アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

東京女子大学 キャンパスツアー①

去年の11月に東京女子大学の学園祭に行き、キャンパスツアーに参加してきました。

本館①
校門の外から正面の本館 ( 旧図書館 )を撮影
キャンパス内に入ると、何と本館の撮影は本館前に設置してある「ステージで行われているイベントが写るといけないので」と言う理由で撮影禁止と言われてしまい、残念ながら本館の写真はこの超遠景の一枚だけです。
竣工は1931年 ( 昭和6年 )。

東京女子大学アントニン・レーモンドが構内総合計画を手掛け、寄宿舎2棟(西寮は1984年、東寮は2007年に解体)、教師住宅3棟体育館(2007年に解体)、図書館(現:本館)、講義棟2棟(現:6・7号館)、講堂・礼拝堂の全てを鉄筋コンクリート造で建設しました。
現存する建物は全て登録有形文化財に指定されています。

本館を撮影出来なかったこともショックでしたが
チャペル②
今回一番見たかったチャペル ( 礼拝堂・講堂 )に仮囲いがされているではありませんか?
なんと去年の震災で被害を受け、改修中で内部を見学出来ないどころか、仮囲いで近付く事も出来なかったのです。

チャペル①
このアングルの写真をよく見るのですが、樹木が生長し過ぎて肝心の鐘塔が見えません。

チャペル③

チャペル⑤

チャペル④
フランク・ロイド・ライトに主従したことで知られるレーモンドですが、このチャペルはオーギュスト・ペレール・ランシー教会の影響を強く受けていることは、一見するだけも明らかです。

鐘塔を撮影するためにキャンパスツアーに終了後に近所の住宅地を走りまわって、ビュースポットを捜しました。

チャペル⑥

        チャペル⑦

ちゃペル⑧
礼拝堂・講堂は1938年 ( 昭和13年 )竣工です。

チャペル内部をご覧になりたい方は ≪こちら≫ をご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/01/21(土) 23:58:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

本当に残念

てっきりお蔵入りかと思ってました
修復工事の進行状況が気になります
見てしまった以上はいずれ中に入ってみたいですね
意地でも撮ってやろうという望遠の作戦は思いつきませんでした ^^
  1. 2012/01/22(日) 22:04:34 |
  2. URL |
  3. 106 #-
  4. [ 編集]

106さんへ

>てっきりお蔵入りかと思ってました
まさか!! 川越と前後してしまいましたが、この建物のお蔵入りはあり得ません。

>修復工事の進行状況が気になります
まったくですね!! チャペルの内部を見る機会があればいいのですが・・・。

>意地でも撮ってやろうという望遠の作戦
本当は本館も撮影したのですが、プログに乗せるのは止めておきました。
  1. 2012/01/23(月) 11:34:39 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1132-6c7f4e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京女子大キャンパスツアー

女子大に潜入するには学祭しか無かろう それでVERA祭へ行ったわけだ いやいや違いますよ 東京女子大はアントニン・レーモンド建築の宝庫だからです キャンパスツアー中以外での...
  1. 2012/01/22(日) 22:10:15 |
  2. 撮るだけ撮ったら腹ごしらえ

FC2Ad