アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

国府津散策-Ⅴ 公益社書店

  今日紹介する建物は、看板建築の範疇を若干外れるかもしれません。

     公益社書店①
     公益社書店

外観からは鉄筋コンクリート造の建物に見えますが、周りの同時代の建物は木造ばかり。もしも見た目通りに鉄筋コンクリート造なら、国府津では先進的な建物と言う事になります。

     公益社書店③

     設計者 / 不詳
     竣工年 / 1930年 ( 昭和5年 ) 前後
     所在地 / 小田原市国府津3-10-8


   公益社書店②
前面と同様に、向かって左側面にも、前面と同じデザインの上げ下げ窓が並びます。
このあたりも、看板建築らしくない所以です。

公益社書店④
正面頭部に施されたレリーフは、よく見ると店名の公益をデザイン化したもののようです。今まで見てきたモルタル造形の看板建築と比べても、最大級の大きさです。
今もでも現役の書店として営業しているわけですから、80年以上営業していることになります。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/12/20(金) 09:17:57|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1609-79826868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad