アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

横須賀散策④ 横須賀中央駅近辺の散策-Ⅱ みどり屋呉服店他

駅前通り(横須賀三崎線)を進んで横須賀中央駅を潜り抜け、三崎街道(国道28号線)へ入ります。
この三崎街道沿いにも、沢山の質の高い看板建築が残っています。

その中でも、特に素晴らしい銅板葺の看板建築
横須賀看板建築①
みどり屋呉服店
竣工年/1930年(昭和5年) 
所在地/横須賀市上町2-1

横須賀看板建築③
二間間口が多い下町の看板建築と違い、間口六間はありそうです。
建物の状態が良いことに加え

横須賀看板建築②
何と言っても、デザインが素晴らしい。
外壁の中央丁部が、△に造られた看板建築は良くありますが、中央部分と両サイドの銅板の葺き方を2階の平葺と変え、さらに、外壁を立ち上げた部分(パラペット)の、4本の親柱も目を引きます。
コーニスと歯飾りも本格的。
つい2階より上に目が行ってしまいますが、1階も現役の呉服店で、レトロな雰囲気で溢れています。
アーケードがなければ、どんなに素晴らしいかと、つい思ってしまうのは、僕だけではない筈です。


みどり屋呉服店の隣にも
横須賀看板建築④
ペイントされてしまっていますが、恐らく元は銅板葺の外壁です。

横須賀看板建築⑤
コーニスの下の軒飾りがレースのようです。
窓の両側の銅板の葺き方も凝った造りになっているのが分ります。
ペイントされてしまっているのが、なんとも残念。


  横須賀看板建築⑥
この建物も間口は六間以上はありそうです。
窓はアルミサッシに改修されていますが、外壁は銅板葺が残っています。

横須賀看板建築⑦
雨戸の戸袋の銅板が、2階と3階で、葺き方を変えています。
それに3階部分を斜めにセットバックさせているのは何故なのでしょう?

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/03/03(土) 09:18:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1168-ccf90981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad