FC2ブログ

アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

パリ旅行記 - 41 ( 四日目 ) ギマール館

ラ・ロッシュ邸の外観の見学を終え、路地を出てドクター・ブランシュ通りを左折。ラフェ通りとのT字路も左折して1分足らず歩いたでジャスマン通りとのT字路です。

p2241893-1.jpg

恐らくアパートメントだとだと思われる小さな石造の建ですが、石積を表した外壁が目に留まったのでシャッターを押しました。

そのままジャスマン通りとを進み、ミシオン・マルシャン通り~ピェール・グラン通りを抜け、6差路を左折してモーザール通りへ出ると、左手の街路樹の陰に曲線で構成された小さな建物が見えて来ます。

p2241895-1.jpg

ギマール館

奥行き20m程の短い路地の入り口部分の角地に建っていて、道路から見ると気が付きませんが、ほぼ直角三角形の平面の建物です。

     航空写真

p2241896-1.jpg

設計者 / エクトール・ギマール

建築年 / 1909年

所在地 / パリ市16区モーザール通り

この建物はギマールが歌手アデリーン(アドリーヌ)・オッペンハイムとの新婚時代を過ごした自邸です。

p2241898-1.jpg

同一系統の色でまとめているで、一見華やかさに欠けた印象ですが、路地に面する部分の窓はアール・ヌーボーのそのものです。

p2241909-1.jpg

増築と言う事は無いでしょうが、最上階の窓と庇だけは、直線的なデザインです。

p2241908-1.jpg

p2241912-1.jpg

p2241911-1.jpg 

p2241897-1.jpg

コーナー部分の開口部も、大人しめの曲線でデザインされています。

p2241900-1.jpg

 

p2241894-1_202011171812380eb.jpg

モーザール通りへ側の立面は更に大人し目なデザインで、エントランス以外には、殆どアール・ヌーボーらしさは感じられません。

p2241902-1.jpg

この写真だと、平面が直角三角形であることが分かります。

p2241905-1.jpg

p2241904-1.jpg

p2241903-1.jpg

最後は恐らく半地下部の明り取り小窓です。

p2241907-1.jpg

p2241906-1.jpg

おまけ  

p2241910-1.jpg

路地の奥のアパート・メント

今回は見学を諦めましたが、ここから歩いて10分以内の範囲に、ギマール設計の建物が在ります。

モーザール通りを北に向かってジャスマン駅に戻り、メトロ-9号線でシャイヨー宮の在るトロカテロ駅へ向かいます。

p2241913-1.jpg

モーザール通りを沿いのアール・ヌーボー風の庇のある建物。

以下は近くに在るギマール設計の建物を、ストリートビューから

メザレ館-2

メザラ館

設計者 / エクトール・ギマール

建築年 / 1910年

所在地 / パリ市16区 ラ・フォンテーヌ通り


カステル・ベランジェ①

カステル・ベランジェ

設計者 / エクトール・ギマール

建築年 / 1898年

所在地 / パリ市16区 ラ・フォンテーヌ通り


次回はシャイヨ-宮内の建築博物館を紹介します。

スポンサーサイト



  1. 2020/11/17(火) 19:01:00|
  2. パリ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0