アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

岡本太郎美術館

昨日の母の日、川崎の生田緑地内に建つ、岡本太郎美術館へ行って来ました。

       岡本太郎美術館0

岡本太郎美術館②
深い緑の残る生田緑地の中に岡本太郎美術館は、地面に埋もれるように建っていました。

岡本太郎美術館①

設計者 / 川崎市まちづくり局施設整備部、久米設計
竣工年 / 1999年
所在地 / 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5


岡本太郎美術館③ 
中央の階段の上の広場の奥に、屋外展示されている母の塔が見えています。

      岡本太郎美術館⑥
      母の塔

      岡本太郎美術館⑦

      岡本太郎美術館⑧

      岡本太郎美術館⑨


岡本太郎美術館④
池の向こう側に見えるガラス張りのスペースはカフェで、手頃な値段で食事ができます。

      岡本太郎美術館⑤
 美術館の外部でも、幾つかの岡本太郎さんの作品を鑑賞することが出来ます。

館内では作品の写真を撮ることが出来ませんが、一部記念撮影が出来るエリアが有ります。

岡本太郎美術館⑫

岡本太郎美術館⑲

      岡本太郎美術館⑩

      岡本太郎美術館⑪

岡本太郎美術館⑭
太郎さんと記念撮影をしてきました。

岡本太郎美術館⑱
ミュージアムショップで買ったガラガラがお土産です。

岡本太郎美術館の展示内容は素晴らしい物でしたが、一つ疑問点も有ります。
建設に際して、生田緑地に残る緑を守るために、自然保護活動家たちによる反対運動が展開されたことは知っていました。
生田緑地内には岡本太郎美術館の他にも大きなプラネタリュウムが建っており、その前には芝生の広場がが作られいています。
何故、原生林を伐採してまで、緑地内に広場が必要だったのか分かりません。
もう少し樹木を多く残すプランが検討出来なかったのか? と思いました。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 13:15:15|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

コメント

いいね
  1. 2014/05/12(月) 13:18:11 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

こんばんわ~

これは見ごたえがありますね。
岡本太郎さんの作品は自然の中にあっても負けませんもんね。
むしろ自然の中にあってこそ生きるような。
娘が東京にいる間に行って、確認してみなければ~('ー') フフ
  1. 2014/05/20(火) 19:16:21 |
  2. URL |
  3. きこり #-
  4. [ 編集]

きこりさんへ

館内はほとんどのエリアが撮影禁止でしたので写真は有りませんが、ところ狭しと雑多に作品が展示してある青山の岡本太郎記念館とは真逆で、ゆったりとしたスペースの中で常設展示ならではの、その作品を見せるために作られた空間は素晴らしい物でした。
記念館・美術館ともに、見ね価値はあると思います。
  1. 2014/05/21(水) 08:56:37 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1658-24d9bf6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/13 09:10)

川崎市多摩区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/05/13(火) 09:10:45 |
  2. ケノーベル エージェント

FC2Ad