アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

佐原散策 ⅩⅢ ( 伊能忠敬記念館入口 ) を曲がった通り沿いの街並み② 与倉屋

水の郷 佐原散策 の13回目の最終回は、馬場酒造本店の前のT字路 ( 伊能忠敬記念館入口 ) を曲がった通りに建つ与倉屋を紹介します。

与倉屋①
与倉屋店舗                         竣工年 / 店舗 - 明治初期
与倉屋は江戸末期創業で明治初期は酒造業、その後は醤油醸造業を戦前まで営みました。戦後は製粉業を経て現在は倉庫業を営んでいます。

与倉屋②
広い間口に千本格子が続く情緒ある外観です。

与倉屋④
千本格子から覗かせる土間は、当時の雰囲気を醸し出しています。

与倉屋③
現在の店先は明治初年に建替えられたもの。

与倉屋⑤
店舗の向かいの蔵は、戦後まで年貢米の貯蔵庫として使われていました。

      通りの突き当りを左に曲がると、巨大な蔵群が見えてきます。 
      与倉屋⑥
      与倉屋大土蔵        竣工年 / 18889年 ( 明治22年 )      

与倉屋⑦
明治22年に建てられた日本最大級の大土蔵の姿は大迫力です。

与倉屋⑧
内部は500畳の広さがあるとか。

与倉屋⑨
何層にも張り巡らされた梁が醸し出す空間は独特であり、コンサート当もも開催しているようです。


佐原の建物に関する詳細は 
「小江戸めぐり 佐原」 (さわやかハート佐原推進協議会、香取市他)
「佐原まちあるき」
「香取を旅する」
「佐原震災復興状況」(NPO法人小野川と佐原の町並みを考える会)
「日本の旅 千葉県香取市佐原~伊能忠敬ゆかりの古い町並み~」
「旅なび! 佐原」
「千葉県近代建造物実態調査報告書」(千葉県立現代産業科学館)
参照、または参考とさせて頂きました。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/06/30(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1551-a63206d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad