アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

三信ビル

銀座和光前の晴海通りを、メゾンエレメスマリオンを見ながら、さらに皇居方向に歩き、第一生命ビルを撮影する為に日比谷の交差点を渡りました。
すると写真で見覚えのある建物が視界に飛び込んできました。

自宅に戻って資料を調べてみると、松井貴太郎設計で1929年竣工の三信ビルだと分かりました。

三信ビル

古典様式の基本である三層構成を採りながらも、随所に曲線を用いた表現主義的な日比谷通り側の外観は、宇宙船を連想させます。

このビルが現在使われていないことは、見て直ぐに分かりましたが、インタ-ネットで検索してみると、2005.1.25に解体が発表されていました。
三信ビルに関する保存を願う記事や解体を惜しむ記事の多いことにも驚きました。
確かに、検索した記事による内部の写真によると、1階のア-チの掛かった吹き抜けのア-ケ-ドや、その奥の円形のエレベ-タ-ホ-ルのデザインは一見の価値があります。
中に入れるかどうかは分かりませんが、解体される前にもう一度見学に行きたいと思います。
建物探訪に興味がある人はこちらをどうぞ
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/02/15(木) 09:23:39|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/108-96f098c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad