アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

諏訪散策ⅩⅢ 高島城

諏訪高島城②
高島城
別名「浮城」とも呼ばれる高島城は 1598年 ( 慶長3年 ) に豊臣秀吉の家臣 日根野織部高吉 により築城されました。

諏訪高島城③

1871年(明治4年)廃藩置県により高島県となり、県庁舎として利用されます。

諏訪高島城①

1875年(明治8年)に天守以下建造物は移築され、石垣と堀のみとなりますが、1970年(昭和45年)に本丸に天守・櫓・門・塀が復元され、高島公園として整備され、その美しい姿を再び堀の水に映すようになりました。

諏訪高島城④
 
天守閣が在する高島公園は桜の名所にもなっており、また、四季折々の花が楽しめます。

スポンサーサイト
  1. 2015/06/10(水) 14:39:30|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

諏訪散策ⅩⅡ 赤い屋根の洋館

高島城に向かう通りの途中、いつもの癖で脇道をのぞき込むと 赤い屋根の建物 が目に止まりました。

赤い屋根の洋館
赤い屋根の洋館                  所在地 / 長野県諏訪市高島1丁目

向かって左側の外壁は、まるでスパッとナタででも切断されたように見えます。

赤い屋根の洋館⑦
右側には離れのような和館も在り、そうとうの規模の大邸宅だったようです。
駐車場になっているところは、この洋館の庭園だったのでしょうか?

赤い屋根の洋館②
2階中央のベイウインドゥーと、キャンベルン風の屋根形状が特徴的です。

赤い屋根の洋館④
下見板張りの外壁の上部に漆喰塗りの白色の部分を作ることで、瓦棒葺の赤い屋根が強調されています。

赤い屋根の洋館③
1階の開口部は掃出窓ではないようです。

赤い屋根の洋館⑥
このアングルも良い感じです。

赤い屋根の洋館⑤
玄関周りのデザインも素晴らしい。

南京錠が掛かっているので、今は誰も住んでいないのかもしれません。 
もったいないですね。

赤い屋根の洋館⑧
裏側は運河のような川に面していて、景色を楽しむ為なのか、大きな窓が幾つも設けられています。

この洋館も詳細は解りません。
  1. 2015/06/01(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad