アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ユーネックス ナニナニ

久し振りで、新しい建物を紹介します。
新しいとは言っても、竣工は1989年なので築後既に22年が経過しています。
それに見に行ったのは去年の6月です。

  ユーネックス ナニナニ
  ナニナニ①
設計者はフィリップ・スタルク
バブル期には多くの外国人建築家が東京を中心に多くの建物を設計していますが、この緑色の怪獣のような建物もその中の一つです。
竣工当時はユーネックス ナニナニと言う、へんてこりんな名前で建築雑誌等に紹介されていましたが、今は地図を見るとツツイ白金台ビルと書かれています。

ナニナニ②
まるで樹木の間から怪獣が顔を出しているようです。

  ナニナニ③
  奇抜な外観はこのアングルだけではありません。

ナニナニ④
後姿もこの通り。

  ナニナニ⑤
緑色の怪獣と言われた所以は、どちらかと言うと、後姿にあったようです。

ナニナニ⑥
1階は竣工当時カフェだったそうですが、現在は確か美容室だったと思います。
5階はプラネタリウムBARらしいので、この不思議な建物の内部を体感したい方は、出掛けてみてください。

所在地 / 港区白金台4-9-23
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/01/25(水) 11:37:21|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

コメント

色といい、形といい、不思議な建物ですね!
バブル時代に建てられた建物は、まわりの景観との調和が取れておらず奇抜でそこだけ異空間…となってしまっているものもよく見かけますが、ここはなんだかんだで馴染んでいそうですね!
シロガネーゼが集う白金台に怪獣ビル…。
なんだかちょっとだけ不思議な取り合わせですね(笑)
  1. 2012/01/31(火) 04:19:29 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

バブル期の東京は、世界中の新進気鋭の若手建築家の展示場のような状態でした。
この建物設計者、フィリップ・スタルクはアサビール・スーパードライホールの設計者としても有名です。
  1. 2012/01/31(火) 09:53:51 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

この建物の内部は、洗面所、トイレ、階段、エレベーターの内部も見た方がいいですよ。
  1. 2015/03/17(火) 01:28:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントへの書込、ありがとうございます。
今度近くへ行く機会がありましたら、是非内部も散策してみたいと思います。
  1. 2015/03/17(火) 08:53:40 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1136-b0c858a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツツイ白金台ビル

旧渡辺甚吉邸の向かいに気になった建物がありました 裏側には窓もありません 表通りから見た姿 かなり異様ですがレストランと美容室が入っていたので 建物の用途としては普通です 撮影:2010.11.01 所在地:東京都港区白金台...
  1. 2012/01/26(木) 15:55:53 |
  2. 撮るだけ撮ったら腹ごしらえ

FC2Ad