アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

台東1丁目~4丁目散策 Ⅱ

台東区台東散策の2回目です。
せっかく入ったすえひろレンガ通りですが3階建て銅板葺のS邸を見たらすぐに左へ曲がります。
曲がれば右手に、今回の散策の主目的の一つである、ギリシャ・ローマ風の化粧柱の施されたモルタル造形の看板建築が在る筈でしたが、またもや解体されてしまったのか? 空き地になっていました。
ストリートビーューによる事前では存在していたので、解体されたのはつい最近のことだと思われます。

   ガスライターサーピスセンター
   解体された ガスライターサーピスセンター

気を取り直して更に先に進むと、堂々たる出し桁造りの建物が見えてきました。
台東3丁目 瓦葺銅板出し桁①
和瓦葺き銅板葺の出し桁造りのS邸  台東3丁目

現在は住宅として使われているようですが、道路に面する1階部分の造りから見て、元は店舗だったと思われます。

台東3丁目 瓦葺銅板出し桁②
出入口の横にはショーウインドーが施されています。
1階の店舗周りが、これ程見事に昔の姿を残している例は少ないです。

    台東3丁目 瓦葺銅板出し桁⑧
店舗の入り口扉はシンプルながら、斜めの押し棒など、なかなかモダンなデザインです。

台東3丁目 瓦葺銅板出し桁③
2階の外壁は銅板葺。 1階はレトロなタイル貼りです。
2階が和風で、1階は洋風と言う対照的なデザインなのに、それ程違和感はありません。

    台東3丁目 瓦葺銅板出し桁⑨
スクラッチタイルとは、表面を櫛引きして平行の溝をつくって焼き上げた無釉タイルのことです。
このタイルは櫛引きした溝の方向が、通常のスクラッチタイルとは90度違い、釉 ( うわぐすり ) を施した施釉タイルのように見えます。

台東3丁目 瓦葺銅板出し桁④
東京の出し桁造りの建物は、出し桁を支える腕木が太い材で組まれています。
バルコニーは木製ではなく鋼製です。
最近のものとは思えませんが、建設当初からのものではないかもしれません。

    台東3丁目 瓦葺銅板出し桁⑤

    台東3丁目 瓦葺銅板出し桁⑥

    台東3丁目 瓦葺銅板出し桁7
  大変状態の良い戸袋飾りには 麻の葉文様 が施されています。




スポンサーサイト
  1. 2015/10/25(日) 08:00:00|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1784-da460429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad