アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

近所の建築現場-Ⅶ

今日の東京は20年振りと言われる大雪です。
急に工事が再開した、近所のあの不可解な建築現場も、今日の工事はお休みのようです。

IMG_7187.jpg
再最組み立ては2階まで終わったようですが、半年前と同様に小屋組はまでは進んでいません。

IMG_7186.jpg
雪の前に、防水シートまで葺き終わっていれば良かったのですが、今回は雨ざらしならぬ雪ざらしです。



そう言えば、去年の秋に、散歩の途中でこんなタウンハウスも見掛けたました。
      タイル剥離②
      北烏山で見掛けたタウンハウス

外壁のタイルがご覧の通り、大規模に剥離しています。
古い建物なら時々見かける、タイル落下防止用のネットが張られています。

タイル剥離①
でもこのタウンハウスは築10年は建っていない建物で、建物名称から察するに、数年前に負債総額数百億円で、民事再生法の適用を受けた会社が建てた建物だった筈です。

      タイル剥離③
この建物は建設中も見たことがあります。この会社の建てるタウンハウスは、通常は鉄筋コンクリート造ですが、この建物は軽量鉄骨造と言うより、軽鉄を組んだような、特殊な構法だったと記憶しています。
何が原因で、ここまで酷いタイルの剥離が発生したかは分かりませんが、建物の構法とタイルの貼り方の選択に問題があったのではないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/08(土) 12:35:18|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

はじめは「外壁の模様」かと思ったら…タイルが剥がれているんですね!
こんなに築年数が浅いのに、ここまでボロボロ…ということに驚きました。
いくらなんでもこれはないですね。
我が家のまわりも消費税増税前の駆け込み需要なのか…戸建て建築ラッシュです。
建て売りの戸建てなんて、10日くらいで建ってしまうので、「本当に大丈夫なのかしら?」と、他人事ながら心配になってしまいます…
  1. 2014/02/16(日) 00:45:13 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

このタイルの剥離した建物は烏山寺町の近くのタウンハウス(長屋)なので、家からはそれ程近くではないのですが、たまたま建築中から見掛けていました。
骨組みの時点では軽鉄のシルバーが目を引き、注目していたのです。
多分、スチールハウスと言う構法なのだと思いますが、基本的に木造とそう変わりはないので、地震時にはある程度は揺れる筈です。
揺れて当然の躯体に、目地も設けずに大きなタイルを貼れば、当然剥離する可能性は大きいと考えられ、何故誰も気が付かなかったのかが、不思議です。
ハウスメーカーの場合は、建築には素人同然の営業マンが、プロジェクトのイニチアチブを握ることがままあるので、この様な事が起こるのかもしれません。
  1. 2014/02/16(日) 17:33:42 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1632-ea55aad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad