アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

千葉トヨペット本社 ( 旧日本勧業銀行本店 )

千葉市稲毛で、もう一棟紹介する建物が在ります。

一見、銭湯か和風旅館に見えるかも知れませんが
千葉トヨペット①
千葉トヨペット本社 ( 旧日本勧業銀行本店 )

どう見ても、自動車販売会社の社屋にも、銀行建築にも見えませんよね。

設計者 / 妻木頼黄 武田五一
竣工年 / 1899年 ( 明治32年 )
所在地 / 千葉市美浜区稲毛海岸4-5-1
国登録有形文化財


  千葉トヨペット②
設計者が妻木頼黄武田五一と言う、超大物建築家だったとは、驚きです。
建設当時としては最新のアールヌーボーゼツェシオンのデザインを建築に取り入れた建物だったそうですが、外観からは分かりません。

千葉トヨペット③
さらに、この建物が、稲毛の地に来るまでには、長い道のりがあったようです。

1899年 / 千代田区内幸町に日本勧業銀行本店として竣工
1926年 / 千葉県習志野市に京成電鉄直営の谷津遊園内に娯楽場、食道等として利用
1940年 / 千葉市役所庁舎として移築。
1965年 / 千葉トヨペットが現在地に復元・再建


  千葉トヨペット④
1997年には国の登録有形文化財にも指定され、平等院鳳凰堂に形が似ていることから、社員からは「10円玉社屋」と呼ばれて、親しまれているようです。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/08/13(月) 12:10:21|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

コメント

千葉のなかでも【稲毛】は「公団団地」の宝庫なのでよく訪れるのですが、こんなに様々な建物の宝庫だったとは知りませんでした。
千葉トヨペットの本社の建物には、本当に驚きました!
普通に前を通っただけでは、この建物が車販売業の建物と思うことは無いと思います。
千代田区から谷津遊園、そして千葉市へ…
かなり波乱万丈な建物なんですね!
  1. 2012/08/13(月) 23:26:57 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

建物の経歴と言い、超大物建築家の設計と言い、意外な部分の多い建物でした。
建物だけ見ていると、とても自動車販売会社の社屋には見えませんが、実際には建物の前に、沢山のトヨタの中古車が並んでいるので自動車販売店だと分ります。(笑)
  1. 2012/08/14(火) 09:40:42 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

この建物は当初のまま移築されているのではなく、千葉トヨペットのサイトの説明によると、再建するに当たって躯体の部分は鉄筋コンクリートで作り直したものらしいですね。屋根の構造は木造だそうです。
  1. 2012/08/17(金) 19:13:44 |
  2. URL |
  3. 御光堂(pulin) #bcrgFSAk
  4. [ 編集]

御光堂さんへ

最初の建物は全て木造だったんですね。
もしかすると妻木頼黄や武田五一の設計した建物で、木造と言うのも珍しいかもしれません。
鉄筋コンクリート造の建物だと、移築は出来ませんからね。
貴重な情報ありがとうございます。
  1. 2012/08/18(土) 15:02:35 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1316-a2fda18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

千葉トヨペット本社

この建物と現在の用途に違和感を感じる 1899年(明治32年)日本勧業銀行本店として千代田区に竣工 1926年(大正15年)本店改築の際に旧本店を売却 京成電気軌道会社(現京成電鉄)が買
  1. 2012/08/15(水) 18:09:20 |
  2. 撮るだけ撮ったら腹ごしらえ

FC2Ad