アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

日本橋富沢町散策 ハリオグラスビル ( 旧常盤銀行富沢町支店 )

日本橋人形町日本橋堀留町では、木造の看板建築をはじめとして、小規模な住宅と店舗を紹介して来ました。
今日紹介する日本橋富沢町の建物は、本格的な洋風様式建築です。

ハリオグラスビル①
ハリオグラスビル

御覧の通りの見事なコリント式のオーダーの施された列柱に飾られたこの建物は、1932年 ( 昭和7年 )に常盤銀行富沢町支店として建てられました。
設計は曾禰中條建築事務所と言われています。

  ハリオグラスビル②
  明らかに違和感のある3階部分は、増築かと思われます。

ハリオグラスビル③
銀行建築らしい堂々たる建物です。

ハリオグラスビル④
建物の規模では、明治生命館三井本館には遠く及びませんが

ハリオグラスビル⑤
デザインの質の高さでは、負けていないと思います。

ハリオグラスビル⑨

  ハリオグラスビル⑦
  勿論、登録有形文化財に指定されています。

ハリオグラスビル⑥
照明器具も面白いデザインです。

  ハリオグラスビル⑧
  いつか、点灯しているところも見に行きたいです。

所在地 / 中央区日本橋富沢町9-3
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/03/25(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

こういった建物の場合、最上階が増築なのかもとからあったのかちょっと分かりづらいところがありますね。
最上階の下をコーニス的ラインで区切っておくという作りの建物も存在しているので(明治生命館や東京中央郵便局などはその作りになっています)、増築なのか区別がつかなくなるからですが。
  1. 2012/03/25(日) 14:43:38 |
  2. URL |
  3. 御光堂(pulin) #bcrgFSAk
  4. [ 編集]

御光堂さんへ

間違いなく「増築だ」と言い切れないのは、3階部分のデザインが、中途半端になされているところなんです。
竣工後、年を経た増築の場合は、増築部分に全く飾りが無く、窓も無装飾なうえに、下階とも全く無関係に開けられていることが多いと思っています。
一方、ハリオグラスビルの場合は、窓位置は上下で揃っているし、再頂部にも簡素化されたエンタブラチュアが施されているので、判断が難しくなりますね。
でも、ルネッサンススタイルの明治生命館の様に、三層構成になっている訳ではないので、やはり増築説に一票を入れたいと思います・・・?
  1. 2012/03/26(月) 09:52:40 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

この頃の銀行は現在の用途が変わっても銀行に見えるってのがいい
日本橋、人形町はぶらっと散歩しても充分楽しめそうですね♪
  1. 2012/03/28(水) 22:57:42 |
  2. URL |
  3. 106 #-
  4. [ 編集]

106さんへ

人形町は建物好きに限らず、何も調べずに、ぶらっと立ち寄ったとしても、充分に楽しめると思います。
ハリオグラスビルは、人形町とは少し離れていますので、この場所だけは、地図で確認しておくべきでしょうね。
  1. 2012/03/29(木) 08:56:49 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1189-d08c648a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad