アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

岡本太郎記念館

今年は岡本太郎生誕100年に当たる年です。
私の世代の人間にとって、岡本太郎と言えば、やはり1970年開催の大阪万博太陽の塔が、幼子心にも強烈な印象を残しています。
私は今まで、特に岡本太郎に興味を持っていた訳ではないのですが、今春NHKが4回シリーズで放映した「太郎の塔」を見て、その壮絶な生きざまに、すっかり魅せられてしまいました。
つまりドラマを見て、岡本太郎のにわかファンになったわけです。

町田の義父母の家に車で行く途中、生田緑地の辺りを通るのですが、生田緑地の一角に、岡本太郎美術館が在るのは知っていました。渋谷の青山学院大学のすぐ近くに、元は岡本太郎がアトリエとして建てた建物を、岡本太郎記念館として一般に公開していたことは、今回のドラマを通して知ったのです。

岡本太郎記念館①
ドラマの影響か、けっこうな人の出です。

岡本太郎記念館②
庭にはお金を払わなくても誰でも入れるようです。
御覧のように、ところ狭しと作品が置かれており、喫茶スペースで一服しながら鑑賞できます。

岡本太郎記念館⑫

岡本太郎記念館⑬

岡本太郎記念館⑩
記念撮影も出来るし

岡本太郎記念館⑨

昔、岡本太郎がCMの中で叩いていた、見覚えのあるこの鐘を鳴らすことも出来ます。

庭だけでも、十分に楽しめるのですが、中に入らないわけにはいきません。

    岡本太郎記念館⑤

岡本太郎記念館⑥
大芸術家の記念館とは言っても、元は個人のアトリエですから、決して大きな建物ではありませんが、1954年に坂倉準三の設計で建てれたアトリエは、吹き抜けを中心とした構成で、とてもセンスの良いデザインです。
丹下健三と組んでの仕事が多かった岡本太郎のアトリエの設計が、坂倉さんとはちょっと意外でした。

岡本太郎記念館⑦
おそらく、この場所は応接スペースではないでしょうか?
庭と同様に、ところ狭しと作品が置かれています。
写真撮影をしてよいと言うのにも、驚きました。

岡本太郎記念館⑧
おやっ、立ち入り禁止の場所に誰か立っています。

     岡本太郎記念館⑪
     と思ったら、よく見ると、それは太郎さんでした。

     岡本太郎記念館③
     応接スペースの奥には吹き抜けのアトリエが在ります。

岡本太郎記念館④
2階の展示スペース

岡本太郎記念館⑭
やっぱり岡本太郎と言ったら太陽の塔かな

入場料は大人600円
所在地は渋谷区南青山6-1-19です。

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/04/03(日) 19:14:31|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

コメント

こんばんわ~

いや~写真撮影オッケーなんて太っ腹ですね。
おもしろそうなものがいっぱい・・・
この訳わかんない感じがたまらないです。
近くに住んでいたら、私も絶対行ったと思います。
鐘鳴らしたんですね、いいなぁ・・・
ここで太郎と敏子が作品を創り上げたのかと
思ったら感慨深いですよね。
作品と溶け合った雰囲気の庭もいいですよね~
  1. 2011/04/03(日) 23:07:59 |
  2. URL |
  3. きこり #-
  4. [ 編集]

きこりさんへ

物凄いパワーをもらえる場所でした。
しかもチケットを買う時に、こっちが聞きもしないのに、「館内、写真はOKですので、宜しければ御自由に御撮りください」と言ってくれたのです。
日本の美術館や博物館では珍しいと思います。
僕の場合は建物を撮りに行くことが多いので、「作品を写さなければ」とか「だげロビーなら」と許可をしてもらった経験はありましたが、作品を含めてOKとは、きっと太郎さんや敏子さんは、ドラマで描かれたままの人柄なのかと思いました。
ちなみに娘の話によると、ルーブルも写真OKだったと言っています。
近いうちに太郎美術館にも行ってみたいと思います。
  1. 2011/04/04(月) 09:06:52 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

びっくり

TVの影響は凄いですね 私が行った頃は数人しかいませんでした
本当は太陽の塔を観たいのですが高速走行中にチラッと見た程度です
撮影OKなのは嬉しい限りです
  1. 2011/04/04(月) 15:21:06 |
  2. URL |
  3. 106 #-
  4. [ 編集]

106さんへ

やっぱり106さんも言っていましたか?
この日はドラマの最終回の放映日だったからか、入場者は30~40人以上は居たと思います。
僕はまさに「20世紀少年」の世代ですので、9歳の時に大阪万博が開催され、会場の近所に伯母の家があったこともあり、2泊もして見学しました。
太陽の塔の内部の展示も、はっきりと記憶しています。
今ではお祭り広場の大屋根は無くなってしまいましたが、僕ももう一度間近で太陽の塔を見てみたいです。
  1. 2011/04/04(月) 16:16:35 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1023-440d7613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岡本太郎記念館

こどもの城で太陽の樹を観たら、ここは外せません 頼りない地図を頼りに行ったのですが 何とか到着 専用駐車場はありませんが目の前が100円パーキングなので車の方が便利です 600円の入...
  1. 2011/04/04(月) 15:13:04 |
  2. 撮るだけ撮ったら腹ごしらえ

FC2Ad