アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ヒルズの発電 高まる注目

今朝の朝日新聞に 「ヒルズの発電 高まる注目」 と言う記事が載っていました。

六本木ヒルズではガスを燃料とした蒸気噴射型ガスタービンによる自家発電により、テレビ朝日以外の敷地内全ての施設の電力をまかなっているどころか、周りが節電している中「ヒルズだけが明るいのはおかしい」と考えた管理会社の森ビルの呼びかけにより、15~20%の節電も実現し、余剰電力を東電に提供までしていると言うのです。

節電実現の詳細までは分かりませんが、民間施設が大幅な節電を成功させ、パソコンの画面のグラフにより「電力の可視化」も始められ、夏に向けて更なる節電計画をめざしていると言う記事は、政府と東電による国民の生命と財産を蔑ろにした、余りにも愚かで醜いドタバタ茶番劇にウンザリしていた国民には、小さいながら希望のニュースと言えるのではないでしょうか?

今の政府では実現は難しいとは思いますが、六本木ヒルズのような民間の電力工場を増やし、家庭による電力工場と言える家庭用太陽光パネルの価格を、サミットで管総理が発言したような価格に出来れば、脱原発が現実のものとして視野に入ってくるのではと思っています。

僕は家庭用太陽光パネルの価格がいつまでたっても下がらないのは、東電のような独占企業と国とのなれ合い体質による弊害だと考えています。
よく考えてみれば、家庭用太陽光パネルが本当に普及してしまったら、東電の仕事は半減してしまうのですから、積極的になれないのは当然なのです。

最後に、全ての政治家と官僚の皆さんにお願いします。
東電をはじめとする電力各社は、一企業と言うには余りにも大き過ぎますが、一企業の利益を守ることでなく、国民の生命と財産を守ることこそが、本来の貴方達の使命であることを思い出してください。

スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/05/31(火) 08:58:35|
  2. 環境問題-地球温暖化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京カテドラル聖マリア大聖堂

三渓園の建物を紹介している途中ですが、昨日の淀橋教会に関連して、東京カテドラル聖マリア大聖堂を紹介します。
東京カテドラル聖マリア大聖堂は、同じく丹下健三設計の代々木屋内競技場とともに、、20世紀の世界の建築100選に、日本代表として選ばれるべき名建築だと思っています。

東京カテドラル聖マリア大聖堂①
ブログを始めてもう直ぐ6年になりますが、建物探訪として、最初に紹介したのがこの東京カテドラル聖マリア大聖堂でした。

6年前のブログは ⇒ ≪こちら≫

東京カテドラル聖マリア大聖堂②
この写真は去年のゴールデンウィークに撮影したもので、初めて青空の下で写真を撮ることが出来ました。

東京カテドラル聖マリア大聖堂③
内部も見学することが出来ましたが、ちょうど結婚式を挙げている最中だったので、写真撮影は遠慮しました。

東京カテドラル聖マリア大聖堂④
本当に素晴らしい建物です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/30(月) 08:19:59|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

淀橋教会

昨日は管理建築士講習を受講しに、大久保に行って来ました。
姉歯元建築士よる、構造計算書の偽造事件により、建築士事務所に勤める一級建築士には定期講習が義務付けられ、さらに建築士事務所の管理建築士は管理建築士講習も受講しなければならなくなったのです。

9時30分から17時30分まで、最後の考査を含め、たっぷり8時間の講習でした。
真面目に仕事をしている者には、全く迷惑な話ですが、定期的に講習を受講することは、決して悪いことではないので、まあ良しとしておきましょう。
去年一回目の一級建築士の定期講習を受講し、昨日の講習で管理建築士講習も終わったので、これで一安心です。

久しぶりに下車したJR大久保駅のホームから、丹下健三設計の東京カテドラル聖マリア大聖堂によく似た建物が見えました。

淀橋教会①
 
淀橋教会②

家に帰ってからネットで検索して調べると、この教会は宗教法人ウェスレアンホーリネス教団 淀橋教会 と分かりました。
新しい建物だと思っていましたが、1998年に稲富建築設計事務所の設計で建てられたプロテスタントの教会でした。

外観は似ていますが、淀橋教会のホームページで見た内観は、東京カテドラルとは違った雰囲の建物です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/29(日) 15:15:13|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凛&蘭バトル第二弾 地上戦

凛&蘭バトル第二弾です
この日も追い回しているのは凛の方ですが、手先の器用な蘭は迫り来る凛の攻撃を上手くかわします。



蘭は体格でもパワーでも手足の器用さでも勝っているのに、気が弱くいつも逃げ回っています。
上手く逃げたと思ったのですが、最後に気迫で迫る凛に、お尻を少し噛まれてしまいました。

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2011/05/27(金) 08:00:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

今年、1月~3月に読んだ本 ②

塩野七生さん著の本のほかにも、正月に友人から借りた沢山のうち、気になっていた何冊かの警察もの小説を読みました。

P1140478

まずは誉田哲也ソウルケイジ
ストロベリーナイトに続く姫川玲子シリーズの第二弾
ちょっとグロテスクな内容ですので、苦手な方はやめておいた方がいいと思います。
画像の春を嫌いになった理由は警察ものではありませんが、お勧めの一冊です。
同じく誉田哲也ジウⅠ・Ⅱ・Ⅲ
姫川シリーズのグロさをさらに上回るグロテスクさと、終盤は話が大きくなり過ぎで少々荒唐無稽な内容です。
あまりにスケールが大きくグロテスクな内容なので、映画ならともかく、ドラマ化は困難かと思われます。
三巻もあるので、読むのもちょっと大変です。

最近ドラマが放映されていた堂場瞬一著の刑事・鳴沢了シリーズの第二弾の破弾
(ドラマの内容は破弾ではありません。)
ドラマでは鳴沢を坂口憲一が演じていますが、小説の鳴沢とはかなりキャラクターが異なる感じです。坂口憲一演じる成沢は、ちょっとかっこうを付け過ぎで現実感が希薄ですね。

図書館に予約してから、数か月掛かってやっと届いたのが今野敏著の隠蔽捜査シリーズの3.5弾 初陣
何で3.5なのかはよく分かりませんでしたが、隠蔽捜査シリーズでは初めての短編集で、スピンオフ的な作品です。
今野敏では ST 警視庁科学特捜班シリーズ 青の調査ファイル
隠蔽捜査シリーズ班長シリーズと比べるといまいかな・・・?

我孫子武丸弥勒の掌は、純粋な警察ものではありませんが、主人公の一人は刑事であり、内容はサスペンス・ミステリー。
僕よりも奥さんが気に入った一冊です。この本を貸してくれた友人も、この本が一押しでした。
同じ我孫子武丸の本なら、僕は探偵映画が気に入っています。
警察ものを読み過ぎた為か、この本のように誰も死なないストーリーを新鮮に感じたのかもしれません。

系統は一気に変わって森見登美彦著の四畳半神話体系
脱力系のナンセンス小説。去年読んで電気ブランに夢中になった夜は短し歩けよ乙女と登場人物は同じですが、今回は電気ブランは登場しません。
今年就職した長女は「この本を読むと、元気がもらえる」と言っています。

齋藤智裕こと水島ヒロKAGEROUを読んだのもこの期間です。


四月以降は、忙しくてほとんど本を読めていませんが、いま枕元に置いてあるのが

P1140476

塩野七生著のルネサンスとは何であったのかです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/05/26(木) 09:32:20|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凛&蘭 バトル

最近は夜になると、ベッドで二匹で重なるようにして寝ていることもしばしばあるので、すっかり仲良しになったのかと思っていたのにですが、何時ものかわいいバトルは相変わらず続いています。

ただしこの日のバトルは、場所が場所なだけに、ちょっとひやひやさせられました。



相変わらず、追いかけるのは凛、逃げるのは蘭の方です。
猫台に追い詰められた蘭でしたが、凛のほうも詰めが甘く、凛の攻撃の手が緩んだところを、上手く脱出に成功したようです。

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2011/05/25(水) 00:26:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

寒さに弱い・・・

一昨日の日曜日は、5月だと言うのに、30℃をこえる暑さでしたが、昨日は一挙に10度も気温が下がり、クリーニングに出して仕舞ったばかりの上着を出すしかありません。

薄型テレビ ①

服を着れば済む人間はまだしも、寒さに弱いニャンコは大変です。
暖を取ろうとテレビに乗ろうと思ったのでしょうが、薄型テレビで上に乗ることも出来ず、悲しそうにテレビの横に座っています。

薄型テレビ ②

御免よ凛
地デジ化を止めることの出来なかった、お父ちゃんを許しておくれ・・・。

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2011/05/24(火) 11:03:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

三渓園 白雲邸 と 御門 

内苑に入り、三渓園記念館の横を通り過ぎると、臨春閣へと続く御門が見えてきます。

白雲邸①

白雲邸②
御門下からの見上げの写真です。
木組みの様子がよく分かりますね。

白雲邸③

御門を抜けると、正面には臨春閣、右手にはこの白雲邸が見えてきます。
白雲邸横浜市指定有形文化財で、1920年(大正9年)に三渓の隠居所として建てられた数寄屋建築で、亡くなられるまでの20年間をここで過ごしました。
今回は写真の入り口付近の格子の隙間からだけ、中を覗くことが出来ましたが、暗くよく見えず、写真を撮るどころではありませんでした。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/23(月) 08:51:34|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日のゴーヤ君 & キュウリ君  2011.05.20

ゴールデンウィークに植えた ゴーヤ君 & キュウリ君 の発育状況です。

残念ながら3本植えたキュウリの苗の1本は、植えた当初から様子がおかしかったのですが、やっぱりと言った感じで枯れてしまいました。

残った2本のうちの1本が
5-16 キュウリ ①
5月16日には早くも黄色い花が咲いているのを見付けました。

5-19 キュウリ ②
昨日の5月16日には何と、花が終わって小さなキュウリの実の赤ちゃんが・・・
まだ蔓がロープに巻きついていないうちに、実が大きくなったらどうやって実の重みを支えるのでしょう?

   5-19 ゴーヤ
ゴーヤ君の成長も順調で、8本植えた苗の3本が、高さは60~70cmになっていて、蔓もしっかりロープに巻きついています。
写真に移っているのが、一番伸びているゴーヤ君です。
他の2本は40cm位。残りの3本は成長が遅く、まだロープに巻きついていない状態です。

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

  1. 2011/05/20(金) 08:33:52|
  2. 2011年ゴーヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

三渓園 鶴翔閣

正門から三渓園の広い園内に入り、最初に目に入るのが鶴翔閣です。

鶴翔閣①

鶴翔閣は明治42年(1909年)に原三渓の住居として建てられました。
重厚な茅葺が目を引くこの建物は、鶴が飛翔する姿を思わせる外観から、原氏自身が鶴翔閣と命名。

住居棟のほか、樂室棟や客間棟などから成り、横山大観などの日本画家達が、ここで創作活動にあたったことでも知られています。

鶴翔閣②

近年の復旧事業により、建設当時の姿を取り戻し、現在は会議や茶会などのに利用できる貸出施設として活用されています。

鶴翔閣③
玄関ポーチの天井を見る

残念ながら今回は内部の見学は出来ませんでした。

鶴翔閣④
鶴翔閣裏にあった小屋


鶴翔閣横浜市指定の有形文化財です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/18(水) 22:36:28|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三渓園

今日からしばらくの間、ゴールデンウィークに訪れた、横浜の三渓園の建物を紹介しようと思いますが、数が多いのでまずはダイジェストから。

所在地は横浜市中区本牧三之谷
入場料は大人500円 子供200円 かかります。

最寄り駅はJR根岸線の根岸駅になりますが、歩くにはかなりの距離がありますので、根岸駅から市バスを利用するか、横浜駅東口から市バスを利用してください。
僕は車で行きましたが、500円の有料駐車場があり、待たされることもなく、すんなり車を止めることが出来ました。

三渓園案内図
(この写真はクリックすると拡大します。)

175000㎡(5万3千坪)の庭園は、外苑と内苑とから成り、大池を中心に、豊かな自然を背景に、17棟の建築が点在します。

三渓園大池①

この風景が、個人によって造られたとは、とても信じられないところですが、三渓園は、生糸貿易で財をなした横浜の実業家 原三渓の邸宅に、京都や鎌倉などから、重要文化財10棟を含む、17棟の建築を移築し、明治39年に三渓園として一般に解放したものです。

三渓園大池②

三渓園 内苑①
内苑 臨春閣から三重塔を見る

三渓園 内苑②
臨春閣

三渓園 内苑③
内苑 聴秋閣

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/15(日) 20:59:41|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年も懲りずにゴーヤを植えました。

土の取り換えなど、去年はを完璧を期したつもりでしたが、7月頃までは順調だったにも関わらず、その後の猛暑のために、ゴーヤとキュウリによる壁面緑化は失敗に終わり、実の収穫も前半のみの、わずかだけでした。

      2011 ゴーヤ①

   道路に面した西面には、プランターに3種類のキュウリを植えました。
   何が違うのかは良くは分かりませんが、実の大きさや実る量が違うようです。

2011 ゴーヤ②
寝室の前には、3種類のゴーヤ

      2011 ゴーヤ③

キュウリと同様に、ホームセンターに行くと、色々な種類のゴーヤの苗が手に入るんです。
中には、苦くないゴーヤと言うのもあるので、もしかすると、今年は奥さんや子供達にも、ゴーヤを食べてもらえるかも知れません。

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

  1. 2011/05/07(土) 23:10:30|
  2. 2011年ゴーヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

横浜競馬場一等馬見所

ゴールデンウィークの合間を利用して、横浜 本牧の三渓園と、根岸森林公園内に在る横浜競馬場一等馬見所へ行ってきました。
三渓園内には沢山の建物が在るので、改めて紹介するとして、まずは横浜競馬場一等馬見所を紹介します。

直ぐ近くのみなと未来地区や山手の洋館は、何度も散策していたにも関わらず、つい最近まで、芋太さん106さんのブログで紹介されているのを見るまで、この横浜競馬場一等馬見所の存在について、全く知らなかったのです。

横浜競馬場一等馬見所④

広い根岸森林公園の外れに、今は廃墟となったこの建物は、静かに佇んでいました。
一等馬見所と言うのは、要するに競馬場の正面スタンドのことで、樹木で隠れた部分はスタンドがあり、元は鉄骨の大屋根が架けられていました。

横浜競馬場一等馬見所⑦

反対側を写したこの写真だと、斜めのスタンドがよく分かると思います。

横浜競馬場一等馬見所①

ウィキペディアによると、横浜競馬場は1866年に横浜の外国人居留地における娯楽施設として建設された施設を競馬に使用するようになり、1888年には馬券が発行され、1905年には、天皇賞の前身であるエンペラーズカップも始まります。

ヨーロッパの古城の様でもあり、ちょっとオドロオドロしいデザインの一等馬見所は、アメリカ人建築家のJ・H・モーガンの設計により、1930年に二等馬見所と共に建設されました。

横浜競馬場一等馬見所③

横浜競馬場一等馬見所⑤

横浜競馬場一等馬見所⑥

二等馬見所は、老朽化の為1988年に解体されてしまいました。

これ程の建物ですから、是非とも改修して保存・再利用をしてほしいとは思いますが、廃墟となってからの年月を考えると、ちょっと難しいのかも知れません。

横浜競馬場一等馬見所②

三本の塔屋を飾る丸窓が目を引きます。

横浜競馬場一等馬見所⑨

よく見ると、丸窓の縁取には、月桂樹のような植物のデザインが施されているようです。

横浜競馬場一等馬見所⑧

でも、「もしかすると」との希望がないわけではありません。
昨日、車で山下公園近くの警友病院別館(旧露亜銀行横浜支店)の横を通り過ぎた時、保存・改修と書かれた仮囲いのシートが掛けられているのを見掛けたのです。
解体止む無しと思われていた警友病院別館(旧露亜銀行横浜支店)も、解体を免れ、生き延びることが出来たのですから、この横浜競馬場一等馬見所も、もしかすると横浜市の活躍によって、改修・再生される日が来るかもしれません。


テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/03(火) 08:00:04|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

推定無罪?

今朝の3時~4時の時間帯の出来事です。
昨晩ベッドに入った時には、ニャンズが二匹とも布団の中に入っていました。
春になり一時は、布団には入って来なくなっていたニャンズですが、毛布をしまってからは、また布団の中で寝るようになったのです。
いつもなら、蘭はベッドの右隅、凛は左側の奥さんとの間に居て、ちゃんと住み分けが出来ているのですが、昨日は珍しく二匹ともが、左側の奥さんとの間で接近遭遇しながらも、仲良く眠っていたのです。

ところが深夜、鼻のあたりに殴られたような感覚と、ひっかかれたような痛みを感じ、床に猫が飛び降りたような音を聞いて、目をさましました。
何が起こったのか分らず、痛みで鼻を押さえてみると、生暖かい血の感触があり、鼻のまわりを中心に、頬や額にも痛みを感じました。
何があったのかははっきりはしませんが、蘭は最近僕と枕を並べるように、ふとんから顔を出して寝ているので、何かに驚いてふとんから飛び出し、僕の顔を踏み台にして床までジャンプしたのだと思われます。

推定無罪①

蘭は普段は決して人間を引っかかない猫なのですが、臆病なのですぐパニックになり暴れることがあるので、体が大きい分、時々こうして思わぬ怪我をさせられるのです。

無論、現場を見た訳ではないので、蘭が犯人とは限らないのですが、日頃の行動パターンから見て、恐らく間違いはないと思われます。
でもまあ、証拠がないので推定無罪と言ったところでしょうか・・・?

僕の顔の傷は、引搔き傷と言うよりも、刺したような傷で、出血の割には血さえ止まればほとんど目立たず、かさぶたも黒子のようなものばかりなので助かりました。

でももし瞼を蹴られていたらと思うと、ちょっと怖い気もします。

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2011/05/02(月) 09:32:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

聖将東郷寺

今日から5月になりました。
我が家長男と兄の長男が、今月で揃って二十歳になるなると言うことで、母の主催で深大寺の白金亭にランチを食べに行ってきました。
白金亭でのランチの様子は、別ブログの「ちとから散策」をご覧いただくとして、食後に出掛けた府中の聖将東郷寺を紹介します。

      東郷寺①

京王線の多磨霊園駅前の道を南に向かい坂道を下ると、3分ほどでは右手に東郷寺は見えてきます。
府中市清水ヶ丘のこの地には、日露戦争当時の連合艦隊司令長官、海軍大将東郷平八郎の別邸が在り、没後日蓮宗の寺院、聖将東郷寺が建てられました。

東郷寺②

通りからも見える巨大な山門は、2010年に東京都選定歴史的建造物に選ばれました。
また黒沢明監督羅生門のセットは、東郷寺の山門を参考にして造られたと言われています。

東郷寺③

ただし、東郷さんの没後の創建ですので歴史は浅く、日本が太平洋戦争に突入する直前の、1940年(昭和15年)に伊東忠太の設計で建てられました。
伊東忠太築地本願寺の設計者としても広く知られていますね。

東郷寺④

東郷寺⑤
山門より先は、関係者以外立ち入り禁止になっていましたので、残念ながら山門下からの写真だけしか撮れませんでしたが、東郷さんの別邸は、今も残っているようです。

東郷寺⑥
これは山門から参道を見た写真です。
参道の両側の巨木は枝垂れ桜。
ひと月前なら、さぞや奇麗に咲き誇っていたことでしょう。
この枝垂れ桜は府中市名木100選に選ばれています。
来年は桜の季節に行かないと・・・・!

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/01(日) 18:20:27|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad