アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

秩父散策⑥ 秩父神社

番場町通り北の終点は秩父神社です。

秩父神社①
白御影石の鳥居をくぐると

秩父神社②
石段の上に朱塗りの参門が在ります。

秩父神社③
拝殿は遠目には普通に見えましたが

秩父神社④
近づいて見ると、かなり派手目の装飾なのが分かります。

秩父神社⑤

秩父神社は武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守として現在に至り、関東でも屈指の古社のひとつに数えられています。
また、中世以降は秩父平氏が奉じる妙見信仰と習合し、長く秩父妙見宮として隆盛を極めましたが、明治の神仏判然令により秩父神社の旧社名に復しました。
現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから、埼玉県の有形文化財に指定されています。
毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。」
(秩父神社の公式H.Pからの抜粋です )

秩父神社⑥
手水舎

    秩父神社⑦
    御神木
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/01/10(火) 08:00:46|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1122-e77f5b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad