アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

佐賀~深川~清洲 散策 Ⅴ 東京市営店舗向け住宅-②

前回に引き続き、東京市営店舗向け住宅のを紹介します。今日は南翼を見てみましょう。

東京市営店舗向住宅10
南翼には取り壊されて、歯抜け状になった所はないようです。
手前 ( 向かって右端 )から、4戸建て長屋、8戸建て長屋、6戸建て長屋、6戸建て長屋 が並んでいます。

東京市営店舗向住宅11

東京市営店舗向住宅12
タイル貼りに改修されて、全く原型を止めていない物もあります。

東京市営店舗向住宅13
向かって右から2番目と左端のピンクの部分はオリジナルに近そうです。
北翼には見られないパターンで、派手なデザインです。
左から3番目の△の付柱が4本並ぶデザインと左端のギザギザ模様とが南翼のデザインパターンでは? 

  21
  色がピンクで派手なので、特に目立ってますね。

東京市営店舗向住宅14
まん中の2戸が同じパターンのデザインです。
東京市営店舗向住宅15
これだけの凝ったデザインの建物を、何で好き好んで、平凡なタイル貼りに改修してしまうのでしょうか?
不思議でなりません。

  20
  
22
彫りの深い印象的な装飾です。

23

  26
左の棟は、折角の装飾をタイルで埋めてしまっているのが分かります。

24
南翼、南端の建物
上記した、南翼の両方のパターンの特徴がみられます。
もしかすると、南翼は全てこのパターンだったとも考えられます・・・?


  東京市営店舗向住宅25
  こちらは北翼のデザインパターン。 
  南翼の派手なデザインと比べると、彫りが浅くて地味な印象です。

  27
北翼の南端の建物です。やはり装飾が埋められているのが分かります。


このように、原型が分かららないほど、上塗りや上貼りが行われている棟も多くて残念ではありますが、東京の貴重な建築遺産であることは、間違いないのではないでしょうか? 
 
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/04/09(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1205-1288c1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【佐賀~深川~清洲 散策  東京市営店舗向け住宅-】

前回に引き続き、東京市営店舗向け住宅の南翼を紹介します。南翼には取り壊されて、歯抜け状になった所はないようです。手前(向かって右端)から、4戸建て長屋、8戸建て長屋、6戸建て長屋、6戸建て長屋が並んでいます。タイル貼りに改修されて、全く原型を止めていない物も...
  1. 2012/04/09(月) 08:10:50 |
  2. まとめwoネタ速suru

FC2Ad