アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

犬山城

4月に 明治村~犬山~諏訪 に出掛けた時の続きです。

犬山城 は江戸時代までに建てられた 現存天守12城 のひとつで、天守が国宝指定された5城 ( 姫路城、松本城、彦根城、松江城 ) のうちの一つでもある名城です。

犬山城外観①
犬山城は木曽川沿いの丘の上に築かれた平山城で、前身となる砦を ( 織田信長の叔父 ) 織田信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し、現在の形になりました。

犬山城外観⑥
宿泊したホテルからの遠景

犬山城外観⑤
夜景

犬山城外観②
4月の中頃だったので、まだ桜が咲いてます。

犬山城外観③
犬山城の天守は外観3重、内部は4層で、地下 ( 石垣部分 ) は踊場を含めて2層になってます。
天守南面と西面に平屋の付櫓が付属する複合式。
入母屋2重2階の建物の上に3間×4間の望楼部を載せた望楼型天守です。
天守の高さは19メートルあるそうです。

犬山城外観⑧

犬山城外観⑦
天守台石垣は野面積という積み方で、高さは5メートルあります。

犬山城外観④
外から見上げた天守は美しいですが

犬山城からの眺め①
4階 望楼 に設けられた回廊からの眺め

犬山城からの眺め②
4階 望楼
天守からの眺めは格別です。


3階破風の間①
3階 破風の間
望楼を支える太い梁か印象的な破風の間の天井高は、ご覧の通りの低さです。

3階破風の間②
3階 破風の間
破風の格子越に城かを見る


犬山城内観④
2階 武者走
武具の間を取り囲むように、ぐるりと配置される武者走り。

犬山城内観③
2階 武者走

2階武具の間
2階 武具の間
天井の高い武具の間には、犬山城の構造模型が展示されています。

2階武具の間②
2階 武具の間 の天井を見上げる


犬山城内観①
1階

犬山城内観②
1階 上段の間

犬山城内観⑤
1階 天井

犬山城内観⑥
1階 床

1階階段
1階 階段

築城者 / 織田信康 ( 織田信長の叔父 )
築城年 / 1537年 ( 天文6年 )
所在地 / 愛知県犬山市犬山北古券65-2 
指定文化財 / 国宝 ( 天守 )
スポンサーサイト
  1. 2015/08/22(土) 16:47:48|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1760-c49c6240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad