アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

三渓園 鶴翔閣

正門から三渓園の広い園内に入り、最初に目に入るのが鶴翔閣です。

鶴翔閣①

鶴翔閣は明治42年(1909年)に原三渓の住居として建てられました。
重厚な茅葺が目を引くこの建物は、鶴が飛翔する姿を思わせる外観から、原氏自身が鶴翔閣と命名。

住居棟のほか、樂室棟や客間棟などから成り、横山大観などの日本画家達が、ここで創作活動にあたったことでも知られています。

鶴翔閣②

近年の復旧事業により、建設当時の姿を取り戻し、現在は会議や茶会などのに利用できる貸出施設として活用されています。

鶴翔閣③
玄関ポーチの天井を見る

残念ながら今回は内部の見学は出来ませんでした。

鶴翔閣④
鶴翔閣裏にあった小屋


鶴翔閣横浜市指定の有形文化財です。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/18(水) 22:36:28|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1034-7b8e0f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad