アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

栃木散策 Ⅸ    蔵の街大通り沿いのレトロな建物 その他

蔵の街大通り沿いには、他にもレトロな建物が残っています。
和風とも洋風とも言えない、面白いデザインの建物です。

栃木県主食御株式会社①
日星肥料                 栃木県主食御株式会社

栃木県主食御株式会社②

   日星肥料
   日星肥料
寄棟和瓦葺き 木造2階建ての和風建物に、ビンク地の大きな看板が取り付けられています。
派手な色合いで、建物のボリュームとはアンバランスに大きな看板がユニークです。

栃木県主食御株式会社③
栃木県主食御株式会社
平屋の和風家屋に、張りぼての洋風部分が建てられています。
現地では気が付きませんでしたが、2階の窓はフェイクかも知れません。
本当に2階があるかどうかも怪しい、実にユニークな建物です。
洋風にしようとしているのに、和瓦が載ったデザインが可愛いですね。

スポンサーサイト
  1. 2014/05/28(水) 12:34:52|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木散策 Ⅷ  若松理容店  蔵の街大通り沿いの洋風建物

今日紹介する若松理容店も、蔵の街大通り沿いの洋風建築の一つです。
今までに紹介したギャラリーみうら、旧足利銀行栃木支店、好古壱番館(旧安達呉服店店舗)、cafe NAZNA様式建築に分類される建物でした。

若松①
若松理容店

角地の敷地条件を活かした、表現主義的なモダンデザインの建物です。

      若松②

色々と検索してみましたが、この建物についての情報を見つけることは出来ませんでした。
この手のデザインが流行った時期から考えると、昭和初期に建てられたの建物ではないでしょうか?

      若松③
道路のない、向かって左側の2階の壁面(南面)にも、大きな開口部が設けられています。
1階の用途は理容室だと分かっていますが、3方向窓だらけの2階が住居だとは考え難いので、用途は何なのか気になります。
一見するとRC造っぽい外観ですが、この南面のまどを見る限り、木造だと思います。

     若松④

      設計者 / 不詳
      竣工年 / 昭和初期?
      所在地 / 栃木県栃木市室町5-24


     追記 》
     おさむんさんからの情報により、設計者と築年数が解りました。
 
      設計者 / 堀井寅吉
      竣工年 / 1936年 ( 昭和11年 )
      所在地 / 栃木県栃木市室町5-24
      栃木市非歴史的建造物


堀井寅吉旧栃木町役場庁舎の設計者で、旧栃木町役場庁舎の建設時の1921年には役場の技師だった筈です。 その後役場を辞め、民間の建築家として、栃木で活動したのかもしれませんね。

  1. 2014/05/27(火) 10:38:37|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栃木散策 Ⅶ  CAFE NAZNA (カフェ ナズナ)  蔵の街大通り沿いの洋風建物

     今日も蔵の街大通り沿いの洋風建物を紹介します。

     cafe NAZNA①
     CAFE NAZNA (カフェ ナズナ)

    季節の野菜と食材をふんだんに使った美味しいお料理と、スイーツのカフェ。 
    アンティークの家具や照明も見ものです。

      cafe NAZNA②

      設計者 / 不詳
      竣工年 / 昭和初期
      所在地 / 栃木県栃木市倭町1-21


1階のカフェの外壁はかなり改修されているようですが
cafe NAZNA③
2階にもアルミの既成品のバルコニー手摺と庇が取り付けられています。

cafe NAZNA④
雨漏りがあったのかもしれませんが、パラペットにかぶせるように、金属板瓦棒葺きの片流れ屋根が載っています。
パラペットの装飾も隠れてしまい残念です。
  1. 2014/05/25(日) 11:49:16|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木散策 Ⅵ  好古壱番館 ( 旧安達呉服店 )  蔵の街大通り沿いの洋風建物

蔵の街大通りに点在する洋風建築の中でギャラリーみうらと並んで、一際目を引くのがこの建物。

好古壱番館(旧安達呉服店①)
好古壱番館 ( 旧安達呉服店 )

大正12年の建設当時は、呉服商の店舗として建てられ ( 蔵を改造したとの情報もある ) ましたが、現在は小江戸そば好古壱番館として使用されています。

      好古壱番館(旧安達呉服店②

      設計者 / 不詳
      竣工年 / 1923年 ( 大正12年 )
      所在地 / 栃木県栃木市万町4-2
      登録有形文化財


正面2階の4本の化粧柱を組積造風に仕上げていますが、実際はタイル貼りの木造2階建建築。

好古壱番館(旧安達呉服店⑤
銅板葺きの腰折れ屋根を方形状に架け、ステンドグラスを施ししたドーマーウインドーを設けています。

    好古壱番館(旧安達呉服店④
  1階正面の扁平アーチは、2階のデザインとはちょっと違和感を感じます。 

  好古壱番館(旧安達呉服店③
蔵の街観光館の隣なので、車で立ち寄って食事をすることも出来そうです。
ただし、どう見ても洋風な外観なので、カフェかレストランの方が似合っている気がします。


  1. 2014/05/19(月) 22:52:23|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木散策 Ⅴ  旧足利銀行栃木支店  蔵の街大通り沿いの洋風建物

今日からは蔵の街大通り沿いの洋風建物を紹介しましょう。

旧足利銀行栃木支店①
旧足利銀行栃木支店

パラペットを立ち上げた外観から、RC造の陸屋根に見えますが、切妻鉄板葺の木造平屋建の建物です。
正面玄関の両脇にトスカナ式風の角柱と、側面壁にも設けられた縦長の上げ下げ窓、パラペット廻りの意匠が特徴の洋風様式建築です。

旧足利銀行栃木支店②

設計者 / 不詳 ( 施工/小川組 棟梁/永井種吉 )
竣工年 / 1934年 ( 昭和9年 )
所在地 / 
国登録有形文化財


1973年から2004年迄は栃木市の教育委員会庁舎として利用され、2005年に建物の半分ほどを移築し飲食店として利用されています。

旧足利銀行栃木支店③
奥行きのある装飾は、木造建築とは思えない重厚さです。


  1. 2014/05/15(木) 17:17:36|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡本太郎美術館

昨日の母の日、川崎の生田緑地内に建つ、岡本太郎美術館へ行って来ました。

       岡本太郎美術館0

岡本太郎美術館②
深い緑の残る生田緑地の中に岡本太郎美術館は、地面に埋もれるように建っていました。

岡本太郎美術館①

設計者 / 川崎市まちづくり局施設整備部、久米設計
竣工年 / 1999年
所在地 / 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5


岡本太郎美術館③ 
中央の階段の上の広場の奥に、屋外展示されている母の塔が見えています。

      岡本太郎美術館⑥
      母の塔

      岡本太郎美術館⑦

      岡本太郎美術館⑧

      岡本太郎美術館⑨


岡本太郎美術館④
池の向こう側に見えるガラス張りのスペースはカフェで、手頃な値段で食事ができます。

      岡本太郎美術館⑤
 美術館の外部でも、幾つかの岡本太郎さんの作品を鑑賞することが出来ます。

館内では作品の写真を撮ることが出来ませんが、一部記念撮影が出来るエリアが有ります。

岡本太郎美術館⑫

岡本太郎美術館⑲

      岡本太郎美術館⑩

      岡本太郎美術館⑪

岡本太郎美術館⑭
太郎さんと記念撮影をしてきました。

岡本太郎美術館⑱
ミュージアムショップで買ったガラガラがお土産です。

岡本太郎美術館の展示内容は素晴らしい物でしたが、一つ疑問点も有ります。
建設に際して、生田緑地に残る緑を守るために、自然保護活動家たちによる反対運動が展開されたことは知っていました。
生田緑地内には岡本太郎美術館の他にも大きなプラネタリュウムが建っており、その前には芝生の広場がが作られいています。
何故、原生林を伐採してまで、緑地内に広場が必要だったのか分かりません。
もう少し樹木を多く残すプランが検討出来なかったのか? と思いました。
  1. 2014/05/12(月) 13:15:15|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

栃木散策 Ⅳ とちぎ蔵の街観光館 他 蔵の街大通り沿いの蔵造りの建物

今回も蔵の街大通り沿い蔵造りの建物を紹介しましょう。

とちぎ蔵の街観光館①
とちぎ蔵の街観光館

この建物の屋根も重厚感満点です。

とちぎ蔵の街観光館②

栃木市観光協会のH.Pによると、この建物は、もと八百金の名で知られた荒物・麻苧問屋田村家の店舗(見世蔵・明治37年(1904年)上棟)、住居(母屋)、付属屋、土蔵群でした。
土蔵群は戦後になり『蔵のアパート』として利用されてきました。
現在、大通りに面した見世蔵では、観光案内と土産品販売、奥の土蔵群はお食事処と土産品販売を行う蔵の街観光の拠点施設として活用されています。

設計者 / 不詳
竣工年 / 1904年 ( 明治37年 )
所在地 / 栃木県栃木市万町4-1


栃木氏観光協会のH.Pは ⇒ 《 こちら 》

山本有三ふるさと記念館
山本有三ふるさと記念館

栃木市観光協会のH.Pによると、この記念館自体は江戸末期に建てられた見世蔵を 「山本有三記念会」が改修し、整備して平成9年に開館したものです。
山本有三は栃木市出身で、『路傍の石』などで知られる文豪で、館内は複数の蔵を繋げたような造りになっており、愛用の椅子や回転書架、帽子、服、自筆の原稿や映画化時のポスターなどが展示されています。

設計者 / 不詳
竣工年 / 江戸末期
所在地 / 栃木県栃木市万町5-3


山本有三ふるさと記念館のH.Pは  ⇒ 《 こちら 》

蔵の街美術館①
とちぎ蔵の街美術館

栃木市観光協会のH.Pによると、この建物は約200年前に建てられた市指定文化財「善野家土蔵通称おたすけ蔵」を改修し、土蔵3棟を改修して美術館として甦らせたものです。
蔵の建築年代は、東蔵が床板の墨書銘により文化年間(1804~1818)初期、中蔵が内部の落書により天保2年(1831)年以前、西蔵が床板の墨書銘により天保11年(1840)であることが判明しており、栃木市に現存する多数の蔵造りの建物の中でも最古の土蔵群です。

設計者 / 不詳
竣工年 / 江戸時代後期
所在地 / 栃木県栃木市万町3-23
市指定文化財


とちぎ蔵の街美術館のH.Pは  ⇒ 《 こちら 》


その他蔵造り①
建物の詳細は分かりがませんが、この蔵造りの建物の屋根も重厚です。

その他蔵造り②
 

漬物本舗鳥海
漬物本舗鳥海


四次元ポケット静
四次元ポケット静

蔵造りの建物ではないものもありますが、レトロな街並みの一画を形成している建物達です。

  1. 2014/05/09(金) 15:49:37|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松涛~代々木~表参道~青山通 散策

渋谷の松涛美術館へ「ねこ・猫・ネコ」展を観に行って来ました。

松涛美術館①
渋谷区立松涛美術館

松涛美術館②

設計者 / 白井晟一
竣工年 / 1980年
所在地 / 渋谷区松涛2-14-14


      松涛美術館③
渋谷の高級住宅街に建つ、異色の建築家白井晟一設計の美術館。
館内に入ったのは今回が初めて。
韓国産花崗岩貼りの道路側の曲面の外壁と、まるで井戸のような、建物中央の5層貫く吹き抜けが特徴です。

松涛美術館④

「ねこ・猫・ネコ」展を観たあとは、久しぶりに原宿方面へ行ってみました。

代々木体育館
国立代々木競技場では日本が大活躍中の世界卓球を開催中でした。

設計者 / 丹下健三
竣工年 / 1964年
所在地 / 渋谷区神南2-1-1


JR原宿駅を超え、人でごった返す表参道へ
白井晟一、丹下健三と言う20世紀の巨星の建築を見たあとは、最近竣工した表参道の建物も見学しました。

東急プラザ表参道原宿
東急プラザ表参道原宿

設計者 / 中村拓志(NAP建築設計事務所)竹中工務店
竣工年 / 2012年
所在地 / 渋谷区神宮前4-30-3


      BOSSストア表参道②
      BOSS ストア 表参道店
      伊東豊雄設計のTOD'Sに取り囲まれる角地に立つ建物

      BOSSストア表参道①
      
      設計者 / 團紀彦
      竣工年 / 2013年
      所在地 / 渋谷区神宮前 5-1-3


      BOSSストア表参道③
向かって左隣りに建つ建物は、丹下健三氏設計のハナエ・モリビルを取り壊して、竣工したばかりの建物。
外観は以前の建物のデザインを踏襲しているようです。

      Ao.jpg
      Ao

      設計者 / 日本設計 
      竣工年 / 2008年
      所在地 / 港区北青山3-11-7
 

      喉が渇いたので青山通り沿いの Ao のカフェで一休みして

    スパイラル
    SPIRAL

    設計者 / 槇文彦
    竣工年 / 1985年
    所在地 / 渋谷区南青山5-6-23


    何時見ても惚れぼれする建物ですね

本当は岡本太郎記念館にも寄りたかったのですが、連れがつかれていたので諦め

      岡本太郎の彫刻①
     こどもの城の前の広場に立つ岡本さんの作品を見て帰りました。

    岡本太郎の彫刻②
  1. 2014/05/05(月) 16:37:35|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木散策 Ⅲ 三桝屋本店 ・ 毛塚紙店 他 蔵の街大通り沿いの蔵造りの建物

蔵の街大通りをJR栃木駅方向に歩いて行くと、直ぐに蔵造りの建物群が見えてきます。

三桝屋本店他①
冨士屋 ・ 丸三家具店 ・毛塚紙店 ・ 金澤善代邸 ・ 三桝屋本店

三桝屋本店他②
小江戸栃木を代表する蔵の街大通り倭町一丁目東側の商家群で、明治末期には
冨士屋 は 山本乾物店
丸三家具店 は 境屋酒店
毛塚紙店 は 中屋紙店
金澤善代邸 は 金澤呉服店
三桝屋本店 は 須藤足袋店 だったそうです。

三桝屋本店他⑦
川越の蔵造りの建物を思わせる、漆喰塗りの黒壁重厚な和瓦が載っています。

三桝屋本店他⑧
冨士屋 ・ 丸三家具店

      三桝屋本店他⑨
      毛塚紙店
      毛塚紙店の屋根が特に重厚です。

三桝屋本店他③
三桝屋本店

三桝屋本店他⑥
三桝屋本店だけは外壁は下見板張りです。

三桝屋本店他④

三桝屋本店他⑤

  1. 2014/05/01(木) 14:27:47|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad