アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

旧つくばセンタービル ( オークラフロンティアホテルつくば )

かなり時間は経ってしまいましたが、去年の5月に行った 看板建築の町 石岡 の帰りに寄った筑波の写真です。

つくばセンタービルが竣工したのは1983年、僕が大学で建築の勉強をしている頃で、時流はポストモダンの真っただ中でした。
設計者は、当時日本だけでなく世界の建築界をリードしていた磯崎新氏。
磯崎氏の代表作としてだけではなく、ポストモダン建築の集大成と言える建物です。

つくばセンタービル①
筑波学園都市の中核として計画されたつくばセンタービルはホテル、銀行、商業施設の他、ホール等の公共施設も含んだ複合施設です。
それらの各施設は、カンピドリオ広場を模した広場を中心に、機能的に配置されています。
また、ちょうど筑波科学博覧会も開催された時期でもあり、この当時の筑波は、ある種の熱気に包まれていました。

つくばセンタービル②
カンピドリオ広場とは言っても、中央に騎馬像はありません。
ミケランジェロの踏襲ではなく、中心の喪失を意図したとか・・・。

つくばセンタービル③
「一度崩壊された秩序に、再度構成が持ち込まれる。この繰り返される反転。」
いったい、何のこっちゃ? と思ってしまう説明文ですが、難解な理論抜きでも充分に見応えのある広場です。

つくばセンタービル④
子供の水遊び場としても最適です。

つくばセンタービル⑫
広場の周りには飲食店も入っています。 築後30年近く経つ施設とは思えない綺麗さです。

つくばセンタービル⑬

      つくばセンタービル⑯
以下、難解なので現代の建築家≫磯崎新 (鹿島出版会)から抜粋します。
「ついに追いつくことのないタフネ。ついに辿りつくことのない不在郷の中心。」
「消滅による合一。 タフネとアポロンの物語は、見えない不透明都市の不在証明であるかも知れない。」

残念ながら僕の様な凡人には、全く理解できません。

      つくばセンタービル⑤

つくばセンタービル⑥
歴史的な古典様式純粋幾何学形態を取り入れたデザインは、当時流行したポストモダンの代表作と言われました。

つくばセンタービル⑦
正方形と正三角形の組み合わせ。

   つくばセンタービル⑧

つくばセンタービル⑪

      つくばセンタービル⑩
      正方形と半円・円の組み合わせ

つくばセンタービル⑨
ホテルの入口はかなり古典的。

つくばセンタービル⑮
ホテルロビー

つくばセンタービル⑭
商業施設部の廊下から、トップライトを見る。

難しい建築論を抜きにして、
何時まで居ても、飽きない施設でした。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/28(木) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

無事に抜糸終了

子宮摘出手術から10日が過ぎ、無事に抜糸も終了しエリザベスカラーも外すことが出来ました。

カラー①
この写真は、まだエリザベスカラーを着けている時の写真です。
毛が無くなってお腹のたるみが目立ちます。

カラー②
蘭はお腹の傷より、エリザベスカラーを気にしていました。
やっぱり、邪魔なんでしょうね。

      カラー③
お腹の傷が痛むのか、エリザベスカラーを着けられたストレスからかは分りませんが、元気があっても食欲は無く、お腹のタルミはかなり少なくなりました。

カラー④
エリザベスカラーを着けていても、御飯を食べたり水を飲み易いように、奥さんがネットでいろいろ検索して、参考にして造りましたが、使うのは凛ばかりで、蘭はほとんど使ってくれませんでした。
なので術後は食事も水も、僕と奥さんが手で口元まで運んで与えていました。

無事蘭①
抜糸を終え、エリザベスカラーもとれて安心して眠る蘭。
元気もあり、水も沢山飲みましたが、胃が小さくなったのか、餌はあまり食べません。
お腹のタルミは、更に小さくなりつつあります。

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2013/03/27(水) 11:18:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

みかん 猫

ある日の夜、パソコンで猫の動画を見ていると、仕事から帰宅した娘に「( みかん ) ( 猫 )って検索してみて」っと言われ、その通りにしてみると、沢山のミカンと猫の可愛い画像や動画が出てきました。
どんな画像かと言うと、こんなのです。

      みかん猫①
      失礼しました。
      これは使用前の画像でした。

みかん猫③
( 凛 ) 「これはニャンのつもりニャスか?」
( 父 ) 「こう言う写真が、今、巷で流行ってるらしいんだ」

      みかん猫②
( 凛 ) 「ニャにが面白いのか、理解不能ニャスね?」
( 父 ) 「本当は2コ積んだり、頭の上に載せたりもするみたいなんだけど、それはイヨカンで大きくて重いから2コ積んだり、頭の上に乗せるのはやめておこう。」

みかん猫④
( 凛 ) 「重くて手がしびれたニャス?」
( 父 ) 「もうしないから、怒らないでおくれ」

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2013/03/21(木) 10:14:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

蘭ちゃん 避妊手術

先週、蘭が避妊手術を受けました。
我が家のニャンズは二匹ともメスですが、子宮の摘出手術は受けておらず、首の後ろにホルモンの分泌を制御する薬の入ったカプセルを埋め込む、インプランと言う処置をしていました。
ただし、この処置で効果のある期間は1~3年程度で、蘭は今月初め頃から、インプラントの薬の効果が切れたらしく、激しく盛っていたのです。
そこで獣医さんに相談したところ、インプラントを何度も繰り返して受けることは猫の体に良くないと言われたので、悩んだあげく子宮の摘出手術を受ける事にしたのです。

もうすぐ手術①
こちらは手術前の蘭と凛

もうすぐ手術②
蘭はまだ若いので、手術の失敗する可能性は極めて低いと言われていましたが

もうすぐ手術③
もしものことを考えると心配です。

そして1週間後、一昨日に無事手術を終えて帰宅した蘭
手術後①
ですが、当分エリザベスカラーは外せません。

手術後②
エリザベスカラーが邪魔で、蘭は食事もなかなか取れず、水を飲むにも僕が手を貸しています。
蘭自身も邪魔で仕方がないようですが、凛がエリザベスカラーを着けた蘭を怖がって、なかなか慣れてくれません。

手術後③
( 凛 ) 「あんた、蘭に似てるけど誰ニャスか?」

手術後④
( 凛 ) 「お腹に毛が無いし、薬臭いニャスよ?」

この調子で散々凛に付きまとわれ、逆に蘭が近付くと、凛は怖いのか後退りしながら威嚇の「シャー!」をします。

今日になっても
術後①
蘭が寝ていると、凛が寄って来ては

術後②
( 凛 ) 「あんた、誰ニャスか?」

術後③
( 蘭 ) 「まったく、落ち着いて寝てられニャイニャネ」

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2013/03/19(火) 12:17:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

府中の現場状況 ⅩⅥ

府中の現場が、ついに完成しました。
今回のプロジェクトが始まったのは、一昨年の11月のことでしたから、事務所始まって以来の長期間にわたるプロジェクトとなりました。

      南側外観②
      南側外観

南側外観④
 
      南側外観⑤
      北側外観


通路①
大谷石張りの1階通路。
 
5階オーナー邸①
オーナー邸の床には、着色した竹フローリングを使用。
壁には床と同種でストライプ柄の竹フローリングを使用しました。

      5階オーナー邸③
      玄関の壁も、同様のストライプ柄の竹フローリング張り。

4階住居⑧
この階の壁はパイン材、床は無着色の竹フローリング。

4階住居⑤

4階住居⑨
子供部屋の天井は青空と雲のクロス貼り。 蛍光塗料で夜は星が光ります。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/13(水) 17:08:07|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅸ 鈴ヶ森刑場跡

大井町~立会川散策の最終回は、建物ではなく鈴が森刑場跡です。

鈴が森刑場跡①
鈴ヶ森刑場跡

鈴が森刑場跡④

鈴が森刑場跡②
長年墓地の隣に住んでいる僕ですが、刑場跡となると、さすがにちょっと不気味です。

鈴が森刑場跡③
あの天一坊や八百屋お七も、ここで処刑されたんですね。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/11(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅷ 南大井1丁目のY邸

今回の散策は前回紹介したK邸で終わる予定でしたが、家を出る前に史跡好きの兄に「立会川に行くなら、是非、鈴が森刑場跡も見に行くべきだ」と言われたのです。
立会川駅から鈴が森刑場跡迄は10分とは掛りまんが、その間で思わぬ収穫がありました。

南大井1-18 Y邸①
南大井1丁目 Y邸

南大井1-18 Y邸②
看板建築でも出桁造りでもなく、単に外壁が銅板葺の日本家屋です。

南大井1-18 Y邸③
旧東海道沿いの建物ですが、現在の外観からは店舗併用住宅だったようには見えません。

南大井1-18 Y邸⑤

      南大井1-18 Y邸④
      戸袋飾りは、柄の大きな網代の亀甲紋様です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/10(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅶ 南大井1丁目のK邸

浜川橋を渡ると直ぐに、右手に特徴的な外観をもつ銅板葺の建物が見えてきます。

南大井1-9 K邸①
南大井1丁目のK邸

南大井1-9 K邸②
切妻屋根ボールト屋根店舗併用住宅が2棟並んでいるように見えますが
今は店舗として使われている様子はありません。
建物は一体化した2戸長屋のようです。

南大井1-9 K邸③
向って右側の建物は、良く見ると単なる張りボテで、ボールト屋根ではありませんでした。

      南大井1-9 K邸④
  しかし、たとえ張りボテだったとしても、このシルエットは実に特徴的です。
  サッシが木製のまま残っていることも嬉しいです。

  南大井1-9 K邸⑤
  この装飾も目を引きますね。  

      南大井1-9 K邸⑦
     戸袋飾り七宝紋様は、紋様の一つ一つがとても小さく繊細です。

南大井1-9 K邸⑥
切妻屋根の方は、霧除け庇が左右段違いになって面白い表情をつくっています。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/09(土) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅵ 小池商店 ・ 浜川橋

第一京浜から旧東海道へ戻る途中、京浜急行立会川駅を通リ過ぎたところで、あの幕末のヒーローに出会いました。

     立会川駅①
     立会川坂本竜馬ゆかりの地だったんですね。

立会川駅②

立会川駅⑤
立会川駅前商店街では、看板建築ならぬ ( やる気のない? ) 看板犬とも会えますよ。

    商店街で目に付いた建物は
    東大井2-25 小池商店①
    小池商店               所在地 / 品川区東大井2丁目-25

      東大井2-25 小池商店②
   立会川駅前通りと旧東海道との交差点に建つちょっとレトロな建物です。

ここからは再び旧東海道
立会川駅③
浜川橋 ( 涙橋 )

立会川駅④
梶原 一騎原作のボクシング漫画「明日のジョー」に出くる泪橋とは違うそうです。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/08(金) 09:17:18|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 東大井3丁目の第一京沿いの銅板葺きの建物 K邸

昼食を食べる場所を探して、旧東海道と並行して通る第一京浜へ出てみると、偶然にも見たことのない銅板葺の建物を見付けました。

      東大井3-7-6 K邸①
      東大井3丁目の第一京沿いの銅板葺きの建物 K邸

      東大井3-7-6 K邸③
和瓦葺きの切妻屋根の和風家屋に、道路に合わせて角度を変えた台形の銅板部分がとり付いています。

     東大井3-7-6 K邸②
 銅板葺だと言うこと以外、見所のない建物かと思いましたが、良く見てみると

      東大井3-7-6 K邸④
      こんな模様の戸袋飾りを見るのは初めてです。
 

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/07(木) 11:30:48|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅴ 鳥海塗装店

3棟目の出桁造りの建物

東大井2-4 鳥海塗荘店①
鳥海塗装店                     所在地 / 品川区東大井2丁目-4

鳥海塗装店は、1棟目の建物同様に、かなり傷んだ様子は見受けられますが、どうやら現役の工事店のようです。
出桁造りの建物は、昨日紹介した松本レンジのように、1階の店舗の壁面を2階の壁面よりも道路側に半間~1間だけ出して、その上に瓦屋根を葺くか、バルコニー状にする以外は、他の部分は総2階建にするのか普通で、この建物ように、2階部分の面積が1階の半分もない造りのものは、大変珍しいと思います。

東大井2-4 鳥海塗荘店②
重厚な和瓦の屋根の他、傷んではいますが木製の縦格子や

  東大井2-4 鳥海塗荘店③
  銅製の雨樋も残っています。

東大井2-4 鳥海塗荘店④
1階の屋根の出桁造りもちゃんと残っているので、間近で見られるのが嬉しいです。

      東大井2-4 鳥海塗荘店⑤
      屋号の施された、化粧じょうごも見事です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/06(水) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅳ 松本レンジ

2棟目の出桁造りの建物は、保存状態も抜群で、現在も事務所として使われています。

     東大井2-5-15 松本レンジ①
     松本レンジ       所在地 / 品川区東大井2丁目-5-15

  東大井2-5-15 松本レンジ③
  間口は3間、嬉しいことに戸袋飾りは銅板葺です。

東大井2-5-15 松本レンジ④
樋は改修されていて、まだ緑錆は表れていません。
窓に施された縦格子もいい味を出しています。

      東大井2-5-15 松本レンジ⑤
      戸袋飾りに施された文様も見事です。
青海波紋様を逆さまにした、鱗のような模様ですが、何と言う紋様なのでしょう?

      東大井2-5-15 松本レンジ②
事務所と言うよりは、老舗の蕎麦屋か、和食か高級居酒屋って言う雰囲気の建物です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/05(火) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅲ 東大井1丁目の出桁造りの建物

さらに旧東海道を立会川駅方面に歩いてゆくと、3棟の出桁造りの建物に出会えます。

東大井1-2-14 出し桁造り①
東大井1丁目の出桁造りの建物

東大井1-2-14 出し桁造り③
間口4間の建物で、元は何店舗だったのでしょうか?
今は店舗としては使われていないようで、中央のカーテンの掛かったガラス戸が、住戸の出入口になっているようです。

東大井1-2-14 出し桁造り②
2階のバルコニー手摺も木製の物が残っています。
使いようによっては、レトロ感漂わせる味わいのある店舗に出来そうなのに、もったいない気がします。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/04(月) 12:41:28|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅱ ハシモトと海雲寺前の銅板葺の建物

品川寺の隣にある、海雲寺の入口の直ぐ横にも銅板葺の建物を見付けました。

南品川3-5 海雲寺前の胴板建物①
海雲寺前の胴板葺建物                所在地 / 品川区南品川3丁目

南品川3-5 海雲寺前の胴板建物②
銅板葺と言うこと以外は、特徴は見当たりませんが

      南品川3-5 海雲寺前の胴板建物③
      戸袋飾りは健在です。


さらに旧東海道を南下すると、京浜急行鮫洲駅近くでも、面白いデザインの建物を見付けました。
      東大井1-3 ハシモト①
      ハシモト           所在地 / 品川区東大井1丁目-3

   東大井1-3 ハシモト②
   左右対称な外観のシルエットと、建物頭部の模様が特徴です。

東大井1-3 ハシモト④

東大井1-3 ハシモト⑤

      東大井1-3 ハシモト③
 

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/03(日) 15:25:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井町~立会川散策 旧東海道 Ⅰ 品川寺前の煙草屋

随分間があいてしまいましたが、品川診療所前の十字路を右折し、旧東海道立会川駅方向に歩きます。
青物横丁駅を通り過ぎて、竹内医院が在るところまでにも、幾つかのレトロな建物に出会えますが、以前に紹介したので、今日は品川寺前の煙草屋さんを紹介します。

南品川3-5 品川寺前のたばこ店①
品川寺前の煙草屋                    所在地 / 品川区南品川3-5

南品川3-5 品川寺前のたばこ店③
出桁造りの建物と言っていいとは思うのですが、2階部分の階高がとても低く造られいて、窓も有りません。

南品川3-5 品川寺前のたばこ店②
品川寺

お寺の門前ということで、道路から見て背の高い建物を建てることが、憚られたのかも知れません。

南品川3-5 品川寺前のたばこ店④
この煙草屋さんのもう一つの見所は、このステンドグラス

南品川3-5 品川寺前のたばこ店⑤
夜は電気がつくのでしょうか?

我ながら、良く見付けたと思います。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/03/01(金) 11:24:30|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad