アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

東京工業大学百年記念館

目黒区の大岡山当りは、私が住んでいる世田谷区とは隣接している場所であるにも関わらず、大岡山を通っている東急目黒線と大井町線はあまり利用する機会のない路線なので、大岡山を訪れたのは昨日が初めてでした。

東京工業大学百年記念館①
東京工業大学百年記念館

1994年に発行された「建築ガイドブック 1864-1993」には「雑然とした町並みの中に突然出現したアーバン・マシーン。現代の状況からプログレシップ・アナーキー、零度の機械という抽象概念を導き出した篠原が、そのふたつを統合してつくりだしたアーバーン・マシーンという概念が建築化した、都市に対してランダム・ノイズを発生させる空間装置。」と記されていますが、いったいなにが言いたいのか、私には全く分かりません。
この建物が竣工してから30年近く経過した為でしょうか、この写真を撮った大岡山駅の駅前広場は「雑然とした」と言う印象はなく、これだけの異様な形状にも関わらず、想像していた程の驚きはありませんて゜した。

      東京工業大学百年記念館②

      設計者 / 篠原一男
      竣工年 / 1987年 ( 昭和62年 )
      所在地 / 目黒区大岡山2-12-1 ( 東京工業大学内 )


東京工業大学百年記念館③
この片持ち梁で中に浮いた空間には、竣工当時、建築雑誌で初めて見た時には驚かされたものでしたが、ホキ美術館の片持ち梁を知ってしまった今、その驚きが半減してしまうのは仕方がないことなのでしょう。
「建築MAP東京」には「現代のテクノロジーを高らかに謳歌している。と同時に、象徴的な形態を志向してきた篠原の設計思想をショッキングなまでに表している。」と記されていますが、最新のテクノロジーを形態化た建物の背負う宿命として、時間の経過とともに、次第に輝きを失ってしまうことは、仕方がないことなのかもしれません。

東京工業大学百年記念館④

東京工業大学百年記念館⑤

2本の東急線を挟んだ場所にも、変わった建物を見付けました。
東京工業大学環境エネルギーイノベーション棟①
東京工業大学環境エネルギーイノベーション棟

設計者 / 東京工業大学、日本設計
竣工年 / 2,012年 ( 平成24年 )
所在地 / 目黒区大岡山2-10( 東京工業大学内 )


東京工業大学環境エネルギーイノベーション棟②
太陽電池パネルとルーバーで、建物本体は殆ど見えません。
最先端の環境エネルギー技術の研究が行われ、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を60%以上削減し、棟内で消費する電力を、ほぼ自給自足できるエネルギーシステムをもつ研究棟です。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 12:58:41|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/07/28(月) 02:47:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1673-c4a44408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京工業大学

大学の名前を駅名にしてもいいぐらい駅から近かった と言うか目の前でした 百年記念館のあそこまで行きたいのだが... 止む終えず1階をちょっと覗くだけにしました もしかして2階には行けたかも? そのまま帰るにも消化不良なので何の情報も無いまま大学内を探索 すぐ後ろにあったのが附属図書館 通称チーズ...
  1. 2014/07/12(土) 21:00:14 |
  2. 撮るだけ撮ったら腹ごしらえ

FC2Ad