アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

佐原散策 Ⅳ 小野川沿いの街並み ④

水の郷 佐原散策 の4回目は、小野川沿い ( 忠敬橋の北側 ) の東岸に建つ建物を紹介します。

佐原の街並 ⑦
中村橋からの風景
前回の記事で書いた通り、東岸には千葉県有形文化財に指定されている正上が在ったはずなのですが、散策前の事前調査不足が原因で、写真を撮り忘れてしまいました。

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和①
和風の建物と並んで、洋風の建物が見えます。

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和②

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和⑤
玄関扉はアルミ製の既製品の用なので、新しい住宅かとも思いましたが

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和⑥
軒周りの手の込んだ造りを見ると、最近の建物ではないようです。

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和③
地図を見ると、右側の建物はカフェ川岸日和とありますが、日曜にも関わらず雨戸が閉まっています。

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和④
隣の建物と、規模、造りともにとても似ています。

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和⑧
佐原の建物の特徴は、繊細な縦格子
一見、よく見る出桁造りのようですが、切り妻屋根ではなく、寄棟屋根の建物が多いようです。

中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和⑨

      中村橋付近の洋館とカフェ川岸日和⑦
     佐原で唯一見付けた、銅版葺の戸袋飾り。紋様は青波紋様です。

亀村木材
亀村木材
この建物も一見しただけでは新旧の程が分かりません。

佐原の建物は街並みを保存するために、新築の建物も、伝統的な意匠を継承しているようです。
新築時には真っ新な白木の外観だった建物も、10年も経てば、古い物と見分けがつかなくなっています。
更に、震災で多くの文化財級の建物が大変な被害を受けたことにより、大規模な改修を余儀なくされたことで、新旧の見分けが、更に付なくくなったようです。

尾張屋
尾張屋
JR成田線を渡り、街並み保存地区を外れた場所で見つけた建物。
和洋折衷の外観ですが、やや和の要素の方が強いようです。

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/06/10(月) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1540-b3207435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad