アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

安倍政権 成長戦略に「原発活用」推進

今朝の朝日新聞の一面に
成長戦略に「原発活用」、政権素案(に)再稼働の推進明記 
と書かれていました。

《安倍政権が6月にまとめる成長戦略の素案に「原発活用」を盛り込み、原発再稼働に向けて「政府一丸となって最大限取り組む」と約束することが分かった》
アベノミクスの3本目の矢である経済成長戦略には、なんと 原発が欠かせない と言うのです。

昨日のテレビ朝日のモーニングバードの中で、福島の原発付近でシジミやアブラムシの異常個体が多数確認されていると報道していました。
生物の異常個体が発見されていること自体、たいへん恐ろしい事なのですが、福島原発付近の生物の異常個体を研究している研究機関が、琉球大学の他はもう一校の研究者だけで、東京大学などの有力大学は全く調査してないと言う状態の方が、もっと異常で恐ろしささえ感じてしまいます。

これは聞いた話なので、真偽の程は定かではないのですが、福島原発付近で獲れる貝の中には、最近異常に大きな貝が混ざっていて、大き過ぎてとても売り物にならないと言うことです。

不謹慎な言い方になりますが、これ程興味深い事例にも関わらず、何故政府に近い、東大をはじめとする有力な研究機関が、調査をしないのでしょうか?
また、重要な問題でもあり、視聴率も取れそうな異常個体の発見を、何故報ずる報道が少ないのでしょうか?
当時の政府(特に枝野官房長官)は「ただちに健康に影響はない」と繰り返して発表していましたが、震災から2年半が経過し、小動物に異常個体が確認され始めた以上、食物連鎖の頂点に立つ人間の身体に、いつ影響が現れても不思議ではないのに・・・。

ちょうど2年前、震災後で放射能による被害が危惧され始めた頃、誰だったかは覚えていませんが、テレビの報道番組に放射能の専門家が出演し「梅雨や台風のような、大量の雨で、地表に付いた放射能が地面に浸み込んでしまう前に、地表の土を取り除く除染作業を終わらせれば、放射能の影響が残る心配はない。」と言っていました。
しかし、季節はめぐり、福島はもうすぐ3度目の梅雨を迎えようとしています。
台風や大雨に至っては、いったい何度この地に降ったことでしょう。
現在ではかなりの地域で除染は終わったと聞いていますが、最初の梅雨に間に合った地域は、いったいどれくらいあったのでしょう?

高速増殖炉もんじゅずさん過ぎる管理体制 が明らかになったのは、完成直後からであり、最近始まったことではありません。

人類は本当に、原発を安全に維持管理できるのでしょうか?
僕には原子力は人間の手に余るものとしか思えません。
開けてしまったパンドラの箱を、もう一度閉じることは出来ないのでしょうか?

安倍総理には、無い知恵を絞りだしてでも、原発再稼働と言う安易な道 ではなく、本気で次世代を見据えたエネルギー政策を念頭に置いた成長戦略を打ち出してほしいと熱望します。
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/05/31(金) 11:17:08|
  2. 一言 言いたい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧前田侯爵邸洋館 内観Ⅱ

     再度階段を上って、2階階段ホール周りの各寝室を見学します。

      前田邸内観 ⑫ 三女居室
      先ずは階段を上がって左側の三女居室から 
      子供部屋と言う尺度では語れない豪華さです。

時計回りに回って行きましょう。三女の寝室のお隣は
前田邸内観 ⑬ 主寝室
主寝室
豪華すぎる食堂と同様に、この部屋では広すぎて落ち着いて眠れそうもありません。

前田邸内観 ⑭ 婦人室
婦人室
この部屋は寝室と次女の寝室の間にあり、ホールに出なくても、直接行き来出来るようなっています。
御婦人方のサロンなのか?

前田邸内観 ⑮ 次女居室
次女居室
三女の居室よりやや狭いようにも見えますが、造り付け本棚があり暖炉もあります。

前田邸内観 ⑯ 書斎
書斎
書斎と言うよりも、リビングか小さなホテルのロビーのようです。

前田邸内観 ⑰ 長女居室
長女居室
長女の居室は次女、三女の居室よりはかなり広めです。

前田邸内観 25 三男居室隣の部屋
書生室
長女居室と書生室の間にあった三男居室は撮り忘れてしまいました。

前田邸内観 26 会議室
会議室

     前田邸内観 ⑧

紹介した部屋の他にも、女中室などが6部屋とお溜りが、中庭を取り囲むように配置されています。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/30(木) 22:46:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧前田侯爵邸洋館 内観Ⅰ

今日は旧前田侯爵邸洋館の豪華過ぎる内部を紹介しましょう。
重要文化財になってしまったので、今後のことは分かりませんが、ゴールデンウィーク時には入場無料でした。

前田邸内観 ①
階段広間

前田邸内観 ④
各室にイタリア産大理石のマントルピースがありますが、階段下にまで設置されています。
このような暖炉のコーナーをイングルヌックと言い、中世イギリスに由来するそうです。
三鷹の山本有三記念館でも見た覚えがあります。

      前田邸内観 21 階段室下
     階段広間からは見えませんが、暖炉の前にはベンチがあります。

      前田邸内観 ③
      階段手摺の親柱も、他では見たことのない豪華さです。

      前田邸内観 ②
      大理石の角柱の装飾も凄いの一言

前田邸内観 ⑥
洋風のデザインの合間に、江戸情緒をのぞかせる唐草に雛菊をあしらった文様も見られます。

前田邸内観 ⑳ 階段室
ステンドグラスに鉛枠を斜めに入れて、ダイヤモンド状にするのがチューダー様式の特徴です。

前田邸内観 ⑦
2階ホール
2階ホールを取り巻くように、家族の寝室が配置されています。

1階に戻ります。
前田邸内観 ⑨ 大食堂
大食堂

前田邸内観 ⑩ 大食堂
こんな部屋で食事をしたら、緊張して消化が悪くなりそうです。

前田邸内観 ⑪ 小食堂
小食堂
おそらく大食堂は来客用で、小食堂が普段使う食堂だと思います。

前田邸内観 ⑲ サロン
サロン

2階は明日紹介します。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/29(水) 22:50:06|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧前田侯爵邸洋館

駒場東大前に在る旧前田侯爵邸に、10年ぶりに行って来ました。

前田邸外観 ①
旧前田侯爵邸

色々な洋館を見て来ましたが、今まで僕が見学した洋館の中で、規模・装飾ともに、この建物ほど豪華な洋館を見たことはありません。

前田邸外観 ②
旧加賀藩前田家の16代当主前田利為の本邸として、1929年 ( 昭和4年 ) に建てられました。

設計者 / 塚本靖 ( 東京帝国大学教授 ) 高橋禎太郎
竣工年 / 1929年 ( 昭和4年 )
所在地 / 目黒区駒場4-3-55 ( 駒場公園内 )
国重要文化財


僕が見に行ったのはゴールデンウィークでしたが、10日ほど前の新聞に、この建物が国指定の重要文化財に指定されたという記事が載っていました。

前田邸外観 ⑤

前田邸外観 ③
外壁には、当然毎度お馴染みのスクラッチタイルが貼られています。

前田邸外観 ④
当時は田園風景の広がっていた駒場の風景に合わせ、外観のデザインにはイギリス・チューダー様式を取り入れたそうです。

前田邸外観 ⑥
チューダー様式の特徴が現れた、玄関ポーチの扁平アーチ

前田邸外観 ⑨

庭園側へ回ってみましょう
前田邸外観 ⑦
残念ながら茂った緑で建物の全景が見えません。
やっと撮れた一部の写真でも、この迫力です。

前田邸外観 ⑧
全景が撮れないので、頭部のアップ。

前田邸外観 ⑩
中庭
住宅とは思えない規模の建物であることが、分かると思います。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/28(火) 23:10:13|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

桜館・旧忍旅館・池之端1丁目の煉瓦貼りの洋館

上野公園から東京学芸大学の各施設の写真を撮って、根津方面へ向かう前に以前に一度見学した池之端の旧忍旅館に寄り道しました。

レトロな建物ではありませんが、上野高校の向かいに面白い建物を見つけました。

      IMG_4949.jpg
      桜館              所在地 / 台東区上野桜木1丁目

IMG_4950.jpg
煉瓦タイル貼りにコンクリート打ち放しを絡めた、ユニークなデザインの建物です。
屋上緑化や壁面緑化も施されています。


      やはり上野高校向かいの清水坂で見つけた建物
      赤煉瓦の蔵①
      池之端4-1の煉瓦貼りの洋館

      赤煉瓦の蔵②
煉瓦造の蔵かとも思いましたが、窓が多数見えますので、蔵ではなく住宅か事務所だと思います。

赤煉瓦の蔵③
このあたりのデザインを見ると、やはり蔵と言うより洋館と言えそうです。
上野一丁目に在る、Once Upon a Time に似た感じです。
こちらはに蔵に近い建物です。



            上野最後の目的地は看板建築の名作
            旧忍旅館①
            上田邸 ( 旧忍旅館 ) 

旧忍旅館「 花園町(現在池ノ端)の白さぎ城 」と呼ばれて親しまれ、建設当時も見学者が絶えなかったと言われています。    
 
         旧忍旅館②

         設計者 / 不詳 ( 中村 )
         竣工年 / 1929年 ( 昭和4年 )
         所在地 / 台東区池之端3-3
         都選定歴史的建造物
 

旧忍旅館③
健在なことを確認することが出来ました。

以前の記事は ⇒ 《 こちら 》

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/21(火) 22:22:19|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京藝術大学

上野公園一角のレトロな建物散策の最後の目的は東京藝術大学です。
「キャンパス内は関係者以外立ち入り禁止」の立て看板が置かれていました。
守衛さんにお願いすれば、敷地内に入ることが出来たのかも知れませんが、時間もなかったので、敷地の外から撮影することに・・・

東京芸術大学赤煉瓦1号館①
東京藝術大学 赤煉瓦一号館 ( 旧教育博物館書籍閲覧所書籍庫 )

赤煉瓦一号館は、教育博物館の書籍庫として建てられました。

東京芸術大学赤煉瓦1号館②

設計者 / 林忠恕
竣工年 / 1880年 ( 明治13年 )
所在地 / 東京都台東区上野公園12-8


   東京芸術大学赤煉瓦1号館③
書庫と言う性質上 耐火を重視し、煉瓦造2階建ての全ての窓に鉄の扉が設置されています。

    東京芸術大学赤煉瓦1号館④
    赤煉瓦一号館は都内最古の煉瓦造建築です。


東京芸術大学赤煉瓦1号館⑤
東京藝術大学 赤煉瓦二号館 ( 旧東京図書館書籍庫 )

設計者 / 小島憲之
竣工年 / 1886年 ( 明治19年 )
所在地 / 東京都台東区上野公園12-8


赤煉瓦二号館は、東京図書館の書籍庫として建てられました。
一号館同様、全ての窓に鉄の扉が設置され、建物全体デザインも一号館に良く似ていますが、二号館は3階建で、3階の窓は船舶の様な丸窓です。


東京芸術大学陳列館①
東京芸術大学大学美術館陳列館

設計者 / 岡田信一郎
竣工年 / 1929年 ( 昭和4年 )
所在地 / 東京都台東区上野公園12-8


向かって左側の和風の建物は正木記念館です。

東京芸術大学陳列館②

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/18(土) 23:42:21|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧東京音楽学校奏楽堂

旧京成博物館動物園駅の在る交差点まで戻ると、木造2階建の洋館が見えて来ます。

旧東京音楽学校奏楽堂①
旧東京音楽学校奏楽堂

樹木が邪魔をして建物が良く見えません。

東京芸術大学音楽学部の前身である東京音楽学校のオーディトリウムとして建設された、日本最古の洋風木造の音楽専用ホールです。
奏楽堂とは講堂兼音楽ホールのことで、建物の名称となっています。
明治村への移築が決まっていましたが、中止となり台東区へ寄贈され、1984年に解体・修理後に上野公園内へ移築を行い、1987年から一般公開されています。

旧東京音楽学校奏楽堂②
近寄り過ぎると、今度は屋根が写りません。

旧東京音楽学校奏楽堂④
何と4月1日から、非公開になっていました。

旧東京音楽学校奏楽堂③

設計者 / 山口半六、久留正道、上原六四郎 ( 文部技官 )
竣工年 / 1890年 ( 明治23年 )
所在地 / 台東区上野公園8-43
国指定重要文化財


旧東京音楽学校奏楽堂⑤
左翼を見る

旧東京音楽学校奏楽堂⑥
裏側に回ってみました。どうやら十字形の平面ようです。

旧東京音楽学校奏楽堂⑦


テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/16(木) 23:13:21|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

国立国会図書館国際子ども図書館 ( 旧帝国図書館 )

次は旧京成博物館動物園駅の向かいに在る岡田信一郎設計の東京文化材研究所黒田記念館本館を見学るつもりでしたが、何と改修工事中で、工事用のシートで覆われていて、全く写真を撮ることが出来ませんでした。
気を取り直して直ぐ北側にある筈の国立国会図書館国際子ども図書館へ向かいました。
すると1分と歩かないうちに、新緑の合間に堂々たるルネッサンス様式の建築物が見えてきました。

国立国会図書館国際子ども図書館①
国立国会図書館国際子ども図書館 ( 旧国立国会図書館 )

国立国会図書館国際子ども図書館②
ガラス張りのエントランスは2000年に安藤忠雄氏の設計で増築された部分。

国立国会図書館の前身となる帝国図書館の庁舎は移転を経て、1906年に上野公園の東京音楽学校(現東京芸術大学)敷地内に当たる現地で、第一期工事が完成しました。
設計は久留正道らによるもので、鉄骨補強の煉瓦造りで、規模は地下1階地上4階建て、東京都選定歴史的建造物に指定されています。

国立国会図書館国際子ども図書館⑦
向かって右側のこの部分と、中央のへこんだ部分がその明治期のものです。

国立国会図書館国際子ども図書館③

当初の計画は、中庭を内側に取り込んだロの字型の広大な建造物で、もしも全体が完成していれば、東洋一の規模を誇る大図書館となる予定ででした。
しかし、日露戦争直後の当時の財政状況から計画通りの完成は見送られ、当初の計画の4分の1が完成したのみでした。

当初の庁舎は関東大震災により、蔵書の一部が焼失、破損します。
建物の被害も著しく、改修を兼ねた増築工事を行い、構造を鉄筋コンクリートに改修しました。
第二期工事は1929年に竣工し、現在の姿がほぼ完成します。
これでも、当初の計画の3分の1にも満たない規模と言うのですから、如何に壮大な計画であったかが分かります。

      国立国会図書館国際子ども図書館④
      昭和の増築部分

現存庁舎は、当初の計画のロの字のうちの正面にあたる東側の閲覧室部分と南側の書庫の一部にあたります。

国立国会図書館国際子ども図書館⑤
昭和の増築部分の3・4階部

2000年から国際子ども図書館開館の為の大規模な改修により、明治の雰囲気を残す外観や内装は残し、歴史的建造物の部分は保全しながら、古くなった機械設備などを直すとともに、免震改修も行われています。

   国立国会図書館国際子ども図書館⑥
   建物中央の明治建設部。

国立国会図書館国際子ども図書館⑧

設計者 / 久留正道、真水英夫、岡田時太郎
竣工年 / 1906年 ( 明治39年 )
所在地 / 台東区上野公園12-49
東京都選定歴史的建造物


テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/13(月) 09:40:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧京成博物館動物園駅

東京国立博物館の本館表慶館を柵越しに眺めながら、東京芸術大学方向に向かうと

旧京成博物館動物園駅①
旧京成博物館動物園駅

屋根がピラミッド状になった、ハリカルナッソスに在ったマウソレウム ( カリア王マウソロスの墓 / 紀元前4世紀 ) を思わせる建物です。

旧京成博物館動物園駅④
元は地下鉄の入り口でしたが、永い間閉鎖されたままの状態ですが、汚れ具合がまた遺跡感を強くしています。

旧京成博物館動物園駅②

設計者 / 中川俊二
竣工年 / 1933年 ( 昭和8年 )
所在地 / 台東区上野公園13


旧京成博物館動物園駅③
ピラミッドの内部はドームになっているそうで、是非とも再利用してほしい建物です。

旧京成博物館動物園駅⑤
装飾も多彩です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/12(日) 09:04:22|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立科学博物館日本館

根津へは上野駅から歩いて行きました。 

国立科学博物館日本館①
国立科学博物館日本館

上野の建物は、以前にも何度も紹介しましたが、国立科学博物館日本館は、まだちゃんと紹介していなかったと思います。それに、最近よくドラマや映画で、裁判所や警察署などとして、ロケ地に使われているので、気になっていました。。

国立科学博物館日本館③
確かに堂々たる外観です。

国立科学博物館日本館②

設計者 / 小倉強 ( 文部省 )
竣工年 / 1931年 ( 昭和6年 )
所在地 / 台東区上野公園7


国立科学博物館日本館⑤
両翼は飛行機形の平面プランの両翼は、先端が丸くなってたんですね。

国立科学博物館日本館⑥
正面入り口

      国立科学博物館日本館⑦

国立科学博物館日本館⑧
エントランス周りの照明器具 

国立科学博物館日本館④

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/10(金) 13:12:36|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神田小川町・神保町散策 麻雀 木屋 他

根津から東京メトロ千代田線に乗り、神田の古本屋街で仕事の資料を探す為に、新お茶の水駅で下車しました。

      目当ての本を探す前に、ちょっとだけ裏道をぶらぶらすると

      麻雀1-8②
      麻雀 木屋        所在地 / 千代田区神田小川町1-8

僕の卒業した日大理工学部から歩いて数分の場所で、毎日のように利用していた都営新宿線小川町駅の直ぐ上なのにも関わらず、この銅板葺の建物のことは認識していませんでした。

      麻雀1-8①
これと言った装飾のない建物ですが、現役の麻雀店であり、1階の扉や窓がオリジナルと思われる木製建具なのが嬉しいです。

      麻雀1-8③
      菱葺の戸袋飾りも健在です。


古本屋街の在る、神保町方面へ向かいます。
先ずは建築書専門店の南洋堂を覗いてから、靖国通り沿いの建築専門書の置いてある古本屋を廻りながら、すずらん通りやその裏の細い路地も覗きながらブラブラしていると

          神田神保町1-27 ①
          神田神保町1-27の銅板葺の建物

建物の前に仕出し配達用のバイクが止めてあるので、もしかすると現役の店舗なのかも知れませんが、見た目はかなり傷んでいるようです。

            神田神保町1-27 ③
    この銅板葺の建物にも、店舗の出入口には木製扉が残っています。

      神田神保町1-27 ②

  
  両隣り建物も、結構古そうに見えます。


     この建物の直ぐ近くにも
 
     神田神保町1-25①
     神田神保町1-25の銅板葺の建物

1階は改修され、スナックか何かの飲食店として営業しているようです。
屋根の上には木製の物干し台が乗せられています。
隣の建物が建て替え中なので、意外にこの建物の規模が、大きいことが分かります。

神田神保町1-25②
後ろの方は諸に3階建なのが分かります。
これだけトタンが錆びて剝がれていると、雨が漏らないのか心配になります。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/08(水) 18:09:31|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根津散策 根津教会、はん亭 他

ゴールデンウィーク中の平日には、神田の古本屋へ資料を探しに行くついでに、上野~根津を散策して来ました。
先ずは根津を紹介します。

     根津教会①
     日本キリスト教団根津教会 ( 旧亀井伯爵邸 )

     設計者 / S・M・メイヤー
     竣工年 / 1919年 ( 大正8年 )
     所在地 / 文京区根津1-19-6
     国登録有形文化財


      根津教会②
イギリス下見板張りの外壁に、ゴシック風の尖塔を載せた、大正期の木造洋風建築

      根津教会③
亀井伯爵邸として建てられた住宅を教会に転用したもののようです。関東大震災や第2次大戦の戦火も潜り抜け、大正期の日本の洋風建築の特徴を、近に地によく伝える貴重な建物として、国の有形文化財に登録されています。


      はん亭① 
      はん亭

      設計者 / 不詳 
      竣工年 / 1916年 ( 大正6年 )
      所在地 / 文京区根津2-12-15


      はん亭②
      根津教会とほぼ同時期に建てられた、和風の木造3階建て建築。

大正6年築の歴史を感じさせる木造三階建てのお店舗で、店内は土蔵の外観を見ることが出来ます。
明治40年に建てられた土蔵はもともと外蔵だったものを大正期に三階建て部分と連結させ、現在の内蔵になりました。

      はん亭④
      不忍通り側は、全く表情が異なります。

はん亭③


根津1-13 和洋折衷住宅松田邸①
根津1丁目M邸

根津1-13 和洋折衷住宅松田邸②
はん亭の直ぐ近くで見付けた和洋折衷の住宅です。


      同じ通りに、こんな看板建築
      根津1-13-4 看板建築
      九ちゃん             所在地 / 文京区根津1-13-4

      九ちゃん
      側面にもペディメントが見えます。


      光原商店①
      榊原商店              所在地 / 文京区根津2丁目

      光原商店②
目立った装飾のないシンプルな建物ですが、根津で見付けた唯一の銅板葺の看板建築です。

      光原商店③
ストリートビューを見ると、隣に出桁造りの建物も在った筈なのですが、新築の建物に建て替わっていました。
それに直ぐ近所に在る筈の、明治28年創業の 染物 張物 丁子屋 とその向いの日本家屋も、見付けることが出来ませんでした。

根津神社にも寄りたかったのですが、時間が無いので次の機会に訪問することにしました。
根津神社が取り壊されることは無いと思いますので・・・。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/06(月) 15:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デ・ラランデ邸 ( 江戸東京たてもの園 )

ゴールデンウィーク後半の初日は、久し振りで 江戸東京たてもの園 に行って来ました。

今回の訪問の主な目的は、新しく移築されたこの建物を見る為です。

デ・ラランデ邸②
デ・ラランデ邸 

設計者 / ドイツ人建築家 ゲオルグ・デ・ラランデ
増改築年 / 1910年頃 ( 明治43年 )
元所在地 / 新宿区信濃町
        

デ・ラランデ邸①
気象学者・北尾次郎氏の自邸として設計された平屋建ての洋館を、1910年にドイツ人建築家・グオルグ・デ・ラランデによって、3階建の住宅として大改造されました。

デ・ラランデ邸③
1914年にデ・ラランデは41歳の若さで亡くなり、その後何度も居住者が変わりますが、1956年からはカルピスの発明者・三島海雲氏の住まいになります。
海雲氏の死後は、三島食品工業の事務所として1999年まで使用されていました。
今回の移築により、十数年ぶりに生まれ変わったことになりますが、ちょっと綺麗にし過ぎな気もします。

デ・ラランデ邸⑩
食堂

デ・ラランデ邸⑪
食堂はレストランになってますので、食事やお茶を楽しむことが出来ます。

デ・ラランデ邸⑬

            デ・ラランデ邸⑭

デ・ラランデ邸⑮
食堂周りの装飾が一番豪華かもしれません。

デ・ラランデ邸⑫
居間
食堂とつながっている居間も、レストランになっています。


デ・ラランデ邸⑤
玄関ホールから階段を見る

            デ・ラランデ邸⑦
            2階階段ホール
            3階もありますが、残念ながら登ることは出来ません。

デ・ラランデ邸⑥
階段手摺の親柱

デ・ラランデ邸⑧
主寝室
2階には、この主寝室を含めて6室の寝室がありますが、内装はわりとあっさりしています。

デ・ラランデ邸⑨
寝室の照明器具

   デ・ラランデ邸⑯
   玄関ホールの照明器具
 
   エンジェルのレリーフが可愛いです。

   デ・ラランデ邸④
   テラスにもレストランのテーブルが並べられています。

デ・ラランデ邸⑰
カレーライス は1000円です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/05(日) 19:00:47|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

凛も 抜糸が終了しました。

凛も抜糸が終了しました。

凛①
日曜の午前中に、動物病院へ行って行ってきました。
元気ハツラツとまでは言えませんが、血尿をしている様子もなく、食欲もまあまあです。

凛②
抜糸自体は痛そうでもなく、1分程で終わりますが、エリザベスカラーが外せることは、猫にとっては嬉しいようです。
エリザベスカラーを着けたままだと、こんな風にはくつろげません。

凛③
エリザベスカラーを着けた凛の姿を見ては、怖がって逃げ回っていた蘭も、これで一安心です。

凛④
蘭は元気全開で食欲も旺盛です。

凛⑤
毛並みと同様に、まだらな肉球。

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2013/05/01(水) 08:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

FC2Ad