FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

カブト虫誕生

毎年、毎年子孫を残していた我が家のカブト虫でしたが、去年は幼虫が1匹しか生まれませんでした。
そのたった一匹の幼虫もサナギに゜なり、1週間ほど前に孵化したようなのに、なかなか地上に出て来ません。
そこで昨晩、思い切って掘ってみることにしました。
カブト
最初はじっとしていて、死んでいるのかと思いましたが、すぐに元気に動き出し、またもぐってしまいました。

今年唯一のカブト虫は写真のように雄でした。




凛とカブト
(凛)  「ニャンだ?  太ったゴキブリ見たいだニャ。」

(母)  「凛!  カブちゃんを食べちゃだめよ!!」

(父)  「ゴキブリ見つけても、見てるだけの凛だから、大丈夫だろ。」

スポンサーサイト
  1. 2006/07/02(日) 10:39:39|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

風呂の残り湯利用の結果が出ました

以前に「雨水と風呂の残り湯の利用」についての長いレポ-トをアップしましたが、つい先日、11月中頃から1月中頃迄の2ヶ月間の水道料金が分ったので、どれくらい水道使用量が節約出来たかをお知らせしたいと思います。
過去5年間の同じ時期の平均水道使用量が42,000㍑だったのに対し、今回はなんと33,000㍑に下がったのです。

2ヶ月でなんと9,000㍑節約を達成したのです。

風呂の残り湯利用雨水の利用


 


 


 


 


 





これは予想した節約量を3倍も上回る結果でした。
僕の作ったシステムでは、風呂の残り湯は1日に約50㍑しか利用出来ないので、2ヶ月で3,000㍑しか節約出来ないはずなのです。
過去5年間の全ての平均値を見ても約39,000㍑ですし、過去10年間を調べても33,000㍑は最低の使用量だったのです。
この予想を遥かに上回る結果は、風呂の残り湯をトイレに利用した、単なる物理的な効果だけではなく、家族全員が「無駄な水は使わない」事を心がけた節約意識の向上がもたらした結果だと考えられます。
実際に風呂の水をトイレに利用する不便さを体験することで、家族全員が水を大切にする意識をいっそう高めた事は間違いありません。

  1. 2006/01/26(木) 00:13:45|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

日曜日は晴天

昨日の雪が嘘のように、今朝は晴天でした。
早速凛はル-フテラスに出て、雪の様子を見て廻っています。
かまくら凛
(凛)
「昨日皆ニャで作っていたカマクラが昨日より小さくニャッてるニャ。
昨日は無理やり入れられて迷惑だったニャ。」





雪 バケツ 凛(凛)
「お父ちゃんが溜めているバケツの雨水が、凍っているニャ。」
(父)
「凛!  間違っても氷の上に乗ろうなんて考えるんじゃないぞ。
冷たいから飲むのも止めておきなさい。」



雪のお墓を覗く凛(父)
「やっぱりそこには乗っちゃうんだな。
手摺の上に雪が無いからって、油断して落ちるなよ。」
(凛)
「昨日より雪が少なくなってるニャ。」



ACT-1と凛


















(凛)  「お父ちゃん、お外でニャにやってるの。」
(父)  「凛の写真を撮ってるんだろ。 あんまり乗り出したらダメだぞ。」

  1. 2006/01/22(日) 18:50:03|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:44

東京も雪景色

天気予報どおり、今朝起きてみると東京も雪景色でした。
今年の全国的な寒波による被害が広がる中、東京は雪の被害を免れていましたが、この降り方が今日一日続いた場合、交通機関などに相当な乱れが出るのではないでしょうか。
雪景色


















写真は2階のル-フバルコニ-から撮った風景です。

雪と凛


















雪景色をバックに凛の写真を撮ろうとしたのですが、窓を開けるとサッと外に出てしまいました。
去年の6月生まれの凛にとっては勿論、雪は初体験です。
歩き周って雪の上に足跡を残して行きましたが、手摺の上に乗ったところで危険と判断、強制退去となりました。

(凛)  「この白いのはニャんだろう?  足が冷たいニャ~。」

雪だるま凛


















雪だるまとも、初めてのご対面です。

(凛)  「あなたは誰ニャすか?」
(娘)  「雪で作っただるまさんで、雪だるまって言うのよ。」

猫台凛


















(凛)  「今日はとても不思議なものを見たニャした。 
          窓の外は真っ白ニャス。」
  1. 2006/01/21(土) 10:53:30|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

昨夜の出来事

天気予報では今日は雨降りで気温は高いと言っていたのに、曇りで寒いです。
さて、昨夜の7時半頃の夕食中のことです。
少し前からヘリコプタ-の音が聞こえるので気になって外を見てみると、直径1km位の円を描くようにして、ヘリコプタ-が飛んでいました。
以前にも「祖師谷一家皆殺し事件」や「ドンキホ-テ八幡山店放火事件」の時に、ヘリコプタ-が近くを旋回していた事があるので、何か事件かとも思い、外に出て家の周りを廻ってみましたが真相は分らずじまいでしたが、朝になってニュ-スで木造のアパ-トなど3軒を焼く火災があった事が分りました。
火災現場は家から直線距離で500mと離れていない場所で、死者も出たようです。
テラスや玄関前の道路にも黒い灰が落ちていて、現場が近かったことが改めて分ります。
昨日はヘリコプタ-の音だけで、サイレンは全く聞こえなかったので、火事があったとは思いませんでした。
今朝火災現場を見てきましたが、出火した家から隣家に燃え移った様子がうかがえ、家の建て込んだ地域での古い木造家屋の危険性を実感しました。
隣接するヘ-ベルハウスは樋が溶けただけで延焼は免れていました。
抱っこ隣


















最近ちょっとご無沙汰している凛ですが、大好きなお母ちゃんに抱っこされてご機嫌です。
(凛)  「この頃、お母ちゃんが良くだっこしてくれるのでうれしいニャす。」
(母)  「昨日からまた盛ってて、うるさいわ。」
(凛)  「ニャンのことだか、わかりニャせん。」

  1. 2006/01/14(土) 11:48:06|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:35

リクエストにお応えして

昨日は東京消防庁の「出初め式」がお台場のビックサイトで、行われました。
凛のハシゴ登りをお正月にぜひ見たいとのリクエストがありましたので、ご覧ください。





  1. 2006/01/07(土) 12:15:21|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

The great escape

2日は朝から以前住んでいた府中の大国魂神社に初詣に行きました。

大国たま神社



初詣の時、凛は留守番でしたが、午後はいったん家に戻り、凛を連れて町田の妻の両親の家へお年賀に出かけました。







町田凛















町田凛アップ町田の家も、我家同様に天井が高く、凛が上れる梁やカ-テンボックスがあり、リビングと和室の間の壁にはこんな四角い穴があいています。
火打梁の上に飾ってある、猫やカエルの人形をこの後凛は蹴散らして、全部落としてしまいました。
(凛)「凛がのるのにちょうどいいところだニャッ!」

3日の朝には、凛が二度目の脱走を図りました。
脱走経路は一度目と同じで、風呂の残り湯をいったん外のタンクに溜めるために開けてあった細いジャロジ-窓からです。
大脱走-1大脱走-2
















写真は現場検証を行った時の再現写真です。
(凛)「せまくて大変ニャんだから、ニャンどもやらせニャいでほしいニァア!」

凛がいない事に気付いた妻が、車の下でうずくまっている凛を発見し保護しました。凛の脱走時間はせいぜい10分程度で、一度目の脱走と同じで風呂場の窓から数メ-トルのところです。
やっぱり外は怖いようで遠くへ行かずに助かりました。

かるた凛
お正月に凛は、悪戯ばかりしていたわけではありません。


百人一首大会に参加したり






招き凛















事務所で招き猫の手伝いをしてくれたりしています。
(凛)「凛がお父ちゃんのために、お客さんをよぶニャッ!!!」

  1. 2006/01/04(水) 23:44:55|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42

イブのディナ-

お年頃の娘も、ボ-イフレンドとのデ-トを早々に切り上げて、我家では恒例になっている、イブのキャンドルディナ-に参加してくれました。
家族全員揃うのは、もしかすると今年が最後かも知れません。
イブの夕食

  1. 2005/12/24(土) 22:41:00|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

イルミネ-ション

あまりいい映像では有りませんが、以前お約束したので我家のささやかなイルミネ-ションをアップします。 >






テレビの上















(凛)「お父ちゃんの腕が悪いのでピンボケニャす。
   本当はもっと綺麗ニャのにニァ~。
   今度から、お姉ちゃんに撮ってもらった方がいいと思うニャ!」

  1. 2005/12/14(水) 23:21:20|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨水と風呂の残り湯の利用

8月頃から雨水を溜めて、植木の水遣りに利用していましたが、雨の多い季節にはとても水遣りだけでは使いきれず、何とかトイレに利用できないかと考えていました。


当初はポンプを使わない方法を考えていましたが、室内に水を溜めた場合、大雨のときの溢れた水の処理で良い方法が思いつきませんでした。

あれこれ思案中に秋の長雨の季節は終わってしまいました。
そこで今度はかねてからもったいないと思っていた風呂の残り湯の利用も視野に入れて考えることにしたのです。
風呂は1階にあるのでトイレに利用するにはポンプは使わない訳には行きません。
いったんポンプを使うと決めたら話は以外に簡単でした。
10年ほど前に購入して使っていなかった、風呂水吸水ポンプを利用することにしたのです。何年も使っていなかったので壊れていないか心配でしたが、何とか動いてくれました。
浴室-2浴室-3









風呂の残り湯を利用する場合は、まず出窓におかれたプランタ-にバケツでお湯を入れます。庭に放置してあった少々汚れたものですが、凛なら何匹も入れるほど大きめのものです。排水用の穴を広げて水が漏れないように塩ビ管をとめて、ホ-スを窓の外に突き出します。

外部タンク全景外部タンク詳細









突き出したホ-スを通って残り湯は外に置かれた収納ケ-スに送られます。
細い方のホ-スの先にはポンプが付いていて、トイレに残り湯を送ります。
外部タンク内部
左の写真が収納ケ-スの内部です。
雨水を利用する場合は、左上写真で収納ケ-スの奥に見えている縦樋に、ノコギリで切り込みをいれ、レインキャチを差込みホ-スに繋いで収納ケ-スに差し込めば雨水を溜める事ができます。



レインキャッチレインキャッチ差し込む









左はレインキャッチ 。
右はレインキャッチを縦樋に差込み、ホ-スを繋いだところ。

外部全景
いったん収納ケ-スに溜められた風呂の残り湯と雨水は、窓と電気メ-タ-の間に見えるグレ-の塩ビ管を通り、軒下の予備スリ-ブをからトイレに送られます。










トイレ天井内部タンクからロ-タンクへ接続












天井からでている青いホ-スを通って、水はロ-タンク上の衣装ケ-スに送られます。
衣装ケ-スに溜められた水は、重力でロ-タンクに入ります。
ロ-タンクの水量の調節は、水道と繋いだ場合と同じですが、水圧が低いので、水がロ-タンクに溜まるのにはかなり時間が掛かります。
ロ-タンクに水が溜まれば、通常と同じにトイレを使うことが出来るのです。


不便なことや見苦しいところは沢山有ります。
衣装ケ-スに水がなくなると、自分でポンプのスイッチを入れて水を溜めなければならない事。
お風呂の残り湯をバケツでプランタ-に入れる手間。
ロ-タンクに水が溜まるのに時間が掛かり、連続使用が出来ない事。
風呂場のプランタ-の見た目が悪い事。
トイレの中にホ-スが見えるのがみっともない事。など欠点を探すのは簡単ですが、不便だからこそ、普段当たり前のように使っている水道のありがたさを再認識でき、以前にも増して、水を大切に使うようになりました。
お金を掛けて、ちゃんと業者さんに依頼すれば、もっと便利で見栄えのするものができるのでしょうが、今回は実験と言う事で、できるだけお金は掛けませんでした。

今回は風呂の残り湯の利用だけで、実際にはトイレに雨水は利用していません。
掛かった金額は4,962円ですが、既存のものを利用したポンプやプランタ-なども購入したとしても、8,500円程度で出来ると思います。

下の写真は既に行っている雨水を溜める簡単な仕掛けです。
火鉢-1火鉢-2









縦樋に穴をあけ、斜めに切った塩ビ管を差込み、火鉢に雨水を溜めています。

雨水タンクに差し込む雨水タンク全景












縦樋にノコギリで切り込みをいれ、レインキャッチを差し込んでホ-スに繋ぎ、ポリバケツに雨水を溜めています。

このようにして、今年の8月頃から雨水を溜めて、植木の水遣りや打ち水に利用しています。       

以上で 「もったいない」 を合言葉に、環境を考える一級建築士 凛太郎のレポ-トを終わります。











  1. 2005/12/04(日) 23:36:23|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぞろ目

12月1日で44歳になりました。
若い頃は40台の男は、ずい分大人に見えたものですが、いざ自分がその年頃になってみると、中身は大して成長していないことに気付かされます。
そんな大してお目出度くも無い誕生日でしたが、午前0時をすぎると同時に、子供達が凛と一緒に誕生日のお祝いを言いに事務所に来てくれました。
リボンの凛















凛が付けているリボンは、子供達がくれたプレゼントに付けて有ったものです。
子供達のおかげで、とても幸せな誕生日になりました。

トンボのランタン















このちょっとグロテスクなトンボのランタンは、11月3日の結婚記念日に、吉祥寺の雑貨屋で買ったものです。
初めて火を入れてみました。

  1. 2005/12/01(木) 23:41:57|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凛の寝る場所-2

凛には決まった寝場所はありません。
家中が凛の居場所になっています。

事務所の袋















事務所の古紙リサイクル袋の中。
以前は伸びて寝ていましたが、体が大きくなったので、今では丸くなって寝ています。

パパの足元















ダイニングテ-ブルとベンチの間。
人間の夕食中は、決まって僕の足元でこんな風に丸くなっています。

出窓のベッド


















娘の誕生日に義父からもらったベッドは、一番のお気に入りの出窓に置いてやりました。
天気のいい日は座布団の上で、曇りの日や夜はド-ムベッドの中に居ます。
ここで過ごす時間が一番永いようです。

  1. 2005/11/20(日) 18:50:32|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凛!! 伸びてます。

今日も凛のキャッチボ-ルの撮影に失敗したしので、腹いせに凛の変な寝かたを紹介します。
東南だれた寝方















この写真は決してやらせではありません。
この場所は凛が最近一番良く居るダイニングの出窓なのですが、最近天気のいい日が続いたせいで暑かったのか、こんな平泳ぎポ-ズで寝ていました。

丸ベットだれた寝方















このベットはあまり気に入らないのか、たまにしか寝てくれません。
この写真は心地良い午後の陽射しに誘われたのか、お腹を出して寝ている貴重な阿波踊り写真です。
我家は日当たりだけはいいので、晴れた日は真冬でも暖房いらずなんです。

  1. 2005/11/11(金) 00:46:36|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんなでジャンプ!!

以前Sakurakoさんに教えてもらった、ジャンプ力養成ゴムです。
最初はウサギやプ-さんをぶら下げていましたが、全く跳びません。
人形を外すと、ゴムを掴もうと急にジャンプをし始めました。
凛-1
(父)
「跳ぶんだ凛!!


ほら!  もう少し。」

(凛)
「ニャ~ッ!!」









凛-2

(父)
「おっ惜しい!!!   残念。」

(凛)
「あニャ~!!!!」










健太朗明日香
















(息子)  凛、こう跳ぶんだ!                     (娘)  違うわ。こう跳ぶのよ!!

凛-3




(凛)
「やっニャ~!
掴んだニャォ~ン!!!」

(息子)
「やったな凛。俺の見本が良かったからな。」

(娘)
「何言ってるの、私のジャンプを凛は真似したのよ。」


(父)
「まあまあ、喧嘩は止めておくれ。それより、髪型凄いぞ!」

  1. 2005/11/06(日) 16:55:15|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガ-デニング

花と凛
ある晴れた秋の日のル-フバルコニ-の風景です。
2週間前に植えたパンジ-とビオラが、最近の好天で綺麗に咲き始めました。

これこれ凛!  パンジ-は食べないで。



紫パンジ




パンジ-の中で一番好きなのが、この紫色のパンジ-と






黄色パンジ-

黄色のパンジ-です。
近頃は色々な色のものがありますが、
この2色が基本だと思います。





アメリカンブル-

こちらのアメリカンブル-は5年物です。
この花のブル-には癒されます。






外のビオラ

これは事務所の前の駐車場に植えたビオラです。






兄のビオラ

これは兄の植えたビオラ。
ビオラやパンジ-は秋に植えて、ゴ-ルデンウィ-クの頃まで楽しむことかできます。
一番の見所は4月の初め頃でしょうか。
半年以上花を楽しめるパンジ-とビオラは手間も掛からないので、大好きです。




  1. 2005/11/05(土) 11:38:00|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと優雅にハ-ブティ-で一休み

ハ-ブティ-今日も一日いい天気だったので、ハ-ブでハ-ブティ-を入れてみました。
ハ-ブの種類はレモンバ-ベナとク-ルミントのブレンドです。
いろいろなハ-ブを育ててみましたが、結局丈夫な物だけが残りました。
そろそろハ-ブの季節も終わりですが、来春にはまた新しい芽を出してくれるはずです。

  1. 2005/10/24(月) 22:51:54|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パパの悪戯

丸窓(父)
「凛!  またキャットウォ-クでお散歩してたのか?  いいものあげるから、ちょっと降りてきて。」

(凛)
「分かったお父ちゃん。今行くニャ~。」




ハシゴ降り(凛)
「ニャニ、ニャニ?
ニャニくれるの?」

(父)
「ふっふっふ。
来れば分かるさ。」






ネットをかぶる(凛)
「ニャニするのお父ちゃん。
止めてくれニャッ!!」

(父)
「凛の大好きな、みかんネットは、かぶる事も出来るんだよ。知らなかった?」





ぷ-さん(凛)
「お父ちゃんに騙されたニャッ!
悔しいニャッ!!!」

「プ-にやつ当たりニャ~!」








ぐれてやる(父)
「ごめんよ凛。
そんなに怒らないで。
みかんネットを見ていたらついかぶせたくなって・・・。 もうしないから。」

(凛)
「ニャニよ。
お父ちゃんなんか、もう知らニャイ。」




 

  1. 2005/10/23(日) 02:13:29|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫台

せっかく凛のためのスペ-スを作っても、「もしかしたら直ぐ飽きられるのでは?」と心配していましたが、毎日凛はロフトの周りで遊んでいます。モヤットボ-ル
モヤットボ-ルを乗せておいても、あまり好きではないので寝ていますが、

赤球キャッチ
みかんの入っていたネットを丸めて投げると、上手にキャッチします。
キャッチしたボ-ルは直ぐに落としてくるので、また投げ返すと、またキャッチします。
そんな調子で、凛と娘は5分ほどキャッチボ-ルのようなことをして遊んでいました。

見下ろす
気がつくと、こんな風に上からこちらをじっと見つめているときもあります。

歩く
最初のうちはけっこう慎重に歩いていましたが、最近は時々走っていることもあります。
そのうち落ちるとは思いますが、怪我をしないことを祈るだけです。

  1. 2005/10/22(土) 02:53:00|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凛の寝る場所

今日は最近の凛の寝床を紹介します。
冬を前にして、まだ本格的な寝床はありませんが
時間帯別の凛の居場所を追ってみます。

凛の寝床出窓午後の大半を過ごすコ-ナ-出窓。
板の上だと硬くて可哀想なので、妻に頼んで、座布団を作っててもらいました。
ここは陽が差すと真冬でも暑いほどです。






凛の寝床ロフト夜は台所の上のスペ-スで寝ています。
というか、ここで寝て欲しいのです。
ティディ-ベアに守られて安心なのか、昨日もここで寝てくれました。
この場所をもっと快適にするつもりです。





凛の寝床事務所の椅子午前中は家に僕しか居ないので、よく事務所に遊びに来ます。
悪戯をしないでこうして寝ていてくれると、仕事がはかどります。
悪戯が過ぎると、勿論事務所からは強制退去になります。




凛の寝床パパの膝
でも、もっと困るのはこの場合です。
こんな風に膝に乗ってこられると、叱るわけにも行かず仕事になりません。
キ-ボ-ドをたたきずらいので、10分くらいでさっきの椅子の上につれてゆきます。
「ごめんよ凛。本当はずっと抱っこしていたいんだけど・・・。」 (パパ)
「寒いから、はやくスト-ブ出しとくれニャッ!!」  (凛)

  1. 2005/10/20(木) 01:27:00|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫の通路が完成しました

ついに念願のブリッジと猫台が完成しました。
遊んでくれなかったらどうしようかと思っていましたが
しょっちゅう登ってくれています。

ロフトから猫台


あれが凛のためにお父ちゃんが造ってくれた台だニャ。
しょうがニャイからちょっと行ってみるニャッ!



猫台全景






ここでUタ-ンすればロフトに戻れるニャッ。
後ろに向きにロフトに戻ろうとして一度落ちたから、お父ちゃんが心配して、このスペ-スを造ってくれたニャァ~!









猫台でくつろぐダイニングへ









寝るにも十分なひろさだニャ。           今度はダイニングへ行くニャ。
ブリッジ















これだニャッ!    お父ちゃん自慢のブリッジは?
ちょっと揺れるけど出窓の上に行けるニャッ!
丸窓



こんなところから外が見えるニャッ。





コ-ナ-出窓の上で遊ぶ















テ-ブルの上がよく見えるニャッ!
この下がお父ちゃんのいつも座ってる場所だニャ。
カ-テンボックスの端

ワタシの顔が分かるかニャッ?
さっきの場所からここまで歩いて来れるだニャッ!!!
ちょっとジャンプすれば、ロフトに戻ってこられるんだニャッ!



ロウトでもの思う















けっこう暇つぶしにはなりそうだニャッ。
ここで遊んであげないと、お父ちゃんがガッカリするから、時々は遊んであげるかニャァ~。

  1. 2005/10/16(日) 15:24:45|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭でオ-ニングを楽しむ。

mama.jpg 

「ACT-1」に続き、「金森の家」にも、可動式のオ-ニングを設置しました。

「金森の家」は、もともと約1m軒の出があるので、夏の陽射しが屋内まで差し込むことはありませんが、エアコンの嫌いな施主はウッドデッキからの照り返しも気になるようなので、改修後の「ACT-1」に来てもらい、効果を確認してオ-ニングを設置することになりました。
ただ、出し入れがけっこう大変なので、「金森の家」では電動式にしました。
オ-ニングは有害な紫外線をカットし、抜群の省エネ効果もあります。軒やカ-テン等の遮へい物が無く、太陽光線が直接差し込む部屋のエアコンの稼働率を100%とした場合、オ-ニングのある部屋では、稼動率が33%になるのです。
カーテンやブラインドを設置した場合のエアコンの稼働率は74%ですから、陽射しは窓の外側で遮る方が、より効果的なことが分かります。
また、好きな生地を選べるので、オ-プンカフェの様なお洒落な空間の演出できます。

  1. 2005/09/17(土) 17:07:00|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の「雨水利用システム」-①

738cc795.jpgレインキャッチ


雨樋にノコギリで切り込みを入れ、「レインキャチ」を差し込んで、ゴムホ-スでポリバケツと繋いだだけのとても簡単な物です。


実は「雨水利用システム」と言うほどのものではありません。
使ったお金はポリバケツが4000円、樋から雨水を取出すステンレス製の金物が700円だけで、ホ-スは物置から引っ張り出してきた再利用品です。


ポリバケツは90L入りますが、12、13日の雨でほぼ一杯になりました。
今は雨水の溜まり方を見ている段階なので、蛇口も濾過装置もつけていませんが、最終的にはもう少し見栄えの良い物にして行くつもりです。

  1. 2005/08/18(木) 17:45:47|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打ち水大作戦

7月22日、新橋駅前で小池環境大臣やアニマル浜口親子らを迎え、打ち水のイベントが行われました。
これはテレビとラジオのニュ-スからの情報ですが、この催しものは「打ち水大作戦」と呼ばれ、今年で3年目になるそうです。

打ち水はご存知のように日本では古くから行われていて、水の気化熱を利用して涼を得る、日本人の生活の知恵といえるでしょう。
打ち水の行われた新橋駅前の気温は1.5度下がったそうです。

8月10日の正午には、この「打ち水大作戦」を全国一斉に行います。
私も参加したいと思っていますが、一つだけル-ルあって「水道水は使わない」で下さい。少し気温が下がっても、水不足の季節ですから当然かも知れません。風呂の残り湯等を利用して欲しいと言っていました。

「打ち水が、環境問題の呼び水になるといい。」とラジオで誰かが照れくさそうに、話していました。
去年はストックホルムで、今年はフランスでも打ち水による効果をアピ-ルするイベントが行われます。

打ち水がヒ-トアイランド現象の緩和に、はたして効果があるのかどうか、興味のあるところです。政治家のパフォ-マンスだけに終わってもらいたくないものです。

  1. 2005/07/22(金) 22:07:16|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭用オ-ニング

39f4151a.jpg今年は去年のような猛暑にはならない事を祈っていましたが、先週は36.2度という、6月の観測史上最高気温を記録してしまいました。
その上、日本各地で水不足に大雨と、相変わらずの異常気象を思わせます。

これからの猛暑の夏に、出来るだけエアコンに頼らずに、生活を快適にする方法の一つとして、トピックスでも取上げた可動式オ-ニングを、我家でも10年目のメンテナンス工事にあわせて、設置しました。
少しでも猛暑を和らげてくれる事を期待しています。

  1. 2005/07/04(月) 12:52:42|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad