アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

新御徒町駅近辺 鳥越1丁目おかず横丁近辺の散策Ⅴ

おかず横丁をさらに先に進んで行くと、今度はモルタル造形の看板建築まで在るじゃないですか・・・!

      鳥一①
      鳥一?             所在地 / 台東区鳥越1丁目-6-5
住宅地図には鳥一と記してありますが、テントには「そば」とか「うどん」とか書いてあります。
建物全部を撮ろうとしたのですが、道が狭くて上が切れちゃいました。

鳥一②
道路から見る限り、向って右側の建物と完全に一体化されていますが、装飾が施されているのはこちら側だけ。

鳥一③
少々彫りは浅いようですが、なかなか見事な装飾です。

鳥一④
装飾は道路側だけではなく、側面にも1.5m程折り返して施されています。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/31(木) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 鳥越1丁目おかず横丁近辺の散策Ⅳ

さらにおかず横丁を歩いて行くと、今度は間口2間の銅板葺の看板建築と出会えます。

      吾妻寿司①
      吾妻寿司          所在地 / 台東区鳥越1丁目-13-1

      吾妻寿司②
1階は全て改修され、2階開口部のサッシと肘掛手摺も改修されていますが、外壁の銅板は健在です。

吾妻寿司③
窓には戸袋はなく、外壁の銅板はシンプルな平葺ですが

吾妻寿司④
パラペット部の銅板は桧垣紋様です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/30(水) 00:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 鳥越1丁目おかず横丁近辺の散策Ⅲ

左衛門橋通りから、おかず横丁に入って直ぐに、2棟の出桁造りの建物と出会いました。

      望月米店①
      望月米店          所在地 / 台東区鳥越1丁目-15-1

   望月米店②
望月米店は間口3間の堂々たる銅板葺の出桁造りの建物で、1階道路側の半間の出の屋根は、瓦屋根ではなく、手摺は鋼製格子のルーフバルコニーになっています。


      うるしばら①
      うるしばら食品店     所在地 / 台東区鳥越1丁目-15-2

うるしばら②
間口は望月米店より半間狭く、外壁は下見板張り、1階道路側の半間の出の屋根は瓦屋根で、木製の肘掛手摺銅製の雨樋も健在です。

うるしばら③
もいい感じですね。

おかず横丁のホームページによると、うるしばら食品店創業は大正15年なので、この建物もその時建てられたものだと思います。現在は3代目の漬物とお惣菜を主に扱う食料品店です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/29(火) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日当たり抜群

我が家の東側に位置する公団団地の建て替えで、朝、日が当たりだす時間は少し遅くなったものの、それでも南隣りが墓地のおかげで、一日の大半は日当り良好な我が家です。
戦後、旧海軍の(借り上げ)官舎を出て、「お墓の北側の土地なら、将来も南に家は建たないから」と、この土地を選んだ祖母の先見の目に感謝する他ありません。

ニャンズ②
テラスに面した窓際に、ダイニングの椅子を並べてやると、猫達がやって来ました。

      ニャンズ①
  ( 父 )「仲良くしているようだけど、追いかけっこは、もうやらないのかい?」
      
ニャンズ④
( 蘭 )「アタチはやってもいいんだけど、凛姉ちゃんは直ぐに疲れる見たいニャネ」

      ニャンズ⑤
  ( 凛 )「もう年ニャスからね、そうそう蘭に付き合ってはいられニャイニャスよ」

ニャンズ③
( 凛 )「昼寝が一番ニャス」

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/28(月) 08:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

新御徒町駅近辺 鳥越1丁目おかず横丁近辺の散策Ⅱ

鳥越1丁目にも、蔵前橋通りと並行して、おかず横丁と言う古い商店街があります。

おかず横丁
佐竹商店街とは違い、おかず横丁にはアーケードが無いのが嬉しいです。

    おかず横丁の入口で、早速、銅板葺の建物を見付けました。
    高岡酒店①
    高岡酒店               所在地 / 台東区鳥越1丁目1-6

   高岡酒店②
外壁の銅板はシンプルな平葺で、3階部分はかなり錆ていて、錆びた部分は窓を塞いだトタンが錆びているように見えます。
いや、錆びたトタンではなく、良く見ると赤茶色に塗った合板かもしれません?
戸袋飾りはなく、目に着く装飾もありません。2階窓のオーニングもボロボロですが、商店街には活気があるので、このレトロ感が何とも言えない、良い味わいを出している気もします。
余計なお世話かもしれませんが、錆びたトタンを外して、それなりに手を入れさえすれば、もっと商店街の入口に相応しい、おかず横丁の顔になると思うのですが・・・?

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/27(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中の現場状況 Ⅹ

      府中の現場も、ついに足場を外す段階に入りました。

      足場外し①
建物はテニスコートを二つ縦に並べたような、細長い敷地の奥に配置されているます。
 
      足場外し②
5階建の建物にも関わらず、両隣りの建物は10階建のマンションなので、ちょっと窮屈そうに見えるのも仕方ありません。

足場外し③
工事現場の主役は、鉄筋工や型枠大工の皆さんか、大工をはじめとする、内装工事業者の皆さんにバトンタッチされ、今春の竣工を目指して急ピッチで進行中です。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/26(土) 08:00:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 鳥越1丁目おかず横丁近辺の散策Ⅰ

佐竹商店街を出て、清州橋通りを南に向かって歩くと、通りの向かいに銅板葺の建物が見えてきました。

   鳥越1 I邸
   鳥越1丁目 I邸               所在地 / 台東区鳥越1丁目 

現在は1戸だげですが、元々は2戸、3戸、4戸と連続した長屋建てだったのではないでしょうか?

      この銅板葺の建物の並びには
      s鳥越1 旧平野屋本店
      鳥越1丁目 (旧) 平野屋本店  所在地 / 台東区鳥越1丁目
  
7年前にもこの建物の写真は撮っています。その当時から、既に店舗としては使っていなかったようです。
s鳥越1 旧平野屋本店②
この建物の特徴はこの部分。


清州橋通りを渡り、鳥越1丁目を散策して見ましょう。
路地に入って最初に出会ったのが
鳥越1 T邸①
鳥越1丁目 T邸・他                    所在地 / 台東区鳥越1丁目
2戸建て銅板葺の出桁造り・店舗併用住宅
とは言っても、現在は店舗としては使われていないように見えます。

鳥越1 T邸②
向って左側の住戸の方が間口が一間ほど広そうです。
木製の肘掛手摺も健在です。

鳥越1 T邸③
左右の住戸で戸袋飾りのデザインを変えています。
向って左側住戸は青海波紋様、右側は菱葺です。
大失敗のピンぼけ写真になってしまい悔やまれます。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/25(金) 09:04:05|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝どき の リ・フォーム Ⅴ

5回目最終回では、4階の主寝室を紹介します。

リ・フォーム前は約8畳大の和室が1室。 
階段室には巾一杯に広めの物入が在るものの、和室の内には押入等の収納スペースは在りませんでした。
Before
ビフォー4階② 4階 工事中④
                         工事中 ( スケルトン状態 )

                ↓    ↓    ↓    ↓

   リ・フォームプランでは4階は施主御夫妻の洋室の主寝室となりました。
      After
      主寝室①

主寝室⑦
部屋中央の家具は可動家具。 
この収納家具置く位置によって、細長い部屋を曖昧に区切ることが出来ます。

主寝室③
3階の寝室同様に、主寝室にも机状のカウンターを造り、洗面器も設置しました。

主寝室④
主寝室の近くに洗面室が無い場合に、室内に簡易なものでも洗面スペース設置すると、何かと便利です。

           主寝室⑨
           ベッセル型洗面器は TOTO / L652D

主寝室⑤
御主人の為のパソコンスペース。
書斎を作る余裕がない場合でも、一家の大黒柱である御主人専用のスペースが在ると言うのは、家族円満の為にも良いことです。

            主寝室⑥

主寝室⑧
壁一面一杯にクローゼットと収納を設置したので、収納力は格段に向上しました。
洋服ダンスや整理ダンス、鏡台やデスクも全て必要なくなりますので、3階・4階の寝室には、ベッドと寝具だけを御用意頂くことになります。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/24(木) 08:00:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 台東3丁目佐竹商店街近辺散策

清州橋通りの向かいにも、以前に紹介したモルタル造形の看板建築を確認することが出来ました。

神田パイプ ①
神田パイプ店            所在地 / 台東区3丁目-28

神田パイプ ③
僕はこの建物の装飾は、たなびく雲を表していると思っているですが、その装飾も数年前の写真と見比べてみましたが、全くと言っていいほど変化はありません。

            神田パイプ ②


清洲橋通り沿いには、姿を消してしまった銅板葺の建物もありました。
台東3-1 胴板建物①
かつて台東3丁目-1-6 に在った胴板葺の建物        ( 2006年2月撮影 )

台東3-1 胴板建物③ 台東3-1 胴板建物②
戸袋飾りも拡大しておきましょう。
ストリートビューを見てみると、この建物の数件南にももう一棟、銅板葺の建物が在ったようです類似した建物だったので、7年前には撮影しなかったと思われ、画像が残っていません。今となっては悔やまれます。

神田パイプ店やこの建物の以前の記事は ⇒ ≪こちら≫ をどうぞ。


清州橋通りをほんの少し西に入ったところに、清州橋通りほぼ平行するように、つい最近もテレビ朝日の加山雄三の「ゆうゆう散歩」でも紹介されていた、佐竹商店街と言う、古い商店街が在ります。
佐竹商店街①
今回佐竹商店街を散策するのは3回目になりますが、古い商店街でありながら、看板建築出桁造りの商店を見付けることは出来ませんでした。
建物ウォッチャーには天敵とも言える、このアーケードも原因かもしれません。

佐竹商店街②
それでも通りを外れた路地には、毎度少しずつですが、発見があるものです。

今回の発見はこの建物
台東3丁目 スクラッチタイル貼りの蔵 ①
台東3丁目Y邸

商店街に面する店舗の、直ぐ後ろに建っています。
住宅地図を見ると住宅の様な記載がありますが、窓はなく、とても住宅とは思えません。
            台東3丁目 スクラッチタイル貼りの蔵 ②
       外観からは木造なのかコンクリート造なのかの見分けもつきませんが

台東3丁目 スクラッチタイル貼りの蔵 ③
良くある、土壁の蔵とは違いますが、基礎部は石貼り、外壁はスクラッチタイル貼りなので、下地次第では防火性能は高そうです。

以前の佐竹通り商店街近辺の、レトロな建物の記事は
                       ⇒ ≪こちら①≫ ≪こちら②≫ をどうぞ。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/23(水) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝どき の リ・フォーム Ⅳ

リ・フォーム前は3階には、襖で仕切られた6畳の和室と洋室が、直列に並んでいました。
Before
ビフォー3階③ ビフォー3階②

ビフォー3階④ 3階 工事中①
                          工事中 ( スケルトン状態 )

リ・フォーム前には、2階に 幅:1m × 奥行:2.6m の洗面所兼用の浴室が在り、脱衣室すらない状態でした。

                ↓    ↓    ↓    ↓

リ・フォームプランでは、浴室は寝室のある3階に移動し、狭いながらも洗面・洗濯兼用の脱衣室も造りました。
      After
      ユニットバス
      浴室は TOTO / JPシリーズ 1418  ( 換気暖房乾燥機付 )

リ・フォーム前の間口1mの浴室と比べれば、使い勝手は格段に向上したと思います。

      洗面所①
      ベッセル形洗面器は TOTO / L710C  
      カウンターはステンレス製

洗面所の隣は寝室
寝室①-2
寝室は約7畳の洋室です。

      寝室②-2
      窓際にはカウンターを設置。
      作業机として、または化粧台として使用する予定です。

寝室③
柱型によって出来てしまうデットスペースを利用して棚や空調機器 ( エアコン・ロスナイ ) を取り付けました。

寝室⑤
家具の扉はタモ単板貼り合板にオイルステン+クリアー仕上げ

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/22(火) 08:00:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 小島散策Ⅶ 

以前に清洲橋通りを通った時に、見付けていた銅板葺の建物も、健在か如何かを確認しておこうと思います。

小島1-6 ユタカ商店 森貞①
ユタカ商店 森貞                       所在地 / 台東区小島1-6

小島1-6 ユタカ商店 森貞③

小島1-6 ユタカ商店 森貞②
「ここだ」と思われる場所に、それらしき建物が在るには在ったのですが、銅板葺の建物ではなく、棟数が減っています。

7年前の写真です。
千葉商店+ユタカ商店①
千葉商店 ・ SASAKI ・ ユタカ商店 ・ 森貞              2006年2月撮影

7年前には在った、銅板葺千葉商店SASAKIの棟が無くなっています。

千葉商店+ユタカ商店②
最後に、今は無くなってしまった、千葉商店の姿を、もう一度ご覧ください。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/21(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝どき の リ・フォーム Ⅲ

リ・フォーム前 ( Before ) は、2階には幅が1mしかない細長い洗面所兼用の浴室と、3畳の独立した台所が並び、階段から見れば一番奥に当たる、道路に面して約6畳の食事室が在りました。
リ・フォームプランでは、家族団欒の場所である LDK の居住性を向上させる為 に浴室を3階に移し、キッチンも対面式にして、空間に少しでも広がりが感じられるようにしました。

After
LDK②
LDKのは約12畳とれているので、以前と比べれば、かなり広く感じられる筈です。

LDK①
以前の建物には断熱材も全く施されていませんでした。リ・フォーム工事床暖房も設置したので、寒い今年の冬も快適に過ごせていると思います。

LDK④
断熱材は勿論、ロスナイ ( 24時間換気 ) と家庭用火災報知機も設置しました。

            LDK⑤
            キッチンから対面カウンター越しにLDを見る。

LDK③
既存の窓はなるべく活かせるようにしました。

            LDK⑥
            システムキッチンは TOTO / クラッソ です。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/20(日) 08:00:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 小島散策Ⅵ 東興造機工業

この出桁造りの建物台東ディザイナーズビレッジに面して建っています。

東興造機工業①
東興造機工業           所在地 / 台東区小島2丁目

東興造機工業②

 東興造機工業③
2階の肘掛手摺が木製ではなく鉄骨製なのが、やや情緒に欠ける気もしますが、なかなかの堂々たる佇まいです。

東興造機工業④

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/19(土) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝どき の リ・フォーム Ⅱ

プランニングを進めながら、残っていた確認申請図面と現況が合っているかの確認も行います。
建物のシルエットこそ、若干の食い違いしかありませんでしたが、プランはかなり変更されていることが判明しました。
また、確認申請図面では鉄骨に施されている筈の耐火被覆が、実際には全く施工されていない事も分りました。
さらに、柱や梁 ( 鉄骨 )と基礎 ( 鉄筋コンクリート )の調査を行ったところ、ほぼ図面通りではあるものの、強度が不足している部分を補強する必要もあります。
「耐震・耐火に問題があり、災害時には危険がある」と言われても、35年間この家で問題なく暮らして来た施主にとっては、すんなりと「はいそうですか」とは行かないものでしょうが、建て替えも検討した施主でしたので、理解して頂くのに、それ程時間は掛りませんでした。 

Before
工事中②
耐火被覆が全く施されていない鉄骨
今回のリ・フォーム工事では、強化石膏ボードによる、乾式の耐火被覆を行いました。

1階は確認申請図と変更されていて、ガレージの様な土間の奥に靴を脱ぐスペースが在ります。
ビフォー1階① 1階 工事中⑤  
工時前                     工事中 ( スケルトン状態 )

             ビフォー外観④     
ガーレージの前面にアルミサッシの引き戸があり、これではガレージが室内に在ることになり、エンジンを掛けると排気ガスが家中に充満してしまい大変危険です。

                  ↓   ↓   ↓   ↓
After
外観⑤

そこで今回のリ・フォーム工事により、ガレージの前面はオープンとし、玄関は奥に引っ込めました。


Before
ビフォー1階② ビフォー1階③
リ・フォーム前の玄関には扉が無いので、狭さはあまり感じませんでしたが、ただ靴を履くだけの場所であり、下駄箱もカラーボックス程の大きさしかありませんでした。

                  ↓   ↓   ↓   ↓
      After
      玄関②
      玄関 ・ 玄関ホール

      玄関④
      収納量が格段に増加した下駄箱

玄関①
中央の板を倒せばベンチとなり、腰掛けて靴をはくことが出来ます。

狭くて、写真はこれで精一杯です。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/18(金) 08:00:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 小島散策Ⅴ carmine ( 旧鈴の木内装 )

台東ディザイナーズビレッジに面して、ちょっと目を引く不思議な外壁の建物が在ります。

旧鈴の木内装①
carmine ( 旧鈴の木内装 )

一見新思想にも見えますが、何と言ってもウロコのような模様の外壁が特徴です。

            旧鈴の木内装④
            設計者 / 不詳 
            竣工年 / 1930年 ( 昭和5年 )頃
            所在地 / 台東区小島2-7-7


旧鈴の木内装③
70年前に建てられたとは思えない、綺麗な外観です。

旧鈴の木内装②
ウロコの様な外壁は、恐らくスレートを貼ったもだと思います。
スレート貼りの建物は、他には藤森照信氏著の「看板建築」の中で、西神田の吉田理髪店が紹介されています。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/17(木) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝どき の リ・フォーム Ⅰ

去年の11月に御引き渡しを終えた、勝どき の リ・フォーム工事の写真をご覧頂きます。

今回のリ・フォーム工事は、築35年の鉄骨造4階建の住宅を、建て替えるリ・フォームするかの検討から始まりました。
既存建物は敷地めいっぱいに建っていて、道路から見て左隣の古い木造の住宅は、既存建物に寄りかかるように建っており、既存建物を取り壊せるかどうか疑問です。
無事に取り壊しが出来たとしても、新しく建物を建てるには、既存建物よりも、少なくとも40CM~50CMは間口が狭くなってしまいます。
Before
ビフォー外観① ビフォー外観③ 
既存建物の外観

間口の広い敷地なら、この程度狭くなるのは問題はないのでしょうが、この敷地の間口は4M程しかなく、これ以上間口が狭くなることは、施主としてはどうしても避けたいものでした。
それでも鉄筋コンクリート造による建て替え案も作成し、建て替えリ・フォームの両案を検討しましたが、最終的には床面積が減少しない、リ・フォームで計画を進めることになりました。

                 ↓    ↓    ↓    ↓

さて、先ずは外観から紹介させて頂きます。
After
外観④
設計作業を始めた当初、施主の外観に対する要望は、見慣れてしまった現在の外観を一変させ、モダンでカッコ良い外観 と言う、かなり抽象的なものでした。
計画建物は道路に対しても、ほぼ一杯に建てられているので、外壁に凹凸を付けることは出来ません。
どうしたものかと試行錯誤しているとき、施主からメールで具体的な要望や参考写真が送られてきました。
              
        外観①        
施主からの具体的過ぎる要望は、時には設計作業の足かせとなることもありますが、その家の建て主であり住人でもある施主の要望を実現させると言う事は、施主らしい家を造ることであり、その家の個性と成る訳で、この世に二つとないオンリーワンの家造りにつながるものだと思っています。

      外観②      
勿論、構造や納まり、そして法規制や予算の関係もあるので、要望の全てをそのまま実現できる訳ではなく、かなりアレンジも加えましたが、それでも要望以上の外観に出来たと思っています。

      外観③
勝どきと言う場所柄、出来れば看板建築風の外観に出来ないものかと妄想しましたが、正反対のデザインとなりました。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/16(水) 08:00:00|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人の日の大雪

昨日は成人式。
今年成人を迎えた皆さん、おめでとうございます。

毎年、「荒れる成人式」がニュースなどで報道されていますが、今年の東京は天候が大荒れとなりました。

東京の大雪②
何時もの2階のリビングの窓からの風景。

神社もお寺の念仏堂の屋根も雪で真っ白です。

東京の大雪①
これは長男の部屋の窓から、狭い庭を通してお墓を見たところ。

東京の大雪③
これらの写真は昼頃に撮ったものです。
雪は午後から、ますます降って来ましたので、積雪はこれ以上になりました。


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 2013/01/15(火) 11:20:35|
  2. 気象情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新御徒町駅近辺 小島散策Ⅳ 台東デイザイナーズビレッジ

今年に入ってからは、木造の建物ばかりを紹介してきましたので、今日は久しぶりに鉄筋コンクリート造旧台東区立小島小学校を紹介します。

デザイナーズビレッジ①
台東デザイナーズビレッジ ( 旧台東区立小島小学校 )

曲線と円を多用したデザインの学校建築。
表現主義古典主義をミックスさせたような斬新なデザインです。

      デザイナーズビレッジ②
      設計者 / 東京市 藤本清次郎
      竣工年 / 1928年 ( 昭和3年 )
      所在地 / 台東区小島2丁目-9-10


古くなった小学校をファションデザイナーらの支援により、再生利用されたているのは、この優れたデザインだからでしょう。

デザイナーズビレッジ③
一番の特徴である円形の望楼。
やはり、公立学校にしては特異なデザインと言えるでしょう。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/15(火) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 小島散策Ⅲ エドワードフジヤ

今日紹介する建物も、旧請負山田を探しているときに、偶然に小島の町で出会った建物です。

      エドワードフジヤ③
      エドワードフジヤ        所在地 / 台東区小島2丁目-11

      エドワードフジヤ①
かなり年季の入った鉄筋コンクリート造の建物だと思ってシャッターを切ったのですが、この写真を良く見ると、もしかすると木造なのではないかと思えて来ます。
正面のデザインは、鉄筋コンクリート造のオフィスに見えるのですが、側面は木造の住宅に見えませんか?

エドワードフジヤ②
勿論、鉄骨造である可能性もありますが、軽量鉄骨造でもない限り、2階の角柱が鉄骨にしては細過ぎる気がします。

エドワードフジヤ④
構造については、はっきりしたことは分かりませんが、柱型に貼られているスクラッチタイルは、大正~昭和初期にかけて、洋館などの外壁に良く使われた材料です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/14(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 小島散策Ⅱ S邸 ・ 松崎製作所

        旧請負山田の通りには、銅板葺の住宅も残っていました。

         小島2 S邸②
         S邸            所在地 / 台東区小島1丁目

      小島2 S邸①
目に付く特別な装飾はありませんが、銅板葺の外壁の状態は良好のように見えます。
家の前に置かれた鉢植えの植木が良い感じです。

      小島2 S邸③
現在は住宅として使用されていますが、元は店舗併用住宅だったのではないでしょうか。
この建物にも銅板葺の折り返しが施されています。


並びではありませんが、直ぐ近所にもう一棟、良く似た銅板葺の建物を見付けました。
        小島2 松崎製作所①
        松崎製作所        所在地 / 台東区小島1丁目

      小島2 松崎製作所②
      こちらの建物には戸袋飾りもなく、さらにシンプルです。
      3階も在るようですが、増築かと思われます。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/13(日) 00:02:34|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 小島散策Ⅰ 旧 請負山田

まだ、お蔵入りの建物の紹介が全て終わった訳ではありませんが、昨日出掛けた、今年初めけての建物散策の成果を、報告したいと思います。

    散策したのは都営大江戸線新御徒町駅近辺の小島と鳥越です。

      請負山田①
      旧 請負山田           所在地 / 台東区小島1丁目

   請負山田②
この建物は偶然見付けたものではなく、ネットで看板建築の画像を検索していて、何百という画像の中から見付けたものです。

請負山田③
保存状態も良く、モルタル造形の看板建築の中でも、なかなかの逸品だと思うのですが、殆ど知られていな理由は、大通りではなく、あまり人通りの多いとは思えない、狭い路地に面して建っているからだとでしょう。

請負山田④
見事な装飾の下に、家業の建築請負業の内容が詳しく書かれています。

請負山田⑤
化粧は前面だけでなく、左右ともに1.5m程折り返して施されています。
この方が、ペラッと感がなくて、僕は好きです。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/12(土) 22:31:28|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早稲田通り沿いのレトロな建物

文字色早稲田通沿いのレトロな建物は、以前にも紹介したことがありますが、以前紹介した建物の直ぐ近くでも新たに銅板葺の建物を見付けたので、以前紹介した建物と合わせて、改めて紹介します。

荒木商店②
荒木商店・一英堂・他                 所在地 / 新宿区高田馬場4-29

荒木商店①
3戸建ての商店長屋
銅板葺の看板建築ではありますが、戸袋飾りもなく目に付くような装飾はありません。

荒木商店③

      荒木商店④
   建物の両サイドは空き地になっているので、側面の様子が分かります。

荒木商店⑤


      早稲田通りを挟んだ向かい側にも
      阿部豆腐店①
      阿部豆腐店          所在地 / 新宿区高田馬場3-33

    こちらはモルタル塗りの建物で、やはり目立った装飾はありません。
      阿部豆腐店②
    改修されてレトロ感はないものの、キャンブレン屋根が特徴だでしょう。

これらの建物は、高田馬場駅から中野方面 ( 西側 ) に数分歩いたで見付けましたが、以前に見付けた、さらに西に進んだ場所で見付けた建物も、改めて紹介しておこうと思います。
看板建築②
所在地 / 高田馬場4-38

看板建築④
所在地 / 高田馬場4-39

2009年に撮影したものですが、今も残っているか如何かは分りません。
銅板葺の三棟は、どれも長屋店舗であり、目立った装飾のない点も共通点だと思います。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/11(金) 12:06:56|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上野1丁目 一色屋菓子店

今日も、お蔵入りしていた上野の看板建築を紹介します。
3年前の正月、長男の大学入試の年に湯島天神に初詣に行った時に見付けました。

     一色屋菓子店①
     一色屋菓子店        

     設計者 / 不詳
     竣工年 / 1927年 ( 昭和2年 )
     所在地 / 台東区上野1丁目-14-3


一色屋菓子店③
夕方だったので、暗くて窓周りの装飾がよく写っていなないのが、今までお蔵入りしていた理由です。

      一色屋菓子店②
      3階部分は、まさに張りぼてです。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/10(木) 09:30:46|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神田 岡昌裏地ボタン店

去年紹介出来なかった大阪の散策で撮影して来た、レトロな建物を紹介する前に、先ずはその他のお蔵入りしていた建物を紹介しておきたいと思います。

      岡昌裏地ボタン①

      岡昌裏地ボタン

      設計者 / 不詳
      竣工年 / 1929年 ( 昭和4年 )
      所在地 / 千代田区神田須田町2丁目-15


      \岡昌裏地ボタン②
以前に紹介した有名な海老原商店の並びに在りますが、うっかり見落としてしまい、去年再訪問した時に撮影しました。
海老原商店の記事は ⇒ ≪こちら≫

岡昌裏地ボタン③
窓はありませんが、建物の高さは3階建分はあるように見えます。
倉庫にでもなっているのでしょうか? 

      岡昌裏地ボタン④
      雨戸飾り桧垣紋様亀甲紋様のミックスです。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/07(月) 09:40:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中野 魚料理らんまん ・ (有)河野電機

2013年 第一回目の建物探訪は、JR中野駅北口近辺で見付けた、銅板葺の建物を二棟、紹介します。
新年初にしては、ちょっと地味な建物かも知れませんが、一棟目の建物は新年会で友人の家に行く途中、お酒を買う為に寄った、中野ブロードウエイ近くの飲み屋街で見付けた居酒屋です。

魚料理らんまん①
魚料理らんまん                      所在地 / 中野区5丁目-59
夕方で薄暗かったことと、前面道路があまりに狭かった為に、酷い写真になってしまいました。

  魚料理らんまん②

魚料理らんまん③
軒周りの銅板はなかなか凝っています。

魚料理らんまん④
さらにアップ


中野の出し桁
( 有 ) 河野電機                         所在地 / 中野4丁目-6
今度は早稲田通り沿いの出桁造りの建物

中野の出し桁②
暗くて雨戸飾りが良く写っていないのが残念です。
屋根も改修しているようで、妻側から見ると、出桁造りとは分からないかも知れません。
友人の住まいの近くなので、また別の機会に撮影したいと思います。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/06(日) 12:21:23|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとうございます。

皆様、明けましておめでとうございます。

今年も 「アクトデザイン凛太郎のブログ」 をよろしくお願いいたします。

毎年恒例になりました、我が家の招き猫ズによる、新年の御挨拶をさせて頂きます。

先ずは、年長の凛ちゃんからお願いします。
2013年凛新年のごあいさつ①
( 凛 ) 「あっ、ここでいいニャスか? 新年の御挨拶は、やっぱり緊張するニャスね。」

2013年凛新年のごあいさつ②
( 凛 ) 「えっと、今年もお父ちゃんのブログをよろしくお願い致しニャス。」

凛ちゃん、そつのない御挨拶、ありがとうございました。
それでは蘭ちゃん、お願いします。

2013年蘭新年のごあいさつ④
( 凛 ) 「次はあんたニャスよ。」
( 蘭 ) 「ニャにを言っていいか、わからニャいニャね。」

2013年蘭新年のごあいさつ②
( 父 ) 「蘭ちゃん、ここでお願いします。」

2013年蘭新年のごあいさつ①
( 父 ) 「蘭、写真撮るだけでいいから、ちょっとだけじっとしてておくれ。」

2013年蘭新年のごあいさつ③
( 父 ) 「しょうがないな、シーバデュオをあげるから・・・」

蘭はかぶり物同様に、写真も嫌いなのでした。

おまけ
2013年凛新年のごあいさつ③
太陽の鏡に映った凛が、縁起のいいようでもあり、貞子のようでもあり・・・。

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/01(火) 11:26:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

FC2Ad