アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

塩野七生さん ルネスサンス著作集 7部も完読

昨日に続いて、塩野七生女史著作の紹介です。
ルネサンス期の4人のローマ法王、ピオ二世、アレッサンドロ六世、ジュリオ二世、レオーネ十世を描いた「神の代理人」を読み終わり、これで塩野七生 ルネサンス著作集 全七部 を完読です。

ルネサンス7部作

「ルネサンスとは何であったのか」
「ルネサンスの女たち」
「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」
「海の都の物語」
「属海の都の物語」
「神の代理人」
「わが友マキャベリ」


これらの塩野さんの本を読むと、理科系の僕でも ルネサンスとは何であったのか が、少しは分かった気がしてきます。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/12/03(火) 10:31:57|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1602-665fb650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad