アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

ローマ散策 - 13 サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂 ②

サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の二回目です。
前回は外観と拝廊、身廊、側廊、クロッシング部の教皇専用の祭壇などを紹介したので、今回は翼廊、中陣、後陣と聖堂内を飾る彫像を紹介します。

P3150636.jpg
祭壇の後ろのクロッシングから、内陣越しに半円形のアプス部 ( 後陣 ) を見る。

P3150638.jpg
アプスの半円球上部に描かれた神と天使のモザイク画は4世紀のもので、その下の部分は13世紀のもの。

p3150635-1.jpg
向かって右側の袖廊 ( 翼廊 )。 この天井の装飾も豪華です。

p3150640-1.jpg
19世紀の改修時に造られたオルガンだそうです。

p3150637-1.jpg
これは向かって左側の袖廊 ( 翼廊 )

近くに寄ってみると
p3150648-1.jpg
ドームの乗った黄金の聖堂のミニチィアのようなものがありますが、これは何なのでしょう?

p3150644-1.jpg
左側袖廊 ( 翼廊 )礼拝堂

p3150647-1.jpg
祭壇の後から、クロッシング内陣との境界部分の天井を見上げる。


両脇の側廊にある、7つの礼拝堂の一つ。
p3150652-1.jpg

p3150653-1.jpg

P3150654.jpg
見事な彫刻です。


身廊側廊を分ける列柱には1本おきにニッチを設け、12使徒の彫像が置かれています。
p3150628-1.jpg
身廊中央辺りから、入口方向を見る。

p3150620-1.jpg
反時計回りに、祭壇に向かって右側の彫像から見て行きます。

p3150621-1.jpg

p3150623-1.jpg

p3150631-1.jpg

p3150630-1.jpg

P3150633.jpg

ここからは祭壇に向かって左側の彫像です。
p3150626-1.jpg

P3150627.jpg

p3150613-1.jpg
何とも豪華で華麗な聖堂でした。

※ この記事内の説明文は「週刊ユネスコ 世界遺産」 「Wikipedia」 を参照しています。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/24(火) 08:00:00|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/1844-b072ee3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad