アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

府中の現場状況 ⅩⅤ

細々とした修正や調整は残っているものの、昨日で内装工事もほぼ終了しました。

いよいよ大詰め④
住宅部分に、木製建具を取り付けている様子。

いよいよ大詰め①
この後家具の設置も終わり、あとは微調整とクリーニングを残すのみ。

いよいよ大詰め②

いよいよ大詰め③
子供部屋の天井は青空のクロス。 夜には星が光ります。
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/20(水) 02:23:56|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大井町~立会川散策 ゼームス坂Ⅶ 炭火焼鶏大すい・小山道具店・他

今日は通りの右側、アオイ化粧品と(名)美濃辛酒店の向かいに在る建物を紹介します。

南品川2-9炭火焼鶏大すい・小山道具店①
炭火焼鶏大すい・小山道具店・他        所在地 / 品川区南品川2丁目-9
銅板葺の3戸長屋出桁造りの2戸長屋?が並んでいます。

南品川2-9炭火焼鶏大すい・小山道具店②
戸袋飾りはなく、目に付く装飾もありませんが、並んで残ってくれているところに、意味があります。


直ぐ近くに在った、面白い建物です。
南品川1-9-11南寿司・片○内張店
向って左側の店舗は南寿司。 右側は元は内装店だったようです。

通りをさらに進むと、旧東海道にぶつかります。
南品川1-8-11 杉本邸\S邸①
S邸                            所在地 / 品川区南品川1丁目

この品川署前交差点に面して建つ銅板葺の建物は以前に紹介しました。
その時は旧東海道を北上しましたが、この日は逆に青物横丁駅から立会川駅方向に向かって散策を続けます。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/19(火) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 ゼームス坂Ⅵ アオイ化粧品 ・ (名)美濃辛酒店

ゼームス坂新馬場駅方向へさらに進むと、天龍寺や清光寺、大龍寺、本光寺、海蔵寺などの沢山の寺院が集まる辺りを、道なりに右折します。実際には5差路なのですが、地図で見ると道なりにL字路に右折する感じです。
右折して直ぐに第一京浜を渡り、東急本線の高架橋を潜ると、通りの左右に銅板葺のレトロな建物が見えてきます。

先ずは通りの左側の建物から
南品川1-9①
アオイ化粧品 ・ (名)美濃辛酒店         所在地 / 品川区南品川1丁目-9
向って左側の建物は、間口2間の店舗が2戸で1棟の出桁造りの建物です。
カーテン or シャッター の閉ったどちらがアオイ化粧品か?
両方ともがアオイ化粧品だとすると、かなり大きな店舗と言うことになります。

南品川1-9アオイ化粧品・(名)美濃辛酒店②
2階の外壁面より、1階の店舗は道路側に半間出して、その上をバルコニーにして、立ち上がりの外壁部には銅板を貼っています。

    南品川1-9アオイ化粧品・(名)美濃辛酒店⑤
    向って右側の店は、住宅地図で調べると (名)美濃辛酒店
こちらの建物は店舗を1間前に出していますが、屋根とも外壁とも言うそうなスレートで急勾配に立ち上げています。

南品川1-9アオイ化粧品・(名)美濃辛酒店④
スレート壁の陰に、こんな素敵な戸袋飾りを見付けました。
出来れば、隠れている部分も見てみたかったです。

南品川1-9アオイ化粧品・(名)美濃辛酒店③

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/18(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近読んだ本 去年の8月~今年の2月

最近読んだ本を紹介します。
現場監理が忙しくて、この半年もそれほど沢山の本は読めていませんが、こうしてブログにでも書いておかないと忘れてしまうので、書き留めておこうと思います。

「ローマ人の物語」や「十字軍の物語」でお馴染みの、塩野七生さんがルネッサンスで華やくフレンツェの終焉を描いた「わが友マキアヴェッリ」
これを機会に大分以前に塩野さんがルネッサンス期を描いた作品も読んでみたくなりました。

村上春樹さんの作品では、「風の歌を聴け」に続く第二作目で、続編にもあたる「1973年のピンボール」
そして「アフターダーク」
なかなか「ノルウェイの森」を超える、村上作品には出会えません。

湊かなえ著の「少女」
「告白」に続く第二弾目の作品ですが、湊かなえの原点を見た感じです。
テレビドラマの「高校入試」も実に湊さんらしいストーリー展開で楽しめました。

伊坂幸太郎著の「魔王」「オーデュポンの祈り」
伊坂さんらしい独特の世界観で描かれています。

今野敏著の「同期」は、「隠蔽捜査シリーズ」に続く警察小説で、シリーズ化もされるようです。

誉田哲也著の「主よ、永遠の休息を」は、彼の作品にしてはグロくないと思って読んでいたら、最後はやっぱりグロテスクで、なんとも救われないラストは誉田作品らしいと言えばらしい作品。
実際に起こった事件をベースに書かれていることに気がつくのに、少し時間が掛りました。

東野圭吾著の「キリンの翼」
DVDで映画を見る前に読みました。
はっきり言って、東野さんの小説は、なんだか軽い感じがしてあまり好きではありませんが、「キリンの翼」は小説も映画も、文句なしで面白かったです。 

堂場舜一著の 刑事鳴沢了シリーズの「雪虫」
既に「破断」は読んでいましたが、このシリーズの第一弾です。
一昨日、テレビドラマで新シリーズの「捜査一課・澤村慶司 逸脱」を反町隆史主演でやってるのも見ました。

F・スコット・フィッツジェラルド著の「グレートギャッツビー」
「ノルウェイの森」の中で、主人公ワタナベが読んでいたので、気になっていました。
村上春樹も影響を受けた作品に挙げていたと思います。

最後に、小説ではありませんが学習研究社「図説・激闘ローマ戦記」もとても読みごたえがあり、資料としても役に立ちそうです。

なかなか時間はつくれませんが、今年は少なくとも、月に2冊は本を読みたいですね。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/02/16(土) 17:49:27|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 ゼームス坂Ⅴ かとうフォト ・ イマムラ 他

   ゼームス坂通りには、何軒かの出桁造りの建物も残っていました。

     南品川4-18かとうフォト①
     かとうフォト          所在地 / 品川区南品川4丁目-18

南品川4-18かとうフォト③
軒の高さの異なる出桁造りの建物が、2棟並んで残っています。

南品川4-18かとうフォト④
1階部分は改修されていますが、2階の出し桁部分はちゃんと残っています。
写真が暗くてよく見えないのが残念です。


南品川4-4 イマムラ②
イマムラ ・ ビューティーサロン オオノ          所在地 / 品川区南品川4丁目-4

南品川4-4 イマムラ①
こっちの建物は、さらに改修が成されています。
角のビューティーサロンは、出桁造りの面影がほとんど分かりません。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/16(土) 12:36:42|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 ゼームス坂Ⅳ 丹波クリーニング店

ゼームス坂をさらに東急本線の新馬場駅方面に歩くと、小ぶりな銅板葺の建物に出会います。

       南品川4-17丹波クリーニング店①
       丹波クリーニング店     所在地 / 南品川4丁目-17

          間口は2間にはちょっと足りないくらいでしょうか?

          南品川4-17丹波クリーニング店②
3階部分に窓はありませんが、両隣の建物と比べて、どう見ても3階建ですね。

南品川4-17丹波クリーニング店④
銅板が両端だけが貼り替えられています。

南品川4-17丹波クリーニング店③
恐らく両隣りも元は同じような建物で、建て替えか改修工事を行った時に、ジョイント部分だけは、改修せざるおう得なかったのだと思われます。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/15(金) 10:13:38|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中の現場状況 ⅩⅣ

住居部分の内装工事もそろそろ大詰めです。

内装工事⑦      
床の塩ビシートと壁のクロスも貼り終わり、後は設備機器の残りと、掃除を終れば完了です。

内装工事⑧      
通路部分も今日でほぼ終了。
左官屋さんの仕事の速いこと・・・。
見ていて気持ちがいいほどです。

現場監督をはじめ、外で作業をしてくれている職人の皆さん、寒い中本当に御苦労さまです。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/14(木) 16:20:51|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボロボロのソファーとバレンタイン

最近では仲良くくっついて寝ていることもある 凛 & 蘭 ですが、今日は二匹の間に微妙な距離があります。

凛蘭仲良く①
さっきまで日向でゴロゴロしていたニャンズでしたが、窓辺はちょっと暑すぎたのか、直射日光を避けてこの場所にやって来たようです。
それにしても蘭の爪で傷つけられたソファーが痛々しい!!

凛蘭仲良く④
( 父 ) 「そろそろソファーを買い替えようと思ってるんだけど、凛はソファーで爪を研いだりはしないよな?」
( 凛 ) 「アタチより、蘭をよく教育した方がいいと思うニャスよ」

凛蘭仲良く③
( 父 ) 「蘭はさっきもソファーで爪を研いでたからな。まだ買い替えるのは無理かな?」
( 蘭 ) 「如何しても我慢できニャイニャネ」
( 父 ) 「蘭は体は大きいのに、子供なんだから・・・」

凛蘭仲良く②
( 蘭 ) 「フン !! 頭が悪くて悪かったニャネ。お父ちゃんにはチョコはあげニャイかもね!」
( 凛 ) 「・・・アタチも忘れてたニャス・・・」
( 父 ) 「・・・・・・・」

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/14(木) 08:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大井町~立会川散策 ゼームス坂Ⅲ 杉浦商店

みの屋海苔店辰巳屋からも見える距離にもう一棟、銅板葺の建物が見えます。

南品川6-7 杉浦商店①
杉浦商店                       所在地 / 品川区南品川6丁目-7

南品川6-7 杉浦商店③
間口が4間以上ある、堂々たる建物です。

南品川6-7 杉浦商店②
角地に建っているにも関わらず、側面が銅板葺でないのが残念です。

      南品川6-7 杉浦商店④
      派手な装飾は見当たりませんが

      南品川6-7 杉浦商店⑤
      戸袋飾りの桧垣紋様は、なかなか見事です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/13(水) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中の現場状況 ⅩⅢ

      前回とは違う部屋も見てみましょう。

     内装工事⑤
現場では、大工さん、建材業者、クロスやCFを貼る内装業者、電気・設備業者、ボード業者、塗装業者などの職人さん達が、休日も返上して働いてくれています。

内装工事⑥
この部屋では内部壁の一部に、パイン材を張っています。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/12(火) 09:11:21|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 ゼームス坂Ⅱ 辰巳屋

      みの屋海苔店 の向かいにも、銅板葺の看板建築を見付けました。

      南品川5-9辰巳屋①
      辰巳屋            所在地 / 品川区南品川5丁目-9

この時はお昼時だったので、格安の焼き鳥と、美味しそうなお弁当を売っていたので、鳥皮とレバーを買いました。
ちょっと冷めていましたが、味はなかなかでした。

      南品川5-9辰巳屋④

      南品川5-9辰巳屋②
銅板がかなり変色していますが、これはこれで、良い味わいが出ていると思います。

南品川5-9辰巳屋③
お椀の形のように刳り抜かれた外壁と窓のある壁の間はバルコニーになっているようです。

      南品川5-9辰巳屋⑤

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/11(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「野良犬」を見ました。

この三連休は何処へも出かける予定が無いので、久しぶりに夜更かしをしてDVDで古い映画を見ました。
題名は1949年公開の黒澤明監督作品 「 野良犬 」です。
映画ファンを自称する僕にしては、今までに鑑賞した黒澤映画は意外に少なく、現代劇では「生きる」「天国と地獄」くらいでしょうか。
何故今更こんな古い映画を見ようと思ったかと言うと、先月の19日にテレビ朝日の開局55周年ドラマとして「野良犬」江口洋介主演でリメイク版が放送され、その内容があまりにも面白くなかったので、オリジナル版の出来映えに、とても興味が湧いたからです。

まず、「刑事が拳銃をバスですられる」と言う物語の設定からして、沢山の刑事ドラマ警察小説に触れる機会があり、刑事は普段は拳銃を携帯していないことを、常識として知ってしまっている私には、戦後の混乱期が舞台のオリジナル版ならともかく、現代劇としては「設定に無理がある」と直ぐに思えてしまいます。
今回リメイクされた現代版「野良犬」のストーリーは、この現在に置き換えたら不自然でしかない「刑事が拳銃をバスですられる」部分だけを使い、他のストーリーはオリジナル版とは全く違うもので、他の部分で踏襲しているのは、登場人物の名前くらいのものなのです。

オリジナル版「野良犬」は、三船敏郎演じる主人公、元復員兵の若い刑事と、志村功演じるベテラン刑事の目を通して、終戦直後の日本社会が抱える矛盾と混乱を、街の風景描写と若い刑事の心の葛藤を描くことであらわした作品であり、時代背景の全く異なる現代劇には置き換えようがありません。
そこでリメイク版では刑事と犯人を幼馴染みの設定に替え、テーマを過去のいじめ問題に置き換えいます。
つまり、オリジナル版リメーク版は全く違うものであり、リメークと呼べる内容ではないのです。

リメイク版については「見て損をした」とか「時間の無駄だった」とかいう感想しか思い当たりませんが、オリジナルの黒澤明監督「野良犬」を見てみようと思うきっかけにはなったのですから、リメーク版を見るのに費やした2時間は、全て無駄な時間だったとは言え無いかも知れません。

視聴率を少しでも上げるには、黒澤作品のリメイクと言う売り文句が必要だったのかも知れませんが、既にオリジナル版を見ている人や、僕のようにリメイク版を見たのをきっかけに、オリジナル版を見た人間は別として、
今回、テレビ朝日の開局55周年ドラマと銘打って放映された「野良犬」が、オリジナル版同等視されてしまうことが心配でなりません。


                  

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2013/02/10(日) 18:20:09|
  2. 映画 ・ ドラマの感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 ゼームス坂Ⅰ みの屋海苔店 ・ 小林商店

今日からは、再び品川のレトロな建物を紹介します。
去年秋、旧東海道を散策しましたが、今回はは少し外れたゼームス坂を歩きます。
JR大井町駅で下車し10分程で最初の目的の建物が見えてきました。

南品川6-7みの屋海苔店
みの屋海苔店 ・ 小林商店             所在地 / 品川区南品川6丁目-7

南品川6-7みの屋海苔店②
2棟の銅板葺の看板建築が並んでいます。

南品川6-7みの屋海苔店④
みの屋海苔店が特にいい味を出しています。

南品川6-7みの屋海苔店⑤
通常なら左右に分けて設置する戸袋飾りを中央に寄せて一体化させ、幅が通常の2倍ある戸袋飾りにしています。

南品川6-7みの屋海苔店⑥
そこに店舗の屋号と店名を取り付け、看板にしているところが心憎い演出です。

     南品川6-7みの屋海苔店③


  隣の建物は2戸建の長屋店舗併用住居です。
  南品川6-7みの屋海苔店⑧
  小林商店

      南品川6-7みの屋海苔店⑦
      一戸は空き家のようですが、もう一戸は現役の自転車店です。

南品川6-7みの屋海苔店⑨
頭部の銅板の葺き方を左右で変えています。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/09(土) 12:46:05|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

凛の勘違い?

昨日の雪は予報程の大雪にはならず、雪が残って路面が凍ることもありませんでした。
被害が無いに越したことはないのですが、大雪に備えてわざわざ買っておいた、雪かき用のスコップの出番が無くなってしまい、なんとなく騙されたような気分です。

雪が降らなかったのに、テラスに出してもらえないニャンズは不服そうです。
凛の勘違い①
( 凛 ) 「雪も雨も降っていニャイのに、ニャンでテラスに、出してくれニャイニャスか?」
( 父 ) 「雪が降って無くても、花粉や中国からの大気汚染も心配だからだよ」
( 凛 ) 「中国からはミサイルだけじゃニャくて、汚い空気も飛んでくるニャスか?」
( 父 ) 「えっ? 中国の軍艦にロックオンされたのは自衛隊の船だし、北朝鮮と
     ごっちゃになってるような気もするけど・・・?」

凛の勘違い②
( 凛 ) 「最近お父ちゃんは、よくニュースを見て怒ってニャスけど、アタチもテラス
     での幸せな一時を邪魔する大気汚染や、ロックオンにも怒ってニャス
     全く近所にジャイアンが住んでるようなものニャスよ?」
( 父 ) 「お父さんは、内柴と全柔連、隠ぺいばかりしている学校や教育委員会、
     それに東電にも怒ってるぞ!!」
( 凛 ) 「内柴と全柔連の問題こそ、次元が違う問題だと思うニャスよ」
    「そう言えば柔道問題で学校の体育クラブの体罰問題のことは、ニュースで
     聞かニャくなったニャスね」 
( 父 ) 「マスコミは橋下市長を叩けばいいと思ってる節があるから、橋下さんは遣り
     過ぎだと否定的だったけど、柔道問題で吹っ飛んじゃた感じだね。」
( 凛 ) 「小沢さんの次は橋下さん叩きニャスね」
( 父 ) 「物事の本質より、雑誌の売れ行きや視聴率がとれれば何でもありって
     ことだろうな」
( 凛 ) 「アタチは橋下さんを応援するニャス」

( 父 ) 「お父さんも橋下さんを応援してるけど、猫と何を話してるんだろう・・・?」

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/02/08(金) 08:00:00|
  2. 一言 言いたい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋葉原・神田駅近辺の散策 Ⅲ Anandakobo ・ 第一KSビル ( 旧丸菱ビル )

神田の蕎麦の名店 神田まつや で蕎麦でも食べて帰ろうかと思って、まつやの前まで来たところで、仕事の電話が入って打ち合わせの時間が早まってしまい、蕎麦を食べるのは諦めて、お茶の水駅へ向かうことにしました。

お茶の水駅に向かう前に、直ぐ近くにある筈の銅板貼りの看板建築と、大正末期に建った小ぶりなビルだけは、見てから行くことにしました。

     神田須田町1-17-11Anandakobo②
     Anandakobo          千代田区神田須田町1丁目17-11

   神田須田町1-17-11Anandakobo③
2戸の店舗が並んでいて、この日は開店していませんでしたが、向かって右側の店舗はAnandakoboとして、営業しています。

      神田須田町1-17-11Anandakobo①
銅板の錆具合が異なるので、茶色の部分は後から取り付けたものだと思います。

神田須田町1-17-11Anandakobo⑤
向かいあっているのはライオンでしょうか?

神田須田町1-17-11Anandakobo④
向って左側の店舗は、現在空き家のようです。
左右ともに、外壁はシンプルな平葺。頭部は桧垣紋様です。


第一KSビル① 第一KSビル②
第一KSビル ( 旧丸菱ビル )             
第一KSビル③
設計者 / 不詳
竣工年 / 1925年 ( 大正14年 )
所在地 / 千代田区神田淡路町2丁目-3

設計者は不詳とありますが、ドイツ人との説もあるそうです。
可愛らしいデザインであり、とても奇麗な建物なので、言われなければ大正期の建物とは思えません。
流行の洋菓子店などに、ぴったりではないかと思います。


ニコライ堂①
この日の散策はニコライ堂で締めとしました。
正式名称は 日本ハリストス正教会教団 東京復活大聖堂

設計者 / M.A.シチュル-ボフ + J.コンドル
竣工年 / 1891年 ( 明治24年 )
所在地 / 千代田区神田駿河台4丁目-1


ニコライ堂②
僕の卒業した日本大学理工学部はニコライ堂の隣にあります。
ビサンチン様式の大ドームを見るたびに、毎日のように神田の古本屋街に通った、学生時代を思い出します。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/07(木) 09:39:18|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の雪は如何なる?

今日の東京は、予報通りに朝から雪が降っています。
予報では先月16日並みの大雪になる可能性もあるとのことですので、今後の空模様が心配です。
今日は私立大学の受験もあるので、交通情報も気になる所です。

東京はまたもや雪①
2階のルーフテラスからの眺めです。 まだ、雪は「うっすら」と言った程度です。

東京はまたもや雪②
外に出て道路から我が家を撮ってみました。 ヴォールト屋根のてっぺんに、やっぱり「うっすら」積もり始めています。

東京はまたもや雪③
でも、ノートの上は既に真っ白です。

テーマ:天気 - ジャンル:ニュース

  1. 2013/02/06(水) 09:24:34|
  2. 気象情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原・神田駅近辺の散策 Ⅱ 万世橋

ガラス張りのビルが建ち並び、すっかり様変わりした秋葉原の オタク & 電気店街 を通り抜け、神田川に架かった万世橋を渡ります。

      万世橋①
      万世橋
     
      万世橋②
      設計者 / 東京市
      竣工年 / 1930年 ( 昭和5年 )
      所在地 / 千代田区外神田1~神田須田町2


秋葉原の風景とは馴染まない、表現主義風デザインのレトロな佇まいの親柱です。
  1. 2013/02/06(水) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原・神田駅近辺の散策 Ⅰ

思いがけない出合に興奮冷めやらぬまま、後ろ髪をひかれる思いで鳥越のおかず横丁を後にし、秋葉原駅方面に向かいます。
この辺りは何度か訪れてはいるものの、ちゃんと道を把握している訳ではなく、いつも気の向くままに、まだ見ぬレトロな建物との出会いを求めて、細い路地に入って行きます。

この日は、新しい出会いはなかったものの、以前にも出会った懐かしい建物に出会うことが出来ました。
台東1-14増子事務所①
増子事務所                      所在地 / 台東区台東1丁目-14 
以前は、ただ写真を撮っただけだったので、今回はちゃんと所在地も記録しておきます。

台東1-14増子事務所②
僕は視力が良いわけではないので、肉眼ではコーニスの下に施された、卵舌紋様の様にも見える、装飾には気が付かないところでした。                  

      直ぐ近くにも、もう一棟、見覚えまある建物が見えます。         
      台東1-12新谷商店①
      新谷商店           所在地 / 台東区台東1丁目-12

      台東1-12新谷商店②
  恐らく木造だとは思いますが、RC造の様な、重々しいデザインの建物です。

台東1-12新谷商店③
新谷商店には電文紋様が施されています。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/05(火) 10:16:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中の現場状況 ⅩⅡ

内装工事に入ってからは、現場の様子は目に見えて、完成に向かって日に日に変わっていきます。

内装工事③
ダイニングの壁には部分的に、ゼブラ柄の竹フローリングを使用しました。

      内装工事④
      打ち放しの外壁が、青空によく映えて綺麗です。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/04(月) 18:50:28|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 鳥越1丁目おかず横丁近辺の散策Ⅶ

   よしや食品店W邸の向かいにも、2棟のレトロな建物を見付けました。

  T邸・太陽堂①
  太陽堂                    所在地 / 台東区鳥越1丁目10-1

1階の外壁は新建材で改修されていますが、2階を見上げると、かなり本格的な出桁造りの建物だと分かります。

T邸・太陽堂②
銅製の化粧じょうごも残っています。

T邸・太陽堂③
バルコニーの腰壁で隠れていますが、見事な戸袋飾りも見逃しません。


      そして隣にも
      大佐和茶舗①
      大佐和茶舗         所在地 / 台東区鳥越1丁目10-1

大佐和茶舗②
恐らく古い建物だと思うのですが、もしかすると新しいかもしれません。

おかず横丁は、いわゆるシャッター通りではなく、今でも活気ある商店街です。
上野・浅草方面にお出かけの際は、ちょっと足を延ばしてみては如何でしょうか?

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/03(日) 11:35:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新御徒町駅近辺 鳥越1丁目おかず横丁近辺の散策Ⅵ

鳥一の前に建つと、レトロな建物好きの人間には、たまらない風景が目に飛び込んで来ます。

よしや食品店・W邸①
よしや食品店・W邸                  所在地 / 台東区鳥越1丁目7-6
銅板葺の建物が2棟並んでいます。 
特に手前のよしや食品店は、銅板葺の看板建築蔵風の建物が一体化した不思議なデザインの建物です。

よしや食品店・W邸④
黄色いテントが何とも邪魔ではありますが、見たことのない不思議なデザインの建物です。
蔵風の切妻部分が無くなれば、左右対称の立面になるわけです。

よしや食品店・W邸③
銅板の貼り方はシンプルな平葺だけで、目立った装飾はなく、雨戸飾りも施されていませんが、角地なので2面が銅板葺なうえ、2階の窓と肘掛手摺がオリジナルなのが嬉しいです。
本やネット上でも一度も見たことはないので、この建物を見付けた時は、はっきり言って興奮しました。

            よしや食品店・W邸⑥
            W邸 

よしや食品店・W邸⑤
W邸も装飾のないシンプルなデザインですが、間口が3間以上ある、堂々たる佇まいです。
それに、オレンジと、並んで残っていることが価値を高めていると思います。

よしや食品店・W邸②
昭和の初めにタイムスリップしたような、このレトロな風景は感動ものです。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/02(土) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中の現場状況 ⅩⅠ

府中の現場は急ピッチで内装工事が進んでいます。

内装工事②
オーナー邸、大工さんの作業風景。
間仕切りや天井は軽鉄下地なので、大工さんの出番は少ない建物ではありますが、それでも大工さんの担当する木工事は、住人が直接触れる部分であり、言うまでもなくとても重要です。

      内装工事①
      1階事務所               仕上げ工事も始まります。
 

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/02/01(金) 08:00:10|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad