FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

パリ旅行記 - 30 ( 三日目 ) アンヴァリット

今回は アンヴァリッド を紹介します。

ブルボン宮殿 東裏側出入口の在るユニヴェルシテ通りのを西に進みむと、目の前に芝生の庭園が広がります。

右手 ( 北側 ) を見ると、セーヌ川の対 ( 右 ) 岸には

p2231544-1.jpg

グラン・パレ

グラン・パレ の巨大なガラス張りの屋根が見えます。

左手 ( 南側 ) には、目的地の黄金のドームが・・・。

p2231545-1.jpg

アンヴアリッド

横幅196mもの巨大な建物の中央に黄金のドームが輝いています。一見しただけでは一体の建物に見えますが、実際には黄金のドームを頂く サン・ルイ礼拝堂 はずっと後方に在るのです。

p2231546-1.jpg

p2231546-2.jpg

p2231547-1.jpg 

設計者 / リベラル・ブリューアン

建築年 / 1674年

所在地 / パリ市7区

アンヴアリッド ナポレオンの墓所がある建物と知られていて、ガイドブック等にはジュール・アルドゥアン・マンサールの設計」と記されていることが多いですがマンサールが手掛けたのは黄金のドームの サン・ルイ礼拝堂 だけで、施設の大部分ルイ14世によって負傷したり年老いて引退した兵士 ( 廃兵 ) を収容するための療養施設 ( 廃兵院 ) で、1674年にリベラル・ブリューアンの設計で建てられました。

p2231548-1.jpg

門に近付くとドームが見えなくなりました。パリの歴史的建築物は、金を施した門が多い気がします。ブランス人はよっぽど金が好きなようです。

p2231549-1.jpg  

この辺りにバロック建築の特徴がみられます。 

p2231550-1.jpg 

入口から 廃兵院 の中庭へ

左右対称の広い中庭には、花壇や樹木は一切無く、隙間なく石畳が敷き詰められています。

p2231577-1.jpg

中庭を取り巻く回廊の二階から、中庭とドームを見る。

p2231578-1.jpg  

黄金のドームはまだ先です。 

p2231566-1.jpg 

昔は病院だったこの施設も、今では軍事博物館にもなっているので、中庭や回廊の彼方此方に、革命時代の大砲や第一次大戦時代の戦車も展示してあります。

p2231568-1.jpg

p2231567-1.jpg

p2231569-1.jpgp2231576-1.jpgp2231579-1.jpgp2231580-1.jpg

軍事博物館の入口は分かり難いところに在り、回廊を探しあるいて、やっと2階に見つけました。

p2231570-1.jpg

説明文が読めないので、個別に展示物の詳細は分かりませんが、フランス有史以来の武器や甲冑の他、ナポレオンの遺品も多く展示されているそうです。

p2231571-1.jpg

p2231572-1.jpgp2231573-1.jpg

写真はごく一部だけで、相当量の剣や銃、そして軍服が展示してあります。

p2231574-1.jpg 

人を殺す道具にも関わらず、まるで芸術品の様に見えてしまいます。

施設のさらに奥にある サン・ルイ礼拝堂 に向かいましょう。

アンヴァリット1

サン・ルイ礼拝堂

廃兵院 の後ろには、廃兵院 に背を向けるように黄金の サン・ルイ礼拝堂 が建っています。

設計者 / ジュール・アルドゥアン・マンサール

建築年 / 1706年

所在地 / パリ市7区

集中式プランの教会で,上部には巨大な木組み鉛板張りの円蓋を頂き、正面のデザインは2段オーダー,その上部に円蓋を支えるタンブール ( 円筒形の部分) のを重ねる構成はフランス古典主義建築の典型の一つとか。p2231551-1_20200530172747bdf.jpg

1層はドリス式、2層はコリント式の式のオーダー柱 が並ぶ二層構成になっています。これはルネッサンス様式の特徴でもありますが、フランス・バロック宗教建築の代表例とも言われています。

p2231552-1.jpg

ドーム教会 に入りましょう。

p2231555-1.jpg

聖堂内に入りドームを見上げる

天井画はシャルルド・ラ・フォッス作の「楽園の栄光」 ( 1692年 )。ルイ9世が、キリストに剣を差し出す場面を描いたものです。

p2231554-1.jpg

正面奥の祭壇

コリント式のオーダー柱がドームを支えています。

p2231553-1.jpg

ドームの真下、集中式プランの中心部分にナポレオンの棺が安置されています。

p2231556-1.jpg

うねるように曲がる大理石の柱に載る黄金の天蓋

p2231559-1.jpg

p2231558-1.jpg

p2231557-1.jpg

大理石貼りの床はローマで見た教会を思わせます。

地下に下りてナポレオンの棺を近くで見てみましょう。

P2231561-1.jpg

元はルイ14世ルイ9世の遺体を安置する為と、王家の礼拝堂として建てさせた教会でしたが、1840年には皇帝派と王家の和解の象徴として、セント・ヘレナ島から帰還していたナポレオンの遺体を、墓所が完成した1861年に移したのです。

p2231560-1.jpg

緑色の花崗岩の台座に赤茶色の斑岩で作られた棺が乗せられています。

p2231562-1.jpg

p2231563-1.jpg


スポンサーサイト



  1. 2020/06/01(月) 16:00:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 29 ( 三日目 ) マドレーヌ教会・オランジュエリー美術館・ブルボン宮殿

今回からパリ旅行の三日目です。

三日目と四日目は「ミュージアムバス」を利用するので、オランジュエリー美術館 ⇒ アンヴァリッド ⇒ オルセー美術館 ⇒ カルチェラタン散策 ⇒  サント・シャペル ⇒ コンシェルジュエリー 等を巡る予定です。

宿泊しているホテルの最寄り駅 ( ガリエーニ駅 ) からメトロ-3号線に乗り、オペラ駅で下車し、先ずはラ・ぺ通りを通って ヴァンドーム広場 へ向かいます。

p2231518-1.jpg

オテル ウェストミンスター

ラ・ペ通り沿いのホテルのエントランスにアールヌーボー風デザインの庇を見付けました。

p2231518-2.jpg

アールヌーボー全盛の頃の物ではなく、恐らくレプリカだと思いますが、パリの彼方此方でこの様なデザインの庇を見ることが出来ます。

p2231519-1.jpg

数分歩くと ヴァンドーム広場 です。

広場中央に聳えるのは オーステルリッツ記念柱。

p2231519-2.jpg

ヴァンドーム広場 を通り過ぎ、十字路を右折してサントノーレ通りを西に入ると、大きなドームの建物が見えて来ます。

p2231520-1.jpg

ノートルダム・ドゥ・ラソンプシオン教会

正方形の聖堂の上に、ほぼ同規模のドーム ( 直径24m ) が載っています。教会全体の規模に対してドームの割合が非常に高く、とょっとアンバランスな感じもして、ぱっと見はドームに三角破風のポルチコが取り付いただけと言った印象です。

この教会が建てられたのは17世紀。今回は内部の見学はしていませんが、ネットで検索すると聖堂内部の平面はドームと同径の円形で、ローマの パンティオン とも似ていると感じる人も居るかもしれません。

サントノーレ通りノートルダム・ドゥ・ラソンプシオン教会 の前で右斜め前に曲がるとギリシャ神殿の様な建物が見えて来ます。

p2231522-1.jpg

マドレーヌ教会

設計者 / ピエール・ヴィーニョン

建築年 / 1842年

所在地 / パリ8区、マドレーヌ広場

ルイ15世により、1764年に「聖マドレーヌに捧げるカトリック教会として建設が始められますが、フランス革命によって工事は中断。ナポレオン1世が「フランス軍の名誉を讃える栄光の神殿」とすることを決定し、建築家ピエール・ヴィーニョンにより古代神殿風のデザインに変更され、1806年に工事は再開。その後のナポレオンの失脚により、ルイ18世が元の聖マドレーヌに捧げる教会に用途を戻し、1842年に完成しました。

聖マドレーヌとはマグダラのマリアを指すのだそうです。p2231521-1.jpg

長方形の聖堂の周囲には高さ30m、52本のコリント式のオーダー柱が並ぶネオ・クラシック ( 新古典主義 ) 様式の建物です。ここも内部の見学はしていませんが、内部はギリシャ神殿とは全く異なる様相です。

p2231523-1.jpg

正面のペディメントには、ギリシャの神々の物語ではなく「最後の審判」のレリーフが施されています。

p2231524-1.jpg

マドレーヌ広場 からロワイヤル通りを通して コンコルド広場 に建つ オベリスク を見る。

p2231524-2.jpg

オベリスク の先には ブルボン宮 が見えます。黄金のドームは アンバリッドブルボン宮コンコルド広場 を中心に、マドレーヌ教会 と対に配置された建築物。この徹底した都市デザインが、パリの美しい街並みを造る要素の一つです。

p2231525-1.jpg

青空でなかったことが悔やまれます。

p2231526-1.jpg

一日目の夜に来た時には分かりませんでしたが、オベリスク のてっぺんは金色だったんですね。

p2231528-1.jpg

p2231527-1.jpg

樹木の上に少しだけ グラン・パレ のガラスの屋根が見えます。

コンコルド広場 の隣の チュイルリー庭園 の一角に在る オランジュエリー美術館 に向かいます。

オランジュエリー美術館

オランジュエリー美術館

クロード・モネ1914年~1926年に掛けて、ジヴェルニーの自宅の庭の睡蓮をモチーフに描き上げた、「睡蓮」の連作を展示する為だけの美術館。元は チュイルリー宮殿のオレンジ温室 ( オランジュエリー ) でしたが、1927年に美術館として整備されたものです。

2階

p2231529-1.jpg

日没

p2231530-1.jpg

p2231532-1.jpg

緑の繁栄

p2231531-1.jpg

3階

p2231533-1.jpg

明るい朝、柳

p2231534-1.jpg

二本の柳

p2231535-1.jpg 


p2231536-1.jpg

朝の柳

p2231537-1.jpg

木々の反映

京都の美術館でもモネ睡蓮を鑑賞したことがありますが、睡蓮の為に設計された美術館にも関わらず、絵画の鑑賞には適さない展示室でした。この美術館は何の飾り気も無いものの、とても鑑賞し易い空間でした。

オランジュリー美術館 の見学時間は、展示されている絵の数が少ないので、予想よりもかなり短く済みました。

コンコルド橋 を渡って左岸に移動します。

p2231538-1.jpg

コンコルド橋 からシテ島方向を見る。

p2231538-2.jpg

手前の鉄骨の橋は レオポール・セダール・サンゴール橋

橋桁だけ見えている石橋は ロワイヤル橋。

中央のドームは コレージュ・デ・キャルト・ナシオン

その左に ノートルダム大聖堂 が見えます。

更に左に見える尖塔は セント・シャペル でしょうか?

p2231540-1.jpg

コンコルド橋 を渡りきった辺りから レオポール・セダール・サンゴール橋ルーブル美術館を見る。

p2231539-1.jpg

ブルボン宮殿

ブルボン宮殿 ルイ14世の庶子ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボンが建てた宮殿であり、1795年からは フランス国民議会議事堂 として使用されています。

設計者 / ジャック・ガブリエル

建築年 / 1728年

所在地 / パリ市7区、オルセー海岸通り

p2231541-1.jpg

正面の外観は マドレーヌ教会 と同様のギリシャ神殿風のデザインで、12本のコリント式のオーダー柱ペディメントを支えています。時代と共に改修が繰り返され、12本の列柱は1806年にナポレオンの命により取付られたものです。

p2231543-1.jpg

裏側の出入口

フランス国下院議事堂だあって、後ろ側も立派です。写真に写る人の大きさを見れば、扉の大きさが分かると思います。

p2231542-1.jpg

左 Commission Européenne ( 州政府事務所 )

右 Quilvest Banque Privee ( 銀行 )

一つ上の写真の前に撮ったものです。

ブルボン宮殿 東側のサンジェルマン大通りの建物。

まだコロナの影響が殆どない時期だったので、人通りが少ないのは日曜の官庁街だからです。但しこの頃でも、既に中国人観光客は少なくなっていました。

ブルボン宮殿 の裏側をのユニヴェルシテ通りを通って アンヴァリット へ向かいます。

  1. 2020/05/26(火) 16:50:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 28 ( 二日目 ) モンマルトル散策 - 5 ( テアトル広場 ・他 )

モンマルトル散策の五回目は、テアトル広場 辺りを散策します。

P2231486-1.jpg

振り返ると サクレ・クール寺院 の大ドームと鐘楼が見える カルヴェール墓地 北側の路地を西に進み、モン=スニ通りとぶつかるT字路を左に曲がると、一分も歩かないうちに テアトル広場 が見えて来ます。

P2231487-1.jpg

P2231489-1.jpg

この場所はモンマルトル村の村役場が在った場所で村の中心でした。

P2231492-1.jpgP2231493-1.jpgP2231494-1.jpg

モンマルトルは20世紀初頭、 ピカソ ユトリエ などの多くの画家が暮らしていた場所で、現在は沢山の似顔絵描きが集まる広場です。

P2231495-1.jpg

P2231490-1.jpg

広場の周りには沢山の土産店やカフェが建ち並んでいます。似顔絵を描いてもらっている人達を、珈琲をすすりながら眺めるのも楽しそうです。

P2231491-1.jpg


P2231498-1.jpg

Maison Maurice Neumont

テアトル広場西側の路地を奥に入ってみると、ちょっと変わった建物が在りました。住宅かと思っていましたが美術館の様です。

P2231497-1.jpg

壁への落書きは酷いですが、アール・ヌーボーの扉が素敵です。

この建物の前の小さなカルヴェール広場を抜け、狭いブルボ通りを通ってノルヴァン通り

P2231499-1.jpg

ブルボ通り

P2231500-1.jpg

ノルヴァン通りとのT字路を左折して

p2231501-1.jpg

Le Consulat Restaurant

100年前には芸術家達が出入りした溜り場だったとか。

p2231502-1.jpg 

ユトリロも描いたモンマルトル最古のサン=ルスティック通り

キャプチャ2

サン=ルスティック通り

4.jpg

ユトリエの描いた「サン=ルスティック通り」

キャプチャ3

ストリートビューで同じアングルを探してみました。

ソル通りに戻って北上し、静かな石畳の坂道を下ります。

P2231505-1.jpg

ソル通りコルト通りアブルヴォワール通りの交わるところ。

P2231506-1.jpg

ルト通りを見る。

P2231508-1.jpg

La Maison Rose

左はアブルヴォワール通り、右はソル通り。

P2231509-1.jpg

モンマルトル 葡萄園

モンマルトルの丘はかつては葡萄園で覆われていましたが、その名残ががこの葡萄園。
この葡萄園で収穫された葡萄から作られたワインは、周辺のレストランで飲むことが出来るそうです。ブラタモリで紹介されていました。

P2231512-1.jpg

P2231511-1.jpg


P2231513-1.jpg

右手にモンマルトル葡萄園を見ながらソル通りを下り、サン=ヴァンサン通りとの十字路。P2231514-1.jpg

十字路を通り過ぎ、坂のソル通りを更に下って行くと階段も見えて来ました。

P2231515-1.jpg

通りの両側にはレトロな建物が並んでいます。

P2231516-1_20200522153725960.jpg

ル・ランシーの街やパリ市内の彼方此方でも見かけた石積の外壁。

P2231517-1.jpg

ソル通りを進むとコーランクール通りに出て来ました。

夕食は友人がレストランを予約してくれていますが、まだ少し時間があります。

朝から歩き詰めで、もう体力の限界を超えていたのでコーランクール通り沿いで一休み出来るカフェを探すことに。

コーランクール通りを東へ少し歩き、最初に見つけた VICKALUNZO と言うカフェに入り30~40分程休み、バスと歩きでフェルディナン・フロコン通りのレストランに向かいました。

キャプチャ4

Ⅼe Réciproque ( 14 Rue Ferdinand Flocon,75018 Paris )

キャプチャ5

内装も素敵です。

img_1159-1.jpgimg_1160-1.jpg 

img_1161-1.jpgimg_1162-1.jpg

img_1164-1.jpg

img_1165-1.jpgimg_1166-1.jpg

この日も何の心配もなく、安心して美味しいディナーを楽しむことが出来ました。

一日付き合ってくれたうえに、レストランの予約までしてくれた友人には感謝の言葉も見つかりません。


  1. 2020/05/22(金) 15:48:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 27 ( 二日目 ) モンマルトル散策 - 4 ( サクレクール寺院・外観 )

モンマルトル散策の四回目は、サクレ・クール寺院 の外観を紹介します。

p2231420-1_20200521112922c87.jpg

高さ83mの卵型の大ドームを中央に据え、取り囲むように4つの小ドームを配しています。後陣の高さ85mの鐘楼に納められた重さ19tの鐘は世界最大級らしいです。

p2231419-1.jpg

ガイドブックの写真や観光ポスターで見たように、晴天なら白い大理石の外壁が青空に映えて、さぞや美しかったろうと思うと少し残念です。

p2231480-1.jpg

正面出入口屋根の上の銅像は、ルイ9世ジャンヌダルク

p2231480-3.jpgp2231480-2.jpg

聖王 ルイ9世           ジャンヌダルク

p2231479-1.jpg

窓や出入口に多用される半円アーチロマネスク様式の特徴であり。

p2231478-1.jpg

少ない開口部と重々しい外壁に

p2231482-1.jpg

軒部に施されたロンバルディア帯ロマネスク様式の特徴です。

p2231484-1.jpg

 

p2231476-1.jpg

正面出入口の屋根を支えるアーチと柱 

p2231477-1.jpg

 

p2231433-1.jpg

展望台で見たガーゴイルゴシック様式で見られるものです。

p2231483-1.jpg

内陣後方の周歩廊のチャペル ( 放射状祭室 )と鐘楼。

p2231485-1.jpg

高さ85mの鐘楼の鐘は重さ19tで世界最大級。

サクレクール1

テアトル広場 に向かいます。

  1. 2020/05/21(木) 12:39:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 26 ( 二日目 ) モンマルトル散策 - 3 ( サクレクール寺院・内部 )

モンマルトル散策の三回目は、サクレ・クール寺院 の内部を紹介します。

サクレクール教会航空写真-3

平面は高さ83mの卵型の大ドームを中心に据えた二廊式十字型プラン

大ドームの周りに4つの小ドームと後方に高さ85mの鐘楼を配しています。

p2231441-1.jpg

① 正面の入口付近から、中央の大ドームを見上げる。

先程登ったのは、ドームの天井辺りのです。

p2231475-1.jpg

①② 中央交差部から内陣天井のキリストのモザイク画を見る。

p2231474-1.jpg

②  

p2231474-2.jpg

② 

1_20200520104238ff8.jpg

①②

入口付近から 身廊 ⇒ 中央交差部 ⇒ 内陣 越しに 祭壇 を見る。

設計者 / ポール・アバディー

建築年 / 1919年

所在地 / パリ市18区

普仏戦争の敗戦、その後の市民騒乱によるパリ市民の傷心を癒す為に、1876年に建設が始まり4千万フランの費用と40年の歳月を掛けて、1919年に完成しました。

エッフェル塔やエトワール凱旋門と並んで、パリのランドマークになっているので、てっきりもっと古い建物かと思っていたので、僅か100年前に建てられた教会堂とは驚きです。歴史的建築物ではなかったんですね。

建築様式は過去の様式を折衷させた折衷主義によるもので、ビサンチン様式 + ロマネスク様式の特徴があり、ゴシック様式の要素も垣間見えます。

p2231472-1.jpg

③ 入口を入って左 ( 西 ) 側小ドーム下の祭壇を見る。

p2231444-1.jpg

2_2020052018335589a.jpg

④ 同じ場所から左側、入口横の祭壇を見る。 

p2231470-1.jpg

⑤ 入口を入って右 ( 東 ) 側小ドーム下の祭壇を見る。

p2231470-2.jpg

⑥ 同じ場所から右側、入口横の祭壇を見る。

p2231468-1.jpg

⑧⇒⑦ 中央交差部越しに、左 ( 西 ) 側翼廊のステンドグラスを見る。

窓や出入口には半円アーチが多様されています。

p2231469-1.jpg 

⑦ ステンドグラスのアップ。 

p2231445-1.jpg

⑦⇒①⑧ 中央交差部から中央ドームと右 ( 東 ) 側翼廊を見る。

p2231446-1.jpg

⑦⇒⑧ 中央交差部越しに、右 ( 東 ) 側翼廊のステンドグラスを見る。

p2231448-1.jpg

⑦⇒⑨⑪ 周歩廊方向を見る。 

p2231466-1.jpg

⑨ 左 ( 西 ) 側奥の小ドーム下の祭壇を見る。

p2231449-1.jpg

⑨⇒⑩ 右 ( 東 ) 側奥の小ドーム下の祭壇方向を見る。 

p2231467-1.jpg 

⑩ 右 ( 東 ) 側奥の小ドーム下の祭壇を見る。

内陣後方の周歩廊には7つのチャペル ( 放射状祭室 ) が在ので、時計回りに歩いてみましょう。

p2231450-1.jpg

⑪ 周歩廊から内陣天井を見る。

p2231452-1.jpg

⑪ 左から二つ目のチャペル ( 放射状祭室 )

p2231453-1.jpg

⑪ 同じ場所から内陣側を見る。

p2231451-1.jpg

⑫ 左から三つ目のチャペル ( 放射状祭室 )

p2231454-1.jpg

⑬ アプス真後ろ、左から四つ目のチャペル ( 放射状祭室 )

p2231454-2.jpg

⑬ 天井のモザイク画のアップ

p2231456-1.jpg

⑬ 同じ場所から内陣側を見る。

p2231456-2.jpg

 

p2231458-1.jpg

⑭ 左から五つ目のチャペル ( 放射状祭室 )

p2231457-1.jpg

⑭ 同じ場所から内陣側を見る。

p2231460-1.jpg

⑮ 左から六つ目のチャペル ( 放射状祭室 )

p2231459-1.jpg

⑮ 同じ場所から内陣側を見る。

p2231461-1.jpg

⑯ 左から七つ目のチャペル ( 放射状祭室 )

p2231462-1.jpg

⑯ 同じ場所から内陣側を見る。

p2231463-1.jpg

⑯ 同じ場所からアプス真後 ( 四つ目のチャペル ) を見る。

p2231464-1.jpg

⑯ 同じ場所から東側側廊を通して入口横の祭壇を見る。

p2231465-1.jpg

⑯ 同じ場所から⑨の左 ( 西 ) 側奥の小ドーム下の祭壇方向を見る。

p2231447-1.jpg

最後にもう一度中央大ドームを見上げて、聖堂を後にします。

  1. 2020/05/20(水) 19:08:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 25 ( 二日目 ) モンマルトル散策 - 2 ( モンマルトルの丘からの眺め )

モンマルトル散策の二回目です。

今回はモンマルトルの丘の上に建つ サクレクール教会 から眺めた、パリ市内の風景を紹介します。

p2231422-1.jpg

先ずは サクレクール寺院 の前のテラスから見たパリ中心部の眺めです。

天気の悪さは残念ですが、ここからの眺めも充分綺麗なのですが、この日も朝からパリ観光案内をしてくれている友人が「ドームの上からだと、もっといい眺めだから登ろう」と提案。朝から歩き詰めだったうえに、ピカソ美術館で買った陶器のカップの重さも、この頃になって辛くなり始めていたので、長い階段を登る体力が残っているとは思えませんでした。ただ横に居た妻の顔を見ると、私より疲れていた筈なのに、断る様子はありません。ここで男の私が音を上げる訳にも行かず ( 昭和の考え )、腹を括って登ることにしました。

サクレクール教会航空写真

ドームへ上るには、教会西側の階段を一階分地下に下た、地下一階が入口なので一階分損をした気分です。

img_1157-1.jpg

1589518475109.jpg 1589518464600.jpg

何処がゴールか分からない、狭くて長い薄暗い螺旋階段を登るのはまるで苦行の様で、カバンの中のピカソのカップも肩に食い込みます。何度も立ち止まりながら、やっと明るい所に出て来ました。でもここはゴールではなく航空写真の矢印の部分で、北西の小さなドームから中央ドームへ移動する屋根の上だったのです。更に中央のドームを登らなければなりません。

p2231432-1.jpg

ルーブル美術館方向 ( 南 ) 。目前の緑地はウォレット公園です。

再び苦行の続きを味わった後には、こんな素晴らしいご褒美が待っていました。

曇天なのは残念ですが、パリを一望できる素晴らしい眺めです。

p2231433-1.jpg

p2231434-1.jpg

モンパルナスタワーエッフェル塔が見えます。( 南南西方向 )

じっくり景色を見る前にドームを一周してみましょう。

p2231435-1.jpg

東側の小ドームを見る

p2231437-1.jpg

イタリア旅行の時は、バチカンでもフィレンツェでもドームには登らなかったので、ドームに登ったのは初めての体験です。

p2231439-1.jpg

1589518437167.jpg 1589518454190-1.jpg

2月のパリ、しかも丘の上に建つ吹き曝しのドームの上が暖かな筈はありません。私だけ上着を脱いでいるのは、人一倍汗っかきで汗びっしょりになっていたからです。

ここでは エッフェル塔 を摘まみ上げてみました。

p2231429-1.jpg

南西 ( エッフェル塔 ) 方向を見る。

p2231423-1.jpg

南南西 ( ンパルナスタワーエッフェル塔 ) 方向を見る。p2231424-1.jpg

よく見るとモンパルナスタワーの下辺りから

ルーブル美術館 ⇒ オルセー美術館 ⇒ オペラ座 ⇒ アンバレットが見えます。

p2231424-3.jpg

p2231424-2.jpg

金のドームの アバリッド の右下に ブルボン宮 も見えます。

p2231430-1.jpg

南方向を見る。

p2231430-2.jpg

拡大すると、左側に サン・ジャック塔 ⇒ ノートルダム大聖堂  右側には パンティオン ⇓ サント・シャペル ⇓ サン・トゥスタッシュ教会 見えます。

p2231427-1.jpg

南南東 ( ポンピドゥーセンター ) 方向を見る。

p2231426-2.jpg

拡大すると ポンピドゥーセンター がはっきりと見えます。

次回は内部を紹介します。

  1. 2020/05/15(金) 14:30:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 -24 ( 二日目 ) モンマルトル散策 - 1 ( アベス駅~サン・ピエール広場 )

今回からモンマルトル散策です。

パリに在住している友人と一緒だったので、移動時は彼女の後ろを付いて行くだけで、何処を如何乗り継いだかはよく覚えていませんが、恐らくマドレーヌ駅で8号線から12号線に乗り換えて、アベス駅まで行ったのだと思います。

p2231404-1.jpg

トロ・アベス駅 出入口

モンマルトルに来た理由には「モンマルトルの丘の上からパリの街を眺めたい」「テアトル広場 に行ってみたい」「サクレ・クール教会 を見学したい」などの理由がありましたが、一番の目的は、近代建築史の本でアール・ヌーヴォーを解説する際には必ず登場する パリ・メトロ出入口 を見たかったからです。旅行の直前まで、パリの何処でも見ることが出来ると思っていたアール・ヌーボー メトロ出入口 は、この アベス駅出入口 の他は「2号線-ポルト・ドーフィヌ駅」と「シャトレ駅」だけだと分かりました。シャトレ駅 はこの日の午前中に利用しするも見付けられず、ポルト・ドーフィヌ駅 には行く予定が無かったので、アール・ヌーボー メトロ出入口 を見られるのは、ここ アベス駅 が唯一の場所なのです。

p2231409-1.jpg

アール・ヌーボーの意味は「新芸術」。

19世紀末期から20世紀初期に掛けてヨーロッパで発生し流行した芸術運動で、植物や動物をモチーフとした自由曲線で描かれているのが特徴です。

パリ・メトロ出入口 は、1900年に開催されたパリ万博に合わせて開通したメトロのもの。設計者はデザインコンペによって選ばれたエクトール・ギマールです。

以前から奇抜なデザインで話題になっていたギマールのデザインは、賛否両論を巻き起こすこととなりますが、アールヌーボーはパリでも流行し、ギマールが手掛けた パリ・メトロ出入口 は、最盛期には166ヵ所も在りましたが、第一次大戦混乱による不況もあり「金が掛かり過ぎる」と否定され、ギマールの出入口 も取り壊されるなど、やがて半減してしまいます。1960年代に入ると再評価されますが、現在は上記の3ヵ所だけになってしまったのです。

p2231415-1.jpg 

p2231406-1.jpg

p2231412-1_20200512143710bbe.jpg

img_1145-1.jpg

駅前広場には、可愛らしいメリーゴーランドも設置されてます。

広場に面する公園には

p2231414-1.jpg

ジュテームの壁 

ジュテームとはご存知の通り「愛してる」の意味。フレデリック・バロンの作品で、612枚の青いタイルに、300以上の言語で「愛しています」の意味の言葉が綴られています。勿論日本語も・・・。縦書きされているので見つけ易いので、クリック ( 拡大 ) して探してみて下さい。

p2231408-1.jpg

サン・ジャン・ド・モンマルトル教会

設計者 / アナトール・ド・ボド

建築年 / 1904年

所在地 / パリ18区

p2231413-1.jpg

一見煉瓦造の教会に見えますが、外壁は鉄筋コンクリート造で、パリで最古の鉄筋コンクリート造の教会堂建築だったのです。

サン・ジャン・ド・モンマルトル教会-3

驚いたことに、柱とアーチは鉄骨を剥き出しにした斬新過ぎるデザイン。尖頭アーチなどゴシック様式の特徴に幾何学模様を織り交ぜたデザインも独特です。

( 内部の柱も鉄筋コンクリート造と記されたサイトもありました。実際に触って確認してくればよかったです。)

サン・ジャン・ド・モンマルトル教会-1

恥ずかしながら、今回この記事を書く為に改めて調べるまでは、この教会の事もアナトール・ド・ボドと言う建築家の名前も全く知らなかったので、写真も数枚しか撮っていません。もう一度パリを訪れる機会があれば、じっくり見学してみたい建物です。

p2231410-1.jpg

更に驚いたのは、この教会堂の玄関を飾るセラミックタイルを担当したのは、フランクリン街のアパート のタイルを担当したアレクサンドル・ビゴだと言う事です。

p2231410-4_20200512170057096.jpg

p2231410-5.jpg

やはりビゴは重要人物だったみたいです。

p2231411-1.jpg

サン・ピエール広場に向かいます。

p2231416-1.jpg

さりげない飾り付けも色鮮やかで素敵です。

img_1152-1.jpg

p2231418-1.jpg

数分で サクレクール教会 を見上げるサン・ピエール広場に到着します

img_1156-1.jpg

サン・ピエール広場で、サクレクール教会 をバックに記念撮影。

img_1154-1.jpg

p2231421-1.jpg

アベス駅前のものよりも本格的なメリーゴーランドが在ります。ヨーロッパの広場にはメリーゴーランドが付き物のみたいです。

p2231420-1.jpg

ここから見ると サクレクール教会 は目の前にあるように見えますが、サン・ピエール広場 との間にはウォレット公園と言う斜面を利用した公園が在り、 サクレクール教会 までたどり着くには、公園内の長い階段を登るか、メリーゴーランドの裏から乗るケーブルカーを利用するしかありません。

サクレクール4

20年若ければ、一気にこの階段を駆け上がりたいところですが、かなり疲れていたのでケーブルカーで登りました。

  1. 2020/05/12(火) 11:41:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 23 ( 二日目 ) マレ地区散策 - 4

今回はマレ地区散策の4回目。

マレ地区地図-4

今回はヴォージュ広場から、バイティーユ広場までの道のりです。

⑮

K ヴォージュ広場 北側の建物の回廊

広場の四方は、同じデザインの建物が囲んでいて、全ての建物は広場に面して回廊が在り、骨董店やアートギャラリー、カフェ等の飲食店で賑わっています。

⑬

30 J 広場北側は 王妃の館

ヴォージュ広場 アンリ4世が造られたパリ最古の公園の一つ。

アンリ4世は「パリを世界一美しい都にしたい」と望みましたが、暗殺によって1612年の完成を見ることは出来ませんでした。この公園は完成当初は「ロワイヤル広場 ( 王の広場 ) 」と呼ばれ、フランス革命の際に、現在の ヴォージュ広場 改名されます。

四方の建物は、南棟の「王の館」北棟の「王妃の館」を含め、36もの館で囲われ、ヴィクトル・ユゴーをはじめ、多くの貴族や政治家、作家等が住んでいました。

設計者 / Louis Me'tezeau

建築年 / 1612年

所在地 / パリ3・4区

p2221385-1.jpg

30 K 広場西側の建物

四方の建物のデザインは、アンリ4世の命により統一されていて

1階は半円アーチのアーケード。

2・3階は赤煉瓦に、窓廻り等には白い石材でアクセントを施した外壁。

急勾配の屋根面には、ドーマーウィンドゥーを施しています。

東京駅のデザインに似ている気がします。

⑭

L 広場南側は 王の館

p2221386-1.jpg

30 ヴォージュ広場 のベンチで一休み。石はアスファルトよりも固く、しかも凸凹しているので、石畳の道を歩くのは、慣れないとかなり辛いです。

西棟の回廊を南に進むと、南棟に抜け道のような通路が空いています。

p2221387-1.jpg

31 シュリー館 / オテル・ド・シュリー庭園 庭園南側の棟。

通路を抜けるとまた小ぶりなフランス式庭園に出て来ました。

ヴォージュ広場 の南西に隣接するこの館も同時期に建築されました。アンリ4世ルイ13世に仕えたシュリー公の邸宅です。

建物中央に中庭を通ってサン=タントワーヌ通り抜ける通路が見えます。

p2221389-1.jpg

31 オテル・ド・シュリー庭園 振り返って庭園北側の棟を見る

写真右下の出入口がヴォージュ広場に繋がっています。

p2221392-1.jpg

32 シュリー館 オテル・ド・シュリー庭園から、通路を抜けてシュリー館中庭に入り建物を見返す。

p2221391-1.jpg

通り抜けて来た通路の出入口の両側に、奇妙な像が

p2221391-2.jpg

頭と胸は女性で、その他の体はライオンでしょうか?

マレ-1

33 シュリー館 サン=タントワーヌ通りから見る。

サン⁼タントワーヌ通りを東へ進み バスチーユ広場 へ向かいます。

ちょっと寄り道して

⑯

M サン・ポール・サン・ルイ教会

完成は1641年。パリでは唯一のバロック様式で建てられた教会堂らしいです。

サン=タントワーヌ通り沿いの建物を見て行きましょう。 

p2221393-1.jpg

34 JACADI PARIS SAINT ANTOINE  ( 子供服店 ) 

21.jpg 

N Hotel de Mayenne 

建築年は1617年。ヴォーグ広場の建物とデザインも似ていますが、時期も一致しています。

設計者 / アンドルーエ・デュ・セルソー

建築年 / 1617年

所在地 / パリ地区

p2221394-1.jpg

35 サント・マリー教会

プロテスタントの教会らしいですが、詳細は不明です。

p2221395-1.jpg

36 バスティーユ広場  7月革命記念柱 が見えて来ました。

4区11区12区の3つの区に跨っているこの広場は、元はバスティーユ牢獄があった場所。

1789年7月14日のフランス革命の発端となったバスティーユ襲撃事件発生した場所で、バスティーユ監獄は1792年に取り壊されます。この記念柱1830年の7月革命を記念する 7月革命記念碑 として1846年に建てられました。

p2221403-1.jpgimg_1139-1.jpgimg_1140-1.jpg

天使の像はオーギュストデュモン作

img_1141-1.jpg

 

p2221399-1.jpg

37 Banque de France ( 金融機関 )

p2221400-1.jpg

38 飲食店やモデル事務所が入居する建物

P2221397-1_2020051115011518a.jpg

39 オペラ・バスティーユ ( 新オペラ座 )

バスティーユ広場 に面して建つ建物でもっとも有名なのが、この 新オペラ座

設計者 / カルロス・オットー

建築年 / 1989年

所在地 / パリ12区

p2221401-1.jpg

1982年に当時のミッテラン大統領によって建設計画が始まり、翌1983年に設計コンペが行われ、建物が完成したのは1989年。2005年には改修工事も行われています。

img_1144-1.jpg

バスティーユ駅からメトロに乗ってモンマルトルへ向かいます。

  1. 2020/05/11(月) 15:50:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 -22 ( 二日目 ) マレ地区散策 -3

今回はマレ地区散策の3回目。

マレ地区地図-3

スービーズに接するフラン・ブルジュワ通りを南東方向に進みますが、

ここではちょっと寄り道して

⑪

H ロアン館 ( 国立公文書館 )

スービーズ館 の裏側に在り、同じ区画内で隣接しています。p2221354-1.jpg

17 Hôtel d’Almcras

堂々たる構えの建物ですが、窓から室内を覗いてみると、現在は使用されている様子は無く、建物の奥に中庭が在るのが見えます。

p2221356-1.jpg

歴史的建築物だと言う事は分かったのですが、ネットで検索しても詳細は分かりません。入口の横に貼られたプレートを見ると Hôtel d’Almcras と読めるのが唯一の情報です。
p2221357-1.jpg

更にフラン・ブルジュワ通りを進んで行くと

p2221358-1.jpg

18 Hôtel d’Albret ( ダルブレ館 )

この建物も、残念ながら詳細不明です。

p2221360-1.jpg

道路が狭かったので、扉の下から屋根まで一枚の写真では撮影出来ませんでした。 

p2221359-1.jpg

フラン・ブルジュワ通りパヴエ通り~パイエンヌ通りとの交差点まで進んで行くと、右手には ラモワニョン館 、左手には カルナヴァレ館 が在ります。

p2221361-1.jpg 

19 ラモワニョン館 ( パリ市歴史図書館 ) 

p2221367-1.jpg

p2221362-1.jpg

この館は、16世紀にアンリ2世王女ディアヌ・ド・フランスによってルネッサンス様式で建てられました。 

p2221364-1.jpg

また、この館はルイ16世の弁護人を引き受けたことで知られる クレティアン=ギヨーム・ド・ラモワニョン・ド・マルゼルブが生まれた館とか。

p2221363-1.jpg 

p2221366-1.jpg 

 

⑰

I カルナヴァレ館 ( カルナヴァレ博物館 )

カルナヴァレ館 と隣接する ル・プルティエ・ド・サン=ファルジョー館 という2つの建物で構成されている博物館。

カルナヴァレ館 は1548年にルネサンス様式により建てられた建物を、17世紀中頃にフランソワ・マンサールの設計で改修工事が行われています。

ル・プルティエ・ド・サン=ファルジョー館 は1688年に建てられました。

⑫ 

交差点に戻り、パイエンヌ通りを北に向かって進むと、左手に小さな公園が在ります。

p2221368-1.jpg

20 ラザール=ラッシュリーヌ庭園

庭園と言うよりも、中庭と言った感じでしょうか?

奥に見える建物は1598年に建てられた ドノン館 ( コニャック=ジェイ美術館 ) です。

ラザール=ラッシュリーヌ庭園 の右隣には

p2221369-1.jpg

21 Institut Tessin

アートギャラリーらしいのですが、詳細は分かりません。ドノン館 の建物とは外壁が接していて、デザインも酷似しています。

p2221372-1.jpg

Institut Tessin の向の公園 ( Square George Cain ) から

⑱

22 Square George Cain

この公園に面する建物の外壁には、色々な装飾が施されています。

p2221370-1.jpg

イオニア式のオーダー柱ペディメントを支えるギリシャ神殿風の装飾 

p2221371-1.jpg

Lycée Victor Hugo, Paris 

この隣の建物も詳細は不明ですが、高校の校舎のようです。

p2221374-1.jpg

23 Hotel Chatillon  Institut Tessin の右隣の建物

p2221373-1.jpg

 

p2221375-1.jpg

24 Aldo Pellas   Hotel Chatillon の右隣の建物。アンティーク・ショップのようです。

パイエンヌ通り突き当りのT字路を左折し、パルク・ロワイヤル通りに入ります

p2221376-1.jpg

Hôtel de Bonneval

p2221377-1.jpg

この建物も、歴史的建築物と言うこと以外は詳細不明です。

道なりに進んでトリニ広場からトリニ通りに入りピカソ美術館

p2221378-1.jpg

26 ピカソ美術館 ( Hôtel Sale' )

言わずと知れたパブロ・ピカソのコレクションを展示する美術館。

建物は オルテ・サレ ( 塩の館 ) と呼ばれた17世紀中頃に建てられました。

p2221379-1.jpg 

⑳

27 ピカソ美術館ミュージアムショップ

P5092179.jpg

美術館には入館しませんでしたが、向に在ったミュージアムショップは覗いてみました。

このカップの柄が気に入り、自分の為にマグカップとコーヒーカップを、娘夫婦の為のカップも買ったので、陶器の重さがこの後私を苦しめることになります。

この後はドベレム通りを経てへ出ました。右折してティレンヌ通りを南へ進むと

p2221380-1.jpg

28 サン・ドニ・デュ・サン・サクルマン教会

ポルチコと呼ばれる正面入り口が特徴的。6本のイオニア式オーダー柱ペディメントを支えるている姿は、ローマの パンティオン を思わせます。

設計者 / Étienne-Hippolyte Godde

建築年 / 1835年

所在地 / パリ3区ティレンヌ通り

建築様式 / ネオ・クラシック様式

p2221381-1.jpg 

正面の壁面にはペテロパウロの彫像がが飾られています。

ティレンヌ通りを南下します。

p2221382-1.jpg

29 Hotel du Grand Veneur

設計者 / Michel Villedo

建築年 / 1637年

所在地 / パリ3区ティレンヌ通り

p2221384-1.jpg 

p2221383-1.jpg

更にティレンヌ通りを南下し、ヴォージュ広場へ向かいます。

  1. 2020/05/09(土) 14:50:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 21 ( 二日目 ) マレ地区散策 - 2

今回はマレ地区散策の2回目。

マレ地区地図-2

青い線が今回歩いたコースです。

目指す ポンピドゥーセンター が見えて来ました。

p2221331-1.jpg

9 ジョルジュ・ポンビドゥー国立芸術文化センター

ポンピドゥーセンター の北西側に出たみたいです。建物の西側にはちょっとした広場が在りますが、建物が大きくて全体を写すことが出来ません。

p2221333-1.jpg

一部改修工事中でしたが、元々が仮設足場のようなデザインなのでそれ程違和感がありません。エスカレーターを覆うガラスのチューブも目を引きます。

p2221334-1.jpg

北側も鉄骨剥き出しのデザイン。築後40年以上を経た現在でも、充分斬新性が感じられます。

設計者 / レンゾ・ピアノ、リチャード・ロジャース

建築年 / 1977年

所在地 / パリ4区、サン=メリ地区

1969年、近代芸術の愛好家であったジョルジュ・ポンピドゥー大統領が、近現代芸術拠点を設ける構想を発表し、1977年ジスカール・デスタン大統領により落成式が行われました。当初はエッフェル塔の完成当時と同様に、デザインが斬新過ぎて歴史的建築物が建ち並ぶ、パリの美観を損ねるなどの批判が噴出させた話題文化施設です。80年代前半に大学で建築を学んだ私達の年代の者にも、思い入れの深い建築の一つです。

p2221335-1.jpg

10 ポンピドゥーセンター 北側のランビュート通り

p2221336-1.jpg

11 今ではマレ地区の街並みに、すっかり馴染んだ感があります。

p2221337-1.jpg

北東側 ( ランビュート通りボーブール通り) の交差点から。

p2221338-1.jpg

建物全体を捉える為に広角レンズに変えてみます。

西・北の両面はシルバーに塗装されたスチールトラスや露出された巨大なブレースが特徴でしたが、ボーブール通りに面する東面は露出され青や緑や赤に塗装された設備配管が特徴です。アスファルトから突き出た白い巨大な吹出口を、オブジェとして協調しています。

p2221342-1.jpg

 

p2221343-1.jpg   

シルバーの鉄骨とガラスチューブのエスカレーターが印象的だった西側とは、かなり印象が異なります。 

p2221344-1.jpg

南東側 ( サン=メリ通りルナール通り) の交差点から。

南側の立面は、西・北側とお同じような、スチールトラスを露出させたデザインです。

ルナール通りからサン=メリ通りに入りストラヴィンスキー広場へ。

p2221345-1.jpg

13 ストラヴィンスキー広場

広場には長方形の池が在り、お隣の ポンピドゥーセンター の派手な色彩にも負けない、派手な色彩のオブジェが並んでいます。

ストラヴィンスキーとはロシアの作曲家の名前で、1913年に「春の祭典」をパリで上演します。当時としてはあまりに前衛的な内容だったらしく、全くパリ市民に受け入れませんでしたが、現在では偉大な作曲家として認められています。彼のチャレンジ精神がポンピドゥ・センターのコンセプトに合致したのでしょう。

p2221346-1.jpg

派手な色彩のキッチュなオブジェは、スイスの芸術家ジャン・ティンゲリーとフランスの画家ニキ・ド・サンファル夫妻よる「自動人形の噴水」と言うアート作品。

p2221347-1.jpg

ストラヴィンスキー広場越しに ポンピドゥ・センター の南側立面を見る。

広場の南側は サン・メリー教会 の側面に面しています。

p2221348-1.jpg

14 サン・メリー教会 

創建は13世紀初頭で、現在の教会は16世紀に建てられました。

P2221349-1.jpg

ラテン十字型 - 五廊式 ゴシック様式 の教会堂

パリの美しい教会の1つとして知られ、小ノートルダムとも呼ばれているそうです。紀元700年にパリに巡礼に訪れたあと死亡した聖メリが名前の由来で、その遺骨は教会の地下室に埋葬されています。

サン=メリ通りルナール通りの交差点に戻り、サン=メリ通りを東に歩いて行きます。

p2221350-1.jpg

15

p2221352-1.jpg

16 アルシーヴ通りとの交差点

この交差点を右(南)に少し入ったところに

③

B ビレット教会

16 の交差点に戻りアルシーヴ通りを左 ( 北 ) に向かいます。

④

C Maison dite de Jacques Coeur ( ジャック・クールの家 )

⑤

D 建物の名前も建設された年代は不明ですが、素敵な建物です。 パリ市内では少し歩けば、この建物のように歴史やロマンを感じさせる建物に出会うことが出来ます。

5.jpg

装飾も凝っています。

フラン・ブルジュワ通りとの交差点まで進みます。

⑥

E スービーズ館 ( フランス歴史博物館・国立公文書館 )

この交差点を右折してフラン・ブルジュワ通りに入りますが、ちょっとだけこの先のアルシーヴ通りをSVで見てみましょう

⑦

F Convent of Mercy

アルシーヴ通り左 ( 西 ) 側、スービーズ の向の建物 

⑧

E 再び スービーズ館 まるで城の様ですね。

⑨ 

オドゥリエット通りとの交差点

右側が スービーズ まさに城壁です。左に見えるのが ゲネゴー館

⑩

G ゲネゴー館 ( 狩猟自然博物館 )

設計者 / フランソワ・マンサール

建築年 / 1655年

所在地 / パリ3区

アルシーヴ通りフラン・ブルジュワ通りとの交差点に戻り、フラン・ブルジュワ通りに入って行きます。

⑥-2

E スービーズ ( フランス歴史博物館・国立公文書館 )

設計者 / ピエール・アレクシス・ドラメール

内部装飾設計 / ジェルマン・ボフラン

建築年 / 1709年

所在地 / パリ3区

スービーズ館 は、ルイ14世の時代、建築家ドラメールによってロココ様式で建てられましたロココ様式の豪華な内部装飾はジェルマン・ボフランが行っています。16世紀にスービーズ侯爵買い取って改装が加えられ、18世紀には多くの文化人によるサロンや演奏会の場となりますが、フランス革命の時代に政府に没収され、現在は国立古文書館として利用されてます。

  1. 2020/05/06(水) 12:28:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 20 ( 二日目 ) マレ地区散策 - 1

パリ旅行の二日目も ノートルダム・ル・ランシー教会サン・トゥスタッシュ教会 の見学を終えた頃には12時を回っていたので レ・アル駅 の北側の飲食店の並んでいるモントルゲイユ通りを散策しながら、入れそうな店を探します。

マレ地区地図-1

 

p2221322-1.jpg

① 

先ずは サン・トゥスタッシュ教会 の東側から、小規模な飲食店や店舗が並ぶモントルゲイユ通りを北上します。シャンゼリゼ大通りも素敵でしたが、この様なゴチャゴチャッとした繁華街もパリの魅力ですね。

p2221324-1.jpg

② 

細い路地 ( モーコンセイユ通り ) を覗き込む。

p2221323-1.jpg

② 

L'Escargot Montorgueil 有名なフレンチ料理店らしいです。

p2221325-1.jpg

③ 

エティエンヌ・マルセル通りとの交差点を通り過ぎ、更にモントルゲイユ通りを進みます。

何軒か料理の美味しそうな店を覗きましたが、良さそうな店は何処も満席で、なかなか昼食にあり付けません。

p2221326-1.jpg

p2221327-1.jpg

p2221328-1.jpg

p2221329-1.jpg

⑦ 

サン=ソヴァール通りと言う細い路地に入って行きます。

p2221330-1.jpg

⑧ 

去年の秋に放映していたキムタク主演のドラマで、ロケ地になった店らしいです。

この通りの人気のハンバーガー店に入ることが出来ましたが、店内が狭いうえに相席だったので、写真を撮ることが出来ませんでした。

来た道をエティエンヌ・マルセル通りとの交差点まで戻り左折します。

①

A エティエンヌ・マルセル通り 

パリの街並みは何処を通っても美しい!!

次回はポンピドゥーセンター を目指します。

  1. 2020/05/05(火) 12:33:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 19 ( 二日目 ) サン・トゥスタッシュ教会

ル・ランシーの散策を終え、トラムとRER-B線を乗り継ぎ、シャトレ・レ・アル駅にやって来ました。

p2221291-1.jpg

シャトレ・レ・アル駅は3本のRER線と1本のメトロ交差する大きな駅で、ショッピングとも一体化していて、巨大な鉄とガラスの屋根に覆われています。

p2221293-1.jpg

レ・アル駅前に広がる緑地はネルソンマンデラ公園。次の目的地は公園の北側に接して建つ教会です。

p2221289-1.jpg

サン・トゥスタッシュ教会

沢山のステンドグラスフライングバットレスが施された、見るからにゴシック様式と思われる サン・トゥスタッシュ教会 は、パリのノートルダム大聖堂 の平面を意識したと言われるラテン十字型の教会です。

p2221292-1.jpg

南 側面ファサード

一見しただけではどこが正面なのか分かりませんでしたが、向かって左側が正面のようです。

トゥスタッシュ-1

西側正面ファサード

鐘塔ノートルダム大聖堂 の様な高さが無く、一層はドリス式、二層はイオニア式オーダー柱ペディメント ( 三角の破風 ) を支えています。

このデザインはゴシック様式とは思えません。調べてみるとこの教会は、16世紀になってもゴシックの伝統が根強く支配していたフランスの教会建築において、この時期イタリアから入って来たルネッサンス様式の影響を受けた珍しい教会だと分かりました。

着工は1532年。1637年に献堂式が行われました。ファサードは構造上の問題で一度取り壊され、現在のファサードは ジャン・アルドゥアン=マンサール が設計し、1754年に完成しています。

p2221290-1.jpg

言われてみれば、側面の一層二層の開口部は、ゴシック建築の特徴である尖頭アーチではなく、半円アーチで造られています。

p2221294-1.jpg

教会建築の事を詳しく知らないと、正面の入り口に思えるかもしれないこの立面。一見しただけではゴシックに見えるんですけどね。

p2221321-1.jpg

東 ( 内陣 ) 側立面

p2221320-1.jpg

ドリス式の柱頭にガーゴイルが巧みに融合されています。

いよいよ聖堂の中に入ります。入場口が教会の正面ではなく、内陣の斜め後ろの周歩廊からだった為に、聖堂中に入っても、暫く聖堂の全体像が把握出来ずに戸惑いました。

p2221295-1.jpg

 正面からの入場なら、奥正面に内陣が見えるところですが、いきなり林立する太い列柱に視線を塞がれてしまい、イタリアで見て来た教会のイメージとはかなり異質に感じます。

DRAWIN1_20200430122118892.jpg 

奥行き100m、幅44m、高さ39m。

ラテン十字型-五廊式 の教会堂です。 

p2221296-1.jpg

 アプス 真後ろの祭室   3つ上の写真の室内側にあたります。

トゥスタッシュ-4

 

p2221297-2.jpg

ステンドグラスのアップ

左へ移動 祭壇 右斜め後ろには

トゥスタッシュ-6

 ジャン・バティスト・コルベールの墓廟  コワズヴォー作

棺の上にはコルベール自身の像が載っています。左右の像は「忠誠」と 「豊穣」

p2221317-1.jpg

後方のステンドグラスのアップ

入場口から周歩廊を反時計回り進み側廊を見る。

p2221298-1.jpg

 聖堂の平面構成はラテン十字型-五廊式なので柱が多く、その太さもあって間隔が狭く感じられ、見通しが効かず、なかなか全体像が掴めません。写真は正面入口に向かって右側、内側の側廊から撮ったもの。

p2221299-1.jpg

 同じ場所から身廊の天井を撮る。

交差するリブ・ヴォールトが蜘蛛の巣の様も、樹木の枝の様にも見えます。クリアストリーステンドグラスから光が降り注ぎ、聖堂に神秘的な雰囲気を作り出しています。

アーケードクリアストリーの間に見える4連の半円アーチの開口部をトリヴューン ( ギャラリー) と言います。

p2221300-1.jpg

 同じ場所から、外側の側廊を撮る。

p2221301-1.jpg

④ 

p2221302-1.jpg

 

p2221304-1.jpg 

 身廊内陣、左右の翼廊が交わる部部分 ( 中央交差部-クロッシング ) からアプスの天井を見る。 

p2221306-1.jpg

 視線を少し下へ移動して内陣方向を見る

中央交差部に立っても、それ程広々とした感じがしません。高い天井を支える為に、柱が太く造られているからでしょうか? 実際に身廊の幅が狭いようにも見えます。15m程でしょうか?

この森の中に居るかのような感覚が、ゴシック様式の聖堂の特徴なのかもしれません。代表的ゴシック様式である ノートルダム大聖堂 の見学が出来ないことが本当に残念です。

p2221309-1.jpg

 中央交差部から、 南側翼廊 (ネルソンマンデラ公園方向 ) を見る。

公園から見えたバラ窓が見えます。 

p2221310-1.jpg

 中央交差部から、身廊 ( 教会正面・西方向 ) を見る

p2221308-1.jpg

 

p2221305-1.jpg

 正面入口の上部に設置された8000本のパイプを持つパイプオルガンは、屈指の名器と言われているそうです。 

p2221311-1.jpg

 中央交差部から、北側翼廊を見る。

トゥスタッシュ-5

 

p2221311-2.jpg

バラ窓のステンドグラスのアップ 

p2221311-3.jpg

 

p2221311-5.jpg

 

p2221312-1.jpg

 ゴシック様式では通常は尖頭アーチとなるところですが、この教会堂では半円アーチリブ・ヴォールトが用いられています。

p2221307-1.jpg

 まるで深い森の中に居るかの様な感覚です。 

p2221313-1.jpg

 この聖堂の内部は、ステンドグラスもさることながら、林立する列柱の存在感が圧巻です。 

p2221316-1.jpg

⑨  ゴシック建築の特徴の一つにピアと呼ばれる細い円柱を束ねた様な柱 ( 束ね柱 ) があります。ここではピアを形成する細い円柱となるところに、コリント式のオーダーが施されています。

p2221315-1.jpg

 外側の側廊には、柱間に鮮やかな絵画や彫刻で飾られています。 

p2221314-1.jpg

  

p2221318-1.jpg

 祭壇 左斜め後ろ

並ぶことも無く見学出来る教会ですが、ノートルダム大聖堂 が改修工事中で内部の見学が出来ない今は、訪れる価値はあると思います。

  1. 2020/04/28(火) 19:00:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 18 ( 二日目 ) ノートルダム・ル・ランシー教会 - 4 ( 街並み )

ル・ランシーの街並みがあまりに素晴らしかったので、行き帰りの道で目に留まった建物と、ストリートビューで見付けた ノートルダム・ル・ランシー教会 近辺の魅力的な住宅も併せて紹介します。

先ずはレジスタンス通りの建物から

img_1077-1_20200426161851425.jpg

この建物は ノートルダム・ル・ランシー教会 に来る道の途中で見掛けた建物です。

p2221198-1.jpg

古いアパートメントだと思いますが、特に最上階の張り出した庇のデザインが目を引きます。

p2221199-1.jpg

かなり庇が張り出していますね。

p2221200-1.jpg

こちららはその向かいの建物。

p2221201-1.jpg

最上階の角部屋の屋根には、角の様に2本の煙突が突き出しています。どちらの建物も間取りが気になります。

ランシー20

こちらは ノートルダム・ル・ランシー教会 の向に建つ建物群。

p2221273-1.jpg

どの建物もかなり古そうですが

ランシー21

向かって右側の建物が、特に年季が入っているように見えます。

どちらの建物も、1階は店舗。上階はアパートメントでしょうか?

低層部・中層部・高層部のデザインを変えた三層構成のデザインになっています。

p2221281-1_202004261636172f4.jpg

この住宅はレジスタンス通りの東側に入った場所で見掛けた住宅です。

ランシー18

ボゥウインドー風に張り出した部屋が特徴的。

ランシー19

更に細い路地に入った場所に建つ住宅。

この建物の様に、外壁に不正形な10cm程度の石を、恐らく2~5cmの厚みに割って貼ったものを多く見掛けます。と言うよりも、古そうな建物の殆どがそうかもしれません。

色は薄い茶系です。

下の4枚は ノートルダム・ル・ランシー教会 西側の住宅地に建つ、お洒落な住宅達。

ランシー14 ランシー15

ランシー16 ランシー17

どの住宅も、外壁は同じような茶系の石貼りです。

レジスタンス通りに戻ります。

p2221283-1.jpg

メリー Mairie Le Raincy ( 市役所 or 区役所 )

ご覧の通り堂々たる構えの立派な建物です。残念ながらネットでも詳細を調べることは出来ませんでしたが、さぞや歴史のある建物ではないかと思います。

img_1116-1.jpg

 

p2221284-1.jpg

建物裏には公園もあり、公園の周りには素敵な建物が並んでいます。

メリー の両隣の建物はコーナー部のデザインに特徴があります。

ランシー22

パリ市内でも最上階角部屋の屋根形状が、まるで帽子かヘルメットをかぶった様なデザインの建物を幾つも見掛けました。

ランシー24 

どちらの建物も全体のデザインは三層構成。特に最上階角部屋のデザインが目を引きます。

ランシー23

奥の公園に面した住宅もレトロでお洒落です。この住宅は特にハイレベルと言えます。 

ランシー37

上の住宅と比べてしまうと、やや新しくシンプルな感じもしますが、どの建物も住棟間隔がたっぷりで造りも豪華です。この町はやはり高級住宅街なんでしょう。 

ランシー38 

更にレジスタンス通りを北に進み、ロータリーを左折しティエール通りに入ります。

p2221286-1.jpg

ロータリーに面して建つ建物。この建物はロータリーの円形に合せて、壁面を湾曲させています。

ランシー25 

角部屋のドームも特徴的で、まるでロケットの先端かイギリスの近衛兵がかぶっている毛皮の帽子の様です。

ランシー26

 

ランシー27

向の建物も外壁がカーブを描いています。

ランシー39

ティエール通りから、石張りの住宅が建並ぶプルーズ通りを見る。

茶系の石張りの住宅が殆どです。

ランシー29

 

ランシー30

ティエール通り沿いのピザ店

  ランシー31

レ・パビヨン=ス-=ボア駅近付いて来ました。このアパートメントも1階は店舗です。 

ランシー32

もうすぐ レ・パビヨン=ス-=ボア駅ですランシー34  

駅に面した建物だったので、駅舎かと思いましたが、レストラン等の店舗かも知れません。

p2221287-1.jpg

 

p2221288-1.jpg

レ・パビヨン=ス-=ボア駅 からトラムに乗り、オルネー・スー・ボワ駅でRER-B5線に乗り換えてパリ市内に戻ります。

ランシー35

パリ郊外を走るトラムの線路沿いにも、このような可愛らしい住宅を沢山見かけました。

  1. 2020/04/26(日) 18:15:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 17 ( 二日目 ) ノートルダム・ル・ランシー教会 - 3 ( 内観 - 2 )

今回はステンドグラスと言うべきか、ガラスブロックと言うべきか微妙な感じの美しい開口部を中心に紹介します。何と呼ぶのが正確な呼び方なのかは定かではありませんが、ここではこの抽象模様の入った色ガラスステンドグラスと呼ばせてもらいます。

コンクリート打ち放し と並んでこの教会を構成する要素は、ご覧の通りの色鮮やかなステンドグラスです。

p2221226-1.jpg

ここでは一枚が50cm足らずの四角いコンクリートパネルに、10cm角程度のステンドグラスを4枚づつ嵌め込んでいます。

p2221223-1.jpg

正方角形と長方形だけでなく、三角形や円形を組み合わせたコンクリートパネルには、その形に合わせた様々な模様のステンドグラスが嵌め込まれています。

p2221230-1.jpg


p2221233-1.jpg


p2221227-1.jpg

数えてみるとコンクリートパネル種類は数種類しかありませんが、パネルの組み合わせと嵌め込めれたステンドグラスの模様によって、限りなく変化に富んだ模様に見えるのです。

p2221250-1.jpg

ステンドグラスの色合いは、入口に近い部分は淡い黄色・黄緑・水色。奥に行くに従って オレンジ・ピンク・赤 ⇒ 紫 ⇒ 青 と変化して行きます。

ステンドグラスの色合いは1スパンごとにの変化していますが、変わっているのは色合いと十字が重なる部分のモーリス・ドニが描いた「受胎告知」などのキリストの逸話を描いた部分だけで、その他の小さなブロックの幾何学模様はどれも同じ構図が使用されているようです。

このステンドグラスパイプのマドモアゼルと言われたマルグリルト・ユレの手により作成されました。

p2221215-1.jpg

北側壁面 入口側から1スパン目 淡い色合いのステンドグラス

p2221215-3.jpg

受胎告知

p2221215-4.jpgp2221215-2_202004202151450d7.jpg

 

p2221243-1.jpg

北側壁面 2・1スパン目

p2221244-1.jpg

北側壁面 3・2・1スパン目

img_1087-1.jpg

北側壁面 2スパン目 このスパンは薄緑の十字架が目立ちます。

img_1087-2_20200420180142099.jpg

p2221244-5_20200420214946dcf.jpgp2221244-4.jpg


p2221244-3.jpg

北側壁面 3スパン目

p2221221-1.jpg

北側壁面 5・4・3スパン目

p2221236-5.jpg 

北側壁面 4スパン目

p2221236-4.jpg 

p2221236-3.jpgp2221236-2.jpg

 

p2221234-5.jpg 

北側壁面 5スパン目

p2221234-2.jpg 

p2221234-3_20200420215330dc3.jpgp2221234-4.jpg

 

南側壁面へ

p2221241-2.jpg

南側壁面 1スパン目

p2221241-1.jpg 

南側壁面 1・2・3スパン目

p2221241-6_20200420223628795.jpg

南側壁面 2スパン目 

p2221241-3.jpg 

p2221241-4_2020042021551356d.jpgp2221241-5.jpg

 

p2221240-1.jpg

南側壁面 2・3・4スパン目

p2221240-6.jpg

南側壁面 3スパン目 

p2221240-2_2020042016185595a.jpg 

p2221240-5_20200420215703819.jpgp2221240-4.jpg 

 

p2221239-1.jpg

南側壁面 3・4・5スパン目

p2221239-6.jpg

南側壁面 4スパン目  

p2221239-2.jpg 

p2221239-5_20200420215812b65.jpgp2221239-4.jpg

 

img_1094-5.jpg

南側壁面 5スパン目

img_1094-2_202004201857066cc.jpg 

img_1094-4.jpgimg_1094-3.jpg 

 

p2221238-1.jpg

聖堂の最奥。祭壇後方のステンドグラスは濃い青色です。

p2221224-1.jpg

海の底の様でもあり、夜空の様にも見える濃いブルーに、赤く縁取られた十字架が浮き上がって見えます。

p2221225-1.jpg

もう一つのサント・シャペルと言われるに相応しい美しさです。

p2221228-1.jpg


p2221229-1_20200419170250b19.jpg



  1. 2020/04/20(月) 22:00:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 16 ( 二日目 ) ノートルダム・ル・ランシー教会 -2 ( 内観 - 1 )

コンクリート打ち放し仕上の質素で地味な外観から受けていた印象が、一歩聖堂内に足を踏み入れた途端に一変します。

p2221251-1.jpg

少しずつ前に進んで行きます。

p2221252-1.jpg

この画像からは、緩いカーブを描くシェル屋根コンクリート打ち放しだと良く分かります。

直径43cm高さ11mのコンクリート打ち放しの柱のあまりの細さは、耐震設計の鉄筋コンクリート造の柱を見慣れている日本人には、信じられない程の細さです。

巾20m×奥行き56mの聖堂は、28本のこの細長い柱で支えられているのです。

p2221254-1.jpg

何と質素であり禁欲的でありながら美しい聖堂でしょう。

4年前に訪れたローマフィレンツェで見た、あまりに豪華で華美な装飾で溢れた教会堂も圧倒されながらも、違和感を感じずには居られませんでした。

この聖堂から感じられる美しさは、清貧の美学とも言える美しさであり、この美しさこそが教会に求められる本来の姿ではないかと思うのです。

p2221248-1.jpg


p2221255-1.jpg


p2221255-2.jpg


p2221250-1.jpg

聖堂入り口左側から

p2221213-1.jpg

あまりに柱が細いゆえに、平面的には身廊側廊の区別が明確ではないので、三廊式と言えるかどうか?

一般的な三廊式の石造教会では、中央の身廊の屋根と壁の荷重を、一段低く造られた側廊の屋根と壁が、身廊を両側から挟み込むようにして支えていました。

ペレ鉄筋コンクリート構造を用いることで、側廊の担っていた身廊を支えると言う役割りを無くした事で、天井高さを身廊と同等としたばかりか、側廊の外壁を重力から解放させ、光溢れる聖堂を造り出すことに成功したのです。

僅かに側廊を思わせるのは、アーケードの代わりに、波のように連続するヴォールト天井だけです。

p2221246-1.jpg

少しずつ前に進んで行きます。

p2221218-1.jpg

聖堂内にはステンドグラスを通して美しい光が差し込みます。

この教会は「もう一つのセント・シャペル」とも「コンクリートのセント・シャペル」とも言われる所以です。

p2221219-1.jpg

なんの飾り気の無い柱は、まるで針葉樹の幹の様です。コンクリート打ち放しの武骨な表情と直径43cmと言う細さが、かえって強く自己主張をしているようです。

img_1091-1.jpg


img_1092-1.jpg


img_1093-1.jpg


p2221237-1.jpg

祭壇に上がる手摺も外壁のコンクリートパネルに似たデザイン。

p2221220-1.jpg

ここでも乾式工法が取り入れられていると思われます。

p2221235-1.jpg


p2221222-1.jpg

緩いカーブを描くシェル屋根にも同じデザインのコンクリートバネルが嵌め込まれています。一部は照明器具が組み込まれているように見えます。

p2221245-1.jpg

照明器具も豪華なものではありませんが、味わい深さがあります。

p2221216-1.jpg

聖堂入り口右側から

p2221217-1.jpg


p2221257-1.jpg

一気に奥へ

img_1094-1.jpg


img_1095-1.jpg


p2221231-1.jpg

奥に進んで祭壇横から入り口方向を見る。

p2221232-1.jpg

反対に回って祭壇横から入り口方向を見る。

p2221249-1.jpg

入り口方向を見る

img_1090-1.jpg

2階にパイプオルガンが見えます。

コンクリート打ち放しの円柱が大樹に見え、まるで針葉樹の森の中に居る様です。

p2221242-1.jpg

友人が神父さんに「塔に上れないか?」と聞いてくれたのですが「倒壊の危険があるので、塔には登れない」と言われました。但し2階までなら案内しますと言って下さいました。

p2221264-1.jpg

螺旋階段は鉄骨で造った方が合理的だと思うのですが、厚さ数cm程度の薄いコンクリート製の螺旋階段は、かなり傷んだ印象です。

p2221265-1.jpg

2階から塔に上る階段を見上げる。

p2221261-1.jpg

鐘塔を支える対の丸柱

p2221262-1.jpg


p2221259-1.jpg

2階から聖堂を見る

p2221260-1.jpg

  1. 2020/04/19(日) 12:31:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 15 ( 二日目 ) ノートルダム・ル・ランシー教会 - 1 ( 外観・街並み )

今回からパリ散策の二日目です。但しこの日も第一日目同様に、朝一番目の訪問地はパリから東に40~50分程離れた ル・ランシーの散策 から始めました。

事前に企てた計画では、先ずはメトロでパリ中心部のサン・ラザール駅まで行き、RER-E線を利用してル・ランシー-ヴィルモンブル・モンフェルメイユ駅迄行くつもりでしたが、ホテルの在るガリエーニ駅前を通る路線バスを利用すれば、距離も時間も短く済むことが分かりました。教えてくれたのは勿論パリ在住の友人で、なんとこの日は朝から一日パリを案内してくれるのです。

迎えに来てくれた友人と一緒にホテルを出て、目の前の停留所からバスに乗って出発です。バスは出発すると直ぐに高速に入りました。これは予想外だったので友人も少し驚いていましたが、方向は間違いないようです。10数分程で高速を降り、しばらく一般道を走ってからル・ランシーに向かうロズニー通りに入り、ル・ランシー-ヴィルモンブル・モンフェルメイユ駅の約600m南の停留所でバスを降りました。ここからはランシー通りを真っすぐ駅方向に歩いて行きます。

ランシー1 ランシー2


ランシー3 ランシー4


ランシー5 ランシー6

ランシー通り沿いの街並みは「閑静な住宅街」と言う言葉がぴったりの街並みで、新旧のお洒落なアパートメントや商店、古い住宅が心地よく入り混じって建っています。

ランシー13

ランシー通り歩く途中、交差点の東の彼方に目指すノートルダム・ル・ランシー教会 に似た教会も見付けました。

ランシー7

サン・ルイドゥ・ヴィルモンブル教会

残念ながらこの教会の詳細は分かりませんでした。

ランシー10

ル・ランシー-ヴィルモンブル・モンフェルメイユ駅

10分程でRER-E線の駅に到着、線路を潜ると、ちょっとした広場とロータリーが在ります。

ランシー8 ランシー9

駅を過ぎても一直線の道が続き、心地よい風景の街並みが続きますが、通りの名前はレジスタンス通りに変わります。緩やかな上り坂の先に目指す ノートルダム・ル・ランシー教会 の鐘塔が見えて来ます。

img_1076-1_20200418153623c9e.jpg img_1077-1_202004181536522d6.jpg


img_1078-1_20200418153800f5a.jpg img_1081-1_20200418153814d43.jpg

鐘塔がどんどん大きくなって来ました。

p2221202-1.jpg


p2221203-1.jpg


p2221204-1.jpg

ノートルダム・ル・ランシー教会

一見すると、豪華さに欠ける地味な灰色の教会と思われるかもしれませんが、鉄筋コンクリートの父と言われるオーギュト・ペレの代表作として、そしてコンクリート打ち放しで建築された世界最初の教会として、近代健築史上大変重要な建築なのです。

オーギュト・ペレは前日に訪問した フランクリン街のアパート の設計者です。フランクリン街のアパート が竣工たのが1903年ですのでこの教会はその20年後、1923年の竣工です。 

p2221205-1.jpg

鐘塔の高さは50m。 正面の横幅は20m。 聖堂の奥行きは56m。

ノートルダム・ル・ランシー教会  の建設は1922年にフェリックス・ネグル司祭が、第一次世界大戦中の1914年に行われたマヌルの戦いにおける、戦没兵士のための記念碑としての教会堂の建設を、ペレに依頼したことから始まります。ペレはキリスト教徒ではではありませんでしたが、自ら建設費の一部までも負担したとか。

フェリックス・ネグル司祭が何故キリスト教徒でもないペレに教会堂の建設を依頼したのか? その理由を記載した資料は見つけられませんでしたが、短い工期と低予算での教会堂の建設計画だった為に、従来の石造の教会では実現がな困難だった為、新工法の鉄筋コンクリート造の第一人者であったペレに白羽の矢が立ったのかも知れません。

p2221206-1.jpg

設計者 / オーギュト・ペレ

建築年 / 1923年

所在地 / ル・ランシーレジスタン通り83

p2221208-1.jpg

フランクリン街のアパートから20年。構造体や外装を覆っていた外装材はここでは全く見られません。ペレのデザインコンセプトである「最小限の材料と労力により最善の仕事をする」「構造の単純化」「コンクリートの美しさを生かす」が実現されたのです。

コンクリート打ち放しで建築された世界最初の教会として歴史に名を残しているこの教会は、他にも現代でも通用する先進的な工法を試みています。

それは工事のプレファブ化です。

この建物の場合も、構造体である柱と梁とシェル屋根は、現場で組み上げた鉄筋と型枠にコンクリートを打設していますが、

低層部の非構造の壁面や建物正面の開口以外の壁にはコンクリートブロックが、開口部には抽象模様の色ガラスを嵌め込んだコンクリートパネル取り付ています。工場や作業場などで作っておいた部材を、現場では構造体に取り付けるだけにするのがプレファブなのです。

ここの時期既にプレファブの考えを取り入れていると言えそうです。

日本ではプレファブと聞くと、仮設現場事務所の様なものを連想しがちですが、プレファブとは prefabricate の略語で意味は pre-(既に) fabricate-(製造する、規格部品でつくる) であり、プレファブ化は工期の短縮には欠かせない考え方なのです。

19世紀までの石造の教会建築は、着工から完成までに数十年、場合によっては100年以上掛かる場合もありましたが、工事にプレファブ化も取り入れたことにより、僅か13ヶ月と言う超短期間の工期を実現させたのでしょう。

p2221207-1.jpg


p2221277-1.jpg


p2221278-1.jpg


p2221276-1.jpg


p2221272-1.jpg


p2221211-1.jpg


p2221210-1.jpg


p2221210-2.jpg

外部には幾何学的な装飾以外の物は殆ど見られません。

唯一がこのレリーフと鳥の彫刻だけ。

p2221279-1.jpg


p2221279-2.jpg


p2221275-1.jpg


p2221274-1.jpg


p2221269-1.jpg

前日に見学した スイス学生会館 とは築後9年しか差はありませんが、庇や軒の出等が全く無いこの建物の外壁は、傷んでいる部分が目立ちます。

p2221269-2.jpg


p2221268-1.jpg


p2221268-2.jpg


p2221271-1.jpg


p2221270-1.jpg

特に教会正面の鐘塔を支える5本づつ束になった、細い円柱の痛みが目立ちます。

もう一つのペレの遺した言葉に「私のコンクリートは石よりも美しい。私はそれを加工して削る(中略)。そして最も高価な化粧材の美しさに勝る素材にする。」と言うものがあるそうです。

残念ながら築後120年を経過した現状を見る限り、鉄筋コンクリート構造で実現した構造は兎も角として、化粧材としての美しさは石の耐久性を上回ることは出来なかったようです。

p2221209-1.jpg

短期間にローコストで建てられた教会だからか、教会前の広場の舗装には、河原で拾って来たかのような玉石がコンクリートに埋め込まれています。

次回は内部を紹介します。

  1. 2020/04/18(土) 12:41:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 14 ( 一日目 ) コンコルド広場・エッフェル塔 の夜景

ラファイエット に向かうバスの窓から、薄紅色に染まって行く空を見た友人は「間に合わないかもしれないから、ここで降りよう」と言って コンコルド広場 の近くでバスを飛び降りて噴水に向かって走って行きます。同い年の女性とは思えない素早さだったので付いて行くのも必死でした。

p2221152-1.jpg

コンコルド広場の夜景

オベリスク 噴水 エッフェル塔 のスリ-ショット。

コンコルド広場マドレーヌ聖堂 ブルボン宮 を結ぶ 南北の線 と、ルーヴル美術館チュイルリー庭園シャンゼリゼ通り 凱旋門 へと続く 東西の線 の交点に位置する、まさに パリの中心に位置する広場 なのです。

設計者 / ジャック・ガブリエル

建造年 / 1755年

所在地 / パリ8区

オベリスク の両側に配置された 噴水 は、サン・ピエトロ大聖堂 の噴水を模したものです。

p2221153-1.jpg

噴水 と エッフェル塔 -1

色々な角度と組み合わせで夕焼けを撮影してみました。

p2221157-1.jpg

コンコルド広場から見たエッフェル塔 -1

img_1065-1_20200418114710bcd.jpg

コンコルド広場から見たエッフェル塔 -2

p2221158-1.jpg

噴水 と エッフェル塔 -2

p2221166-1.jpg

コンコルド広場から見たエッフェル塔 -2

p2221160-1.jpg

オベリスク と エッフェル塔 -1

p2221162-1.jpg

オベリスク と エッフェル塔 -2

広場は1755年に建築家のジャック・ガブニエルによって設計され、ルイ15世の騎馬像が設置されていた為 ルイ15世広場 と呼ばれていました。

ルイ15世の騎馬像は、フランス革命後に 革命広場 と呼び名が変わりルイ15世の騎馬像は取り払われます。1795年には一度、調和を意味する コンコルド広場 となります。

しかし、王政復古の際には ルイ16世広場 となり、1830年の7月革命経て、やっと コンコルド広場 に落ち着くのです。

フランス革命際には、処刑場として使用され、ルイ16世マリー・アントワネットを初め1343人の貴族や庶民までもがこの広場で処刑されたのです。

p2221163-1.jpg

オベリスク と エッフェル塔 -3

p2221164-1.jpg

オベリスク と シャンゼリゼ通り と 凱旋門 -1

オベリスク 越しシャンゼリゼ通りの奥に 凱旋門 が見えます。

高さ22.55mのこの オベリスク は、紀元前1279~1213年頃に造られた ルクソール神殿 の対のオベリスクの一本で、7月革命 ( 1830年 )の後、1836年にムハンマド・アリー王から送られたものです。

p2221168-1.jpg

オベリスク と シャンゼリゼ通り と 凱旋門 -2

セーヌ川に移動しましょう。

p2221187-1.jpg

セーヌ川 と エッフェル塔 -1

p2221188-1.jpg

セーヌ川 と エッフェル塔 -2

p2221194-1.jpg

セーヌ川 と エッフェル塔 -3

img_1066-1_20200418114800546.jpg

セーヌ川 と エッフェル塔 -4

夜景の撮影は得意でないので、旨く撮れなかった事が残念です。

p2221171-1.jpg

エッフェル塔

上下の2枚はモード変えて撮影したものです。

通常のモードの方がよかったですね。

p2221178-1.jpg

セーヌ川 と エッフェル塔 -4


1時間に1度のシャンパンフラッシュも丁度始まりました。

この日の昼に見た エッフェル塔 は、曇天だったこともあり、思ったような写真は撮れませんでしたが、友人のお陰で一生の思い出になるような 美しいパリの夜景 を見ることが出来ました。感謝しかありません。

1586852864586.jpg

最後にはちゃんと記念撮影もしておきます。

この夜景を見ることで、この日の運は使い果たしてしまったのでしょう。どこの店も満員でなかなか夕食に有り付けません。最後に友人が行き付けの中華料理店に落ち着いたのですが、疲れて写真を撮り忘れてしまいました。


  1. 2020/04/14(火) 17:32:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 13 ( 一日目 ) 凱旋門

スイス学生会館、ブラジル学生会館コルビジュエの設計した2棟の建築の見学を終え、次の予定の 凱旋門 へ向かう為、RER-B線の国際大学都市駅へ戻り、来た経路の反対にダンフェール・ロシュロー駅でメトロ-6号線に乗り換え 凱旋門 のあるシャルル・ドゴール・エトワール駅へ向かいました。

p2221123-1.jpg

エトワール凱旋門

パリの 凱旋門 言えば通じるとは思いますが、正式には エトワール凱旋門

エッフェル塔 と並びパリを代表する建造物です。

この 凱旋門 を中心にシャンゼリゼ通りを初め、12本の街路が放射線状に延び、その平面が星の様に見えることから「星の広場 ( エトワール広場 ) の凱旋門」と言われていました。

( 現在この広場は シャルル・ドゴール・エトワール広場 となっています。)

p2221125-1.jpg

ナポレオンは、1805年にアウステルリッツでオーストリアとロシアの連合軍との戦いに勝利したことを祝って ルーヴル宮殿 の前庭に 凱旋門 ( カルーゼルの凱旋門 ) を建築させました。

しかし、完成した 凱旋門 見たナポレオンは、自分が考えていたよりも小さかった事を不満に思い、新たに建設を命じたのがこの エトワール凱旋門 です。

但しナポレオンがこの エトワール凱旋門 の下を実際に通る事が出来たのは1840年。彼の死後20年も後になってしまったのです。

p2221127-1.jpg

設計者 / ジャン・シャルグラン

着工年 / 1806年 ~ 完成年 / 1836年

建築様式 / 新古典主義

所在地 / パリ 8区 シャルル・ド・ゴール広場

ナポレオンは古代ローマ帝国に倣った凱旋門を造ろうとしましたが、度重なる政変により工事は度々中断し、完成までに30年も掛かってしまったのです。

ナポレオンが完成を願った新しい凱旋門は、高さ50m、幅45m、奥行きは22m ので巨大なものになりました。

p2221126-1.jpg

4本の柱には、ナポレオンの栄光の歴史を称える、4つの浮彫が施されています。 

p2221128-1.jpg 

1814年抵抗 

p2221129-1.jpg  

1815年平和

p2221140-2.jpg

1792年の義勇兵の出陣 ( ラ・マルセイエーズ ) リュード作  

p2221140-3.jpg

1810年の勝利 コルトー作

p2221132-1.jpg

 

p2221137-1.jpg 

凱旋門 の下には 無名戦士の墓 をはじめ多くの祈念のプレートが埋め込まれています。

p2221136-1.jpg

凱旋門 の真下から4方向を見てみましょう。 

p2221139-1.jpg

シャンゼリゼ通り方向を見る 遠くにコンコルド広場オベリスク ルーヴル美術館 も見えます。

p2221133-1.jpg

グランド=アルメ通り方向を見る 遠くに 新凱旋門 が見えます。

p2221134-1.jpg

ワグラム通り方向を見る 

p2221135-1.jpg

クレベール通り方向を見る

p2221138-1.jpg

  

img_1052-1.jpg

当初は 凱旋門 の上にに登るつもりでしたが、疲れていたうえに屋上に登る階段の前に、長い列が出来ていたので諦めました。

p2221140-1.jpg

 

p2221142-1.jpg 

今回も上手く手の平の上に乗せることは出来ませんでした。

記念写真も撮ったので、シャンゼリゼ通りコンコルド広場に向かいます。

p2221143-1.jpg

暫く憧れの シャンゼリゼ通り を楽しみます。

p2221144-1.jpg

 

p2221145-1.jpg 

 

p2221146-1.jpg 

シャンゼリゼ通りの途中で 凱旋門 を振り返ってみました。

p2221147-1.jpg

シャンゼリゼ通りを散策する途中で、この日も仕事終りの友人が来てくれました。

p2221149-1.jpg

ウィンドーショッピングをしたり、実際にデパートに入ったりしながら、しばらくはシャンゼリゼ通りの雰囲気を楽しみました。  

p2221151-1.jpg

シャンゼリゼ通りからみた夕焼け空と 凱旋門

友人がこの夕焼けを見て「ラファイエット の屋上から夕焼けを見よう」と思い立ち、近くの停留所から路線バスに跳び乗って ラファイエット に向かいました。

  1. 2020/04/13(月) 09:52:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 -12 ( 一日目 ) ブラジル学生会館

国際大学都市 には スイス学生会館 の他にも ル・コルビジュエ が設計した学生会館が在ります。

p2221098-1.jpg

ブラジル学生会館

設計者 / ル・コルビジュエ

建築年 / 1959年

所在地 / パリ14区国際大学都市

スイス学生会館 の完成後30年近い歳月を経ての完成です。

p2221100-1.jpg

プラン構成は スイス学生会館 の物を踏襲していますが、鉄骨フレームの軽やかなイメージの スイス学生会館 に対し、コンクリートの醸し出す重厚なイメージの建築です。

ブラジル学生会館 


p2221101-1.jpg

西側立面は

スイス学生会館 の北側立面の構成を踏襲しています。

p2221104-1.jpg

低層の付属棟は スイス学生会館 と同様の荒々しい野積みのです。

P2221103-1.jpg

派手な原色に近い黄色や赤の着色は、30年前には見られない点でしょうか?

p2221105-1.jpg

建物の規模の違いからでしょうか、ホールのある低層の付属棟は広めに計画されているようです。

p2221110-1.jpg

鉄骨フレームで組まれた鳥籠のような軽い上総階を、やや不安定に見えながらも軽々と持ち上げているような印象の スイス学生会館 に対し、ブラジル学生会館 では太い3本のコンクリートの梁の上に乗せた重たいコンクリートの塊りを、まるで高速道路の橋脚の様な柱が支えています。

p2221106-1.jpg

柱と言うよりは壁と言っていいでしょう。

この建物もコンクリートの状態は非常に良好です。

p2221109-1.jpg


p2221107-1.jpg

やはり高速道路の橋脚の様に見えます。

p2221108-1.jpg


p2221111-1.jpg

バルコニー側 ( 東側 ) の立面は一部が着色されたコンクリート打ち放し仕上

鉄骨フレームの スイス学生会館 とは全く異なる印象です。

この立面は第二次世界大戦後の1940年代後半から計画が始まり、50年代にマルセイユやベルリンをはじめとし、フランス各地で実現された ニテ・ダビタシオン 彷彿させるデザインです。

p2221112-1.jpg

通常のレンズでは建物全体が撮れなかったので、ゆがみは出ますが高角レンズでも撮ってみした。

p2221114-1.jpg

ブラジル学生会館 にはバルコニー側にも一部2階建ての低層の付属棟が在ります。

p2221115-1.jpg

こちらの付属棟には図書室、館長室、秘書室の他に館長用の住宅があるようです。

p2221116-1.jpg

この部分は館長用の住宅です。

p2221118-1.jpg


p2221119-1.jpg


p2221120-1.jpg


ブラジル-2

1階ホール

天井はコンクリートの打ち放し仕上げ。天井高は決して高いとは言えないものですが、梁型などの出っ張りが一切ないオールフラットなデザイン。


ブラジル-3


ブラジル-4

壁は一切なくフラットな天井は黄色や緑や青に着色された円柱のみに支えられているので、明るくて開放的な空間が出来上がっています。

ブラジル-1


ブラジル-5


ブラジル-6

中庭に置かれたオブジェが コルビジュエ に関係があるかは不明です。


  1. 2020/04/11(土) 12:32:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 11 ( 一日目 ) スイス学生会館

フランクリン街のアパート を見学した後、予定では妻の希望で 凱旋門 に登る予定でしたが、トロカデロ庭園 の少ない階段を登っただけで既にクタクタになっていたので、この日は 凱旋門 は眺めるだけにしてもらい、少し時間に余裕があったので予定には無い 国際大学都市 に行くことにしました。

パッシー駅からメトロ-6号線でダンフェール・ロシュロー駅でRERに乗り換え国際大学都市駅へ向かいました。メトロ-6号線はメトロにも拘らず、地上を走っていたので歩かずにパリ(15区)の街並みを眺めることが出来てラッキーでした。

国際大学都市駅を出ると、ジュルダン通り腰にキャンパスの入り口らしき建物が在ります。

国際大学都市

実は今回のパリ旅行は、妻が積極的に企画したものでした。地図を見るのが苦手な妻に変わって、散策コースは私が決めたのですが、妻の行きたい場所をメインに計画し、私の希望はなるべく少なくしていたので、国際大学都市の見学は「絶対に行きたい場所」には入れていなかったのです。

国際大学都市は都市と言うだけあって世界各国の学生会館や施設が建ち並び、広さは37ヘクタールもあるので、目的のスイス学生会館まで行きつくのにかなり時間が掛かってしまいました。

p2221082-1.jpg

スイス学生会館

設計者 / ル・コルビジュエ

建築年 / 1932年

所在地 / パリ14区国際大学都市内

ル・コルビジュエ フランク・ロイド・ライトミース・ファン・デル・ローエ と並ぶ近代建築の三大巨匠の一人。

但し、近代建築に与えた影響力は他の二人と比較して群を抜いていると言えるでしょう。彼の唱えた「近代建築の5原則」「住宅は住むための機械である」 と言う言葉はあまりにも有名です。

p2221083-1.jpg

1905年頃から約10年間に設計した住宅は、コルビジュエの設計とは思えない住宅ばかりですが、1914年にあの有名ドミノ・ハウスを発表し、その後はドミノ・システムの思想に基づく住宅や集合住宅の計画案を発表、1917年に永住の為にパリに移住します。

1922年には「300万人の為の現代都市」プロジェクト案を発表。同年にブノ邸を完成させ、この住宅を期に実施作品の傾向が転換されたと言われています。

1920年代にはパリ近郊を中心に、ラ・ロッシュ邸サヴォア邸を始めとした白い外壁の住宅を次々に設計し、30年に近付くとジュネーブの集合住宅(クラルテ)、救世軍ホテルなど建物の規模は一気に大きくなりました。

このスイス学生会館はそんな時期の作品の一つです。


スイス学生会館


p2221084-1.jpg

この建物はこの北側立面と後で紹介する南側立面が同じ建物とは思えない程異なります。

主棟と付属棟のデザインもまるで異なるのです。

主棟の北側は大盤石張りの外壁に正方形に近い気窓が整然と並ぶ端正な印象の立面を、階段室の曲線を帯びた窓の無いマッシブな面がアクセントのように存在し、更に低層の共用室は反りあがった屋根の主張もさることながら、荒々しい野積みの外壁のインパクトは衝撃的でもあります。

これが「自由な立面」なのでしょう。

p2221083-2.jpg


p2221085-1.jpg

少し見る角度を変えると、マッシブに見えた階段室の西立面は全面ガラスブロックです。

p2221088-1.jpg


p2221092-1.jpg


p2221086-1.jpg

そして コルビジュエ と言えば、その代名詞はピロティーです。

p2221087-1.jpg

洗い出しの敷盤

p2221091-1.jpg

ピロティーを支える柱は、構造的と言うよりはコンクリートのもつ彫塑性を芸術的に表現したものです。

p2221089-1.jpg

丹下さんや前川さんのピロティー柱とは、大分印象が異なります。

p2221090-1.jpg

直接雨架かりが有る場所ではない為か、コンクリートの状態は驚くほど良好です。

p2221094-1.jpg

こちらの柱も構造的と言うよりも、芸術的な印象です。

軒天の目を引く青い部分は配管カバーでしょうか?

p2221093-1.jpg

主棟の2階意匠の寮室は、1階の柱からは大きく張り出しているので、構造的にはかなり不安定な印象を受けてしまいます。

p2221095-1.jpg

南西側外観

この様に開口部の多い南側立面は、北側とは全く異なる印象です。

2~4階の上総階は鉄骨フレームで組まれた軽さを強調したデザイン。

p2221096-1.jpg

こちらから見ると、少ない柱と片持ち梁でも軽々と持ち上げているように感じられます。

p2221097-1.jpg

所々屋根や外壁に開口のある5階部分は如何使われているか知りたいです。


室内-6

ロビーにはコルビジュエの作品の写真や図面を描いた楕円の柱が目を引きます。

室内-7

スチール部への着色は、派手さを抑えたクールな印象です。

室内-8

階段を上がった奥には、ガラスブロックの階段室が見えます。

階段室,JPG

鉄骨階段とガラスブロックで明るく軽快な印象を受けます。

室内-1

サロンの内部は荒々しい野積の外壁から受ける印象とは真逆のデザインです。

室内-9

野積の壁の裏側には、画家でもある コルビジュエ の派手派手な壁画が壁一面に描かれています。

室内-4

ロビー側は細い鉄骨柱とガラスで構成され、ピロティーの彫塑的な力強いデザインとは逆に、軽々とした軽快なデザインです。

  1. 2020/04/10(金) 12:30:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 10 ( 一日目 ) フランクリン街のアパート

シャイヨー宮 の広場を抜けてパリ有数の高級住宅街と聞くパッシー地区へ。

シャイヨー宮 西棟の直ぐ北側のフランクリン通りを歩くと直ぐに、一般の方にはそれ程は知られていないかもしれませんが、近代建築史を学んだものなら誰もが知る建物が在ります。

p2211059-1.jpg

フランクリン街のアパート

p2211063-1.jpg

両側の建物と全く隙間なくこの建つこのアパートメントは1903年に建てられました。

設計はオーキュスト・ペレーとギュスターヴ・ペレーベレー兄弟

父親の建設会社を受けついだペレ-兄弟は、著名に A . G . Perret とするほど常に協力し、19世紀の後半に先ずは土木界に徐々に広まり、19世紀末期には建築界にも取り入れられ始めた鉄筋コンクリート構造の可能性の追求に勤めました。

ペレー兄弟のデザインの考え方は「最小限の材料と労力により最善の仕事をする」「構造の単純化」「コンクリートの美しさを生かす」ことでした。

p2211065-1.jpg

フランクリン街のアパート は初期の鉄筋コンクリート造の建築として、ペレー兄弟のデザイン思想を実践した建築として、多くの近代建築史の本に登場する、大変重要な建物なのです。

p2211061-1.jpg

セットバックしている7階と8階はペレー兄弟の自邸でもあります。

屋上には、後にル・コルビジュエ近代建築の5原則の中でも挙げた屋上庭園を連想させる屋上植栽が、既に試みられています。

アトリエ

1階はペレー兄弟のアトリエだった時期もあり、若き日のコルビジュエも働いていました。

p2211062-1.jpg

2~6階は賃貸アパート。

周りのアパートと比べ、鉄筋コンクリート造の特性を最大限に活かした開口部の非常に多いデザインとなっています。

建築学体系-近代建築史 によると、あまりに開口部が多いデザインは、壁ばかりの組積造の建物に慣れ親しんでいる人々にの目には弱い建物と映ったらしく、専門家でさえ早期の倒壊を予想した為に、銀行はこのアパートへの抵当権の設定を拒絶したとか。

ただ、学生の頃に読んだこの文献に書かれていたものとは、外壁のイメージが大分違っている部分があります。

p2211071-1.jpg

建築学体系-近代建築史 には「ここで驚かされるのは、鉄筋コンクリートの骨組みが、粉飾 ( 装飾の誤記かも? ) されずに建物の構成要素としてはっきり外面に現れていることである。

事実正面にわたって通った垂直および水平の柱や梁は、目を奪うほどであり、その間には何の装飾もなくて、ただ2階から7階までの階を街路上に片持梁で突き出した部分だけが、この装飾なしのファサードをいっそう軽快なものにするのに力をかしている。」と記されているのです

p2211067-1.jpg

実際に見た フランクリン街のアパート は、コンクリートが剥き出しになっているところはなく、様式的な装飾ではないものの、壁と言う壁には派手な花柄のタイルで飾られているじゃありませんか!!

勿論、事前にネットでカラー画像を見ていたので、建築学体系の文章から連想されるような無装飾なファサードとは思っていまんでしたが、花柄のPC板の様なものかと思っていました。

「見ると聞くとは大違い」とはまさにこのことです!!

キャプチャ

構造設計を担当したのは フランソワ・エンヌビック 資料には鉄筋コンクリート ラーメン構造と記されていますが、ラーメン構造と言うにはあまりの柱の細さに驚かされます。

この基準階のプランはネットに載っていた資料を私がトレースしたものですが、寸法や縮尺の記載が無かったので、グーグルアースで間口寸法をを推測して作図しました。私の推測が正しければ柱の直径は40cm足らずです。

p2211072-1.jpg

この派手な陶器のタイルを担当したのは アレクサンドル・ビゴ

p2211073-1.jpg

実際に見るまでは、現存する世界最古のコンクリート造のアパートと言う事に注目していましたが、この建物が100年以上もこのように綺麗な状態で維持されていると事実も含めて、構造体である鉄筋コンクリートを外気から守るタイルのデザインを担当したビゴの果たした役割は、非常に大きいのではないでしょうか。

p2211076-1.jpg

 

p2211068-1_20200408183251f54.jpg


p2211070-1.jpg

こんなタイルは日本では見たことがありません。 

p2211069-1.jpg

 

p2211069-2.jpg


p2211075-1.jpg
意匠設計者 / オーキュスト・ペレー、ギュスターヴ・ペレー

構造設計者 / フランソワ・エンヌビック

竣工年 / 1903年

所在地 / パリ16区フランクリン通り

通り

 

p2211079-1.jpg

最後に比較対象として、同じフランクリン通り沿いの他のアパートの画像もアップしておきます。

  1. 2020/04/08(水) 19:05:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 9 ( 一日目 ) エッフェル塔

RER-C線を ポン・ド・ラルマ駅で下車し直ぐに地上に上ると、目の前にパリのシンボル エッフェル塔 が見えて来ます。

p2211047-1.jpg

エッフェル塔

p2211050-1.jpg

塔先端までの高さは300m、1889年にフランス革命100周年を記念して開催された第4回万国博覧会の際に建てられたものです。

1886年の設計コンペによって、既に鉄橋建設で定評のあったエッフェル社の案が選ばれました。

設計はエッフェル社の技師 モーリス・ケクランエミール・ヌーギエに、建築家のステファン・ソーヴェストルが共同で行います。

旅に出る前の計画では エッフェル塔 に登るか登らないかを悩みましたが、エッフェル塔 は上るよりも眺めた方が良いと判断して、上るのは 凱旋門 にして エッフェル塔 は諦めることにしました。

p2211051-1.jpg

現在では誰もがパリのシンボルと認める存在ですが、建築当時はそのあまりに奇抜な外観の為に賛否両論があり、文学者のモーパッサンは「パリの中で、忌々しい エッフェル塔 を見なくて済む唯一の場所だから」と言う理由で、エッフェル塔 1階のレストランに通ったと言う話は有名です。

とても楽しみにしていた エッフェル塔 でしたが、近過ぎて塔全体がフィルターに収まらないうえに、天気が悪く曇空が背景では塔が映えずに綺麗な写真が撮れません。

ジャン・ド・マルス公園にも行こうかと思っていましたが、この天気ではいい写真が撮れる筈はないと諦めて、次の目的地へ向かう為にイエナ橋を渡ります。

p2211053-1.jpg

シャイヨー宮 イエナ橋からシャイヨー宮を見る

対岸 ( 右岸 ) には エッフェル塔 と向き合うように建つ シャイヨー宮 が見えます。

右に視線を振って

p2211052-1.jpg

イエナ橋 から ドゥビリ橋 方向を見る。

p2211054-1.jpg

イエナ橋 を渡り エッフェル塔 を見返す。

アングルは良くなりましたが曇天が如何ともし難いです。

p2211055-1.jpg

トロカデロ庭園 の階段を登って シャイヨー宮 の前から。シャイヨー宮1

シャイヨー宮

p2211058-1.jpg

シャイヨー宮 は左右対称に配置された二棟で構成されていて、二棟の間は広場になっていてます。この広場は エッフェル塔 を見る絶好のビュースポットで、沢山の大道芸人や土産売りで賑わっています。

p2241984-1.jpg

この写真は、3日後に シャイヨー宮 内の 建築博物館 から撮影した写真。

p2241985-1.jpg

黒い高層ビルは モンパルナスタワー

金色のドームは アンヴァリッド

そり左に小さく パンティオン のドームも見えます。

img_1032-1_2020041217310377a.jpg

記念写真とちょっとしたお遊びも

img_1038-1.jpg

指先で エッフェル塔 を挟んだように撮ろうとしましたが、これが意外と難しかった!!

この後は シャイヨー宮 の直ぐ裏に在る フランクリン街のアパート へ向かいます。

  1. 2020/04/05(日) 17:40:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 8 セーヌ川左岸を歩く

細い鉄骨で出来た ボン・デ・ザール ( 芸術橋 ) を渡って左岸へ。

p2211026-1_20200329160529233.jpg

ボン・デ・ザール ( 芸術橋 )

p2211027-1_20200404154212e27.jpg

驚いた事に床は木製です。

ポンデザール1804年ルイ・アレクサンドル・セザールの設計でパリで初めての金属製の橋として架けられました。

p2211025-1_20200329160500597.jpg

当初は9連アーチでしたが1852年にはコンティ通りを拡幅するために左岸の2つのアーチが1つに変更さます。

20世紀前半の2度の大戦中の爆撃と、その後に起こった2度の船の衝突による損傷により、1977年に橋は閉鎖され、1979年に船が衝突した際についに崩壊してしまったのです。

現在の橋は1984年に架けられたもので、ポンデザールに似せて造られ隣のポンヌフの7連アーチ橋に合わせてアーチの数は9から7に減らされています。

p2211028-1.jpg

ポンヌフ

ポンデザール から 右岸~シテ島 を結ぶ ポンヌフ を見る。

p2211029-1.jpg


p2211030-1.jpg

ポンデザール から 右岸~シテ島~左岸 を結ぶ ポンヌフ を見る。

右岸 (北 ) 側にはアーチが7つ、左岸 ( 南 ) 側にはアーチが5見えます。

竣工は1607年で、アンリ3世命により、ジャック・アンドルーエ・デュ・セルソーの設計により建設されたパリ最古の橋。その全長は238mあります。

ポンデザール に戻りましょう。

ポンデザール は 愛の南京錠 でも有名です。

p2211033-1.jpg

2008年頃から南京錠に恋人達が二人の名前を書いて欄干の金網に取り付けて鍵をかけ、セーヌ川に投げ込むことが流行しはじめ、錠の重さで欄干の金網が崩れて一時橋が閉鎖され、南京錠が取り付けられないように、金網を撤去してアクリル板やガラス板に変わっています。

p2211031-1.jpg 

それでもこれ位はOKの様です。今でも南京錠を売る人も居ました。

p2211034-1.jpg

橋を渡った左岸には バロック風のドームの載った建築が在ります。

p2211036-1.jpg

コレージュ・デ・キャルト・ナシオン ( 四国学院 )

四国学院 の四国とは、1659年にマゼラン枢機卿の主導のもと、スペイン王国からフランス領となった四つの地方 ( アルトワ、アルザス、ピエモンテ、ローシヨン ) を指しており、この地方出身の学生を受け入れ1688年に開校しました。

設計者 / ルイ・ル・ヴォー

建築年 / 1668年

所在地 / パリ6区

建築様式 / イタリア風バロック建築

中央のクーポラと、左右に伸びる湾曲した壁面など、サンピエトロ大聖堂 を彷彿とさせるデザインは、当時はまだフランスでは珍しかったイタリア式バロック建築の典型です。

四国学院

入口の在るペディメントを支えるコリント式のオーダー柱ジャイアント・オーダーと呼ばれるもので、16世紀前半にミケランジェロが用いたデザインでバロック建築の特徴の一つです。

p2211035-1.jpg

ポンデザール を渡った辺りから、セーヌ川越しに右岸 ( 北側 ) の ルーヴル美術館 を見る。

セーヌ川左岸 ( 南側 ) のコンティ通りを西へ歩いて行きます。

p2211037-1.jpg

コンティー通りの歩道には、古書や絵を売る出店が並んでいます。

p2211038-1.jpg


p2211039-1.jpg

セーヌ川ロワイヤル橋 越しに、対岸 ( 右岸・北側 ) の ルーヴル美術館 を見る。

p2211043-1.jpg


p2211042-1.jpg

レオポール・セダール・サンゴール橋

この橋も鉄骨造。マルク・ミムラムの設計で1999年の竣工です

p2211040-1.jpg

コンティー通りには二日後に見学予定の オルセー美術館 が見えて来ました。

p2211041-1.jpg 

オルセー美術館 は1900年のパリ万博の際に建設された オルセー駅を、1986年にガエ・アウレンティの設計により改修工事を行行われ、現在の美術館に生まれ変わりました。

p2211045-1.jpg

ルーヴル美術館ヴェルサイユ宮殿 程では無いにしても オルセー美術館 も実に巨大な建築物です。

パリには エッフェル塔 をはじめ、何度も開催された万国博覧会の遺構と言える巨大建築物が幾つも在るのです。 

p2211044-1.jpg

アールヌーボーのガラス庇

p2211046-1.jpg

本当はセーヌ川沿いの道をこのまま エッフェル塔 迄歩きたかったのですが、この日の予定を消化するには諦めるしかありません。ミュゼ・ドルセー駅からRERを利用してポン・ド・ラルマ駅に向かいました。RERはメトロとは少し乗り方が違うので、まだ時間に余裕のある時に一度乗って慣れておくと言う目的もあります。

img_1025-1.jpg

RER車内

ミュゼ・ドルセー駅 で待っていると ヴェルサイユ宮殿 行の列車が遣って来ました。

なんと2階建ての車両です。私達はパリ市内からバスツアーに参加しましたが、このRERを利用すればツアーに参加しなくても ヴェルサイユ宮殿 行けるのです。

次回は エッフェル塔シャイヨー宮 辺りを散策します。

  1. 2020/04/04(土) 18:55:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 7 ルーヴル美術館 辺り セーヌ川右岸を歩く

ヴェルサイユ宮殿バスツアーは出発地点のピラミッド広場で解散しました。

時計の針は1時を回っていたので、前もって妻が調べてくれていたエルシェ通りのガレット料理が評判の店へ向かいました。

p2211006-1.jpg

ルーヴル美術館 リシュリュー翼 を見ながらリヴォリ通りを東へ

p2211005-1.jpg

ルーブル美術館ヴェルサイユ宮殿 と同様に巨大なうえに、周りの建物も外壁は石造りで似た感じ、高さも条例で規制されているので区別がつかず、その全貌が掴めません。

     framboise

     Framboise

     img_1011-1_202004011639461f4.jpg   

店はすぐ見つかりましたが、メニューに写真が無かったので食べたいと思っていたものとは少し違ていましたが、とにかく目当てのガレットは食べることが出来ました。

食事を終えると来た道をピラミッド広場まで戻り、左手にルーヴルを見ながら左に曲がりセーヌ川

p2211007-1.jpg

カルーゼルの凱旋門

この凱旋門の後方にガラスの逆ピラミッド・ガラスのピラミッド・シュリ翼が在ります。

img_1021-1.jpg

詳しくは後日紹介するとして、とりあえず記念写真を撮っておくことに・・・

p2211008-1.jpg

同じ場所から左手の リシュリュー翼

p2211009-1.jpg

リシュリュー翼 の先端

p2211010-1.jpg

更に左手を見ると リヴォリ通り沿いの建物が見えます。

この写真を撮った時は、この建物も ルーヴル の一部分だと思っていました。

p2211011-1.jpg

同じ場所から今度は右手の ドゥノン を見ます。

やはり全体を一枚の写真で撮るのは無理なようです。

p2211014-1_2020032915454918f.jpg

ドゥノン の先端

このまま右に進んでセーヌ川へ出ると

p2211015-1.jpg

セーヌ川に架るロワイヤル橋

ロワイヤル橋 ポンヌフ橋、マリー橋 に次いで架けられた、パリでは三番目に古い石造の橋。

ルイ14世の出資により1689年、ジャック・ガブリエルジュール・アルドゥアン=マンサールフランソワ・ロランらの設計で完成したものです。

ここからしばらくセーヌ川ドゥノン翼の間の道をシテ島方向へ

p2211016-1.jpg

中央の半円アーチの通路を抜けるとガルーゼル広場へ出ることが出来ます

p2211017-1_202003291559151e4.jpg

セーヌ川側の ドゥノン を見る

右端の三連アーチの通路は ガラスの逆ピラミッド へ続きます。

一つの建物とは思えない大きさですが、どこまでも同じ様な立面が続くので、道路から一段低い川岸へ降りてみます。

p2211019-1_20200329160324a93.jpg

川沿いの遊歩道と水面の近さに少々驚きましたが、パリに来たと言う実感が湧き、ワクワクする気持ちです。

p2211022-1_2020032916035292a.jpg

橋とドームがダンダン近付いて来ます。

p2211021-1_20200329160602845.jpg

遊歩道の樹木にはハートマークやら名前やらが隙間なく刻まれていて、ちょっと痛々しいですね。

p2211018-1_20200329160548db2.jpg


p2211023-1_20200329160402239.jpg

大きく見えて来た橋は ボン・デ・ザール ( 芸術橋 ) でした。

p2211024-1_20200329160449784.jpg

 芸術橋 は思いの他細い鉄骨で造られています。

p2211025-1_20200329160500597.jpg

次回は 芸術橋 を渡って セーヌ川左岸を散策します。

  1. 2020/03/29(日) 15:40:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 6 ヴェルサイユ宮殿⑤ 「ルイ14世の間・王妃の間・大会食の間・衛兵の間・載冠の間」

今日、先ず紹介するのは 鏡の間 の隣と言うか脇 ( 庭園とは反対側の鏡の裏側 ) に在る

ベルサイユ2階

ルイ14世の間 ⑮ から紹介します。

p2210949-1.jpg

ルイ14世の間の隣の部屋 ⑮会議室 として使われていたようです。鏡の間 と並ぶ3室からなる部屋で、上の部屋は 戦争の間 側。

p2210952-1.jpg

ルイ14世の間 ⑯

p2210953-1.jpg

意外と狭い部屋でした。

p2210955-1.jpg

ルイ14世のベッド

p2210956-1.jpg

ルイ14世の間の隣の部屋 ⑰ 平和の間 側。右の扉を出ると 鏡の間 ですが、左の⑱⑲も見てみましょう。

p2210950-1_20200411182056b09.jpg

平面図では上の⑰の下の部屋

パンフレットには King's royal table antechamer ⑱と記されています。王の間の前室 か? 

p2210957-1_2020041118210780a.jpg

更に奥の王の護衛の間 この写真と平面図と扉の位置が合致しないので、他の部屋の写真かも知れません。

 

鏡の間 平和の間 は前回紹介したので、 平和の間 の先に進みましょう。

p2210965-1.jpg

王妃の間 ㉑

p2210966-1.jpg

歴代の王妃が寝室として使用した部屋ですが、マリーア・ントワネット が使用した当時の状態に再現されています。

p2210967-1.jpg 

 有名な王子の公開出産はこの部屋で行われました。

p2210970-1.jpg

パンフレットには Nobles' room と記されていて noble には「高貴な」とか「貴族」と言う意味なので、貴族の間? とでもいったところでしょうか。

落ち着いた雰囲気の淡い水色と黄緑の中間の様な布クロスの壁に、格天井の各間一杯に天井画が描かれています。 

p2210969-1.jpg

次の部屋は真っ赤な壁が印象的です。

p2210972-1.jpg

控えの間 ( 大会食の間 )

王と王妃が公式の食事をしたことから 大会食の間 とも言われていますが、普段は王妃に面会する為の控え室として使われていました。

p2210973-1.jpg

この部屋にも天井一杯に天井画が描かれいます。 

p2210973-2.jpg  

 

p2210974-1.jpg

マリーアントワネットの肖像画

次の部屋は壁の大理石の装飾が目を引きます。

p2210975-1.jpg

衛兵の間 ㉔ 

p2210976-1.jpg

この部屋の天井も天井で一杯です。

p2210977-1.jpg

絵画もいいですが、私的には円や楕円に矩形を織り交ぜた幾何学的な壁の大理石の装飾にひかれます。 

p2210979-1.jpg 

バロックと幾何学模様を融合させた見事なデザインです。

次の部屋は

p2210980-1.jpg

載冠の間

この部屋の窓以外の3面には大きな壁画が飾られています。

p2210981-1.jpg

 

p2210982-1.jpg

部屋の中央に置かれた青い柱も気になりますが、残念ながら今のところ詳細は分かりません。 

p2210983-1.jpg

ナポレオンの載冠式 ダヴィッド作

1804年にノートルダム大聖堂で行われたナポレオンの載冠式を描いたもので、オリジナルはルーヴル美術館に有り、この絵はダヴィットに本人によるレプリカ。

p2210986-1.jpg

4人の女性のドレスの色が、オリジナルとレプリカの違いです。

p2210984-1.jpg

 

p2210988-1.jpg

載冠の間 を出て渡り廊下の様な部屋を通って白大理石の階段室へ 

p2210989-1.jpg

白大理石の階段室

この後、この階段を下りて庭園へ向かいました。

この日は時間が短か過ぎて、ゆっくり見学出来たとは言えません。

ちゃんと見るには丸一日掛けても足りないと思います。

  1. 2020/03/28(土) 18:21:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 5 ヴェルサイユ宮殿④ 「戦争の間・鏡の間・平和の間」

ヴェルサイユ宮殿 の四回目は 戦争の間 ⑫ から紹介します。

ベルサイユ2階

p2210936-1.jpg

戦争の間 ⑫

鏡の間 の手前の角部屋になるので、前日紹介した アポロンの間 から入って来ると、天井の高さとも相まって明るく開けた印象です。

p2210940-1.jpg

敵を踏み砕く馬上のルイ14世 コワズヴォックス作

p2210939-1.jpg

高い天井からつるされるシャンデリアも見事です。

p2210938-1.jpg

 

p2210941-1.jpg

半円アーチの向こうに 鏡の間 ⑬ が見えます。

大理石と金の装飾の豪華さは 鏡の間 と同じ印象です。

p2210937-1.jpg

 

さあ、いよいよ 鏡の間 ⑬ に入りましょう。

p2210943-1.jpg

鏡の間 ⑬⑭

フランスではこの頃はまだ新型コロナは遠いアジアの出来事でしかなく、中国人観光客が減っているという程度の認識だったので、朝の早い時間にも関わらず、鏡の間 はご覧様な混み用でした。

img_0972-1.jpg

マンサールの設計で1868年に完成した、この眩いばかりの豪華な回廊の通常の用途は、王が礼拝堂に向かう時の通路だとか。この回廊が気に入ったルイ14世は、外国の特使らとの接見や大規模な式典や舞踏会にも、この 鏡の間 を利用していたそうです。

回廊の全長は73m、巾は10.5m、高さは13mもあります。

p2210942-1.jpg

シャンデリアは 戦争の間 と同じデザインでしょうか?

p2210948-1.jpg

鏡の間 には54個ものクリスタル製のシャンデリアが取り付けられています。

p2210944-1.jpg

庭園側の外壁には、半円アーチの大きな窓が並びます。

p2210959-1.jpg

窓と向き合う壁には、窓と同じ大きさの17か所の半円アーチが並び、357枚の鏡が嵌め込まれていて 鏡の間 の名の所以となっています。鏡の前にお置かれた金色の大燭台と54個のシャンデリアに、合わせて3000本の蝋燭を灯すと、夜でも昼間の様な明るさだとか。

内装はシャルル・ル・ブランの設計です。

p2210947-1.jpg

  

p2210958-1.jpg 

30枚のル・ブラン作の天井画は全て ルイ14世の栄光の歴史をテーマにしたもの。 

P2210946.jpg 

 

img_0973-1.jpg

記念写真も撮ったので 鏡の間 から 平和の間 ⑳ へ移動します。 

p2210964-.jpg

平和の間 ⑳ 鏡の間 ⑬⑭ を中心に 戦争の間 ⑫ と対をなす角壁部屋です。

平和の間3

 

p2210963-1.jpg

広さも内装も 戦争の間 とそっくりです。

平和の間1

シャンデリアで隠れている楕円の絵は、ヨーロッパにルイ15世がもたらした「平和」を表現しています。

平和の間2

南北に並ぶ 戦争の間・鏡の間・平和の間 の3室を合わせると、1000人以の人々を集める会場とすることも可能だそうです。 

P2210962-1.jpg

平和の間 の窓から庭園を見る。

  1. 2020/03/23(月) 19:03:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 4  ヴェルサイユ宮殿③ 「ヴェヌスの間・ディアーヌの間・マルスの間・メルクリウスの間・アポロンの間」

今日は ヴェルサイユ宮殿 の三回目。 ⑦の ヴェヌスの間 から紹介します。

ベルサイユ2階

p2210913-1.jpg

ヴェヌスの間 ⑦

1670年に造られた部屋。この部屋のデザインは バロック の影響を強く受けているのが分かります。

p2210911-1.jpg

天井画は 神々と強大国を従わせるヴェヌス

ルネ・アントワーヌ・ウアス作

因みに ヴェヌス とは ヴィーナス の事です。

p2210912-1.jpg

ローマ皇帝に扮した青年ルイ14世の彫像 ワレン作

色大理石を駆使した装飾も見事です。

p2210914-1.jpg

窓から北側の庭園を見る。

ディアーヌの間 ⑧ に進みます。

p2210915-1.jpg

ルイ14世の時代にはビリヤード室として使われていました。

p2210918-1.jpg

イーピゲネイアを救うディアーヌ 

ルイ14世はビリヤードに勝つたびに拍手喝采されたので 拍手の間 とも呼ばれたそうです。

p2210916-1.jpg

 

        p2210916-2.jpg

室内には1665年にベルニーニによって製作された ルイ14世の胸像 の他、ディアーヌ にちなんだ絵画や美術品が置かれています。

色大理石の装飾も天井画も壁の装飾も見事です。

p2210917-1.jpg

.

p2210919-1.jpg

窓から北側に伸びる棟を見る

( 今回は見学していない大室礼拝堂より先の部分です)

マルスの間 ⑨

p2210920-1.jpg

天井画は 狼の牽く戦車にのるマルス オーランド作p2210922-1.jpg

当初は 近衛兵の間・儀式の間 として使われていましたが、後に舞踏会や賭け事の社交の場として使用されるようになり 舞踏会の間 とも呼ばれるようになりました。 華やかな装飾はその頃に施されたのでしょうか?p2210925-1.jpg

壁には多くの肖像画が掛けられています。

p2210921-1.jpg

壁の殆どに絵画が掛けられているので色大理石の装飾は見られませんが

p2210924-1.jpg

窓際の壁と床には大理石が見られます。

p2210923-1.jpg


メルクリウスの間 ⑩

p2210929-1.jpg

小ぶりな部屋ですが格天井には沢山の絵画が描かれています。

p2210926-1.jpg

天井に描かれているのはメルクリウス。 すい星を意味します。

p2210927-1.jpg


p2210928-1.jpg

当初はヴェルサイユが正式に宮殿となった時のルイ14寝室で、臨終後は10日程遺体が安置されたそうです。

次の アポロンの間メルクリウスの間 に似たデザインです。

p2210935-1.jpg

アポロンの間 ⑪

この部屋も絵画でいっぱいです。

かつては銀のルイ14世の王座が置かれ、 王座の間 と言われていました。

p2210930-1.jpg

天井画は 太陽の洗車 シャルル・ド・ラフォス作

p2210931-1.jpg

ルイ14世が自分と太陽神であるアポロンを重ね、アポロンが描かれています。

p2210932-1.jpg

 

p2210933-1.jpg

ルイ16世の肖像画 アントワーヌ・フランソワ・カレ作 

p2210934-1.jpg 

ルイ14世の肖像画 イアサント・リゴー作 

  1. 2020/03/22(日) 18:16:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 3 ヴェルサイユ宮殿➁ 「ヘラクレスの間・王室礼拝堂・豊穣の間」

ヴェルサイユ宮殿 の2回目です。

前回紹介した右翼の先端の入り口から内部に入りまいす。p2210893-1.jpg


ベルサイユ2階

     入り口はここから ↑


p2210895-1.jpg

入り口を入ると白い壁に囲まれた吹き抜けのホールがります。

p2210896-1.jpg

ヘラクレスの間 ⑤

ホールは白一色でシンプルな印象でしたが、ヘラクレスの間 に入った途端その印象は一転します。

バロックぽくもなって来ました。

p2210898-1.jpg

ヘラクレスの間 は1604年にヴェネチア共和国からルイ14世に贈られたこの絵を飾るために造られたのだそうです。

p2210898-2.jpg

パリサイ人シモン家の食事  p2210899-1.jpg

天井画ヘラクレスを描いたモールモワーヌの作品

p2210897-1.jpg

装飾は ロベールト・ド・コット

部屋の装飾には色とりどりの豪華な色大理石が使用されています。

以前はこの ヘラクレスの間 が礼拝堂として使用されていました。

この壁の向こう側の部屋に進みます。

p2210901-1.jpg

王室礼拝堂の前室 ④

ヘラクレスの間 王室礼拝堂 の間に在る部屋です。p2210902-1.jpg

.

p2210903-1.jpg

壁龕デザインもバロックらしくなってきました。

p2210907-1.jpg

.

p2210904-1.jpg

王室礼拝堂 

設計者はマンサール。完成は1710年です。

私が参加したツアーでは、前室から除く事しか出来ませんでしたが、長時間のツアーなら中に入れるのだと思います。

礼拝堂

美しい天井画が写っていなかったので手持ちの資料から一枚

p2210906-1.jpg

王室オペラ劇場へ向かう廊下

私の参加したツアーではこの廊下先には行っていません。

一度 ヘラクレスの間 に戻ってから次の間へ

p2210908-1.jpg

豊穣の間 ⑥

p2210909-1.jpg

ルイ14世の宝物収集 をモチーフとした天井画

p2210910-1.jpg

ヘラクレスの間 が礼拝堂だった当時は、この 豊穣の間 が 礼拝堂の前室 でした。

絵画以外の装飾も豪華賢覧です。

  1. 2020/03/21(土) 11:06:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 2 ヴェルサイユ宮殿① 外観

バスは予定時刻を30分近くも遅れてやっとピラミッド広場を出発。

地図

パリ市内はセーヌ川沿いの道路を通ったので、車窓からコンコルド広場グランパレエッフェル塔シャイヨー宮を眺めながら、45分程でヴェルサイユ宮殿に到着です。

p2210889-1.jpg

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿 の前は石畳の 王の広場 が広がっていて、コの字型の両翼を結ぶ金のフェンスで仕切られます。

p2211002-1.jpg

両翼の先端は4本のコリント式のオーダー柱ペディメントを支えるシンメトリーなデザイン。

ヴェルサイユ宮殿ルイ14世の命により1661年から建設が始まり、着工から21年後の1682年、太陽王と呼ばれたルイ14世の栄光を全ヨーロッパに知らしめる壮大な宮殿が完成したのです。

設計者は シュール・アンドゥアン・マンサール

様式としてはイタリアで生まれたバロック様式を独自に発展させた フランス・バロック様式 が採用されているそうです。                                       

p2210888-1.jpg

両翼の更に外側にも、宮殿の付属建物が見えます。                                                                                                            

p2210891-1.jpg

宮殿入口の門

フェンスの中央の門越しに ( 向かって見て ) 左翼の先端を見る。

門の上にはルイ王朝の家紋の百合の花の紋章が輝いています。

p2211002-4.jpg

  

p2210890-1_2020031916264457c.jpg


P2210894-1.jpg

豪華です。

p2211002-2.jpg

( 向かって見て ) 右翼を見る。                                                                                                                                                                                                                                               

p2210893-1.jpg

右翼の先端が宮殿への入り口になっていますが、引き続き外観を紹介します。

ヴェルサイユ前広場

フェンスを入って、広場の奥を見る。

フランス・バロック様式は良く分からないので、外観を見る限り私には バロック と言うより ルネッサンス様式 に見えてしまいます。

p2210990-1.jpg

両翼の先端は薄いピンク色でしたが、奥の棟は外壁の色が濃くなります。

p2210991-1.jpg

右翼

p2210992-1.jpg

左翼

ここからは庭園側の外観です。

p2211000-1.jpg

庭園側の中央部。

鏡の間 が在るところです。

季節が冬であることと、離れて外観を撮る時間が無かったので、てもっの資料から一枚

外観-1


p2210994-1.jpg

この辺りの外観は意外と派手さが抑えられてます。

p2210997-1.jpg

ツアーの終了時間が迫っていたので庭園の見学は殆ど出来ませんでした。

建物の全景を捉える程離れることが出来なかったので、庭園側の外観はこれが限界です。

ヴェルサイユ庭園


p2210998-1.jpg

鏡の間 の前から ラトーヌの泉水 越しに 大運河 方向を見る

あまりの広大さに運河の終わりがよく分かりません。

img_1005-1.jpg

残念ながらこの位置からだと アポロンの泉水 は全く見えません。

img_0990-1.jpg

勿論ここでも記念写真を撮りましたが、自撮りに慣れないので視線が上手く合いません。

p2210993-1.jpg

フランス式庭園

宮殿本館の西側一帯に広がる庭園は、幾何学的模様に刈り込まれたフランス式庭園です。

img_0977-1.jpg


img_0979-1.jpg


p2210995-1.jpg


img_0978-1.jpg

仕事柄、地図や航空写真を見慣れている私でも、とにかく広過ぎて写真と照らし合わせても場所を判別するのに時間が掛ります。

ベルサイユ1階

巨大過ぎるヴェルサイユ宮殿の全体像を掴んでもらう為の手助けに、再度手持ちの資料からもう一枚。

航空写真-3

ヴェルサイユとはパリ郊外の小さな村の名前に過ぎませんでした。

その小さな村に在った、ルイ13世の遺した古い小さな館を取り囲むように建てられ始めたこの宮殿は、南北の長さはなんと680mもの巨大な宮殿となったのです。

次回は内部を紹介します。



  1. 2020/03/20(金) 06:00:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ旅行記 - 1 到着日の夕食 と 一日目朝

4年前のイタリアに続き二度目の海外編 建物探訪 です。

シャルル・ドゴール空港到着は3月20日 15:40 。

パリの東の外れのガリエーニ駅近くのホテルまではタクシーを利用し、チェックインを済ませたのち、パリ在住の友人がホテルまで来てくれたので、妻と三人で何処かへ夕食を食べに行くことに。

友人の案内でガリエーニ駅からメトロ3号線でレビュブリックへ向かいました。

この時メトロの乗り方や降り方を教えてもらったことで、翌朝は妻と二人だけでパリの中心地に行かなければならなかったので、とても助かりました。

タクシーを利用しないつもりの貧乏旅行だったので、市内に張り巡らされた鉄道網を上手に利用出来れば、パリで過ごす数日を有意義なものになります。

レピュブリック広場

レピュブリック広場

夜のレピュブリック広場の周りを少しばかり散策し、広場に面したベルギー料理の店で食事をしました。

ベルギー料理店


img_0962-1.jpg

パリでの最初の食事は何故かベルギー料理でしたが、ムール貝のガーリック蒸しとムール貝にチーズを乗せて焼いた料理。どちらも美味しく頂きました。

img_0963-1.jpg


img_0964-1.jpg

海外旅行に慣れている訳ではありません。食事には何時も苦労するので、パリ在住の友人の存在はとても心強く、初めから終わりまでお世話になりっぱなしでした。

今回の旅行はイタリア旅行以上の低料金だったので、宿泊したのは学生さんが卒業旅行に利用するようなホテルでした。小綺麗で感じは良かったものの、部屋は狭くてゆっくりくつろくのは無理。夕食に気を使わずに済んだのことは、本当に助かりました。


パリ散策の1日目は、ヴェルサイユ宮殿の見学から始まります。

ヴェルサイユパリ南西の郊外なので、パリ散策 と言ってしまうと間違えになりますがご了承ください。

ヴェルサイユ宮殿は少しパリから離れたところに在るので、バスツアーに申し込みました。時差ボケも何のその、早起きをしてメトロで ピラミット広場 前のバスツアーの集合場所へ向かいました。

因みにパリは夜が明けるのが東京より1時間程は遅い感じで、7時だとまだ真っ暗です。

まだ薄暗い中をホテルを出発しメトロの駅へ向かいます。

メトロの乗り方は前日に友人連れられて経験済みなので、戸惑うことなく乗ることが出来ました。

15分程でオペラ駅に着き、地上に上がると目の前に

p2210874-1.jpg

オペラ座 ( オペラ・ガルニエ )

オペラ座はこの旅行で、どうしても見たい建物の一つですが、今日は外を眺めるだけで我慢です。

p2210875-1.jpg

中央のドーム上にアポロンの像が在るなのですが、この位置からだと両サイドの像しか見えません。

p2210877-1.jpg

同じ場所から視線を右へ振ったところ

パリの空には、何故だか何時も飛行機雲が沢山糸を引いています。

img_0966-1.jpg

メトロ2駅ぶん歩いて集合場所のピラミッド広場へ向かいます。

P2210878-2.jpg

ピラミッド広場

10分ほど歩いてピラミッド広場に到着。

p2210878-1.jpg

金の彫像は ジャンヌ・ダルク像

img_0967-1.jpg

出発までに少し時間があったのでちょっとだけルーブルを見に行くことに

p2210884-1.jpg

ルーヴル美術館 リシュリュー翼先端

p2210886-1.jpg

ルーブル の反対側には

p2210880-1.jpg

チュイルリー庭園 が広がります。

チュイルリー庭園 の彼方には、教会の鐘塔エッフェル塔が見えます

p2210883-1.jpg


p2210882-1.jpg

こちらは

p2210881-1.jpg

プチ・パレ でしょうか?

そろそろ時間です。集合場所に戻って ヴェルサイユ宮殿 へ向かいましょう。

  1. 2020/03/18(水) 18:27:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0