アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

桜 池上邸

世田谷のレトロな洋館巡りを再開します。

池上邸①
桜 池上邸
小田急線経堂駅近くの住宅街に建つスパニッシュスタイルの洋館で、国登録有形文化財にも指定されています。

池上邸②
スペイン瓦葺の切妻屋根で、庭側ににサンルームを張り出しています。
外壁はリシン吹付け仕上げ。玄関ポーチの腰部や煙突等は秩父石貼りです。
外部はスパニッシュスタイルですが、内部はアール・デコの風のデザインと言うことです。
設計は(設計図書)、施工:秩父石材工業株式会社が行いました。昭和初期の小規模洋風住宅の佳品です

池上邸③
頭部がアーチ型の煙突も目を引きます。

池上邸④
この窓も実にいいです。

設計者 / 木下唯親 ( 白木屋 )
竣工年 / 1932年 ( 昭和7年 )
所在地 / 世田谷区桜1丁目
国登録有形文化財

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/12/09(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1419-1f4ef449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad