アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

諏訪散策Ⅷ 

沢山の看板建築に出会えたJR上諏訪駅周辺でしたが、上諏訪駅を通り過ぎて、そのまま国道20号を歩いて行くと、右手に面白い建物が

諏訪1-16-10 ①
木造3階建て、入り母屋の和風建築   長野県諏訪市諏訪1-16 

恐らく構造は木造だと思いますが、ご覧の通り、外周部は窓だらけで、壁はほとんど見当たりません。
こんな窓だらけの建物の用途は、料亭などの飲食店でしょうか?
それ程景色のいい場所とも思えませんが、一体何の為の窓なのか気になります?
壁が少な過ぎるのが原因か? 
写真の撮り方が悪いだけではなく、床は少し撓 ( タワ ) んで、建物全体も少し傾いて見えます。
耐震性と防火性能も心配です。

諏訪1-16-10 ②
この入り口は料亭風 o r 旅館風 ?  
看板がないので旅館にしろ料亭にしろ、現在は営業はしていないようです。
窓が多過ぎるので、住宅には不向きな建物だと思いますが、:現況はやはり住居として使用されているのでしょうか ?

諏訪1-16-10 ③
妻入りの玄関庇には少しムクリがつけられ、ケラバ破風銅板製か?


更に進むと、国道20号はJRと斜めに交差します。
踏切の近くでも目に付く日本家屋が在りました。
湯の脇2-3 ①
木造2階建て、入り母屋の和風建築   長野県諏訪市湯の脇2丁目

湯の脇2-3 ②
さっきの建物のように、端から端までと言う訳ではありませんが、この建物もかなり窓が多いです。
屋根も入り母屋でさっきの建物と同じです。

2階の屋根は瓦棒葺きですが、よく見ると1階の屋根は
湯の脇2-3 ③
洋館の屋根や外壁で使われる 菱葺き です。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/15(金) 00:56:47|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1752-e0fc3dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad