アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

杉並のレトロな建物散策-⑧ 教会 

南荻窪近辺のレトロな住宅を紹介してきましたが、今日は2棟の教会と礼拝堂の在る病院を紹介します。

山手ハリスト教会①
山手ハリストス教会 ( 宮前3丁目-23 )
うっかりすると、住宅かアパートと見間違えてしまいそうな建物ではありますが
  山手ハリスト教会②
高くかかげられた十字架を見ると、キリスト教徒でない私でも、心が洗われるような気がします。
山手ハリストス教会は、明治14年に麹町に始まり、その後、四谷洗礼聖堂として親しまれた聖堂は戦災により焼失しました。
1955年に現在地に移り、民家を改装して聖堂としていましたが、1970年 ( 昭和45年 ) に現聖堂に改築されました。



高井戸教会①
日本基督教団 高井戸教会 ( 高井戸西1丁目 )

  高井戸教会②
建物自体は体育館か講堂の様にも見えますが、鐘塔がこの通りですから、直ぐに教会と分かります。
高井戸教会は1889年( 明治22年 )今の新宿駅西口で伝道開始。
その後、角筈教会として発展してきました。
戦時中に焼失し、戦後は仮会堂で復興したものの、新宿副都心開発計画などのため、1961年( 昭和36年 )に現在の地、杉並区高井戸に移転し、名前も、高井戸教会と改め、今日に至りました。



教会ではありませんが、京王井の頭線の高井戸駅の南側、同じ高井戸西1丁目に在る
浴風会病院本館
浴風会病院本館です。
ここも良くドラマの撮影に使われているので、見たことのある方も多い筈です。
東大の内田祥三の設計で、1926年 ( 大正15年 ) に建てられました。
外壁はスクラッチタイル貼り、内田さんの設計した東大の安田講堂に似ています。

今回は紹介出来ませんが、敷地内に礼拝堂が在ります。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/07(火) 19:03:47|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1147-fbe2d590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad