アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

映画「大いなる西部」を見ました。

今週、テレビ東京の午後のロードショーで、西部劇の名作「大いなる西部」を放映していました。
普段は2時間枠のところを、3時間に拡大していたので、録画して夜ゆっくり鑑賞しました。
1958年作のアメリカ映画で、監督は「ローマの休日」「ベン・ハー」ウイリアム・ワイラー、主演は「ローマの休日」「白鯨」グレゴリー・ペック「十戒」「ベン・ハー」「エル・シド」「猿の惑星」チャールトン・ヘストンです。
その他にもジーン・シモンズキャロル・ベヘカーチャック・コナーズなども出演する豪華キャストで、上映時間2時間44分にも及ぶ超大作西部劇にも拘らず、主役のグレゴリー・ペックは、荒くれ男ばかりの西部には場違いな、東部から来た非暴力主義の紳士なので、派手なガンファイトシーンはありません。
代わりに若き牧童頭を演じるチャールトン・ヘストンの、荒々しくハツラツとした演技が、印象に残る映画でもあります。
そういえば先日、声優の納谷悟郎さんが亡くなりましたが、チャールトン・ヘストンの声も、納谷さんが吹き替えを担当していましたね。

「大いなる西部」を見るのは、子供の頃を含めて3回目ですが、今回この映画を観直して、まだ無秩序に近い西部に、徐々に法と秩序が持ち込まれる過渡期を描いた映画なのだと、改めて再認識することが出来ました。
たまには古い映画を、観直してみるのもいいものです。

       以前にも一度紹介した、秘蔵のパンフも紹介します。
 
       大いなる西部

秘蔵のパンフを紹介した記事は ⇒ ≪こちら①≫≪こちら②≫≪こちら③≫

                 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2013/04/06(土) 15:43:59|
  2. 映画 ・ ドラマの感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

チャック・コナーズ・・・・
確か・・・・昔、「ザ・ライフルマン」でしたっけ・・??
ライフル銃の連射で悪をやっつける西部劇。。
懐かしく思い出しています。
  1. 2013/04/08(月) 10:17:58 |
  2. URL |
  3. SHOU #0iyVDi8M
  4. [ 編集]

SHOUさんへ

たぶんこの映画の頃のチャック・コナーズは、まだ売り出し中の若手俳優だったと思いますが、この後は主役級の役者になりました。僕が覚えているのは「マッド・ボンバー」でですかね?
  1. 2013/04/08(月) 16:23:36 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1502-b3c6755f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad