アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

最新現場状況 石神井台の家 24 タイル工事

外壁仕上げ材の下塗り作業は終了し、今週からはタイル貼りが始まりました。

        タイル工事4
        東側妻壁  センティア ( lixil )

     タイル工事①
     玄関横の袖壁  ルミノス ( lixil )

     タイル工事2
     この袖壁は外観のポイントの一つになります。

        タイル工事3
ボーダー状のタイル一つ一つの幅や出、表面の質感が異なるので貼るのは大変でそうです。
特にコーナー部施工には手間を食タイルですが、タイルの出の違いにより陰影が現れる筈です。

     タイル工事5
      一般部用
   施工性を向上させるため一応、ネット貼りにはなっています。

     タイル工事6
      コーナー部用
スポンサーサイト
  1. 2015/12/22(火) 17:57:13|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新小岩散策 たんす屋、中島自転車商会他

JR秋葉原駅から出発し 台東~小島~蔵前~浅草橋 と歩いてJR浅草橋駅までの散策を終え、総武線でJR新小岩駅まで移動します。
この日の最終目的地は新小岩駅から徒歩15分程度の所に在る江戸川区総合文化センター。
江戸川区総合文化センターで友人のバンドも出演する演奏会があるのです。
新小岩駅は大学一年の一年間、習志野校舎へ通う為に総武線で毎日通った駅でしたが、記憶に残る限りでは、下車したことは一度もなかったと思います。
一緒にコンサートを聞きに行く奥さんとの待ち合わせ時間までの時間を無駄にする訳にはいきません。
約30分、駅の南側をあてもなく彼方此方る気回ってみました。

八百福1
八百福     葛飾区新小岩1丁目
駅前広場からアーケードが架かった商店街には活気があり、南へ真直ぐ延びています。 目当ての看板建築は見付けられませんでしたが、アーケードから外れた道沿いには出し桁造りの建物が残っていました。
残念ながら現在は営業している様子はありません。


小林金属製作所1
小林金属製作所     葛飾区新小岩1丁目
こちらの出し桁造りの建物は現役の事務所として使われているようです。

小林金属製作所2


銅板葺の建物も見付けました。
たんす屋1
たんす屋     葛飾区新小岩1丁目

たんす屋2
前面の立上り ( パラペット ) はなく屋根は寄棟。

たんす屋3
銅板葺きの戸袋飾りや、銅板製の縦樋 ・ 横樋も残っています。

たんす屋4
戸袋飾りの文様は亀甲文様


たんす屋と同じ通りには
喜久屋1
プティック ぶーべ ・ ブティック 美香     葛飾区新小岩1丁目

喜久屋3
現地では気が付きませんでしたが、3階建てのように見えます。
立上り部の中央に施されているのは

喜久屋4
唐獅子でしょうか?
唐獅子のレリーフをが施すなんて、元々は何の店だったのか気になりますね。


最後はアーケードの商店街に戻ります。
中島自転車商会
中島自転車商会     江戸川区松島3丁目
アーケードも終わり付近で、JR新小岩駅からはかなり歩いた気がしていましたが、江戸川区に入っていたようです。
ご覧の通り、現役の自転車店です。
  1. 2015/12/17(木) 11:30:40|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新現場状況 石神井台の家 23 木工事、断熱・防湿工事、左官工事

左官工事はかなり進んでいます。 今日は3人掛かりで作業していました。

        2015_12_15 2
柱型の目地棒の設置にも、予想以上に時間が掛かってしまいました。

        2015_12_15 1
   柱型は4本在るので、一日掛かりになってしまったようです。

        2015_12_15 3
北側外壁のモルタル塗りはほぼ終了し、残すは東面ノミとなりました。

    2015_12_15 4
手間が掛かる設計をしてしまったので、なかなか進まない木工事ですが、それでもベテランの大工さんが悪戦苦闘しながらも頑張ってくれています。

  1. 2015/12/15(火) 18:48:20|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草橋散策 Ⅴ 浅草橋2~3丁目 

今日は浅草橋2~3丁目で見付けたレトロな建物を紹介します。

先ずは区立台東育英小学校近くで出会った建物から。
浅草橋3丁目 渡辺邸①
W 邸      浅草橋3丁目
青い施釉瓦に西洋神殿建築の柱頭にも見えるデザインが見られる、和風なのか洋風なのか良く分からない、国籍不明の建物です。

浅草橋3丁目 渡辺邸②
住宅地図を見ると、今は個人邸として使用されているようですが、1階の造りを見ると、元は店舗併用住宅だったと思われます。
取って付けたようにも見える3階部分は増築でしょうか?

浅草橋3丁目 渡辺邸3


斜向かいには出し桁造りの建物
浅草橋2丁目 革漉所横野 ①
革漉所横野     浅草橋2丁目

浅草橋2丁目 革漉所横野 ②
間口二間の店舗併用家屋が二戸並ぶ長屋建て。 
銅板葺の戸袋飾りも施されていますが、屋根が鉄板葺の為でしょうか? ややバラック的な印象です。


この辺りにも出し下し桁造りの建物が彼方此方に残っており、細い路地でも
浅草橋3丁目 ひまわり津杜①
ひまわり社     浅草橋3丁目

浅草橋3丁目 ひまわり津杜2
和瓦葺、太い出し桁、銅板葺の戸袋飾り、木製建具+すだれ、木製の肘掛け手摺と殆ど全ての要素が揃っています。

浅草橋3丁目 ひまわり津杜④
銅製の樋が残っていれば完璧だったのですが、ここまでのものは少なくなっています。

浅草橋3丁目 ひまわり津杜5
戸袋飾りは亀甲葺です。


別の路地を覗いてみても
台東3丁目 森下印材店①
森下印材店     台東3丁目
間口3.5間の堂々たる建物です。

台東3丁目 森下印材店②
何処の路地を覗き込んでも、一棟は出し桁造りの建物を見付けられる感じです。

台東3丁目 森下印材店③
バルコニーの手摺はスチール製なので、恐らく改修されたものだと思います。

台東3丁目 森下印材店④
鼻先には銅板葺の七宝文様が施されています。


最後に紹介するのは出し桁造りではありませんが、レトロ感漂う建物です。
浅草橋3丁目 大石デザイン
大石デザイン     浅草橋3丁目    
  1. 2015/12/12(土) 17:32:36|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草橋散策 Ⅳ 浅草橋3丁目 H 邸 ( 3連アーチの銅板葺の看板建築 )

今日は浅草橋3丁目で見付けたレトロな建物を紹介します。

浅草端3丁目 3連アーチの銅板葺看板建築①
H 邸     浅草橋3丁目 

銅板葺の3連アーチの装飾を施した看板建築
見事なデザインで良好な状態を維持している建物ですが、この建物については最近まで全く知りませんでした。

浅草端3丁目 3連アーチの銅板葺看板建築④
住宅地図を見ると個人邸のような記載になっていましたが、建物の前にデリバリー用のようなスクターが置かれているので、何かの店舗として利用されているのかもしれません。

浅草端3丁目 3連アーチの銅板葺看板建築⑤
2階には縦長の両開き窓が3つ並び、銅板葺の柱型とアーチ型が施され、その上には洋風とも東洋風ともとれる霧除庇も見られます。洋風のデザインなので雨戸がないので、当然戸袋飾りはありません。

浅草端3丁目 3連アーチの銅板葺看板建築⑥
正面頂部の立上り部分(パラペット)には、旧店名の痕跡も確認できます。 
向かって右の文字は「太」だと思われますが、左は判別出来ません。

浅草端3丁目 3連アーチの銅板葺看板建築③
(有) ライズ     浅草橋3丁目

隣にも殆ど同じ間口、同じ高さの建物が残っています。
ペディメント風の頂部のデザイン以外は殆ど装飾は施されていませんが

浅草端3丁目 3連アーチの銅板葺看板建築②
出来れば2棟並んで、何時までも残っていてほしいですね。



  1. 2015/12/11(金) 09:10:32|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新現場状況 石神井台の家22 断熱・防湿工事、左官工事

       2階主寝室の石膏ボード貼りが始まりました。

        2015_12_10 1

        2015_12_10 2
断熱材の充填状況と防湿気密フィルムの施工状況を確認しながら、コンセント・スイッチ・リモコン・給気口・換気扇・クーラースリーブ等の位置を確認しました。

     2015_12_10 3
     外壁のモルタル塗りも始まっています。

     2015_12_10 4

        2015_12_10 5
        ケラバ破風周りの状況

        2015_12_10 6

     2015_12_10 10
     モルタル塗りの施工状況はまだ20%程度のようです。

        2015_12_10 9
        妻側出窓と柱型をサイドから見ています。 

     2015_12_10 11
手間のかかる作業の筈ですが、丁寧に施工してくれているのが分かります。 
大工さん、板金屋さん、左官屋さんのプロ意識に感謝です。
勿論、現場監督さんにもです。

     2015_12_10 7
大工さん達を悩ませ、苦労させた1階LDKの出窓の外周りは後は仕上げのみ。
でも室内の細工は更に大変になると思われます。 
これからもよろしくお願いします。

  1. 2015/12/10(木) 16:44:40|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草橋散策 Ⅲ 浅草橋5丁目

既に蔵前橋通り左衛門橋通り沿いの建物は紹介しましたが、今日は浅草橋5丁目の路地の奥で見付けたレトロな建物です。

浅草橋5丁目 大野屋燃料店
大野屋燃料店     浅草橋5丁目
この辺りにも、まだ彼方此方に出し桁造りの建物が点在しています。
清州橋通り左衛門橋通りのちょうど中間辺りの通りで見付けた大島屋燃料店の看板を掲げる建物もその一つ。
御多分に漏れずシャッターは締め切りになっていて、既に燃料店は営業はしていないようです。


    浅草橋5丁目 C邸①
    C 邸     浅草橋5丁目
   この建物は細い路地の中頃で見付けた目を引くデザインの建物。

 浅草橋5丁目 C邸②
1階の外壁はすっかり改修済み。 残っている2階以上の外壁は金属葺なのは確かですが、塗装されていて銅板葺だったかどうかは分かりません。

浅草橋5丁目 C邸③
それでも2階の窓に施されたペディメントの様な霧除け日指しが目を引きます。
1階とのデザインの関連が如何なっていたかが気になるところですが、今となっては家主に取材を申し込まない限りは知りようがありません。

  
    浅草橋5丁目 鶴の湯
    鶴の湯     浅草橋5丁目

銭湯建築では良く見られる 正面に設けられたの出入口に唐破風を施した宮型と言う建築様式。
戦後に建てられた銭湯でも宮型は用いられたので、築年の数予測は難しいですか、昭和中期の竣工ではないでしょうか?
  1. 2015/12/07(月) 11:24:06|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草橋散策 Ⅱ 左衛門橋通り

今日は左衛門橋通り沿いのレトロな建物を紹介します。

先ずは左衛門橋通り沿い、都立忍岡高等学校隣のラーメン店から
浅草橋5丁目 めんや来吉①
めんや来吉     浅草橋5丁目1-32
間口2.5間の4棟長屋。 規模大きな出し桁造りの店舗併用の長屋家屋です。


この建物の向かいにも
浅草橋3丁目 和瓦銅板葺出し桁①
I 邸       浅草橋3丁目   
こちらは長屋建てではなく1戸独立しています。

浅草橋3丁目 和瓦銅板葺出し桁②
間口は2.5間でしょうか?

浅草橋3丁目 和瓦銅板葺出し桁③
1階2階共に木製の開口部が残っています。 木製の手摺も建設時のままなのが嬉しいです。

浅草橋3丁目 和瓦銅板葺出し桁④
店舗の庇の先端には細かな細工の桧垣文様が施されています。


同じく左衛門橋通り沿いの建物
浅草橋3 杉野邸①
S 邸     浅草橋3丁目
住宅地図を見ると、現在は個人邸として使用されているようですが、建物のデザインから見ても、元はこ洒落た洋風事務所か店舗だったと思われます。

 浅草橋3 杉野邸②
 ボーターの出は少ないものの、3連窓に施されたアーチが目を引きます。
 スチール製の手摺が貧弱なのがちょっと残念です。

浅草橋3 杉野邸③
パラペットにモルタル造形で施された装飾もなかなかです。
  1. 2015/12/06(日) 07:30:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草橋散策 Ⅰ  蔵前橋通り

蔵前の散策を終え、蔵前橋通りを西に進んで鳥越2丁目の交差点

先ずは交差点に面する角に建つ建物から
浅草橋3丁目 みちしるべ①
おふくろの味 みちしるべ     浅草橋3丁目

角地の特性を目一杯に利用した店舗併用の家屋
2階の切り除け庇の正面と、柱型の頂部近くにモルタル造形によるレリーフが見られます。

  浅草橋3丁目 みちしるべ②


交差点から辺りを見回すと、2棟の銅板葺の建物が目に入ります。
鳥越1丁目 佳山明生健康カラオケクリニック①
佳山明生健康カラオケクリニック他    鳥越1丁目
以前おかず横丁を散策したときには何故気が付かなったのか?
間口二間の店舗が並ぶ二軒長屋。 見事な銅板葺の看板建築です。

鳥越1丁目 佳山明生健康カラオケクリニック②
側面の壁は錆て傷みが進んでいます。

鳥越1丁目 佳山明生健康カラオケクリニック③
正面の銅板の状態は悪くありません。

鳥越1丁目 佳山明生健康カラオケクリニック④
店舗の看板と後付けのバルコニー手摺 ( 単管パイプか? ) が邪魔していますが、良く見ると銅板葺の戸袋飾りには、見事な麻の葉文様青海波文様が施されています。

鳥越1丁目 佳山明生健康カラオケクリニック5
建物正面の立上り ( パラペット ) 部分の銅板は桧垣文様


この建物向かいにも銅板葺の建物が
浅草橋5丁目 I邸①
I 邸     浅草橋5丁目

外壁の上部は茶色くペイントされ、1階は住宅用に改修されて、2階部だけが銅板葺きと分かります。

浅草橋5丁目 I邸②
戸袋飾りには桧垣文様が施されています。
雨戸の間から垣間見える木製窓の欄間は障子戸を思わせます。

浅草橋5丁目 I邸③
良く見ると、色々と細かい細工が施されています。



  1. 2015/12/05(土) 07:30:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新現場状況 石神井台の家21 断熱・防湿工事、左官工事

壁の中の電気配線が終わり、壁と天井への断熱材の充填もほぼ終了しました。

        2015_12_04 1
      主寝室の天井高は一番高い部分で3.4mあります。

        2015_12_04 2
断熱材の充填が終了した部分から防湿気密フィルムを貼り始めています。

     2015_12_04 3
断熱材の室内側の表面には、予め防湿フィルムが貼られていますが、この上に更に防湿気密シートを貼ることで、室内の湿気が壁内や屋根裏の断熱材に浸入することを防ぎます

     2015_12_04 4
下屋部分の屋根裏にはスペースが足りないので、グラスウールより薄くても、同等の断熱性能のあるスタイロフォームを使用します。


        2015_12_04 5
モルタル下地となるラスカットは、その名の通りラス網無でモルタルを塗ることが出来るボードなのですが、ジョイント部にはラス網が必要です。
    
     2015_12_04 6
コーナー部や端部にはコーナー定木下端用の埋込用左官定木を設置します。
この作業が終わればいよいよモルタル塗りが始まります。
  1. 2015/12/04(金) 16:06:18|
  2. 最新現場状況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小島~蔵前散策 Ⅳ

今日は日本聖公会 浅草聖ヨハネ教会 の近辺。 江戸通り隅田川の間で見付けたレトロな建物です。

日本聖公会 浅草聖ヨハネ教会の向かいのラーメン店
蔵前2丁目12-3 らーめん元楽
らーめん元楽    蔵前2丁目12-3

蔵前2丁目 大田プロセス
こちらは斜向かいの建物    蔵前2丁目
建てられたのが戦前か戦後か分かりませんが、築50~60年位は経っていると思います。


蔵前2丁目 の謎の建物①
開口部の見当たらない謎の建物    蔵前2丁目

蔵前2丁目 の謎の建物③
のっぺらな建物かと思いきや、パラペットの頂部には確かな装飾が施される不思議に建物です。

蔵前2丁目 の謎の建物②


ここからは江戸通り沿いの建物
蔵前2丁目 土佐丸 酒井勝商店①
大衆酒場 二代目 元祖 土佐丸   酒井勝商店    蔵前2丁目
路地を隔てて2棟のレトロな建物が並んでいます。 
    
    蔵前2丁目 土佐丸 酒井勝商店②
    ○に石の字のマークのこの建物、 元の店名は何だったのか?     
    奥になるにしたがって、建物が低くなっていくのが面白い。


蔵前2丁目 萩原亀吉商店 上田屋商店 ①
萩原亀吉商店   上田屋商店    蔵前2丁目
どちらも間口四間の堂々たる店構え

蔵前2丁目 萩原亀吉商店 上田屋商店 ②
奥は洋館風の建物です。
  1. 2015/12/01(火) 08:00:02|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad