アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

丸二商店 ( 江戸東京たてもの園 )

ゴールデンウィークに、久し振りに訪れた 江戸東京たてもの園 の続きです。
今年オープンしたばかり デ・ラランデ邸 は既に紹介しましたが、今日からは東ゾーンに在る、看板建築を紹介します。

     先ずは
     丸二商店②
     丸二商店 

    丸二商店③
    間口は3.5間でしょうか?  
実に堂々たる面持ちの商店建築ですが、1階に全く耐震壁がないので、地震には弱そうです。
看板建築関東大震災による大火を教訓に、防火性能を高めるために、道路に面した外壁を銅板葺にしたり、モルタル塗にしたわけですが、耐震性能に対する配慮は見て取れません。
関東大震災による被災の恐怖は、一般住宅にとっては揺れそのものよりも、地震の後に発生した大火災だったことが窺えます。

丸二商店④

設計者 / 不詳
竣工年 / 昭和初期
旧所在地 / 千代田区神田神保町3丁目10-1


このアングルから見れば、この建物が角地に建っていたことが分かります。
1階の道路に面していたと思われる2面は全てが開口でガラス張りな店舗は、当時としてはとてもお洒落な荒物店だったことでしょう。

丸二商店⑤
写真をクリックすると拡大します。
銅板をご覧ください。欄間の上部は青海波、2階外壁部は網代、中央が高くなった特徴的なパラペット部は一文字葺と部分別に葺き方を変えています。

丸二商店⑥
屋上の角に建つ、塔状の親柱もこの建物の特徴です。

丸二商店⑦
この建物は、建築時から昭和20年頃まで神田神保町で荒物屋を営業していたそうで、店内の展示は、その当時を再現しています。

      丸二商店⑧
      階段はかなり急ですね。

      丸二商店⑨

丸二商店⑩
クリックすると拡大します。

丸二商店①
次回は向かって左奥の建物を紹介します。

 


スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/07/23(火) 15:25:09|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1564-2f5dbf7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad