アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

日比谷~飯田橋散策Ⅷ 日本水準原点標庫

国会議事堂最高裁判所と言う、日本の中枢と言える重要かつ巨大な建物の間に、この建物は建っています。

日本水準原点標庫①
日本水準原点標庫

設計 / 佐立七次郎
竣工 / 1891年 ( 明治24年 )


日本水準原点標庫③
小さいながら、実に風格のある建物です。
ギリシャローマの神殿好きの僕には、たまらない建物です。

日本水準原点標庫②
設計者の佐立七次郎は、工部大学造家学科の第一期生であり、明治・大正期における日本建築界の重鎮辰野金吾片山東熊、曽禰達蔵とは同期生になります。

日本水準原点標庫④
エンタブラチュアを支える2本の柱のオーダーはトスカナ式
まるで西洋建築史の教科書に載っているような、見事な造りのエンタブラチュアペディメントのです。
でも、良く見ると、トゥライグリフの間のメトープには、神話のレリーフではなく、菊の御門大日本帝国の文字が刻まれています。

  日本水準原点標庫⑥

日本水準原点標庫⑦
日本水準原点標庫は、1891年 ( 明治24年 )に、隅田川河口に在る零岸島岸の平均水位より+24.5mのこの地点を基準とする為に建設されました。

日本水準原点標庫⑤
後姿もセクシーです。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/05/19(土) 10:51:27|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1239-3ccaa145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日比谷~飯田橋散策Ⅷ 日本水準原点標庫】

国会議事堂と最高裁判所と言う、日本の中枢と言える重要かつ巨大な建物の間に、この建物は建っています。日本水準原点標庫設計 / 佐立七次郎竣工 / 1891年 ( 明治24年 )小さいな
  1. 2012/05/20(日) 08:18:59 |
  2. まとめwoネタ速neo

FC2Ad