アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ヒルズの発電 高まる注目

今朝の朝日新聞に 「ヒルズの発電 高まる注目」 と言う記事が載っていました。

六本木ヒルズではガスを燃料とした蒸気噴射型ガスタービンによる自家発電により、テレビ朝日以外の敷地内全ての施設の電力をまかなっているどころか、周りが節電している中「ヒルズだけが明るいのはおかしい」と考えた管理会社の森ビルの呼びかけにより、15~20%の節電も実現し、余剰電力を東電に提供までしていると言うのです。

節電実現の詳細までは分かりませんが、民間施設が大幅な節電を成功させ、パソコンの画面のグラフにより「電力の可視化」も始められ、夏に向けて更なる節電計画をめざしていると言う記事は、政府と東電による国民の生命と財産を蔑ろにした、余りにも愚かで醜いドタバタ茶番劇にウンザリしていた国民には、小さいながら希望のニュースと言えるのではないでしょうか?

今の政府では実現は難しいとは思いますが、六本木ヒルズのような民間の電力工場を増やし、家庭による電力工場と言える家庭用太陽光パネルの価格を、サミットで管総理が発言したような価格に出来れば、脱原発が現実のものとして視野に入ってくるのではと思っています。

僕は家庭用太陽光パネルの価格がいつまでたっても下がらないのは、東電のような独占企業と国とのなれ合い体質による弊害だと考えています。
よく考えてみれば、家庭用太陽光パネルが本当に普及してしまったら、東電の仕事は半減してしまうのですから、積極的になれないのは当然なのです。

最後に、全ての政治家と官僚の皆さんにお願いします。
東電をはじめとする電力各社は、一企業と言うには余りにも大き過ぎますが、一企業の利益を守ることでなく、国民の生命と財産を守ることこそが、本来の貴方達の使命であることを思い出してください。

スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/05/31(火) 08:58:35|
  2. 環境問題-地球温暖化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1045-8c932571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad