アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

築地散策ⅩⅣ カトリック築地教会聖堂

築地に残る沢山の看板建築出桁造りレトロな木造建築を紹介してきましたが、今日は聖路加病院の近くにひっそりと建つギリシャ神殿風のキリスト教会堂を紹介しましょう。

カトリック築地教会①
カトリック築地教会聖堂

4年前に聖路加病院を見に来た時も、この建物の前を通っていたのに、建物が敷地の奥まった場所に建っていた為に、樹木で隠れてしまい見過ごしてしまったようです。
この写真は今年の3月初旬に撮影したものなので、向かって右側の樹木 ( たぶん桜 ) に、まだ花も葉もなく見通しが良いので、奥の聖堂まで見通せます。

カトリック築地教会②

設計者 / ジロジアス神父 ( 石川音次郎 )
竣工年 / 1927年 ( 昭和2年 )
所在地 / 中央区明石町5-26


カトリック築地教会④

カトリック築地教会⑤

キリスト教の教会なのに、わざわざキリシャ神殿の代表格であるパルテノン神殿を模して造ったとは面白いですが、どう見ても石造鉄筋コンクリート造に見えるのに、多くの看板建築と同様に、モルタル造形の建物だったとは・・・?

カトリック築地教会③
6本のドリス式の柱のデザインは本格的です。
この写真だと、かなり立派な建物に見えますが、わりとこじんまりとした建物です。

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/09/19(水) 10:40:20|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1344-70ab105d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad