アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

小田原散策-Ⅺ シバタ商店

   今日紹介するのも、東海道沿いに残るモルタル造形の看板建築です。

      シバタ商店①
      シバタ商店

正面の頭部に SIBATA SYŌTEN の文字が見えますが、1階の店舗の硝子は欄間を残すのみで、ベニアとブルーシートで塞がれており、残念ながら営業しているようには見えません。

シバタ商店⑤

設計者 / 不詳
竣工年 / 不詳
所在地 / 小田原市南町1-9-34


      シバタ商店④
間口は二間半程度しかないものの、正面のデザインは素晴らしいものです。
三連の上げ下げ窓に施されたボーターアーチと、両端の洋風古典風の化粧柱を繋ぐアーチのついたパラペット、店舗のロゴの配置が絶妙です。

      シバタ商店②
今は左隣は空き地になっていますが、元は建物が隙間なく建っていたのでしょう。

      シバタ商店③
      化粧柱より後ろの側壁には、折り返しの化粧はありません。

シバタ商店⑥
出来れば再利用されて、再生して長く使い続けてもらいたい建物です。

      シバタ商店⑦
スポンサーサイト
  1. 2014/01/29(水) 10:37:27|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅹ 片野屋呉服店

今日紹介する建物も、東海道沿いに建つ質の高いデザインのモルタル造形の看板建築の中の一棟です。

      片野呉服店①
      片岡屋呉服店

この建物の詳細は建築年が震災直後の1925年 ( 大正14年 ) と言うこと以外は不明です。 
一見、鉄筋コンクリート造の様にも見えますが、恐らくは木造2階建てだと思います。

 片野呉服店②
 
 設計者 / 不詳
 竣工年 / 1925年 ( 大正14年 )
 所在地 / 小田原市南町3-2-45


この建物の様に堂々たるデザインの看板建築は、家業が呉服店の建物が多い気がします。当時の呉服業は、恐らく時代の先端をゆく業種だったのでしょう。

片野呉服店③
中2つの窓と両サイドの窓都では、デザインは同じですが、幅が若干違うようです。

片野呉服店④
片岡屋呉服店の隣にも、入母屋造り・木造2階建ての青果店も残っています。
ポツリポツリではあるものの、質の高いレトロな建物が残っている東海道沿いですが、国府津の東海道沿いの建物の様に、何時突然に解体されてしまうか分かりません。
それと、もう一つ怖いのは、古い木造建築ならではの弱点である「火災」です。
片岡呉服店の2建隣でも、つい最近火災があったようで、黒焦げになった無残な焼け跡が残っていました。一歩間違えれは、この建物も危なかったわけです。
  1. 2014/01/27(月) 11:38:25|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅸ レストランCIBO&Co

   レストランCIBO&Co①
   レストランCIBO&Co

現在はレストランとして使用されているこの建物は、看板建築と言うには、キッチュなデザインというより、かなり本格的な洋風建築と言えそうです。

    レストランCIBO&Co③
    設計者 / 不詳
    竣工年 / 1925年 ( 大正14年 )
    所在地 / 小田原市南町3-2-53


レストランCIBO&Co④
本格的な洋風建築に見えるこの建物は、関東大震災の直後の大正14年。洋品店として建てられ、その外観にふさわしく、銀行などにも使用されたそうです。

レストランCIBO&Co⑤
外部の装飾もさることながら、店内に残る格天井も見どころのです。

レストランCIBO&Co⑥

    レストランCIBO&Co②
    次回は是非食事もしてみたいと思います。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/22(水) 09:00:56|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅷ 吉田商店

東海道沿いには何棟かの目に付くレトロな建物が在りますが、この吉田商店は他ではちょっと見ないデザインです。

吉田商店①
吉田商店
看板を見てもわかるように、吉田商店は鋼管を扱う商店のようです。

吉田商店②
銅板葺きの看板建築出し桁造りの商店を合体させたようなデザインの建物で、

吉田商店④
特に片流れ部の桁を支える腕木と、段違いに続くパラペット前の付け庇を支える腕木のデザイン特徴的と言えます。

  吉田商店⑤
  窓廻りの外壁とアルミサッシは改修が行われています。

      吉田商店⑧

吉田商店⑦
設計者 / 不詳
竣工年 / 1920年代 ( 大正末期 )
所在地 / 神奈川県小田原市南町1-4


吉田商店③
現在の道路側の外館を見ると、1階部の所々に壁がありますが、1991年頃に撮られた写真を見ると、商店建築らしく柱や壁の全くなく、全てが開口部になっています。

僕の近代建築コレクションを御覧ください。

吉田商店⑨

吉田商店⑩

吉田商店⑥
実に興味深い建物です。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/21(火) 14:58:24|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅶ 伊勢谷、瀬戸自転車店、山崎タイル

今日も小田原城の南側、東海道沿いのレトロな建物を紹介しましょう。
先ずはメガネのアイザワの並びに建つ建物です。

barber伊勢谷&瀬戸自転車店①
瀬戸自転車店 & barber伊勢谷

レトロ感は漂っていますが、二棟ともこれと言った装飾はありません。

    barber伊勢谷&瀬戸自転車店②
    瀬戸自転車店
 
      barber伊勢谷&瀬戸自転車店③
      強いて言えばこのレリーフが目につきます。

 通りの向かいでは、一見何の変哲もない、この建物の外壁が気になります。
      山崎タイル①
      山崎タイル

      山崎タイル②
      アップで見ると細かいモザイクタイルなのが解ります。

      山崎タイル③
      更にアップ
      タイル屋さんの外壁に相応しい仕上げだと思います。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/20(月) 12:54:46|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅵ メガネのアイザワ

今までは小田原城の東側、合同庁舎周りの建物を紹介してきましたが、今日からは去年の11月に撮影した、小田原城の南側の東海道沿いに建つレトロな建物を紹介しましょう。

    メガネのアイザワ②
    メガネのアイザワ ( 旧相澤時計店 )
    モダンなデザインのモルタル造形の看板建築です。

      メガネのアイザワ①
 
      設計者 / 不詳
      竣工年 / 1924年 ( 昭和4年 )
      所在地 / 小田原市本町1-10-22


メガネのアイザワ④
竣工時は正面頭部の◯の部分には時計が嵌められていました。
中央の2連の引き違い窓の部分には、現在は壁の部分が残っていませんが、以前は縦長の尖頭アーチ窓が3つ並んでいました。
少しだけ付き出した両側部にも、同じ形状の尖頭アーチ窓が1つづつ設けられ、壁面には様々なレリーフが施されていたようです。

メガネのアイザワ③

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/18(土) 17:01:56|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅴ 佐藤和夫法律事務所

今日紹介する建物も、中央労金庫小田原支店だるま山本眼科医院 にほど近い、本町1丁目に建つ建物です。

佐藤和夫法律事務所②
佐藤和夫法律事務所

      佐藤和夫法律事務所③
この建物で何と言っても、先ず最初に目に付くのは、玄関ポーチの屋根を支える2本の柱です。
一見すると、ギリシャ・ローマ建築のオーダーの様に見えなくもありません。確かに柱頭部はトスカナ式に似ていますが、基壇部はその他のギリシャorローマ・ドリス式、イオニア式、コリント式、コンポジット式のどのオーダーとも違います。

佐藤和夫法律事務所①
この建物の詳細は不明です。

設計者 / 不詳
竣工年 / 1934年 ( 昭和9年 )
所在地 / 小田原市本町1-3-16


佐藤和夫法律事務所⑤
2階外壁の出隅と入り済みにも、玄関ポーチと同じような、付け柱が見えます。
もしかすると、この部分の壁や窓は増築したもので、元はL字型のバルコニーだったのかもしれません。

佐藤和夫法律事務所④
隣接する和風の建物
主屋か親戚の家でしょうか?

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/16(木) 12:32:19|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅳ 山本眼科医院

この木造2階建ての洋館中央労金庫小田原支店だるまと同じ小田原市本町2丁目に在ります。

山本眼科医院①
山本眼科医院

この写真を撮った一昨年の春には、現役の医院ではないと思っていましたが、H・Pで検索してみると、耐震改修を終えて、診察を再開しているとのことでした。

山本眼科医院③
急勾配の屋根はスレート葺でしょうか?
外壁は白くペイントされた下見板張り
正三角形に近い切妻屋根の妻部には、モルタル系の材料を吹き付けています。

山本眼科医院④
設計者 / 不詳
竣工年 / 1928年 ( 昭和3年 )頃?
所在地 / 小田原市本町2-3-22


      山本眼科医院⑤

      山本眼科医院⑥
      正面玄関上部の三角部分 ( 妻壁 ) に施されたライオンの飾り

      山本眼科医院⑦
      側面三角部の飾り

山本眼科医院②
この洋館は中央労金庫の並びで、国道1号沿いと言う非常に目立つ場所に在ます。
耐震補強も終えているので、今後も私達の目を楽しませてくれそうです。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/10(金) 17:27:55|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅲ 桜井商店 ( 旧協和銀行支店 )

旧東海道を少し外れ、小田原駅前からも離れた商店街で偶然見つけた建物です。
車で熱海へ向かう途中、間違えて小田原厚木道路を小田原東で降りてしまい、道に迷っている時に、アーケードの上に建物の規模に似合わない、大きなオーダー柱を見付けたのです。

      さくらい①
      桜井商店 ( 旧協和銀行支店 )

銀行建築に見えるこの建物は、やはり震災前に(大正10年頃か?)に協和銀行の支店として建てられたRC2階建ての建物らしく、現在は桜井商店看板には「趣味の呉服さくらい」と書かれています。

      さくらい②
建物ウッチャーの天敵、アーケードによって肝心なところが見えないのが残念です。

さくらい④
4本の付け柱は強いて言えばドリス式っぽいオーダーが施されています。

  さくらい⑤
  中2本の付け柱は、1階部分では1/4円になっています。

  設計者 / 不詳
  竣工年 / 大正10年頃?
  所在地 / 小田原市本町2-4-16

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/09(木) 12:05:25|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅱ だるま料理店

中央労働金庫小田原支店のすぐ近所に在るこの建物も、小田原で1・2を争うレトロな建物と言えるでしょう。

だるま③
だるま料理店 主屋
小田原の網元だった廣澤仁三郎氏が1893年( 明治26年 )に、相模湾で捕れた魚介類を中心に、刺し身、寿司、天ぷら等の日本料理店を創業したものです。

だるま④
この建物は関東大震災で損壊した店舗を、二代目の廣澤吉蔵氏が1926年(大正15年)に再建したもので、2階屋根の正面に破風を重ねた比翼入母屋造り

だるま①
玄関の唐破風屋根も見事です。

だるま②

裏へ回ってみましょう
だるま⑥
道路側とは一味違う表情が現れます。

設計者 / 不詳
竣工時 / 1926年(大正15年)
所在地 / 小田原市本町2-1-30
国登録有形文化財


      だるま⑧

      だるま⑦
   肘掛け手摺 ( 高欄 )を支える、リズミカルに並ぶ持送りが目を引きます。

だるま⑨

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/08(水) 14:59:24|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原散策-Ⅰ 中央労金庫小田原支店

小田原は去年の11月に国府津へ訪れた時にも散策しましたが、今日紹介する建物とあと数等は一昨年の春に熱海に行く途中に立ち寄った時に撮影したものです。

小田原で先ず目に付くレトロな建物と言えばこの建物でしょう
中央労金小田原支店①
中央労金庫小田原支店 ( 旧明和銀行本店 )

角地の目立つ立地を活かした見事なデザインですが、歩道橋の階段で肝心なところが見えないのが残念です。

中央労金小田原支店②
12本連なる化粧付け柱が壮観ですが、そのデザインは独特です。

      中央労金小田原支店⑦
付柱の柱頭には卵舌文様風の意匠が施され、更に上部の軒蛇腹(コーニス)飾る歯飾り(デンデル)の間に、柱頭のような矩形の突起が二個セットで施されています。

中央労金小田原支店⑥
 
設計者 / 不詳
竣工年 / 1928年 ( 昭和3年 )
所在地 / 小田原市本町2-1-23


中央労金小田原支店③
こちらが正面でしょうか?

      中央労金小田原支店④
      正面玄関詳細。
柱に縦溝がありませんが、柱頭部にはイオニア式の特徴であるうず巻が施され、基礎部にもイオニア式の特徴が見られます。

中央労金小田原支店⑤
側面部出入口。
Rが付いていること以外は、正面玄関と同じデザインのようです。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/01/07(火) 11:58:46|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本年も、アクトデザイン凛太郎のプログ を宜しくお願い致します。

今年は、最近すっかり写真好きになってくれた蘭ちゃんから、感謝の気持ちを込めて、新年のご挨拶をしてもらいましょう。

2014年新年のご挨拶
( 蘭 )  「今年もアタイを見に来てニャネ !! 」

蘭が協力的になってくれたのとは反対に、凛はどこかに入り込んで、なかなか来てくれませんでしたが

2014年新年のご挨拶 凛-2
( 父 )  「何時もの調子で、きちんとご挨拶しておくれ」
( 凛 )  「ここじゃ、蘭とおんなじになっちゃうニャスネ? 」

2014年新年のご挨拶 凛-3
( 凛 )  「アタチはここでいいニャスか?」
( 父 )  「凛の好きなようにやっていいよ」

2014年新年のご挨拶 NG
( 蘭 )  「アタイも好きにやるニャネ!!」
( 父 )  「蘭の挨拶は終わっただろ。 今度は節分の鬼で頑張って!!」

2014年新年のご挨拶 凛
( 父 )  「それでは凛ちゃん。気を取り直してお願いします。」
( 凛 )  「新年明けましておめでとうございニャス。 今年もお父ちゃんをよろしくお願いしニャス 」

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2014/01/01(水) 15:42:11|
  2. ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad