アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ローマ散策 - 9 サンタ・マリア・イン・トラステヴィレ教会 他

ジャニコロの丘を下り、下町情緒あふれる「庶民的な下町」と言われるトラステヴェレ地区を散策します。

p3130135-1.jpg
下り坂の途中 のゴッフレード・マメリ通り


p3130102-1.jpg
サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

p3130103-1.jpg
創建は西暦221年、ローマでも最古級とされるロマネスク様式の教会です。

P3130105.jpg
ファサードを飾る金モザイクとフレスコ画が目を引くこの教会は、ローマにおいて聖母マリアに捧げられた最初の教会とされていますが、最初に紹介したサンタ・マリア・マッジョーレ教会も、ローマで初とされており、真偽のほどははっきりしません。

P3130104.jpg

3世紀、民家を改造しただけの質素な造りのこの教会堂は、聖母マリアに捧げる教会となった後も、たびたびの改修や放置された時期を経て、12世紀半ばに教皇インノケンティウス2世によって、ファサードの金モザイク鐘塔も含めた改築がなされ、現在のものに近い姿になりました。

P3130107.jpg
聖堂内は、ちょうどミサが終わったところでした。
三廊式でバシリカ式の平面を持ち、イオニア式の列柱と金色の格天井が特徴です。
花崗岩の柱はカラカラ浴場の部材が転用されたということです。

p3130106-1.jpg
高窓から聖堂内に注がれる日射しにより、黄金の格天井が更に光輝きます。
この金箔で彩られた格天井は16世紀初めに改修されたものです。

P3130108.jpg
内陣には天蓋に覆われた祭壇があり、祭壇前面にはイエスのイコンが描かれています。

p3130108-2.jpg
祭壇後方のドームを飾る黄金のモザイクに画には、キリストと王冠を装備する聖母の図戴冠の聖母」が描かれています。


p3130136-1.jpg
サン・クリソゴノ教会
トラステヴィレ通り沿いに建つこのロマネスク様式の鐘楼をもつ教会。
地下に更に古い聖堂が眠っているそうです。

カラカラ浴場へ向かう為、パラティーノ橋を渡ります。
P3130137.jpg
パラティーノ橋からティベリーナ島を見る。

「ローマ人の物語」の著者塩野七生さんの本にも、たびたび登場するティベリーナ島
時間が許せば寄りたいところでしたが、今回は諦めて眺めるだけにしました。

P3130138.jpg
アエミリウス橋
テヴェレ川に架けられた古代ローマ時代の橋で、石橋の中で最も古い橋です。

※ この記事内の説明文は 「Wikipedia」 を参照しています。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/04(水) 10:08:27|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1839-a6e56716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad