・カヴァイエ・コルによって製作されたもの。

パイプオルガン


p2241847-1.jpg

5.

p2241848-1.jpg

4.

p2241849-1.jpg

3. この彫像も サン・ピエトロ大聖堂 にあった ミケランジェロ作ピエタ に似た雰囲気です。調べてみると、やはり題材はミケランジェロと同じ ピエタ でした。

p2241850-1.jpg

3. ピエタ オーギュストクレシンガー作

p2241850-2.jpg

3. 有名な彫像ではないようですが、悲しくも優しい表情が印象的です。

p2241853-1.jpg

1. 内部の最大の見どころは ドラクロワ のフレスコ画だと思います。

p2241851-1.jpg

悪魔を撃つ大天使ミカエル ( 天井画 )

天使とヤコブの戦い ( 壁画 )

p2241851-2.jpg

悪魔を撃つ大天使ミカエル ( 天井画 )

p2241852-1.jpg

天使とヤコブの戦い ( 壁画 )

p2241854-1.jpg

I. の位置から前室を見る

p2241855-1.jpg

B. 中央出入口扉

p2241860-1.jpg

柱頭部はドリス式見えましたが、足元はオニア式のような・・・?

p2241862-1.jpg

外はますます暗く成って来ました。

p2241863-1.jpg


p2241865-1.jpg

サン・シュルピス教会 の右に見える噴水はヴィスコンティ作の 四人の枢機卿の噴水

ヴィスコンティの噴水 とも呼ばれているそうです。

p2241861-1.jpg

サン・シュルピス教会 の前から広場ヴィスコンティの噴水 見る。

  1. 2020/10/24(土) 16:07:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目黒区役所 ( 旧千代田生命保険本社 )

久し振りに目黒区役所に法令現調へ行って来ました。

目黒区役所は1966年に故村野藤吾氏が、千代田生命保険本社ビルとして設計したもの。

2000年に千代田生命は経営破綻しますが、2003年からは目黒区役所として利用されています。

1601626244842.jpg

今回はこの後の予定がありましたので、久し振りの訪問を楽しむことは出来ませんでしたが、何時の間にか庁舎機能を移転してしまった同じ村野藤吾氏が設計した横浜市役所の例もあるので、近いうちにまたやって来たいと思います。

以前の記事は ⇒ 《 こちら


  1. 2020/10/02(金) 17:44:58|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失礼な後輩猫?

つい10日程前までは家では裸足・袖なし・半ズボンで過ごていて、就寝時もタオルケットだけで充分だったのに、今朝は夏用の布団を掛けても寒く感じるようになりました。

今年は彼方此方で豪雨の長梅雨で、このまま梅雨明けしないのでは? と思わせる程でしたが、いざ梅雨明けしてみれば近年にない猛暑に襲われ、滅多にエアコンを点けない我が家でも、ほぼ点けっぱなしの状態でした。それでも思ったほどは電気代は上がらず、この程度なら来年からは我慢はしないで暑いと思ったら、迷わずエアコンのお世話になろうと思います。

今年の夏はコロナ + 猛暑による熱中症に対する心配など、ストレスの溜まる心配事ばかりだった気がします。

普段は近所の温水プールで週2回は泳いでいるのですが、プールが半年ほどコロナの影響でクローズになってしまい、運動不足で20年振りにギックリ腰になったり、軽い熱中症のような症状になったりもして、健康上にもやや問題ありでした。

どんな時でも疲れた心や体を癒してくれる愛猫が、新たなストレスに襲われているようです。

先輩猫の 蘭 はやっと過ごし易い気持ちの良い季節になったと言うのに、後輩猫のエナに付き纏われているのです。

以前から蘭の寝床に、後からエナが強引に入り込んで、先に寝た居た蘭を追い出してしまう事はありました。それだけなら見ようによっては好きな蘭姉さんに寄り添っているようにも見えなくはありませんが、この態度はちょっと頂けません。

img_6289-1.jpg

img_6292-1.jpg

( 蘭 )「おっ重い。ちょっとこの子何時の間に?」

( 父 )「エナ!! 先輩を枕にするのは良くないのでは?」

img_6290-1.jpg

( エナ )「エナはラン姉ちゃんが大好きニャのね」

( 父 )「それは分かる気がするけど、蘭は迷惑してるようだぞ」

蘭のストレス解消と私運動不足解消を兼ねて、蘭と散歩にでも行ければいいのですが・・・。


  1. 2020/09/30(水) 10:39:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

第三の趣味

名建築を見て回ることと、猫を可愛がること以外にはこれと言った趣味の無い私ですが、ここ数年は少ない小遣いで手に入る程度ではあるものの、ウイスキーの収集にも手を染めています。

1601190885734-1.jpg

手頃な値段で購入出来るウイスキーの中で、今のところ一番のお気に入りなのが、昔ながらのブレンデッドウイスキーの名酒 オールドパー です。

IMG_6301.jpg

左側の特級の明記があるボトルは施主からの頂き物。他の2本はリサイクルショップで見付けたものです。

両サイドのボトルはほぼ同じですが、真ん中のボトルはロゴが違います。

IMG_6302.jpg

真ん中のボトルは後姿も違いが分かります。

IMG_6304.jpg

真ん中のボトルはなかなかに立派な箱付きです。

上の3本のボトルはどれも「12年」の明記がありますが

IMG_6295.jpg

こちらのボトルは「12年」の明記がありません。

IMG_6299.jpg

最初の「特級」の明記のあるボトルと並べてみます。

IMG_6300.jpg

「12年」以外はかなり近いようです。

IMG_6305.jpg

最後は Superior と 18年 ラベルは勿論、ボトルのデザインも上のボトルとは違い、栓もコルクです。

IMG_6307.jpg

後ろにパー爺さんの肖像画が無いのが、ちょっと寂しい気もします。

  1. 2020/09/27(日) 16:47:48|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 外構工事-3 竣工しました

8月末、外構工事が完了し、ついに 大井町の家 が竣工しました。

p1012482-1_20200906105317150.jpg

植物の緑が加わると、外観が映えて見えます。

p1012486-1.jpg

斜路と玄関、ポーチは洗い出し仕上

p1012492-1_2020090610561485a.jpg

p1012490-1_20200906105825427.jpgp1012489-1.jpg

p1012487-1.jpg

p1012488-1_20200906105740935.jpg

p1012481-1.jpg

p1012479-1_20200906104429967.jpg

p1012477-2.jpg

p1012476-1.jpg

p1012474-2.jpg

p1012471-1_2020090610475617a.jpg

p1012470-1.jpg

p1012473-2.jpg

p1012485-1_20200906110107f9e.jpgp1012484-1.jpg

リビング前のウッドデッキとルーバ

p1012500-1.jpg

p1012469-1.jpg


p1012502-1_20200906110508e51.jpg

中庭の白石の竜の髭も映えてます。

p1012496-1.jpg

p1012493-1.jpg

  1. 2020/09/06(日) 11:12:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 外構工事-2

お盆休み中も外構工事は進行していました。

P8162417-1.jpg

ヒートポンプ式給湯器と貯水タンクを隠す為の板塀は焼杉です。思った以上に斑の無い焼き目になり、キシダデコール塗りに見えます。

p8162398-1.jpg

p8162402-1.jpg

p8162418-1.jpg

斜路と緑地廻りの縁石の設置もかなり進んでいます。

p8162404-1.jpg

p8162409-1.jpg

p8162376-1.jpg

区画整理地域の為、現在は周りに建物が建っていないので、360°の写真撮影が可能です。

p8162381-1.jpgp8162383-1.jpg

p8162385-1.jpg

p8162395-1.jpg

p8162423-2.jpg

内部の工事は前回の時点で既に終了していますが、まだ撮っていなかったアングルの画像を紹介します。

p8162433-1.jpg

玄関ポーチから中庭を見る。

p8162432-1.jpg

障子を開けて中庭を見る。砂利の白が眩しいです。

p8162440-1.jpg

和室から中庭を見る。

p8162369-1.jpg

施主自らボルダリングウォールにクライミングホールドを設置。

p8162427-1.jpg

2階からの見下げ

p8162438-1.jpg

リビングから和室を見る

p8162437-1.jpg

p8162441-1.jpg

p8162436-1.jpg

間接照明を点灯したところ。

p8162426-1.jpg

納戸のカーペットも施主自ら行ったDIY

施主の夢と拘りで一杯のこの住宅はもう少しで完成します。

  1. 2020/08/23(日) 11:10:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エナの付きまといで蘭のストレスが溜っているかも?

蘭は相変わらずエナに付きまとわれて迷惑顔です。

1597379506989.jpg

階段で涼んでいても、何時のまにか後ろに・・・

1597379542232.jpg

猫台でのんびりくつろいでいた時も

1597379653842.jpg

目ざとく蘭を見付けたエナが階段を上って来て

1597379553572.jpg

何時の間にか強引に猫台に載り、蘭を追い出してしまいました。

1597379526888-1.jpg

なのでダンボール箱は、喧嘩にならないように2個用意しました。

1597379711385.jpg

娘が使っていた本棚の空を見付けて、つかの間の安らぎを感じでいた時も

1597379701647.jpg

大急ぎで下の段も空にしたので一安心?

1597379673797.jpg

あちこちの椅子もエナが制覇?

1597388941915-1.jpg

1597382355936.jpg

テラスでも新米のエナが幅を利かせているようです。

1597387751493-1.jpg

蘭  哀愁の後姿



  1. 2020/08/14(金) 14:20:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パリ旅行記 - 37 ( 三日目 ) パンティオン 他

オペラ・ガルニエ の見学を終え、この日本来なら昼食をとりがてら散策をする予定だった、カルチェ・ラタン方面に向かうことに。メトロ-オペラ駅からメトロ-7号線に乗り、はっきりとは覚えていないのですがシャトレ駅辺りで下車し、サンミッシェル通りを通ってエドモン・ロスタン広場辺りまで、路線バスを利用して南下したのだと思います。

カルチェ・ラタン地域で最初に向かったのは パリの パンティオン です

エドモン・ロスタン広場からスフロ通りに入ると、正面に パンティオン が見えて来ます。

パンティオン遠景

p2241806-1.jpg 

p2241802-2.jpg 

パンティオン ( 旧サント・ジュヌヴィエーヴ聖堂 )

入口に近付くと建物から出てくる人はいますが、中に入ろうとしている人は警備員に制止されているようです。どうやら入場は17時45分までだったらしく、既に閉館時間だったのです。残念!!

p2241803-1.jpg

パリの パンティオン は、1744年に瀕死の病床から回復したルイ15世が、回復を神に感謝し、パリの守護神である聖ジュヌヴィエーヴを祀る為の聖堂を建設したものです。1755年に設計コンペが行われ、設計者はパリの国王の建築物の監督官だったジャック・ジェルマン・スフロに決定しました。しかし、資金不足や構造的な不備 ( 1778年にドームを支える主ピアに亀裂が見つかり、スフロの死の後、外壁の開口部は塞がれています。) などで完成が遅れ、竣工したのは1792年でした。完成が遅れたことで、フランス革命の波に飲み込まれ、革命政府が聖堂の建築を好まなかったことから、修道士の墓所となる予定だった地下納骨堂は、革命の英雄たちを祀ることとなり「フランス史における自由の時代に活躍した偉人を祀る万紳殿 = パンティオン 」とすることが決められたのです。

万紳殿 として造られた ローマのパンティオン が、キリスト教の聖堂に変えられることでキリスト教徒からの破壊を逃れた歴史とは、逆のケースと言えそうです。

パリのパンティオン には、ジャン・ジャック・ルソー、ヴォルテール、ヴィクトール・ユゴーキュリー夫妻が埋葬されています。ナポレオン政権下では一時聖堂としての役割を回復したことも有った様ですが、現在は「フランスの為に尽くした功労者の為の廟所」に落ち着いています。

p2241803-2.jpg

ペディメントに施された浮彫は、フランスを表す女神が偉人たちに月桂樹を与える姿が描かれているそうです。フリーズ部に刻まれた文字は「偉大なる人々に祖国より感謝を」と記されています。 

設計者 / ジャック・ジェルマン・スフロ

建築年 / 1792年

所在地 / パリ5区 パンティオン広場

建築様式 / 新古典主義

以下の画像は、パリを案内してくれた友人が、先月パンティオンを訪れた時の画像です。パリのバンティオン3

広間

真上に地上80mのドームを頂く広間は奥行き110mあり、平面形状や縦横の大きさの割合などは全く異なるものの、どことなくローマのパンティオンの雰囲気を感じさせる内部空間です。

パリのパンティオン1

フーコーの振り子

ドームの真下はフーコーの振り子の実験が行われた場所で、一日を刻む振り子が設置されています。

パリのパンティオン2

地下納骨堂

残念ながら パンティオン の内部の見学が出来なかったので、パンティオン広場に面する酷似したデザインの二棟の建物の写真を撮ってみました

p2241804-1.jpg

パリ5区 区役所

パンティオンを背にしてスフロ通り方向を向いて左側。

p2241805-2.jpg

ソルボンヌ大学

パンティオンを背にしてスフロ通り方向を向いて右側。

よく見ないと、同じ建物を撮影したかと勘違いするほど酷似した二棟の建物です。

時間は既に18時を回っていたのでじきに暗くなる筈です。急いで来た道 ( スフロ通り ) をエドモン・ロスタン広場まで戻りバス停を探します。カルチェ・ラタン辺りで見たかった建物は パンティオン 以外に サン・ジェルマン・デ・プレ教会、サン・シュルピス教会、リュクサンブール宮殿と公園 など幾つも在りましたが、全て廻る時間も体力も残っていません。

サンミッシェル通りをでバスに乗ったのは確かなのですが、パリ在住の友人と合流した後は、着いて行くだけで何処に向かっているのか分からなくなっていました。友人が乗るバスを間違えたのか、バスの窓からリュクサンブール公園を見学出来るようにしてくれたのかは分かりませんが、バスはサンミッシェル通りを南へ向い、モンパルナス通りを右折、次はラスパイユ通りも右折して、リュクサンブール公園を大きく回ってヴォージラール通りとの交差点辺りまでやって来ました。途中でバスを乗り継いだのか、所々歩いたのかははっきりとは覚えていません。

p2241807-1.jpg

写真に撮ったこの街並みが何処なのか、全く分からなかったのですが、時間を掛けて記憶をたどり、ストリートビューを駆使して探し回り、ラスパイユ通りヴォージラール通りとの交差点辺りだと分かりました。この後はヴォージラール通りに入り進んで行くと。

p2241808-2.jpg

パリ・カトリック学院

赤煉瓦と白い石のツートンカラーの外壁に

p2241808-1.jpg

窓下のデザインが目を引きます。

ヴォージラール通りリュクサンブール宮殿 方向に進み、アッサス通りとの交差点には、ついシャッターを押したくなる建物が並んでいます。

アッサス通り2

アーサーベルネ医院 

斜向かいのこの建物の赤煉瓦と白い石のツートンカラー。

アッサス通り3 

この建物の装飾も見事です。

更にヴォージラール通りリュクサンブール宮殿 方向に進むと左手に

p2241809-1.jpg

サン・ジョセフ・デ・カルム教会

この教会にはベルニーニ作の「聖母子と幼子」が在るそうです。p2241810-1.jpg

残念ながら今回はスルーしました。

更に直進してギヌメ通りとのT字路には 

p2241811-1.jpg

Crédit du Nord ( 金融機関 )

この建物も見事な装飾とデザインの建物です。

右手にはリュクサンブール公園が見えて来ました。

p2241812-1.jpg

リュクサンブール美術館

1750 リュクサンブール宮殿 の東棟内に設置され、当初は、ルーベンスレオナルド・ダ・ヴィンチラファエロヴェロネーゼティツィアーノレンブラントといった王室コレクションを展示していましたが、ルーヴル美術館 に移管され、1818年リュクサンブール美術館は 生存する芸術家のための美術館となり、アングルドラクロワの作品が展示されます。現在の建物は、元老院リュクサンブール宮殿と庭園 の管理をすることになった1886年にを建築されました。1937年に国立近現代美術館が建設されると閉館されますが、1979年に再び公開され、2000年らは再び元老院が管理を行なっています

リュクサンブール美術館 の前で、左折してフェルー通りにを1~2分進むと、お目当ての サン・シュルピス教会 が見えて来ました。

p2241813-1.jpg

サン・シュルピス教会

p2241814-1.jpg

次回は サン・シュルピス教会 の内部を紹介します。

  1. 2020/08/13(木) 15:43:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 外構工事

先週には建物本体の工事は完成し、工事はいよいよ大詰めの外構工事が始まっています。

p8082356-1.jpg

p8082359-1.jpg

内部の工事は先週の段階で99%以上完成していたので、殆ど変わりはありませんが、この日は時間があったのでゆっくり写真を撮ることが出来ました。

p8032265-1.jpg

リビングスペース

p8032270-2.jpg

ダイニングスペースからキッチンとリビングを見る。

p8082312-1_20200812144819f9c.jpg

システムキッチンはサンワカンパニー製。お洒落でリーズナブル。

p8082313-1.jpg

リビングスペースから和室を見る

p8082318-1.jpg

和室~リビングスペース間の木製建具

p8082314-1.jpg

和室からリビングスペースを見る

LDKに戻ってブルーライトの間接照明を点灯してみましょう。

p8082345-1.jpg

照明計画 及び 照明器具 は施主自ら考えて選定したものを使用しています。

p8082320-1.jpg

P8082344-1_20200812125344871.jpg

p8082321-1.jpg

P8082323-1.jpg

梁から吊るされている金属板はプロジェクター設置用です。

p8082347-1.jpg

P8082343-1.jpg

p8082325-1.jpg

食器棚の上下に間接照明を設置。

p8032271-1.jpg

食品庫

p8082297-1.jpg

玄関ホール

p8082333-1.jpg

玄関土間は洗い出し仕上

p8082334-1.jpg

玄関に隣接するシューズクローク

p8082299-1.jpg

洗面ボールは施主支給品

p8082336-1.jpg

p8082340-1.jpg

p8082338-1.jpg

鏡と窓の高さを合わせるのも施主が拘ったデザイン。

p8082341-1.jpg

トイレの壁の突起はオブジェ。

p8082342-1.jpg

p8082317-1.jpg

主寝室

p8082316-1.jpg

予備室の部屋ですが勾配天井、壁仕上、ボルダリングウォール等遊び心溢れる部屋になっています。

p8082294-1.jpg

2階の床は施主がDYIにより施工する予定です。

p8082295-1.jpg

台形の開口部はボルダリングウォールの部屋に繋がっています。

p8082296-1.jpg

納戸のボルダリングウォール用の開口からの見下げ。

p8032277-1.jpg

納戸からLDKを見下げる。

p8082292-1.jpg

ルーフバルコニーから、中庭越しに納戸と洋室を見る。

p8082293-1.jpg

ダイニングスペースの高窓を見る。

  1. 2020/08/12(水) 12:57:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 36 ( 三日目 ) オペラ・ガルニエ ③

オペラ・ガルニエ の三回目です。

グラン・ホアイエ の見学を終え、太陽の間 へ向かいます。

p2241757-1.jpg

太陽の間 ( SALON DU SOLEIL )

太陽の間は小さな円形のサロンで、天井には夜空に光る星空のようにも見えますが、太陽の間 と言うからには、太陽が描かれているのでしょう。( 今回は見学していないのですが 月の間 と言う対の間が在るようです 。)

( GALERIE DU GLACIEL ) を通って

p2241761-1.jpg 

グラシエの間 ( SALON DU GLACIER )

と比べると、広い円形の グラシエの間 は、淡い色使いとぐるりと周囲に配された窓の為に明るい空間です。

p2241759-1.jpg  

ジョルジュ・クレラン作の天井画は酒の神であるバッカスの巫女などが描かれているそうです。

p2241760-1.jpg

シャンデリアや天井の装飾も見事です。

p2241768-1.jpg

オペラ座図書館・博物館

フランスのオペラやバレーの楽譜など、貴重な資料が収められているそうです。

 p2241769-1.jpg

アヴァン・ホワイエ ( AVANT FOYER )

アヴァン・ホワイエ 大階段 の吹抜けに面し グラン・ホワイエ との間に位置します。p2241770-1.jpg

左に見える吹抜け空間が、大階段 の在る吹抜けです。

p2241772-1.jpg

アヴァン・ホワイエ のバルコニーから 大階段 の吹抜けを見る。

p2241774-1.jpg

p2241773-1.jpg

p2241775-1.jpg

アヴァン・ホワイエ のや大階段廻りの回廊にはオペラやバレーの衣装が展示されています。

p2241776-1.jpg

p2241778-1.jpg

階段を下りながら、大階段 の詳細と吹抜けの周りをじっくりと見て回ります。

p2241780-1.jpg

大階段 の側面。

p2241779-1.jpg

このフロアレベルにも色々な衣装や覆面が展示されています。

p2241781-1.jpg

p2241785-1.jpg

大階段 の裏側も改めてじっくり見てみましょう。

人も少ないし 裏側は見応えのある場所です。 

p2241788-1.jpg 

p2241787-1.jpg

p2241786-1.jpg

p2241783-1.jpg

最初に見た ピュティアの泉 です。

p2241784-1.jpg

p2241789-1.jpg

p2241798-1.jpg 

p2241790-1.jpg

もう一度 大階段 の前に戻って来ました。 

p2241791-1.jpg

p2241793-1.jpg

p2241796-1.jpg

p2241799-2.jpg

最後にイジドール・ピウス 作の天井画アポロンの勝利エントランスホールの美しい大理石の床を紹介して オペラ・ガルニエ を後にします。

p2241795-1.jpg


  1. 2020/08/10(月) 15:43:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 建物本体完成

梅雨明けと同時に、外構工事を残し、建物本体の工事が完了しました。

p8032245-1.jpg

この建物はZEH支援事業対象建物なので、屋根には太陽光発電パネルが設置されます。

p8032244-1.jpg

p8032288-1.jpgp8032286-1.jpg

p8032284-1_20200803173502dc0.jpg

p8032264-1.jpg

p8032252-1.jpg

p8032267-1.jpg

p8032268-1.jpg

p8032261-1.jpg

p8032269-1.jpg

p8032263-1.jpg

  1. 2020/08/03(月) 17:45:31|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 木製建具・設備機器取付

現場の工事はいよいよ大詰めです。先週は木製建具・造作家具の取付と衛生・電気設備機器の取付工事が行われました。

img_6233-1.jpgimg_6238-1.jpg

シーリングファンも設置済みです。

img_6234-1.jpgimg_6247-1.jpg

木製建具・造作家具の取付もかなり進んでいます。

img_6244-1.jpgimg_6245-1.jpg

この木製建具は引込部分に上枠や吊レールがありません。当初は上部ガイドとVレールとで対応しようかと思っていましたが、創建の野原社長と建具屋さんの提案で、Vレールは取止め、引出し用のスライド金物で上部のぐらつきを最小限にすることが出来ました。

img_6252-1.jpgimg_6232-1.jpg

img_6251-1.jpg

勾配天井最低部には間接照明が設置されています。

img_6235-1.jpgimg_6242-1.jpg

天井仕上げは構造用合板やOSBにクリアー仕上

img_6239-1.jpg

img_6240-1.jpg

img_6230-1.jpgimg_6231-1.jpg

洗面ボール・洗面水栓、洋風便器や手摺、タオル掛け、換気扇も設置されています。

内部の工事は大詰めです。来月から外構工事が始まります。


  1. 2020/07/27(月) 11:25:47|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 35 ( 三日目 ) オペラ・ガルニエ ②

オペラ・ガルニエ の二回目です。

p2241762-1.jpg

観客席を見学出来る、1階のバルコニー席に向かいましょう。

p2241763-1.jpg

バルコニー席は升席の様に個々に仕切られているので、各々に専用の扉があります。

p2241743-1.jpg

床はモザイクタイル貼り

p2241744-1.jpg

左端の開いている扉から客席を見学出来るようです。

p2241744-2.jpg

早速客席に入ってみましょう。

p2241739-1.jpg

劇場内はい座席と金色の装飾で眩いばかりの豪華さです。

p2241738-1.jpg

観客席は奥行き巾共に31m。高さは20mです。

p2241737-1.jpg

夢の花束マルク・シャガール作

現在の天井画はシャガールによるもので古典的なものではなく、1964年にオペラ座エッフェル塔、凱旋門等のパリの名所が描かれています。以前はジュール=ウジェーヌ・ルヌヴーによって描かれたものでした。

p2241737-2.jpg

中央のシャンデリアの重量は7tと記されている資料と8tと記されているものも有ります。1896年には落下事故も起こったそうです。

p2241767-1.jpg

p2241742-1.jpg

ドーム天井を支える2本で一対の柱の頭部を飾る黄金の装飾のは、目を引かずにはいられません。

p2241742-2.jpg

P2241740-1_20200727154944348.jpg

p2241766-1.jpg

座席だけでなく隣との仕切り壁の赤い布クロスも豪華さを強調しています。赤い壁ってあまり見たことはありません。

p2241765-1.jpg

もう一つの見どころ グラン・ホワイエ に移動する前に オルセー美術館 にあった オペラ・ガルニエ の断面模型をご覧ください。

p2231591-1_202007251834492f1.jpg

グラン・ホワイエ は写真向かって右端の縦長の吹き抜け空間で、正面出入口の直上に当たります。

p2241745-1.jpg

ホワイエとは劇場建築において、エントランスホールと観客席の中間地点に位置する人溜まりのスペースで、公園時間の前後や休憩時間に、観客が休憩する為の空間です。

p2241746-1.jpg

勿論、この グラン・ホワイエ は他に例を見ない豪華な装飾が施され、まるで ヴェルサイユ宮殿の鏡の間 を彷彿とさせる空間で、広さは幅13m、長さ54m、高さは18mあり、ミューズ達が描かれた天井画や、2本で一対のコリン式の双子柱をはじめとした、黄金に彩られたスタッコ装飾で飾られたネオ・バロック様式の空間です。

p2241747-1.jpg

天井画は観客席と同様の シャガール の作品。

p2241748-1.jpg

p2241751-1.jpgp2241752-1.jpg

p2241754-1.jpg

p2241755-1.jpg

息を飲むような美しく豪華な装飾です。

p2241756-1.jpg

p2241749-1.jpg


  1. 2020/07/26(日) 11:11:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかなか梅雨が明けませんね。

7月23日だと言うのに、梅雨が明ける気配がありません。新型コロナウイルスが無ければ、今日はオリンピック開幕の筈でした。テレビもオリンピックの話題で持切りになっていたところでしょうが、「GO TO トラベル」を「GO TO トラブル」やら、「観光拡大キャンペーン」を「感染拡大キャンペーン」やらのネガティブな報道ばかりがです。速報でも「東京の新規感染者が360人」との驚きのニュースも飛び込んで来ました。

1595394265874.jpg

二度目の梅雨体験のエナは、陽の当たっていない出窓でゴロゴロしています。

エナ 「コロナででテラスに出してもらえないので、つまらないニャン」

父 「コロナでじゃなくて雨だからだよ」

1595394258129.jpg

雨で寒かったのか、何時の間にかエナは先輩猫の 蘭 が寝ていたベッドにもぐり込んでいます。

1595394239552.jpg

蘭 が他のベッドに移動すると、エナ も後を追って移動します。

蘭 「 濃厚接触で、迷惑ニャネ!! 」

  1. 2020/07/23(木) 10:18:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パリ旅行記 - 34 ( 三日目 ) オペラ・ガルニエ ①

セント・シャペル コンシェルジュエリー の美しさを満喫したところで、この日も仕事を終えた友人が施設の前に来てくれました。午前中に行く予定だった カルチェラタン辺り を散策し、サン・ジェルマン・デ・プレ教会 パンティオン を見学しようかとも考えましたが、妻と友人と相談のうえ オペラ・ガルニエ へ向かうことにしました。

サンジュ橋を渡り、シャトレ駅からメトロ-7号線に乗車、オペラ駅で下車すると オペラ・ガルニエ の目の前の広場に出ます。

p2241800-1.jpg

オペラ駅宿泊しているホテルから、メトロ-3号線で乗り換え無しで直通で来れるので、この場所から オペラ・ガルニエ を見るのは三度目でしょうか?

p2241801-1.jpg

同じ場所から ルーブル美術館 方向を見る。

ルーブル美術館 に真っすぐ続くオペラ大通りは、19世紀後半にセーヌ県知事オスマン男爵によって行われた、都市改造計画の一環として造られたものです。

p2241800-2.jpg

半円アーチの出入口の間に有名作曲家の胸像が並びます。中央がモーツアルト胸像、その向かって左はベートーベンの胸像です。

半円アーチに支えられる2層レベルのバルコニーには、2本一対のコリント式のジャイアントオーダーに一回り小さなコリント式のオーダー柱が添えられています。

日程に余裕があれば、安い座席も在るのでオペラ観劇を勧められたのですが、日程に余裕は無く、建物の見学だけで諦めました。 

オペラ観劇の場合は、この正面からの入場になりますが、見学ツアーは西側の出入口からの入場になります。

オペラ・ガルニエ外観-1

西側立面は中央のバロック調のドームが印象的です。

建物の中心の大ドームが少しだけ見えています。大ドームの背後の切妻の頂上に立つアポロンの像も少しだけ見えます。

オペラ・ガルニエ外観-2

小さくて分かり難いですが、左右の斜路の中心に設置されているのは、設計者の シャルル・ガルニエ の銅像です。

オペラ・ガルニエ銅像

西側出入場口から入場する前に、北側の立面も見てみましょう。

オペラ・ガルニエ外観-3

北側の立面は、正面 ( 南側 ) ・側面 ( 西・東側 ) とは全く違うデザインで、巨大な切妻は迫力満点です。 

p2241721-1.jpg

西側の入り口を入るとチケット売り場の窓口があり、その奥に 円形ロビー( ロンド・デ・サンテ ) が現れます。このホールは建物の中心にある大ドームの真下、また観客席の直下に当たる場所で、車で直接乗り付けられるので、上流階級の為の特別室でもあります。

大階段の在る建物正面の玄関ホール方向へ進みます。

p2241722-1.jpg

ピュティアの泉

美しい大理石で造られた左右の階段を上ると玄関ホールです。この天井は 大階段 の裏側に当たります。 

p2241723-1.jpg

向かって左側の階段 

p2241724-1.jpg 

p2241726-1.jpg

向かって右側の階段を上って玄関ホールへ 

p2241727-1.jpg

見どころばかりの オペラ座 ですが、 大階段 は一・二を争う見事な空間です。柱・壁・天井の全てに見事な装飾が施されていますが、色彩がシックなので、意外にやり過ぎ感はありません。  

p2241728-1.jpg

 大階段 ( GRAND ESCALIER )  

階段を上った踊り場状のレベルに、観客席に向かう出入口が在ります。そこから左右に分かれる階段の構成が、この美しい 大階段 の特徴です。

p2231592-1_20200725183500530.jpg

この絵は オルセー美術館 に展示されていたものです。

p2241729-1.jpg

大階段 の吹き抜けの高さは30mあるそうですが、圧倒的な迫力の前に、私にはそれ以上に感じました。

p2241730-1.jpg 

p2241731-1.jpg

大階段 を上がります。

p2241734-1.jpg

カリアティードの門

踊り場の正面には、悲劇と喜劇を表す美しい彫像が支えるペディメントをくぐり、観客席に向かうことになりますが、もう少し 大階段 の周りを見学します。 

p2241733-1.jpg

踊り場から登って来た階段 ( 正面玄関 ) 方向を見返す。

p2241735-1.jpg

トップライトと天井画に飾られた大天井は、連続する半円アーチとそれを支える2本または4本一対で、大理石で造られたイオニア式のオーダー柱で支えられています。

p2241736-1.jpg

天井画は イジドール・ピウス 作の アポロンの勝利

オペラ・ガルニエ は1989年に、バスティーユ広場に面して建てられた 新オペラ座 ( オペラ・バスティーユ ) に対し、旧オペラ座 または単に オペラ座 、または設計者の シャルル・ガルニエ の名前から オペラ・ガルニエ と呼ばれています。

1860年に ナポレオン3世 の発案により行われた設計コンペに寄せられた171案の中から、若干35歳の シャルル・ガルニエ が採用されたのです。バロック様式から新古典主義までが混在する建築様式を設計者の ガルニエナポレオン3世様式 と言ったらしいです。

 

設計者 / シャルル・ガルニエ

建築年 / 1875年

所在地 / パリ6区 オペラ広場

  1. 2020/07/21(火) 12:25:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 内装工事

先週は主に内装のクロス貼りの作業が行われました。

img_6190-1.jpg

建物本体の外観は2週間前から殆ど変わりがありません。

img_6192-1.jpg

img_6193-1.jpg

変化があったのは、ヒートポンプ式給湯器の室外機と貯湯タンク、

エアコンの室外機が設置されたことでしょうか。

断熱材同様にZEH支援蒔事業には大変重要な機器なので、写真撮影し、報告書を提出する必要があります。

img_6207-1.jpg

先週雨の為に延期になった、バルコニーの笠木&手摺も設置が完了しています。

img_6197-1.jpgimg_6196-1.jpg

内部の工事はクロス貼りの作業が9割程度が終了していました。

img_6198-2.jpg

img_6200-1.jpgimg_6201-1.jpg

右上の写真。狭い壁の窪みに、這いつくばって作業をしてくれています。「ありがとうございます。」

img_6199-1.jpg

壁に白いクロスが貼られることによって、木部が鮮やかに見えるようになります。

img_6194-1.jpgimg_6195-1.jpg

img_6206-1.jpg

天井のフックはハンモック吊り下げ用。

img_6202-1.jpgimg_6203-1.jpg

img_6204-1.jpg

このロングアイボルトはボルダリングウォール補助ロープ用。

img_6205-1.jpg

  1. 2020/07/20(月) 13:04:34|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 内部の塗装工事が終了。

今回は外部の工事の進行は無し。現場に着く少し前までルーフバルコニーのアルミ手摺の取付をしていたらしいのですが、雨の為に延期になりました。

アルミ手摺の他は、外部は外構工事を残すのみです。

内部は塗装工事が完了し、今週はクロスなどの内装工事が始まります。

img_6174-1.jpg

リビング & ホームシアター スペースはウエスタン・レッド・シダー張り。

ウエスタン・レッド・シダーはクリアー塗装を施すと落ち着いた色合いになります。

img_6178-1.jpg

貼りは米松、束は杉を使用しているので、今はそれ程色味に違いはありませんが、数年すると松は赤茶に変化します。施主はその変化を楽しみたいと言っています。

天井に使用したOSBはクリアー塗装を施すと、ウエスタン・レッド・シダーと同様にいい感じに落ち着いた風合いになりました。

img_6179-1.jpgimg_6176-1.jpg

img_6187-1.jpgimg_6177-1.jpg

img_6185-1.jpgimg_6186-1.jpgimg_6183-1.jpg

二層吹き抜けの部屋にはボルダリングウォールを設置。壁の一部は木毛セメント板にローラーで白色塗装を施しました。

天井はラーチ合板にクリアー塗装です。


  1. 2020/07/13(月) 18:23:44|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 塗装工事、足場が外れました。

外部の工事はほぼ完了し足場とシートが外され、建物の全貌を見ることが出来るようになりましたが、先週に続いて雨混じりのスッキリとしない天候なのが残念です。

img_6140-1.jpg

img_6141-1.jpg

img_6163-1.jpg

img_6142-1.jpg

IMG_6162-1.jpg

img_6143-1.jpg

img_6161-1.jpg

img_6165-1.jpg

img_6167-1.jpg

耐久性を重視し、玄関庇の破風にもガルバニウム鋼板を巻く予定でしたが、施主の希望もあって、このまま木部現しになりました。

img_6166-1.jpgimg_6160-1.jpg

img_6153-1.jpgimg_6155-1.jpg

内部の工事は大工さんによる木工事が終了し、昨日の現場は塗装工事を行っています。

img_6144-1.jpgimg_6146-1.jpg

木部には着色はせず、クリアー塗装ノミとして木そのものの持つ色合いと、経年変化を楽しむことになりました。ただ一口に木部と言っても「杉」「松」「ウエスタンレッドシダー」「ゴム集成材」「針葉樹合板」「シナ合板」「OSB」など色々あるので、同じ色合いになるわけではありません。

img_6145-1.jpg

和室前の庇は施主の遊び心

img_6158-1.jpg

img_6150-1.jpgimg_6159-1.jpg

img_6148-1.jpg

img_6156-1.jpgimg_6152-1.jpg


  1. 2020/07/05(日) 18:13:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

癒し猫

コロナ渦で憂鬱で心配な日が続いていますが、我が家はニャンコのこの表情に癒されてます。

1593736498882.jpg

「ニャッ!!」 ( エナ )

  1. 2020/07/03(金) 16:52:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大井町の家 造作工事、外壁サイディング工事

大工さんによる木工事、外壁サイディング工事が大詰めです。

img_6122-1.jpg

2階部分の白いサイディングもほぼ張り終わっています。

img_6125-1.jpgimg_6123-1.jpg

img_6121-1.jpg

区画整理内の近所の工事中の新築建物は、住宅密集地に建つ都市型住宅の様なデザインの建物ばかりなので、2階は一部屋だけのほぼ平屋に近い大屋根の外観は、目を引く存在になっていると思います。

img_6133-1.jpgimg_6132-1.jpg


img_6137-1.jpgimg_6129-1.jpg

img_6131-1.jpgimg_6128-1.jpg

img_6127-1.jpgimg_6126-1.jpg

ラワン合板の部分はボルダリングウォール。梯子が立掛けてある壁は木毛セメント板張りで、ローラーで白くペイントする予定です。

img_6134-1.jpg

毎回紹介している階段手摺も完成しています。

img_6135-1.jpg

納戸からLDKを見る。天井はOSB + 有孔OSB貼り (CL) 仕上げ。

木工事の完成が近いので、塗装と木製建具の打ち合わせも行いました。

img_6138-1.jpg

塗装業者さんに塗装サンプルを作成してもらい、施主に決めて頂きます。

  1. 2020/06/29(月) 10:51:17|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 造作工事、外壁サイディング工事、板金工事

今回は大工工事 ( 内部造作工事 ) と破風板金と外部金物取付工事等を紹介します。

先ずは外部から

img_6090-1.jpg

外壁仕上げ材として採用したガルバニウム鋼板製金属サイディング ( ガルステージ )は、施工済みま黒色の部分と白色の部分のツートンカラーとなり、白色部分の設置工事が進行中です。

img_6091-1.jpgimg_6092-1.jpg

img_6096-1.jpgIMG_6101.jpg

img_6102-3.jpg

屋根周りの工事は9割程度完了し、破風板金や各換気金物の設置、軒天の設置も大詰めです。

img_6099-1.jpg

img_6100-3.jpg

img_6117-1.jpg


img_6115-1.jpgimg_6108-1.jpg

LDKの天井材設置工事が完了しました。OSBにクリア塗装仕上げとなる予定です。

img_6120-1.jpgimg_6106-1.jpg

和室の造作工事も順調です。

img_6118-1.jpg

各室の木製建具枠、家具工事も順調で今月中には終了出来そうです。

img_6103-1.jpgimg_6104-1.jpg

  1. 2020/06/22(月) 11:01:56|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エナが勢力拡大しています。

若さ故の身軽さで、エナが勢力拡大を狙っています。

3_2020061717513456c.jpg

猫台も

1592382959107.jpg

ロフトも

1592382950844.jpg

丸窓も

1592382925347.jpg

子供部屋の洋服ダンスの上まで、高い場所はと言う場所は、今やエナの勢力範囲になってしまいました。

1592382907271-1.jpg

負けるな!! 蘭!!

「高い場所は暑いのにニャ。涼しい階段は死守するニャネ!!」



  1. 2020/06/17(水) 17:59:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パリ旅行記 - 33 ( 三日目 ) コンシェルジュエリー

今回は コンシェルジュエリー を紹介します。

サント・シャペル の見学を終えて パレ・ド・ジュスティス の前へ出て来ました。

p2231697-1.jpg 

パレ・ド・ジュスティス ( パリ司法宮 )

パレ・ド・ジュスティス は、かつての王会( 国王顧問会議 )の建物で、元はカペー朝時代の王宮 ( シテ宮 ) 。コンシェルジュエリー サント・シャペル など、様々な王宮当時の遺跡が残っています。

p2231715-1.jpg

サント・シャペル パレ・ド・ジュスティス 

コンシェルジュエリー1 

パレ・ド・ジュスティス コンシェルジュエリー  

p2231716-1.jpg

コンシェルジュエリー

p2231713-1.jpg

元はフィリップ4世の宮殿 ( シテ宮 ) として14世紀に創建。その後シャルル5世よって放棄され、1370年からは牢獄として使われました。フランス革命時には隣接する革命裁判所で2780名に死刑判決が下され、多くの王族・貴族が投獄されます。「死の牢獄」「ギロチン控えの間」と呼ばれる恐怖政治の象徴でした。1793年にはマリー・アントワネットも投獄されています。第一帝政期になっても牢獄として使用されますが、1934年に牢獄としての機能は停止され、現在はパリの パレ・ド・ジュスティス( 司法宮 )の一部として、観光名所となっています。

p2231719-1.jpg

ジャンジュ橋から見る

コンシェルジュエリー2

p2231719-3.jpg

シーザーの塔と銀の塔

コンシェルジュエリー の名は、旧王宮の司令官、守衛(コンシェルジュ)がいた場所からとったものです。

p2231699-1.jpg

衛兵の間

ゴシック様式で造られた衛兵の間は兵士達の食堂としても使われました。床面積は1800㎡もあり、4つの広間から出来ています。

p2231712-1.jpg

高さが8.5mあるリブヴォールトの天井が、柱頭部の照明によって美しく浮かび上がります。

p2231700-1.jpg

 

p2231702-1.jpg


p2231703-1.jpg


p2231704-1.jpg


p2231705-1.jpg


p2231706-1.jpg

死刑執行準備室を再現したものです。

当時の牢獄は有料だった為、払った額に応じて監房にはランクがあり、最も貧しい者は「わら族」と呼ばれ、藁が敷かれた雑居房で寝かされ、非常に不衛生だったそうです。中流層の囚人の房には簡単なベッドが在り、4~5人で使用。富裕層や著名人の房は家具の在る独房だったとか。

p2231707-1.jpg


p2231708-1.jpg

この部屋では、死刑執行のための準備が行われました。

p2231709-1.jpg

囚人用の礼拝堂

p2231710-1.jpg 

ここが死刑囚達が断頭台へ向かう荷車を待つ場所だそうです。

コンシェルジュエリー の見学を終えたところで、この日も友人が施設の前に来てくれました。サン・ジェルマン・デ・プレ教会 に行こうかと思っていましたが、相談のうえ オペラ・バスチーユ へ向かうことにしました。

  1. 2020/06/16(火) 08:00:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町の家 造作工事、外壁サイディング工事

今回は大工工事 ( 内部造作工事 ) を中心に紹介しますが、先ずは外部から

img_6086-1.jpg

西面・南面

画像ではシートで良くは見えませんが、1階部分の工事は完了しています。

img_6087-1.jpg

外壁サイディングは、1階が黒、2階は白のツートンカラーになります。

img_6085-1.jpg

img_6084-1.jpg

東面

img_6082-1.jpg

手間の掛かった腕木周りも綺麗に納まりました。

img_6071-1.jpg

LDKは木製建具枠や家具工事が少し始まった程度で、画像では先週とそれ程変わった感じはしませんが、外壁に面する石膏ボードの二重張りなど、着実に工事は進んでいます。

img_6079-1.jpg

img_6075-1.jpg

ラワン合板の部分はボルダリングウォール。

img_6063-1.jpg

階段の設置も進んでいます。

img_6077-1.jpg

主寝室は窓下カウンターの工事が進行中。

天井はこのまま構造材表しとします。

img_6065-1.jpg

階段腰壁兼小物棚。

img_6068-1.jpg

この部屋は小屋梁の下端ノミを表します。

img_6067-1.jpg

納戸は壁・天井共に石膏ボード貼りが完了しています。

  1. 2020/06/15(月) 12:00:10|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 32 ( 三日目 ) サント・シャペル

今回は サント・シャペル を紹介します。

当初の予定では、この後はカルチェラタン辺りを散策しがてら昼食をとり、サン・ジェルマン・デ・プレ教会 を見学する予定でしたが、 アンヴァリッドオルセー美術館 の見学に時間をとり過ぎたので、予定を大きく変更して サント・シャペル へ向かうことにしました。

 オルセー美術館 前のミュゼ・ドルセー駅からRER-C線に乗り、サン・ミシェル・ノートルダム駅で下車し、サン・ミシェル橋を通ってシテ島に渡ります。

p2231642-1.jpg

サン・ミシェル橋から、修復工事中の ノートルダム大聖堂 を見る。

サン・ミシェル橋を渡り、そのままパレ通りを進んで サント・シャペル

p2231714-2.jpg

サント・シャペル

パレ・ド・ジュスティス の門前から サント・シャペル を見る。

サント・シャペル は現在は パレ・ド・ジュスティス の一部となっています。

高さ75mの尖塔は、落雷や革命の為に何度も倒壊し、現在の尖塔は19世紀に再建されたものです。

p2231643-1.jpg

サント・シャペル とは「聖なる礼拝堂」という意味で、ルイ9世ラテン帝国皇帝から譲り受けた「キリストの荊の冠」と「磔刑の十字架の断片」の聖遺物を安置することを目的に建てれた礼拝堂で、ゴシック建築の傑作として知られる建物です。

昨年発生した火災により ノートルダム大聖堂 の内部の見学が出来ない今回のパリ旅行では、この サント・シャペル が最も見てみたい建物と言えるでしょう。

p2231696-1.jpg

p2231644-1.jpg

サント・シャペル は、1239年から1248年の10年間に、巨額の建設費を投じて建設されますが、王が聖遺物を手に入れる為にラテン帝国皇帝に支払った金額の1/3だったとか。

p2231645-1.jpg

さあ、いよいよ内部の見学です。

p2231668-1.jpg

下部礼拝堂

先ずは1階の 下部礼拝堂 から見てみましょう。

p2231661-1.jpg

宮廷の廷臣や使用人だけでなく、一般庶民も利用出来る礼拝堂であり、上部礼拝堂 と比べ天井高は7mしかありませんが、眩いばかりの美しい礼拝堂です。

p2231653-1.jpgp2231657-1.jpg

p2231665-1.jpg

この小さな通路から 上部礼拝堂 へ登って行きます。

p2231670-1.jpg

上部礼拝堂

天井高さは20m。「キリストの受難」「黙示録の書紀者聖ヨハネ」「キリストの幼少時代」時代などが描かれたステンドグラスは、ゴシック建築の最高峰と言っても言い過ぎではないと思います。

p2231680-1.jpg

p2231675-1_20200612160617f0f.jpg

p2231674-1.jpg

p2231685-1.jpg

息を飲むような美しさです。

p2231690-1.jpg

p2231694-1.jpg

p2231682-1.jpg

p2231687-1.jpg

15世紀にシャルル8世が献上したバラ窓には「黙示録の主題」が描かれています。

p2231678-1.jpg

p2231686-1.jpg

p2231672-1.jpg

p2231684-1.jpg

p2231689-1.jpg

  1. 2020/06/12(金) 16:30:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ