アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

錦糸町~浅草散策 Ⅱ 法恩寺橋

甘味茶屋時代屋小林時計店を通り過ぎ、蔵前橋通りをもう少し西に歩くとレトロな風情の橋が見えて来ました。
法恩寺橋①
ひらがなでほうおんじばしと書いてあります。
橋の欄干( 親柱 )に埋め込まれた照明のは、騎士の鉄兜のようにも見えます。

  法恩寺橋③
  こちらの欄干には、漢字で法恩寺橋と書いてありますね。

設計者 / 復興局
竣工年 / 1924年 ( 大正13年 )
所在地 / 墨田区石原4丁目


親柱のデザインは山田守設計の東京中央電話局の塔屋に似ていると言われているようですが、そう言われると確かに似ています。
山田守は震災後に復興局橋梁課嘱託となり、山口文象嘱託技師の立場で実際には多くの橋の設計に携わったそうです。
山田の作風が橋を設計した山口に影響を与えたとも言われているようですが、表現主義が当時の流行のデザインだったと言う事なのでしょう。

  法恩寺橋②
  法恩寺橋越しに、東京スカイツリーを見る。

橋の下は大横川親水公園です。 
かつては下を横川が流れていましたが、埋め立てられ親水公園に生まれ変わっています。
橋の中央部分は1982年(昭和57年)に改修されています。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/08/29(水) 08:00:09|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1326-f76bde1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad