アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

前川國男邸 ( 江戸東京たてもの園 )

しばらく中断していましたが、久し振りに 江戸東京たてもの園 の建物紹介を再開します。
東ゾーンと中央ゾーンに続き、今日からは西ゾーンの建物です。

前川國男邸①
前川國男邸

前川國男は戦後の日本建築界をリードした大建築家の一人で、この建物はその前川氏が戦時中で建築資材が容易に入手出来なかった1942年 ( 昭和17年 ) に、品川区の大崎に建てた住宅です。

前川國男邸②
建物構成は切り妻の大屋根の下に、中央に吹き抜けの居間を中心に据え、左右に水回りとベットルームと書斎を配したシンプルなデザインです。

前川國男邸③
一見別荘建築の用にも見えますね。

前川國男邸④
庭側は居間の在る吹き抜け部分が、1・2階共に入り込んでいましたが、玄関側は2階部分が壁から出窓風に持ち出されています。

前川國男邸⑤

設計者 / 前川國男
竣工年 / 1942年 ( 昭和17年 )
旧所在地 / 品川区大崎3丁目


前川國男邸⑥
吹き抜けの居間
狭さを感じさせないデザインです。

前川國男邸⑦

     前川國男邸⑧
     階段を上がるとロフト風の12畳程度の空間があります。

前川國男邸⑨
主寝室
窓側にカウンターが設置され、クローゼットは造り付けです。

     前川國男邸⑪
     モダンな浴室 + 洗面 + トイレ
     ホテルみたいですね。

     前川國男邸⑩
     台所も戦時中の物とは思えません。

前川國男邸⑫

関連記事は ⇒ 《こちら》
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/28(月) 18:52:55|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1594-87cd93ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad