アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

横浜競馬場一等馬見所

ゴールデンウィークの合間を利用して、横浜 本牧の三渓園と、根岸森林公園内に在る横浜競馬場一等馬見所へ行ってきました。
三渓園内には沢山の建物が在るので、改めて紹介するとして、まずは横浜競馬場一等馬見所を紹介します。

直ぐ近くのみなと未来地区や山手の洋館は、何度も散策していたにも関わらず、つい最近まで、芋太さん106さんのブログで紹介されているのを見るまで、この横浜競馬場一等馬見所の存在について、全く知らなかったのです。

横浜競馬場一等馬見所④

広い根岸森林公園の外れに、今は廃墟となったこの建物は、静かに佇んでいました。
一等馬見所と言うのは、要するに競馬場の正面スタンドのことで、樹木で隠れた部分はスタンドがあり、元は鉄骨の大屋根が架けられていました。

横浜競馬場一等馬見所⑦

反対側を写したこの写真だと、斜めのスタンドがよく分かると思います。

横浜競馬場一等馬見所①

ウィキペディアによると、横浜競馬場は1866年に横浜の外国人居留地における娯楽施設として建設された施設を競馬に使用するようになり、1888年には馬券が発行され、1905年には、天皇賞の前身であるエンペラーズカップも始まります。

ヨーロッパの古城の様でもあり、ちょっとオドロオドロしいデザインの一等馬見所は、アメリカ人建築家のJ・H・モーガンの設計により、1930年に二等馬見所と共に建設されました。

横浜競馬場一等馬見所③

横浜競馬場一等馬見所⑤

横浜競馬場一等馬見所⑥

二等馬見所は、老朽化の為1988年に解体されてしまいました。

これ程の建物ですから、是非とも改修して保存・再利用をしてほしいとは思いますが、廃墟となってからの年月を考えると、ちょっと難しいのかも知れません。

横浜競馬場一等馬見所②

三本の塔屋を飾る丸窓が目を引きます。

横浜競馬場一等馬見所⑨

よく見ると、丸窓の縁取には、月桂樹のような植物のデザインが施されているようです。

横浜競馬場一等馬見所⑧

でも、「もしかすると」との希望がないわけではありません。
昨日、車で山下公園近くの警友病院別館(旧露亜銀行横浜支店)の横を通り過ぎた時、保存・改修と書かれた仮囲いのシートが掛けられているのを見掛けたのです。
解体止む無しと思われていた警友病院別館(旧露亜銀行横浜支店)も、解体を免れ、生き延びることが出来たのですから、この横浜競馬場一等馬見所も、もしかすると横浜市の活躍によって、改修・再生される日が来るかもしれません。


スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/03(火) 08:00:04|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

絶景

私もここは三渓園とセットで行きました
すぐ下に一般住宅がある事に驚きました
自宅の窓からみえる光景を想像するだけで異様です
  1. 2011/05/07(土) 21:06:38 |
  2. URL |
  3. 106 #-
  4. [ 編集]

106さんへ

考えることは同じなんですね。
僕は根岸森林公園に、ゴールデンウィークだと言うのに、あまりに人が少ないことに驚きました。
こんなにいい公園が、近所に在ったら、僕なら毎日行っちゃいますね。
  1. 2011/05/07(土) 22:51:52 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

素晴らしいですね!

ここは丸ビルを設計するために来日したモーガンが再建したんですよね!
震災や戦争に翻弄された建物ですが、末永く遺して欲しい建物です。
実は、ここの中に昔、入ったことがあるのですが、中は連合軍の印刷事務所にされた歴史があったためか、英語表記ばかりでした。
でも、アーチ天井や、明かり取りの窓の美しさが印象深い建物でした。
老朽化が激しく、中は今は見れませんが、修復、一般公開して欲しいです。
  1. 2011/05/25(水) 20:24:18 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

モーガンの設計した建物では、横浜山手の洋館の一つ「べーリックホール」は素晴らしい建物です。
この建物の中に入ったことがあったとは驚きました。
もし再利用が無理なら、せめて写真ぐらいは公開してもらいたいですね。
  1. 2011/05/26(木) 11:00:55 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1031-f0b6fc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad