アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ドーリック

南青山2丁目の外苑西通り沿いに建つドーリックは、バブル経済直後の1991年に竣工しました。

     ドーリック①

設計は隈研吾氏。
環八沿いに建つM2と同様に、ギリシャ神殿ドリス式の柱を、巨大化させる手法で、隈氏はいったい何を表わしたいのでしょうか?
( M2イオニア式の柱を巨大化させた建物で、同じく1991年の竣工です )

ドーリック③
巨大化されたドリス式の柱は、単なる飾りだけでは無く、エレベーターシャフトと言う、現代建築には欠かせない機能も担っています。

ドーリック④
最上階に見えた部分は、どうやら屋上のようです。

     ドーリック②
     1・2階は店舗、3~7階はオフィスのようです。
     外観はクラシック建築の基本通りの三層構成です。

M2は、クラシックな要素ばかりではなく、ロシア アバンギャルドの要素も見られるのですが、ドーリックの場合は、巨大なドリス式の柱を除けば、他はさんの設計にしては、意外なほどまともなクラシック建築だと言えるでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/02/01(火) 08:30:03|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1002-79255ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad