アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

上原 W邸 ・ Ⅰ邸 & 旧都立代々木高校門扉

大山・西原を散策を終え、小田急線の代々木上原駅を越えて、井の頭通り沿いを自転車で走っていると、場違いに立派な木製の門扉を見付けました。

都立代々木高校門扉①
旧代々木高等学校跡地
古い御影石と思われる石積みの門柱と

都立代々木高校門扉②
重々しい装飾が施された木製の門扉です。
都立高校の統廃合で取り壊された、都立代々木高等学校の跡地に残る門扉だったようです。


     井の頭通りを離れ、仲通り商店街を通り抜けて上原の住宅街へ
      渋上原2 渡辺邸①
      上原 W邸
      大谷石積みの擁壁の上に建つ、和風を基調とした邸宅です。

渋上原2 渡辺邸2
設計者 / 山田醇建築工務所
竣工年 / 1930年 ( 昭和5年 )
所在地 / 渋谷区上原


切妻屋根に開けられた二つの丸い換気口が特徴的な建物ですが、この住宅を設計した山田醇が設計した秩父の住宅と似ています。
秩父の宮前邸の記事は ⇒ ≪こちら≫ をご覧ください。



      渋上原2 岩佐邸①
      上原 Ⅰ邸 
綺麗に改修されていて、とても古い建物には見えませんが、なんと建築年は明治らしいのです。

渋上原2 岩佐邸②
設計者 / 不詳
竣工年 / 1897年 ( 明治30年 )
所在地 / 渋谷区上原


信じられない程古い竣工年ですけど、本当だったら凄いですね。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/11/22(木) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1405-d913daaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad