アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

東急大井町線・池上線の駅舎

東急電鉄では、渋谷駅や上野毛駅の様に、建て替えたばかりの最新の駅舎が増える中、大井町線や池上線の駅舎には、レトロな駅舎も残っています。

旗の台駅
池上線 旗の台駅
写真は撮りませんでしたが、蒲田駅にもレトロな木造トラスが残っていました。

中延駅①
大井町線 中延駅
ホームのコンクリートは新しいのに、屋根を支える柱と梁は、如何見ても古い鉄骨です。

中延駅②
細い鋼材を利用した鉄骨トラスと沢山のリベットが昭和の中頃を感じさせます。
駅舎の建て替えの時に、鉄骨を再利用でもしたのでしょうか?

スポンサーサイト
  1. 2014/09/22(月) 18:47:37|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

懐かしい!!( ´∀`)

昔はこのような駅舎が普通でしたが、最近の駅舎は「これが駅?」とびっくりするようなデザインの駅舎が増えましたね。
渋滞緩和で踏切が廃止され、地下駅が増えたのもあるのでしょうが、鉄筋剥き出しの駅舎にもノスタルジックを感じます。
凛太郎さんのブログでは、ありとあらゆるジャンルの建物が取り上げられているので、本当に見ごたえがあって楽しいです!!( ´∀`)
  1. 2014/11/01(土) 13:51:31 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

都内の駅舎は次々と新しくなり、昭和の雰囲気の漂う駅舎は、姿を消しつつあります。
東急電鉄の駅舎も例外でなく、安藤忠雄氏の設計した渋谷駅を代表格に、他にも新しいものはテント構造の屋根の駅舎に建て替わっています。 木造やリベットが沢山見える懐かしい駅舎が見られるのは、あと数年でしょう。

  1. 2014/12/22(月) 11:03:24 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1687-08d67879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad