アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

台東~蔵前~浅草橋 散策 ダイジェスト

昨日、久しぶりに浅草橋近辺 ( 北側 ) を散策して来ました。
この辺りに戦災を生き延びた看板建築出し桁造りの建物が、まだ彼方此方に残っています。
但し残念ながら、何年かおきに出掛ける度にその数は減っていて、東京オリンピックが開催される2020年頃には、その殆どが姿を消してしまうのではないかと心配しています。
昨日訪れたレトロな建物たちは、関東大震災で焼失した建物を建て替えられたもので、ほぼ全てが大正末期から昭和初期に建てられました。
建物の前面の壁に葺かれた銅板葺は、震災などによって発生する火災の際、道路越しの延焼を防ぐ為の防火対策として施されたものです。

浅草端3丁目 3連アーチの銅板葺看板建築①
3連アーチの飾りが施された見事な銅板葺の看板建築
今まで見たことのない建物だったので、ストリートビューで見つけた時には興奮しました。
ストリートビューには写っていても、実際に出掛けてみると空き地になっていたり、建て替え工事の最中だった経験も数知れないので、実際に見ることが出来てホッとしました。

鳥越1丁目 佳山明生健康カラオケクリニック②
蔵前通沿いに建つ銅板葺の看板建築
この建物は散策中に偶然見つけました。
以前、すぐ裏のおかず通りを散策したときには、全く気が付かずに居たわけです。

台東3丁目 青木印刷①
銅板葺の建物

台東3丁目 青木印刷⑤
亀甲文様の戸袋の保存状態は上場です。

浅草橋3丁目 和瓦銅板葺出し桁①
和瓦葺の出し桁造りの建物
台東3丁目 瓦葺銅板出し桁②
この建物も和瓦葺の出し桁造りの建物
実はこの建物並びに、ストリートビューでモルタル造形の看板建築を見付けていたのですが、残念ながら解体されてしまったらしく、空き地になっていました。

台東3丁目 瓦葺銅板出し桁7
戸袋に施された文様は、細かい細工の麻の葉文様です。

浅草橋3丁目 ひまわり津杜3
この建物も大変状態の良い和瓦葺の出し桁造りの建物で、戸袋には亀甲文様の銅板が施されています。

まだ他にも沢山の建物の写真を撮ってきましたが、今回は出し桁造りの建物が豊作でした。


スポンサーサイト
  1. 2015/10/05(月) 18:49:52|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1776-8055963e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad