アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

国立国会図書館国際子ども図書館 ( 旧帝国図書館 )

次は旧京成博物館動物園駅の向かいに在る岡田信一郎設計の東京文化材研究所黒田記念館本館を見学るつもりでしたが、何と改修工事中で、工事用のシートで覆われていて、全く写真を撮ることが出来ませんでした。
気を取り直して直ぐ北側にある筈の国立国会図書館国際子ども図書館へ向かいました。
すると1分と歩かないうちに、新緑の合間に堂々たるルネッサンス様式の建築物が見えてきました。

国立国会図書館国際子ども図書館①
国立国会図書館国際子ども図書館 ( 旧国立国会図書館 )

国立国会図書館国際子ども図書館②
ガラス張りのエントランスは2000年に安藤忠雄氏の設計で増築された部分。

国立国会図書館の前身となる帝国図書館の庁舎は移転を経て、1906年に上野公園の東京音楽学校(現東京芸術大学)敷地内に当たる現地で、第一期工事が完成しました。
設計は久留正道らによるもので、鉄骨補強の煉瓦造りで、規模は地下1階地上4階建て、東京都選定歴史的建造物に指定されています。

国立国会図書館国際子ども図書館⑦
向かって右側のこの部分と、中央のへこんだ部分がその明治期のものです。

国立国会図書館国際子ども図書館③

当初の計画は、中庭を内側に取り込んだロの字型の広大な建造物で、もしも全体が完成していれば、東洋一の規模を誇る大図書館となる予定ででした。
しかし、日露戦争直後の当時の財政状況から計画通りの完成は見送られ、当初の計画の4分の1が完成したのみでした。

当初の庁舎は関東大震災により、蔵書の一部が焼失、破損します。
建物の被害も著しく、改修を兼ねた増築工事を行い、構造を鉄筋コンクリートに改修しました。
第二期工事は1929年に竣工し、現在の姿がほぼ完成します。
これでも、当初の計画の3分の1にも満たない規模と言うのですから、如何に壮大な計画であったかが分かります。

      国立国会図書館国際子ども図書館④
      昭和の増築部分

現存庁舎は、当初の計画のロの字のうちの正面にあたる東側の閲覧室部分と南側の書庫の一部にあたります。

国立国会図書館国際子ども図書館⑤
昭和の増築部分の3・4階部

2000年から国際子ども図書館開館の為の大規模な改修により、明治の雰囲気を残す外観や内装は残し、歴史的建造物の部分は保全しながら、古くなった機械設備などを直すとともに、免震改修も行われています。

   国立国会図書館国際子ども図書館⑥
   建物中央の明治建設部。

国立国会図書館国際子ども図書館⑧

設計者 / 久留正道、真水英夫、岡田時太郎
竣工年 / 1906年 ( 明治39年 )
所在地 / 台東区上野公園12-49
東京都選定歴史的建造物


スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/05/13(月) 09:40:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/14(火) 22:49:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

グズグスさんへ

ご指摘ありがとうございます。
本文を修正いたしました。
  1. 2013/05/15(水) 00:12:43 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1526-aaf29440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad